悩ましいリングのサイズ問題!

オーダーメイドの多い12月。

ほとんど皆様、悩むのがリングサイズです。

指が太い、細い!、、、、という問題よりも 143.png”指の関節だけ太い” ”指の付け根だけ細い” ”指が浮腫む”などなどのお悩みがありリングサイズがなかなか決まりません。

105.png そう、あなただけではないんです。皆さん悩むリングサイズ105.png

ヘッドの大きなリング、重いリングはその重みで左右に動きがちです。 なのでちょっときつめのサイズが本当は良いのです。  ですが、ちょっと待って! リングを切ってしまって小さいサイズにして冬を乗り越えたところで、春になると痛いくらいにきつい、、、あれあれ夏になったら入らない、、というようなことがおこります。

ぴったりなサイズでもヘッドが大きいと動きがちなので、そういったときは細いバンドリングをプラスすると安心だったりします。 4mm以下の細いバンドリングは指になじんでくれるので小さめを選んでも大丈夫です。


178.png

さて、幅の広いバンドタイプの場合のサイズ選びも悩むところです。

これは絶対に小さいサイズを選ばないこと!です。

5mm以上のバンドリングは大きくても指に吸い付いて動いたり落ちたりすることがありません。 なのでワンサイズ大きくても心地よくつけられます。

たとえば、

きょうの私のリングですが(24時間体制で着けているので汚れ、ゆがみはご了承ください)


こんな風に太いバンドを重ねています。

b0202356_17542395.jpg
ヒイラギリングの下に重ねているのはダイヤのエターニテイーでぐるりとダイヤで囲まれているリング(125.png ぴゅーぴゅー、かっけー)、、、いや全くカッコよくなくて、”サイズ直しができない”リングです。

私の指がまだサイズ7だった昔に作ったリングで、指が太くなることを見越して余裕をもってサイズ8で作りました。

b0202356_18012630.jpg
かつて余裕を持って毎日つけたこのリングも今は”季節労働者”になりました。 乾期で指がしぼんでいると思われる今の季節に登場。 ぴったりに着けられます。

しかし、、、なんたって夏はきつくて入らないんですよ、奥さん!

なので、冬だけ登場いただくリングです。

そういうこともあって、ヒイラギリングを選ぶときはうんと余裕でサイズ10を選びました。
b0202356_18061499.jpg
この大きさの違う2つのバンドリングですが、着け心地はほとんどかわりません。

大きめのサイズ10のヒイラギリングも指にぴったりとおさまっていますし、季節労働者のダイヤリングと同じような感触で着けています。

そんなわけですので、バンドリングの場合は絶対にワンサイズ、、、いや2サイズ、、、、ここが悩ましいところですが大きめをお選びになった方がよろしいかと思います。

アントレゾコレクションで12月13日に販売するハニーカムリングはエターニテイーではありまんのでサイズ直しはできないことはありません。 ですが、ダイヤのぐるりと入ったリングをサイズ直しする際はダイヤが緩むので留めなおしをしたり、、、、バンドの広い場合はきれいに仕上げるのも大変、、、といろいろとございますので、ちょっと大きめを選ばれるのが正解かと思います。


178.png

特に太いわけでもない4mm以下のリングは頭が軽ければぴったりサイズでも少々大きめでもあまりヘッドが動かずにつけていただけます。 またこの細さであれば多少指が膨張してもするっと入ってくれます。

なので大きすぎるリングとの重ね着けようとしてもこんなリングがあると便利です。

今回のコレクションのキャッツアイのハニーカムリングも重ねづけにも向くリングです。

b0202356_18191882.jpg
ご参考になりましたでしょうか?

ほんと、リングサイズ決定は悩ましいんです。

それでは!

by sheenbangkok | 2017-12-09 18:20 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

告知 12月11日から21日までのSheen Bangkok

========告知=======

12月11日は振り替え休日のためお休みをいただきます。

12月12日より21日までは 10時半ー18時までの営業時間とさせていただきます。

明日より私は出張に出ますのでお店はタイ人だけになり至らぬ点も多いかと思いますが、ご遠慮なくご試着などしてください。 工房、オフィスには日本人が居りますのでご質問等で不明な点がございましたらスタッフに申し付けて工房、オフィスにご連絡いただけますようお願いいたします。

お急ぎでないご質問はE-mailにて承りますのでよろしくお願い申し上げます。

12月22日よりは平常営業です。

年末は30日までオープンいたしますが31-3日まではクローズさせていただきます。

=================



by sheenbangkok | 2017-12-09 17:33 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

ネコ目石

”アントレゾ”の冬のコレクションの顔といっても良いのに、ちっとも紹介されなくて待ちくたびれ気味のペンダントたちを紹介します。

b0202356_16581372.jpg
猫のペンダントヘッドです。

ちょっと怒っていたり、すねていたり、気取っていたりと表情が異なるのは”目”のせいです。

皆様のお母様やおばあ様でも知っている古くから日本で超高級石といしてリングなどにセットされてジュエリーショップの最上段、一番奥に置かれていた宝石”猫目石”といわれていた”キャッツアイクリソベリル”を持っている生意気な猫たちです。

この生意気な猫たちの表情はキャッツアイの目の出方や石のベースの色によって変わってきます。

どの猫もしっかりとした目がでるようにとクリソベリルを厳選してカットして色を揃えてやっと猫の目になってもらうという無処理ならではの大変さをクリアして完成させています。

やっと目の入った猫たちはまるで生きているかのように元気にそしてご主人を災難から守るようにと目を光らせています。

キャッツアイクリソベリルは翡翠のように古くから護身の石としてもしられていますが、これが猫の目となって光りますと絶対に悪いものを寄せ付けないと思えてしまいます。
b0202356_17074623.jpg
あら、この子は泣き虫顔ですけれど、、、目は暗くしてもシャープです。



b0202356_17092683.jpg

適度な大きさもあり冬のニットの上からでもバランスよく収まります。



せっかくならば手元はハニーカム(ハチの巣)の中に蜜がたっぷりと入っているかのようなこのリングでペンダントとのマッチングさせるのもお洒落です。


b0202356_17160555.jpg
1本でも重ねづけでも素敵です。


たぶん、、、このような猫のペンダントとリングは探しても無いと思いますのでこの”猫目石”はかならずゲットしてくださいね!


アントレゾ冬のコレクションはショップチャンネルにて12月13日15時からライブで紹介させていただきます。 1日だけの特別価格ですのでお見逃しなく!






by sheenbangkok | 2017-12-09 17:19 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)