タイで買える優れもの Part??

(以下の記事は商品を宣伝するものではありませんので念のため109.png

先週の日曜日にセントラルチッドロムのマーケットプレースに行った時のことです。

いつも使っているコルゲートを買おうと売り場に行って、あれやこれやとちょっと迷ったんですよね。

かれこれ10分くらいコルゲートのコーナーに張り付いていたのですが、その間にコルゲートの隣に陳列している謎の歯磨きペーストが売れること売れること、、、、

男性がごそっと2本、そのあと女性が迷わず1本、さらに3本入りパックを買ってゆく人も、、、みなさんタイ人。 価格を見ると最も安いスタンダードタイプで100gで165バーツ、、、結構高いです。 

なんでこんな高いものが飛ぶように売れているのか知りたくてスタンダードタイプのものを1本購入してしまいました。

それがこちらの天然ハーブの歯磨きペースト


b0202356_21073287.jpg
DENTISTE


早速つかってみましたとも。

感想ですが、翌朝起きたときに歯磨きペーストをかえたことはすっかりと忘れていて

”あれ、口の中がすっごくさっぱり気持ち良いわ” そしてTentisteを使ったことを思い出しました。

これはすごい。 今までになかった爽やかさです。

そこでネットでいろいろと検索してみたのですがやはり爽やかな使い心地で評判の歯磨きペーストのようでした。

アマゾンで探すとありましたよ。。日本でも買えます。 なんと1200円するんですね。

これは久々のホームラン。

タイで買えるすぐれものリスト入りです。

b0202356_21144292.jpg
朝起きたときにさっぱりとしたお口になりたい方にはおすすめー!


それでは!

(重ね重ね、私はこの商品を販売しておりません。 あくまで個人的な感想ですのであしからず)
追伸  あとでタイのスタッフに聞いたところどこにでも置いているペーストだそう。セブンにもあるかも。。

# by sheenbangkok | 2017-11-18 21:21 | タイのこと | Trackback | Comments(0)

これが唯一で最後の再販

このところ海外からの来客が多く、また日本への納品もありで落ち着かない日々でしたが輪をかけて私の体調が不良でしたので疲労がたまってしまい家に帰って寝ることだけが楽しみの日々をしばらく送っていました。

ですが、やっと仕事が一段落したと同時に調子が良くなってきたのでようやくいつもの気分に戻ってきました

このタイミングでSheenのクリスマスの飾りつけを始めました。

なんか、ちょっと早いかしら?とも思いましたので外の大きなリースは12月に入ってからにするとしてお店の中だけはいらした方が楽しい気分に浸れるようにとツリーやデコレーションをいつものようにしました。


b0202356_22165396.jpg

毎年おなじみの妖精たちが1年ぶりに目を覚ましてくれました。

b0202356_22224260.jpg
健康って本当に大切ですね。 調子が良いとやる気が断然ちがいます。

クリスマス前に新作を作らないと。。。。

急に焦りだしまして今週から翡翠のリング、ペンダント、イヤリングの製作にとりかかりました。 本当は今月早々には並べるつもりだったものですが手につかず、遅れての製作開始です。

翡翠はインペリアル、ラベンダーのリング、ペンダント、イヤリングなどですが全部は紹介しきれないと思いますが出来たもので”これは!”とおもうものでクリスマス前にお手元にお届けできるものをアップしていきたいと思います。

予告になりますが来週末-再来週頭になると思います。

177.png

ところで、

12月にはショップチャンネルのライブのために日本に帰国します.

そのころ東京はもうかなり寒くなっているのでしょうね。。。。

今回の旅のおとものジュエリーはやはりいつもの”フィレンツェスタイルのハニーカムリング”です。

バンコクに居る時はヒイラギリングをベースに私の誕生石のオパールを着けたり、シックな服の時は翡翠を着けたり、夜のお出かけではタンザナイトを着けたりといったかんじなのですが、旅行やビジネストリップというとハニーカムが出てきます。

仕事の邪魔にならないのはもちろんですが、なにかとっても縁起が良い気がして旅のお供には欠かせないのです。

以前にも何度もブログで言及していますが、蜂の巣の形、色、は引き続きマイブームです。






ジュエリーは本当に財宝や幸福を運んでくるのでしょうか?

いえいえ、、、

そんな問いにお客様が素晴らしい答えをくださいました。

”ジュエリーは幸福を運んでくるかどうかはわからないけれど希望を運んでくることは確か”

メイルでそんなことを書いていただいて、読んだときには

”本当にその通りだ”と思いました。

縁起の良いモチーフや神秘の天然石は着けることで”希望”というポジテイブな期待をもたらしてくれる、というのは本当だな!と思います。

ハニーカムリングは手作りの味がありますのでなおさら愛おしいリングなのかもしれません。

旅のお供にぴったりの安心感とラッキーな期待を与えてくれるリングなのです。

そんなわけで今回のアントレゾの冬のコレクションで唯一の再販アイテムとして登場します。

製作に時間のかかるリングですが是非みなさまのお手元に届けたいので今回が最後で頑張らせていただきます。

b0202356_22425311.jpg
7つのダイヤがセットされていて実はストーリーも隠されていますが、それについては後日。

ヒイラギリングと並ぶアントレゾのビッグヒットアイテムですので今回をお見逃しなく!

それでは!





# by sheenbangkok | 2017-11-17 22:52 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

キャッツアイを選ぶなら

キャッツアイという名前の付く石はいろいろとありますけれど、日本で昔から”猫目石”と呼ばれてとっても高価な宝石だったのはクリソベリルという鉱物です。

クリソベリルのファミリーの中でシャトヤンシーという効果で猫の目のように見える石をキャッツアイクリソベリルといいます。

長く宝石と接している私でもこういった特殊なフェノミナの出る石にはとても惹かれます。

自然の作り出した神秘をとても感じます。

なのでジュエリーにするときは主役を引き立てるような作りを心がけます。

アントレゾの冬のコレクションではキャッツアイを古くからの言い伝え通りに”護身”の石として指に常に収まっていられるような頑丈さも考えて作りました。

b0202356_20415095.jpg

六角形のハニーカム=ハチの巣に囲まれた中にしっかりと納まっています。

ハチの巣に蜜がいっぱいに詰まっているかのような豊潤な香りが漂うようなリングです。 シンプルにしている分、石止めの周りには仕上げにミル打ちをほどこしています。 写真では見えないところですが、サイドには蔓をイメージしたエングレービングが細かに施されています。

さて、なぜクリソベリルがキャッツアイの王道として昔から高価なものになっているか、というのはその硬度が8.5ととても高いということがあります。

その強さゆえに、キャッツアイは古代ギリシャの時代から”悪魔を寄せ付けない見張り番の目”と言われていたのだそうです。

そんなことを聞いて、私はアントレゾのこの冬のリングを考えたときにもっと強烈な目の形のような個性的なリングをデザインしようという気持ちになって実際に原型を作ってゴールドで試作までしました。  

なんだか強力なお守りだなあ105.png、、と、最初は自画自賛で着けていたのですが他のジュエリーとの相性が今一つでリングが浮き気味119.png やはり毎日つけるものはお守り的な意味があったとしても大人のリングには役不足な感じがして3日で飽きてしまいました。

シンプルながらもよく見ると凝っているというフィレンツエスタイルのようなリングがやはり良いかな、、と。

最終的には大好きなハニーカムにキャッツアイをすっぽりと入れて小ぶりながらもボリューミーな石座で1点でも十分に満足できるリング、重ねづけてもなお素敵という満足のいくものに仕上がりました。

b0202356_21441217.jpg
3つがほどよく収まります。


大好きなヒイラギリングと合わせても雰囲気が似ているので違和感ありません。
b0202356_21452864.jpg
キャッツアイを選ぶなら昔からの言い伝えのある王道のクリソベリルはやはりお薦めです。

リングがあるのならペンダントも、、、


ペンダントはこれも試作をなんどもなんども繰り返して”生意気な顔”を作り直しました。

生意気な顔って?????

こちらのこと


b0202356_21483480.jpg

クリソベリルキャッツはいずれもナチュラルなので微妙に違いがあり、それ故に猫君たちも微妙に表情がちがっていてどの子も生意気そうで私にはかわいい子たちです。

目にはしっかりとしたミルクアンドハニー効果も見られるキャツアイが光っています。(2石そろえるのは大変(-_-;)


b0202356_21513680.jpg

b0202356_21521089.jpg
2つの力強いアイでご主人を強力に守ってくれそうな子たちばかりです。

悪い人が近寄ってきたら”ぎゃーん!”と声を出してくれるかもしれません。

今期の冬はこのリングとペンダントを合わせて猫たちとの冬を楽しみたいと思っています。

アントレゾの冬のコレクションです。

それでは!




# by sheenbangkok | 2017-11-15 21:59 | ショップ | Trackback | Comments(0)

タンザニアの夕暮れ

こんなにもドラマテイックな顔をした宝石がほかにあるでしょうか?

1石だけで知的さと華やかさを醸し出しています。

b0202356_21134365.jpg

青色のゾイサイトが発見されて、それはTiffanyによってタンザナイトと命名されました。タンザナイトとはキリマンジェロの麓の夕暮れの色を指しているのだそうです。 

キリマンジェロ山の南の麓に広がるメレラニ丘陵一帯がタンザナイトの産地です。

このメレラニ丘陵とは12億年に始まった古いモザンビーク造山地帯に2億年ほど前の若い地層が堆積した場所で激しい地殻変動をしており周囲とは大断層で切り離されている場所なのだそうです。 タンザナイトはこの断層の割れ目に熱水が貫入してもとからある岩脈と反応して結晶化してできた、と考えられているのだそう。

いったい何億年前にできた結晶なんでしょう?? それを考えただけでも、それを2017年の今に手元に持っていること自体が夢の様なことだな、と思います。 これこそ天然石の持つ神秘。 特別なパワーがあると言われたらそうなのか、、とおもってしまうほどの歴史があります。

サファイアのようでいてパープルのような赤の様な華やかさが入るのはタンザナイトの特徴です。 

タンザナイトはいったん石座で留めて、その周囲をヒイラギの葉で囲みました。 囲んでからヒイラギのトップの部分をやや内側にたたいてまげてあります。 こうしてタンザナイトを2重にプロテクトしてちょっと乱暴さんでも安心して着けられるようにしました。

b0202356_21281345.jpg
正面はこんな感じです。 石にヒイラギの葉がかかりすぎないようにヒイラギと石座の間をちょっと開けてあります。


b0202356_21333553.jpg

皆様ご存知のようにヒイラギの葉は家を守ると言い伝えがあります。 ずっと使いたいリングはモチーフ自体にも意味を持たせて家族を守るリングとして着けていることでの安心感を与えてくれるものであるとなおいいなあ、という思いからデザインしたものです。

天然石は世界に二つと同じものがないという贅沢を実現させてくれます。

この大きさのダイヤを吹き飛ばしそうなくらいの貫録があります。

実はタンザナイトでペンダントも作成しました。

個性的で迫力があります。

タイトルは

”幸せのBlue Moon"


b0202356_21382075.jpg
デザイン的には新作ではありませんが、このように大きなタンザナイト、しかもラウンドでこの深い色を使って仕上げたのは初めてです。

幸せを運ぶ動物と言われている象が5頭、ブルームーンに向かってたくさんの幸福を運んでいるかのようなハッピーなモチーフです。

大きさもあり、一見この個性に負けてしまいそうだと思われるかもしれませんが、実はその逆です。

この貫録がどんな色、どんな服をもうまくまとめさせてしまう力があります。

たとえばこんなに違った個性的な背景にもそれなりに馴染んでくれます。


b0202356_21430486.jpg



b0202356_21442832.jpg

そしてこんなカラーブロックの柄でも

b0202356_21460767.jpg
意外にも、どこに行くにもこれを着ける!ということになりそうなとっておきになるに違いありませんね。



タンザニアの夕暮れ、、、、遠い昔、、、


b0202356_21482161.jpg
アントレゾのコレクションでのみ手に入れることができるスペシャルなものです。

2017年の冬のコレクションは12月13日ショップチャンネルでの販売が決まっています。

タンザナイトの魅力をじっくりと味わってくださいませ。
b0202356_21515556.jpg
それでは!

# by sheenbangkok | 2017-11-11 21:55 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

ブローチが決めて!

アントレゾのこの冬から春に向けてのコレクションにブローチを作成しています。

冬になると生地が厚くなる、重ね着するなどでなんとなくみんな丸い体系になってしまいます。 私もそう、、、なのでついつい黒や紺色で上下を統一したりしてすっきりと見せよう!と考えてしまいます。

最近はシンプルでお手頃な値段のアパレルが溢れていて、今年は流行りのファー系のものも豊富、、下手をすると同じようなデザインばっかりで没個性な服装に陥りがちなのが私たち日本人だと思います。

ここで個性と大人の装いの差を着けられるのがジュエリーなどの小物です109.png

特にブローチは冬の重たく暗い服装にきらりと光る”差し色”になると思います。

アントレゾのブローチの今回のモチーフは花です。



今朝は花びら部分と中心の花冠の部分を組み立てました。 長い時間をかけて形を作ってきたので未完成のうちにうれしくなって石をポンとおいてみました。

b0202356_22492509.jpg

花冠の一部が爪になって石を留めるしくみです。

午後には裏にブローチピンを取り付けました。 これから石を留めて、最後の仕上げに花びらに更に彫りを入れていきます。

私だったら今年の冬は濃紺のワンピースの胸に着けたいと思います。 ですが夏になったら明るいプリントのワンピースにペンダントとして着けても素敵です。 そのためにブローチピンとは別にチェーンの通るベイルをつけています。

大振りなので重たくなるのを懸念して花弁はシルバーで作成、花冠の部分は14Kゴールドです。 これなら何年たっても中心部分は色あせず、花びらには味が出て使い込むほどにアンテイーク風に素敵になるなると思います。

まだまだ途中ですが、こちらごくごくわずかの限定数での作成なのでブログをご覧の方だけにいち早くお知らせいたしました。

最終的に仕上がりましたらまたアップしますね。

それでは





# by sheenbangkok | 2017-11-07 23:04 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)