2017年 08月 11日 ( 2 )

翡翠のうさぎ

15年以上弊社専属で頑張っている翡翠のカーバーの親方が寝込んでしまいました。

子供の時から翡翠のカービング一筋で生きてきた人です。

多くのカーバーたちは仏像や中国の縁起の良いモチーフなどの昔から変わらない決まったスタイルを得意としていて、カービングするものはどれも1点もので2つは同じものを作りません(というよりも作れません)。

コンテンポラリーな透かし模様や風になびく金芝梅の花、森のフクロウをデザインしても普通の翡翠カーバーは彫ることができません。 普通のカーバーは決まった形のものを大きくカービングしたり小さくしたりすることはできても全く新しいデザインは大の苦手です。

なのでうちの親方は特別な存在です。

新しいデザインをワックスで作成するとどんなに難しくてもワックスのサンプルと同じように仕上げてきます。 最初の1個はいつも悲鳴を上げての仕事です。 頭を使って考えて工夫しながら手順を考えて彫っていく辛い仕事だと思います。

最近はどんどんと腕をあげてきていて、私は彼を”天才”だと心から思っています。

そんな彼だから、、、とついつい難しい課題を毎回与えてしまいます。  今回も予想以上に難しいと後からわかった作品に取り組んでいます。

1pcを仕上げるのにあまりにも時間がかかるので2か月前にシェフTは”急きょデザインを変えないとタイデーに間に合わない”と言ってデザイン変更を検討するように提案してきました。  ですが、親方はなんとかやる!という気力をみせてくれたのでそのまま続けてもらうことにしました。

ホント、、、彼しかできないので彼に何かあったらOUT!!!144.png

オープンワークの難しい仕事に入るとそんなストレスをいつも私は抱えています。

が!

その親方がダウン。

私の目の前がくらくら、動悸がばくばくしてきましたよ。

家に電話をかけると親方は寝ていました。 

お布団のなかから弱弱しい声で

”あと8つで全部おわりますよ。 大丈夫です”

親方は集中して仕事をするので目の使い過ぎと運動不足でたびたびダウンしますが必ず仕事を終わらせるという強い責任感のある男136.pngです。

心から親方を尊敬するこの頃です。

8月18日のショップチャンネルライブの特別企画”タイディ”に向けて親方が製作しているモチーフは今回はウサギです。


オープンワークのとても難しい作品です。

b0202356_23111838.jpg
2羽のうさぎが荒波を前に”さあこれから飛び越えよう”としている姿です。

形を丸にしたのは月をイメージしているからです。 

最初、このカービングのタイトルに”荒波を乗り越えようとしている2羽のうさぎ”とつけようと思っていました。

人生、山あり谷ありまた山ありですけれどなんとか乗り越えましょう!という気持ちを込めたデザインだからです。

しかし!!将来に向かって明るく、もっと希望の持てるものにしようと考えて”飛躍”と名付けることにしました。

うさぎが飛び出ているような立体的な彫りで、これがとても大変なところです。

翡翠の原石も透明感のある質の良い部分をこれだけ使いますので価値あるといっても過言ではないと思います。

ですがー

沢山の数はできません。

親方の作品のフアンのかたにはぜひ手に入れていただきたいので事前にお知らせ申し上げました。

b0202356_23191290.jpg
なお、親方はすでに仕事に復帰しております。

それでは!

by sheenbangkok | 2017-08-11 23:25 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

****告知****  8月の営業日

**********告知***********

下記のとおりSheenはお休みをいただきます。

8月12日土曜日 - 8月16日水曜日

8月17日木曜日より平常営業いたします。

Open: 10:00AM
Close: 18:00PM

なお、オーダーメイドは8月25日より承ります。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

************************


明日12日はタイ王国のシリキット王妃様のお誕生日で”母の日”の祝日となり14日月曜は振替休日となります。 弊社はあすから数日間夏季休暇をいただくので職人たちは実家に帰り親孝行の予定だそう。 女性陣は明日は家族で食事にでかけることでしょう。  タイではカーネーションを贈る習慣はありませんが家族で食事にでかけるという姿を多く見かけます。

私は日本に帰国前で片付けなくてはならないことが多く明日1日頑張って145.pngあさってから日本の予定です。

それでは!

by sheenbangkok | 2017-08-11 22:43 | お知らせ | Trackback | Comments(0)