非加熱ルビーって価値があるんですか?

あるときにタイのマーケットで

”これはMongkok(ビルマ)の非加熱だよ!”

と、掘り出し物でもみつけたようにシェフTが言ったのを覚えています。  当時、ルビーといえばビルマのモンコック産、タイ産が主流でした。  質の高い鮮やかな赤、ピジョンブラッドと評されるような理想的なピンキッシュレッドをしたビルマルビーは今や伝説的といえるほど希少なものになりjましたが、それと方肩を並べてタイ産の少々ダークなレッドも貫禄がありました。

私個人の趣味ではタイルビーの情熱的で強い赤はルビーの王様だと思っています。

b0202356_2343864.jpg
こちらはアフリカ産のナチュラルルビーです。 


さて、その後ビルマのマイシュウでルビーが採掘されるようになり、これらはカッテイングの前に焼かれることが一般的になりました。 これは処理ではなく石の世界ではエンハンスと呼びます。 ルビーはその後エンハンスする事が普通になりました。 焼く際にフラックスを使用するのですが、これが石のクラックに入り込んで残留すると鑑別上”ガラス充填”となりましたので処理石という扱いになりました。

微量のガラスは薬品で抜くことができますので石を薬品に漬けておくと解けて無くなりますので、その後、再度鑑別に出すと ナチュラルで通るということになります。 

皆様、今、タイのマーケットの主流はアフリカ産です。

先日、日本の友人からこんな問い合わせがありました。

”大量の非加熱ルビーが出回っているけれど、どういうことなんでしょう?”  018.gif

正直いってここ数年、ルビーには全く手をだしていない私達です。
ベリリウム処理など新しいトリートメントの出現でルビーの市場がまるっきり変になってしまい信頼性を失ってしまっていたからです。

そこで以前に送られてきたG.I.A.のレポートを読み返してみると2008年あたりから出回っているモザンビークのある地域から採掘されたルビーは大量で、質の良いものは非加熱で、しかも驚くような安値で売られている、とでていました。

ネットでしらべてみると、日本の大手通販さんは競うように非加熱ルビーを販売していますね! 大量の非加熱がネットで売られる!!ってびっくりするような話ですが現実になっています。

皆様、綺麗ならそれは価値のあるものだと思います。  ナチュラルで綺麗なものに勝るものなし。 です。

でも、、、本当のところ魅力はどうなんでしょうか? 色の深みではビルマやタイのルビーを凌ぐというわけにはいかないと思います。  ますます、ビルマ、タイルビーの希少性が高まるようにも思えます。

最近ではカボションで大振りの10カラットだとかファセットで一見綺麗な石が20ctだとか、、といういったものが驚くような安い値段で売れれています。  また、先日のビルマ国境のマーケットでは主流はチャンタブリで処理したと思われるモザンビークのルビーでした。 大振りでまるでシンセテックかガラスのような鮮やかさなんです。 

これらはフラックスや鉛ガラスで処理をしたガラス充填ルビーです。 ちょっと見ただけで、いったいこれは何なのかと思わせる怪しさがあります。 良く見ると気泡のようなものが見えて、更によくみると真ん中がまるで空洞のように見えて、、、ルビーというよりも色の着いたガラスのようです。

そうなんです、ガラス なんですもの。   

アフリカ産の原石は質が悪いものが多いので処理をして売るということをタイのチャンタブリで行っているのですが、質が悪すぎて石の中に充填される鉛ガラスが大量なのです。

これはルビーなのか、、ガラスなのか?? いったいどっち??

鑑別上はナチュラルルビー、ガラスの充填あり、といったふうに出るらしいです。

ルビーは硬度が高くて硬いということで有名ですが、ガラスの大量に入ったルビーはすぐに割れてしまいますので加工の際は要注意です。

通常の熱処理はエンハンスメントとして考えられるのでナチュラルルビー、鉛ガラスを大量に流し込んだルビーもナチュラル、、注意書きつき、、、、となると、宝石のよくわからない一般の方は混乱してきますよね。

そんな状況なので 手を加えていない 非加熱ルビーに今, 脚光があたっているのだと思います。

価値があるか?無いか??

それは皆様のご判断になるかと思います。

それでは!



(おまけ)
この方、今でも人気があるんでしょうか??
Siamの Wax Musium の入り口の前で微笑む等身大のヨン様。

b0202356_11115556.jpg

by sheenbangkok | 2011-02-01 02:36 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sheenjewel.exblog.jp/tb/14841069
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。