翡翠のうさぎ

15年以上弊社専属で頑張っている翡翠のカーバーの親方が寝込んでしまいました。

子供の時から翡翠のカービング一筋で生きてきた人です。

多くのカーバーたちは仏像や中国の縁起の良いモチーフなどの昔から変わらない決まったスタイルを得意としていて、カービングするものはどれも1点もので2つは同じものを作りません(というよりも作れません)。

コンテンポラリーな透かし模様や風になびく金芝梅の花、森のフクロウをデザインしても普通の翡翠カーバーは彫ることができません。 普通のカーバーは決まった形のものを大きくカービングしたり小さくしたりすることはできても全く新しいデザインは大の苦手です。

なのでうちの親方は特別な存在です。

新しいデザインをワックスで作成するとどんなに難しくてもワックスのサンプルと同じように仕上げてきます。 最初の1個はいつも悲鳴を上げての仕事です。 頭を使って考えて工夫しながら手順を考えて彫っていく辛い仕事だと思います。

最近はどんどんと腕をあげてきていて、私は彼を”天才”だと心から思っています。

そんな彼だから、、、とついつい難しい課題を毎回与えてしまいます。  今回も予想以上に難しいと後からわかった作品に取り組んでいます。

1pcを仕上げるのにあまりにも時間がかかるので2か月前にシェフTは”急きょデザインを変えないとタイデーに間に合わない”と言ってデザイン変更を検討するように提案してきました。  ですが、親方はなんとかやる!という気力をみせてくれたのでそのまま続けてもらうことにしました。

ホント、、、彼しかできないので彼に何かあったらOUT!!!144.png

オープンワークの難しい仕事に入るとそんなストレスをいつも私は抱えています。

が!

その親方がダウン。

私の目の前がくらくら、動悸がばくばくしてきましたよ。

家に電話をかけると親方は寝ていました。 

お布団のなかから弱弱しい声で

”あと8つで全部おわりますよ。 大丈夫です”

親方は集中して仕事をするので目の使い過ぎと運動不足でたびたびダウンしますが必ず仕事を終わらせるという強い責任感のある男136.pngです。

心から親方を尊敬するこの頃です。

8月18日のショップチャンネルライブの特別企画”タイディ”に向けて親方が製作しているモチーフは今回はウサギです。


オープンワークのとても難しい作品です。

b0202356_23111838.jpg
2羽のうさぎが荒波を前に”さあこれから飛び越えよう”としている姿です。

形を丸にしたのは月をイメージしているからです。 

最初、このカービングのタイトルに”荒波を乗り越えようとしている2羽のうさぎ”とつけようと思っていました。

人生、山あり谷ありまた山ありですけれどなんとか乗り越えましょう!という気持ちを込めたデザインだからです。

しかし!!将来に向かって明るく、もっと希望の持てるものにしようと考えて”飛躍”と名付けることにしました。

うさぎが飛び出ているような立体的な彫りで、これがとても大変なところです。

翡翠の原石も透明感のある質の良い部分をこれだけ使いますので価値あるといっても過言ではないと思います。

ですがー

沢山の数はできません。

親方の作品のフアンのかたにはぜひ手に入れていただきたいので事前にお知らせ申し上げました。

b0202356_23191290.jpg
なお、親方はすでに仕事に復帰しております。

それでは!

# by sheenbangkok | 2017-08-11 23:25 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

****告知****  8月の営業日

**********告知***********

下記のとおりSheenはお休みをいただきます。

8月12日土曜日 - 8月16日水曜日

8月17日木曜日より平常営業いたします。

Open: 10:00AM
Close: 18:00PM

なお、オーダーメイドは8月25日より承ります。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

************************


明日12日はタイ王国のシリキット王妃様のお誕生日で”母の日”の祝日となり14日月曜は振替休日となります。 弊社はあすから数日間夏季休暇をいただくので職人たちは実家に帰り親孝行の予定だそう。 女性陣は明日は家族で食事にでかけることでしょう。  タイではカーネーションを贈る習慣はありませんが家族で食事にでかけるという姿を多く見かけます。

私は日本に帰国前で片付けなくてはならないことが多く明日1日頑張って145.pngあさってから日本の予定です。

それでは!

# by sheenbangkok | 2017-08-11 22:43 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

私のとっておきリング - その後 -

アートラインの秋冬コレクションの準備もすっかりとできてあとは日本に帰国するだけとなりました。

旅のお供はなにを持ってゆこうかと悩む時間です。

定番のアントレゾの柊リングとペンダントは常に(ほぼ毎日)着けているので今回はハニーカムにしようか、いやいやパールももってゆこうか、、、などなど思いめぐらせています。

最近私が頻繁に着けるリングには共通点があります。

それは座が低いこと。

石座がうんと高かったりでっぱっていなくて低いという意味です。 

もちろんパーテイーや華やかなお席には大きくて石座が高いカクテルリングもそれはそれは素敵だと思います。 むしろ大きくて座の高いリングが生えることと思います。

ですが、普段ちょっと人に会ったり、仕事もしたり、お買い物もしたりという場面で、、、旅行でカバンを持ち、場合によってはガイドブックをもって、、、なんていう場面ではヒイラギリングやハニーカムのようなバンドリングがとっても着けやすくてついつい着けてしまいます。 しかも注目度高く、どこに行っても褒められます。



この翡翠リングは自分へのご褒美にと作った大きな大きな良質の板翡翠のリングで”女の勲章リング”と呼んでいる、ということは前のブログでも宣言136.pngしました。

これ実際に私はよく着けています。
b0202356_21211803.jpg
場面が広くて大きいのですが翡翠なので派手派手な印象がなく、また座が低いのでとにかく着けやすいです。


b0202356_21235250.jpg
”自分へのご褒美”にと私は購入したリングですが、なんのご褒美かというとここまでなんとか健康で生きてこられたということです。  ほんとに、先に何があるかわかりませんがとにかく今この時にとりあえずご褒美をあげよう、、とそんな気持ちで作ったリンです。 これから先、お守りとしてずっと着けていたいそんなリングです。

年老いても堂々と着用できる大きさがありますし、なにしろ”本物”ですので大人の女性に堂々とつけていただきたいと思っています。

そしてただ大きいだけでなくリングの細部に細工が施こしているのもこだわりです。

これも今回の旅のお供に決定。



そして最近よく着けるパールリングと言えばこれ。 このリングはいつも旅行、出張に持ってゆきます。

b0202356_21310544.jpg
7mmの高品質のアコヤが3つ並んでいるリングは日本の皆様にはアントレゾのラインで販売いたしました。

今はバンコクのSheenでの人気商品として並んでおります。

大きな南洋真珠はパーテイーなどの時には華やかですが、普段着けますか??  私も大玉の13mm、14mmというのは持っていますが実はあまり着ける機会がありません。

おおきいということは高さがあるのでとても目立つのです。 お出かけの時はそれでも良いのですがパールの大玉はものすごく目立ちます。

なのでちょっとお出かけや仕事に着けて行くくらいではついつい敬遠してしまいます。

ですが、皆様、、ちょこっとお出かけは頻繁にありませんか?パーテイー出席なんてそうそうはないですよね。

かといって小さい一粒アコヤですと冠婚葬祭なかんじがでてしまいます。

大人の女性としては照りの最高に良いパールを3つ並べた場面の広いリングがとっても決まる気がします。

b0202356_21385113.jpg
3つ並べると相当な迫力があります。

が、

高さは14mmの半分ですから場面が広くて座が引いということになります。

b0202356_21394591.jpg
全く邪魔にならずちょこっとおでかけにはぴったりです。

なので私も旅のお供にかならず連れてゆきます。 照りがよいので良いものだということが一目瞭然です。

これも今回のお供に決定。(こちらのパールリングは現在はバンコクSheenでのみの販売です)

さて、アートラインの翡翠コレクションはそんなこんなで着けやすさも考慮して石座は低めに作っています。 たとえば氷翡翠のフクロウのリングやカメリア、そしてインペリアルのリング、、どれをとっても場面が広く石座は低めです。

素材的にはフォーマルにも十二分に通用するものを使っていますが、翡翠の持つ護身の意味も鑑みてみると毎日でも着けられるという着けやすさもリングデザインの重要な要素として考慮しました。

だって、ずっとずっとおばあちゃんになるまでながーく着けてもらいたいですもの。

それでは!




# by sheenbangkok | 2017-08-08 22:02 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

ジュエラーの食卓

昨晩は久しぶりに外食の予定だったのですが、帰宅して家に着いたのが10時PM。

階下のレストランがまだ開いてはいたのですがなんとなく気が乗らないというわけで家で食事することに。

フレンチの予定が家ご飯に121.png


悔しいので家でもフレンチもどきを作ることに決定したのですがなにしろ夜遅いし材料は揃ってないしでばたばたでした。





それでも

b0202356_20381588.jpg
熱々の溶かしハーブバターの入ったエスカルゴができて、



b0202356_20404817.jpg
サラダとタラのスープができて



b0202356_20425867.jpg
イカがあったのでスピナッチとバジル、松の実を混ぜてフィッシュケーキ風に。 トップに乗っているのはウニのジュレ。

周りに菫の花を散らしたら、あらあらちょっと格好がつきました。


文章だけ読んでいるとまるで腕の良い私みたいですが、今は便利なものがどこでも買える時代。


種を明かせば111.png


エスカルゴは青山のピガールで買ってきたものです。
b0202356_20472373.jpg
ほらね、こんなかんじ。

b0202356_20481685.jpg
オーブンで10分ほど焼いてできあがり。 これは便利でおすすめ。 溶かしバターはちょっと塩分多めなのでバゲットにつければパーフェクトだったのですが急だったのでバゲットもその他のパンも在庫がなくちょっと残念でした。 しかし、この冷凍エスカルゴはおすすめ。 値段もそれほど高くなかったし。。。(忘れました)


そしてこれもあたりでしたね。

実は頂き物です。

優秀賞!

b0202356_20523651.jpg
これはお味もよくってジュレがおしゃれなのでいろいろな冷菜のトップにちょこっと載せるとグレードアップしたおもてなし料理になります。

特にバンコクの様なウニが入手困難なところではこれはとっても便利です。 お酒の肴にちょこっとこれが出たらうれしいですよ。

おいしいし!


b0202356_20425867.jpg
そうそうバンコクのスーパーではこんなのも売ってます。 周りに散らしたスミレ


b0202356_20562516.jpg


スーパーで120円ほどで売っていました。 これもお客様のおもてなしには良いですよ。


さて、そんな便利なものたちの力を借りてなんとかかんとか真夜中のデイナーができました。


最後にケーキまでいただいて


おなかがいっぱい。



b0202356_21005193.jpg
お誕生日おめでとう、シェフT


それでは!




# by sheenbangkok | 2017-08-08 21:04 | フード | Trackback | Comments(0)

神秘的な石 やっとデザインが付きました

数年前と昨年のブログで鮮やかで神秘的な様子の鉱物”コスモクロア”について書いたことがあります。

一見、翡翠のようであり、でもそのけた外れの鮮やかさはどうやらちょっと違うかも?と疑問も挟みたくなるような石です。

コスモクロアが主成分の石は鑑別上”モウシッシ”あるいは”Jadeite Rock"とでてきます。

これがここ数年中国系の方たちの間でブレイクして原石があっという間になくなってしまったということはご存知の方も多いと思います。

なぜか?

それはモウシッシの主成分であるコスモクロアという鉱物はミャンマーの鉱山で発見されるまではユーレアイトと呼ばれていました。

ユーレアイトは1965年に発見された隕石、宇宙から落ちてきた隕石の中にあった緑色でそれまで地球上に存在しなかった新鉱物として名付けられていました。

ところがその後ミャンマーのモウシッシ鉱山で発見された翡翠の様な石の主成分がユーレアイトだったのです。

さあ、宇宙から落ちてきた隕石の成分と同じものがモウシッシの中に発見されたのでユーレアイトは宇宙から来た石としてコスモクロアと呼ばれるようになったようです。

さて、そのコスモクロアについては”翡翠なの?””翡翠でないの?”という疑問がわいてきますよね?

次の図式をご覧になると納得いただけると思います。

ミャンマーのモウシッシ鉱山で発見されたモウシッシは コスモクロア +Eckermannite + Albite という鉱物から成り立っています。  主成分のコスモクロアの化学式は Na Cr Si₂ O₆ となります。 さて、翡翠はというと Na Al Si₂ O₆ です。

コスモクロアと翡翠の違いはCr と Al のところです。 他は全部同じ。 翡翠のアルミニウムがクロミウムに置き換わったのがコスモクロアです。  翡翠の成分とコスモクロアの成分はほとんど同じということなのです。

まあ、そういったわけでコスモクロアを主成分とするモウシッシはJadeiteではないのですが、親戚みたいなかんじかなあ。。

宇宙からの隕石としての神秘性と人気は今や翡翠に負けず劣らずの地位を確立しつつあります。

そんな石の素晴らしい原石を入手したのは10年前のことです。 飾って眺めているだけでしたが切ってみると中も色鮮やかで驚くばかりです。

その後この石を”アンドロメダ星雲”のイメージでカットしてカービングを施したのですが、ジュエリーにするにはあまりにも個性的でどのようにデザインをつけようかと迷い迷いずっと保留にしていました。

それが、今年になってイメージ通りのベイルを作成することができてペンダントとしてデビューすることになりました。

隕石のイメージそのままのベイルであちこちぶつかって凸凹な感じを出しています。

b0202356_22324598.jpg
もちろん無処理の本物です。


着けてみると宇宙の力を石に集めるようなパワーを感じます。 渦の中にパワーが引き寄せられるようなかんじです。

縁あって手にすることができた素晴らしく鮮やかな原石からとれるぶんだけをジュエリーにしましたので限定数しか出せないのですが、今回のショップチャンネルの日タイ修好130周年記念企画のアートライン翡翠コレクション(8月18日19時から放送です)で販売させていただきます。

最近パワー切れーー143.png なんて思われている方は気分転換に着けてみてはいかがでしょうか? 効くかも、、109.png


それでは!




# by sheenbangkok | 2017-08-04 22:43 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)