カテゴリ:タイのこと( 76 )

タイで買える優れもの Part??

(以下の記事は商品を宣伝するものではありませんので念のため109.png

先週の日曜日にセントラルチッドロムのマーケットプレースに行った時のことです。

いつも使っているコルゲートを買おうと売り場に行って、あれやこれやとちょっと迷ったんですよね。

かれこれ10分くらいコルゲートのコーナーに張り付いていたのですが、その間にコルゲートの隣に陳列している謎の歯磨きペーストが売れること売れること、、、、

男性がごそっと2本、そのあと女性が迷わず1本、さらに3本入りパックを買ってゆく人も、、、みなさんタイ人。 価格を見ると最も安いスタンダードタイプで100gで165バーツ、、、結構高いです。 

なんでこんな高いものが飛ぶように売れているのか知りたくてスタンダードタイプのものを1本購入してしまいました。

それがこちらの天然ハーブの歯磨きペースト


b0202356_21073287.jpg
DENTISTE


早速つかってみましたとも。

感想ですが、翌朝起きたときに歯磨きペーストをかえたことはすっかりと忘れていて

”あれ、口の中がすっごくさっぱり気持ち良いわ” そしてTentisteを使ったことを思い出しました。

これはすごい。 今までになかった爽やかさです。

そこでネットでいろいろと検索してみたのですがやはり爽やかな使い心地で評判の歯磨きペーストのようでした。

アマゾンで探すとありましたよ。。日本でも買えます。 なんと1200円するんですね。

これは久々のホームラン。

タイで買えるすぐれものリスト入りです。

b0202356_21144292.jpg
朝起きたときにさっぱりとしたお口になりたい方にはおすすめー!


それでは!

(重ね重ね、私はこの商品を販売しておりません。 あくまで個人的な感想ですのであしからず)
追伸  あとでタイのスタッフに聞いたところどこにでも置いているペーストだそう。セブンにもあるかも。。

by sheenbangkok | 2017-11-18 21:21 | タイのこと | Trackback | Comments(0)

年に一度の面倒な日

先週の木曜日はちょっと厄介な日でした。

年に1回かならず訪れるビザの更新にイミグレーションに出向くという行事です。

面倒な書類はセクレタリーのLaさんが揃えているし私たちは”間違いなく本人です”と証明するために顔を見せるだけなのですが、なぜかちょっぴり憂鬱で面倒だと感じるのです。

ビジネスで滞在するためにはNon-ImmigrantBというビザ通称ノンイミBビザを取得し、ワークパーミット労働許可証の申請へという流れですが、実際に本人が出向かなくてはならないのはビザの更新だけなのです。

さて、今年は10年以上の更新をなにごともなく経験している私にとって最も厄介な日であったと思います。

というのは、、

当日、私たちの引いた待ち番号が点滅したのでセクレタリーのLaがいつものようにまず係官の前に行って書類を見せる。 そんないつもと同じ様子を遠くからぼーっと眺めていて呼ばれるのを待っていたのですが、書類をチェックしている係官の手が止まってLaに対してないやらかにやら説教をしているように見えるのです。

それに対してLaもあれやこれやと言っている様子。 するとそこに割り込むようにLaと同じ立場らしき申請書類を抱えた女性が割り込んでなにやら係官に訴えているように見えるのです。

Laとその女性は二人で抗議しているように見える。。。。。最後に年配でいかにも冷たそうな表情の女性係官が( ̄▽ ̄)ニヤリと笑ってしょるいをポンとLaに返したのが見えました。

え?いったい何事? 私たちは呼ばれないまま、、書類を返された???

Laが暗い顔をして戻ってくるなり ”マダム、すぐに出国してください!”とわけのわからないことを言うではありませんが。

今思えば、たぶんLaは動揺して係官の言った言葉の趣旨が読み取れなかったのだと私は思いました。

どんな大問題が起こったのかと思いきや、今年から変わったルールに則った書類が添付されていなかった、ということでそれを知らない人々が書類を返されたということでした。

なーんだ、それなら新しい書類を取り寄せて再提出すればよいじゃないのーーーと思いますよね。 ところがその書類は税務署でもらうもので最低でも2日は必要だということ。 その日は木曜日だったのですが、金曜は祭日、土曜、日曜は役所は休み、、、、、あれあれ私のビザは月曜までで失効してしまうのです。

なので失効前に出国しなさい、と係官が言ったとLaが私に言うのです。

ビザを取得している方はわかると思いますが、国外に出てしまうとビザは完全失効してしまい更新はままならなくなり、再入国は観光ビザを取得しなければなり、ビジネスビザの取り直しとなります。 そんなひどいことを係官が言ったか言わないかは定かではありませんがとにかく大ピンチには違いない。

月曜中に税務署から書類を出してもらってイミグレに行けば問題ないと思うのですがLaはだめだという一点張り。 本当に困りました。

こんなときに助かるのがタイ人のお友達ネットワークでして、弊社のアカウンタントの友人の税務署員にお願いして書類を早く出してもらうまでは良かったのですが、最短で火曜日とのこと。 ビザは月曜までなのでやはり失効してしまいます。

そこで、今度はイミグレに知人がいるタイ人に電話をして事情を話してみたところこれが見事にヘルプしてくれました。

結論から言うとビザがすでに失効した火曜日にその彼女とイミグレに行き、同じ係官の女性は何事もなかったように”リヤップローイ(終わりです)”と笑顔で私に向かって言って無事にビザの更新ができました。

まるで魔法。

と、いまだから言えるのですが私にとって先週の木曜からイミグレに行った火曜日までは地獄に落ちたような気分になり胃痛がして動悸が激しくなりました。

実は5日の水曜日は私の誕生日でしたが”オクパンサー”の禁酒日でしたのでレストランでの食事を6日の木曜日に予定していたのですが、そんなことですっかりと気持ちがダウンしてしまい中止にしました。 なんということでしょうね。。。

今日はなんとか立ち直りつつあるのは綺麗なオパールを入手したからにほかならないと思います。 オパールは10月の誕生石ですから、石にひっそりと”お誕生日おめでとう”と言ってもらったようで泣けてしまいましたが、なんとなく救われた気持ちになりました。

これです
b0202356_22371293.jpg
綺麗な石は本当に心を癒してくれますね。 

更にうれしいのはこの大振りのオパールがもっと入手できそうだということなので、今日の午後は急きょ日本のバイヤーさんに連絡をして限定数で販売したいという旨を伝えました。
この大きさのオパールが指に乗ると朝露が太陽の光を受けているように見えて元気がでますので是非自分の分も製作するぞ!と元気も出てきました。

そして

来年からはビザの更新は余裕をもって2週間前だ!!と心に誓ったのでした。

それでは!

 

by sheenbangkok | 2017-10-12 22:42 | タイのこと | Trackback | Comments(0)

ヒンドウ寺院のお祭りは今週です

年々規模が大きくなりついに周辺の道路が通行止めになるというヒンドウ寺院のお祭りの日がもうすぐやってきます。

1年とはなんと早いのでしょうか? ついこの間、この話をしたばかりだというのに。。。

Silom 通りとPan通りの角に位置するヒンドウ今日のお寺は敷地はとても小さくて大勢の人が入れるような規模ではないのですが、タイ国外からもお参りに来るくらいに有名だそうで、ご利益があると信じられています。

このお寺に祭られているのは”ガネーシャ”です。 タイでは”パピカネン”と呼ばれています。 お参りすれば商売が成功するという言い伝えが広まって連日人が途絶えないのですが、実はガネーシャはそもそも学問の神様で知られています。  ガネーシャフアンは宗教を超えて多いのですが、それはユニークな子供の像の姿が魅力的なこともあるのだと思います。

Sheenではそれを全く意識したわけではないのですが翡翠のガネーシャは数年前からお店に並んでいます。 白ヒスイと緑の翡翠の2種類の彫刻でベイル部分にエメラルドやトルマリンなどの石をあしらってペンダントとして販売していました。

このところの急激な人気で白、緑ともに在庫がなくなっていました。 カーバーのカービングの予定はずっと先までいっぱいなのでガネーシャをここで彫る予定はなく、さてどうしようかと思っていました。 先日、原石の整理をしているときに偶然ですがサンプルとしてカービングしたガネーシャの緑が3pcsだけひょこっとでてきました。

なんだか期をうかがってお祭りの時期にでてきたような気がしてかわいくてたまりません。

この3つを取り急ぎペンダントに加工してSheenにならべようと思っています。

白は残念ながら先週のライブで完売してしまいましたので在庫はゼロです。

b0202356_22453571.jpg
ご興味がある方はSheenにてただいまご覧になれます。

さて、肝心なお祭りですが今週の土曜日に行われます。

夕方の5時ごろから露店がオープンし始めて7時になると歩くのも大変な人ごみになります。 Silom 通り、チョンノンシー駅周辺、スラサック、サトーン(北のみ)は車両通行止めになりますのでご注意ください。

夜が深まるにつれて祭りが盛り上がってきて宗教色が濃くなってきます。 デイープな感じがお好みな方は夜9時過ぎにおでかけになるとよいかと思います。 お祭りは深夜すぎまで続きます。(注:小さいお子様づれはお勧めしません)

SheenのあるSilom Villageはお寺の向かいにありますのでお店は当日は18時でクローズいたします。(帰れなくなりますので、、、、)

お気をつけてお出かけください。

それでは!


by sheenbangkok | 2017-09-25 22:54 | タイのこと | Trackback | Comments(0)

ショップチャンネル ジュエリーデー IN THAILAND

これから本番というスタジオの風景です。 まるで日本のスタジオのようにそっくりさんに作られています。

b0202356_21091643.jpg

本日はナムタンがショップチャンネルのジュエリーデーの弊社ゲストとして立派に役目を果たしてくれました。 初めての出演でしたのでかなり心配したのですが、渡した原稿よりも更に話を膨らませるという余裕まで見せてやってくれました。

私の初出演時と比べたらナムタンはもう”神”のような出来栄えです。 が、まあいろいろと課題はありまして、、、声がとっても小さかったとかすごく早口だったとか、大切なことを言い忘れちゃったとか、なのですがそんなこともありながら完売のチャリンチャリンの続出で、私はスタジオに居ながらそのたびに拍手喝さいの大喜びをしました。

スタジオには日本のショップチャンネルでも長い間おなじみだったタイリンクのララさんも来てくれて一緒に手を叩いて大喜びしました。

日本円で5万円を超える商品があっというまに完売したのは本当に驚きましたが、今回はこの2人の力が大きかったのでは?と私は思ってしまいました。

その2人とは、、

まずはキャストさん、、
b0202356_21172292.jpg
向かって左がナムタン、右が本日のキャストさんです。  彼女の語り口はとても聞きやすくて退屈しません。 更にしっかりとナムタンをフォロウしてくれてナムタンは彼女に上手にリードされたと思います。 スタイル抜群の美人で感じが良くて超ナイスーな女性でした。

さてもう一人はこの方



b0202356_21213918.jpg
本日弊社の翡翠を1時間ずっと着けてくれたモデルさん。 彼女の美しさと服がぴったりと翡翠にあっていて本当に上品に美しく映りました。

彼女が翡翠を着けている姿を見て買う決心をした方もきっと多かったと思います。 服のコーデイネートが最高に良かった。

b0202356_21243926.jpg
白ヒスイの時はこの衣装。 翡翠が老け込まずにいきいきと見えてよかったです。

スタイリストさんのセンス最高でした。

そんなこんなでおかげさまで商品の大部分が完売してしまい、実は明日と11月にあと2時間のライブを予定していたのですがどうやらキャンセルになりそうです。  次の商品の準備をしなければならないのですが、今弊社の工房は日本に出荷する翡翠商品の生産の追い込みをしているのでそれが出来ずほんとに残念ですが商品がありません。

これから大慌てで準備開始かな、、、?

そんなこんなですが、スタッフの皆様のおかげでナムタン初出演のSheen by Artlineのライブは成功に終わりました。

見てくださった皆様、あるいはお買い上げくださった皆様本当にありがとうございました。

それでは!



おまけ


(ヘアースタイリストさん)
b0202356_21331541.jpg
(マダム風にしていただきました)


b0202356_21335460.jpg
129.png自分が出演しないとなんと余裕のある事でしょう、、、写真撮りまくりました

by sheenbangkok | 2017-09-21 21:44 | タイのこと | Trackback | Comments(0)

タイのショップチャンネル

明日9月21日木曜日は弊社のショールームのSheenを臨時に閉めさせていただきます

22日からは通常通り10時30分ー20時でオープンさせていただきます。

明日はナムタンのテレビデビューの日110.png

弊社の翡翠のタイ向け商品をタイのショップチャンネルで明日販売することになり、明日21日15時から1時間の生放送に出演します。

放送はもちろんすべてタイ語で行われ視聴者もほぼタイの方、よってターゲットもタイ人向けの商品となります。

タイでショップチャンネルがスタートして試運転の段階の時に私は2度ほどライブに出演したのですが、その時は通訳さんを介してのライブでした。 その時の感想はタイの通訳さんが間に入ると伝えたい事がストレートに伝わらないし、気持ちがお客様に通じないかんじ、、ということでした。

こんなに長くタイに居るのにタイ語でライブ出演できないなんて情けないったらないのですが、タイ語で出演したら更にお客様が????になってしまうに違いないです。

今回のライブが決まる前に私はナムタンに”あなたが出演できるのならライブを引き受けますよ!”と尋ねたのですが、物事に常に前向きでいつも笑顔のナムタンはためらいなく”ハイ!出ます”と言ってくれたのでホント良かったです。

先週から商品について、話し方について(もちろん私が教えられる範囲で105.png105.png)ミーテイングを重ねて準備万端。

2日間にわたって着る衣装の準備もできて私はもう緊張が高まっているのですが、ナムタンはいつものように元気で楽しそうに浮かれてさえいる様子。 これは日本人とタイ人の性格の違いなのでしょうか、、テレビ初出演というのに、しかも会社の代表として商品を売るというのに119.png遠足の前の小学生のようにるんるんしていて、、テレビ出演に向いている性格のようです。

ヘアとメイクも既にお願いしてありますので明日は衣装をもっていくだけ。 なんだか自分が出演するときよりもずっと念入りな準備をしている感じです。

もちろん初日は私も付き添いで行きますのでショールームは1日クローズさせていただきます。

因みに、バンコク在住の方は下記のとおりご覧になれます。

True Vision  369(HD), 173(SD)

Sheen by Artlineは21日15時ー、22日9時ーの2時間です。 翡翠ジュエリーの販売です。

もちろんネットでもご覧いただけると思います。

お時間ある方は是非!

それでは!






by sheenbangkok | 2017-09-20 22:08 | タイのこと | Trackback | Comments(0)

本日は祝日。Sheenはオープンしております。

本日はタイの新しい ”King's Birthday”ということで休日となりました。

タイの国としてはまだ喪があけていないので公務員や銀行員は黒服を義務つけられていますが一般の人もまだ黒服が多いバンコクです。 が、さすがに今日は黒服の方はみかけません。

私も今日はSheenに出ておりますが服は白xブルーの華やかな組み合わせを選びました。

そしてリングはこれです。



b0202356_19040216.jpg
氷翡翠のフクロウリングのルビーバージョンです。

ルビーは貴石の王様のような位置が不動と思わせる力強い輝きを持っています。 最近はルビーはナチュラすを探すほうが難しくなり本物できれいなルビーは捜索困難なくらい鉛ガラスの含浸ルビーやサファイアが目につきます。 鉛ガラス含浸の石は石止め職人も嫌がる割れやすいものですのでリングなどには向きませんので要注意です。

さて、アートラインのラインでは久々の翡翠とルビーの組み合わせです。 ふくろうの目に力があるとフクロウが生きているみたいで仕事をしているとじっと見つめられているようで気になって仕方がありません。
b0202356_19094634.jpg
一人で仕事をしているとおもわず話しかけてしまいます。。ぶつぶつと文句いったりですけれど(笑)



さて、今日のランチはカラフルなものをいただきました。

これ

b0202356_19125539.jpg
この写真ではわかりませんが、このエッグサラダサンドイッチはすごい色です。

b0202356_19143640.jpg
ほらね、パンがブルーなんです。

このスターバックスのサンドイッチを私はとても気に入っていてよく買っています。

このサンドイッチを見るたびに高校生の時に寄り道したバスキンロビンス(または31アイスクリーム)でいつもお決まりに注文したミントの鮮やかなブルーグリーンを思い出します。

今日もそんなことを思い出しながらスタバのサンドイッチをSheenで食べながら地味に仕事をする私なのでした。

さあ、明日はもう土曜日ですが来週から買い付けのお客様が外国からいらっしゃいますので明日もその準備です。 こつこつ頑張ろう!

それでは!




by sheenbangkok | 2017-07-28 19:26 | タイのこと | Trackback | Comments(0)

タイで買える優れもの その?

タイで買える優れものNO1はなんといっても宝石だと心から私は思うのですが、、なぜならバンコクは世界の石の集積地であるから。

以前はタイシルクという大物がお土産類の中で幅を利かせていたように感じますが、トラデイショナルなタイのシルクはハリがあるので洋服を作るとかなりフォーマルになるし小物で持つには傷つきやすくてカバンの中ですぐに崩壊してしまうので勿体ないですよね。

そんなこんなで最近のタイのお土産の私のお気に入りとしては食べ物と決まっていました。

中でも蜂の巣入りのはちみつは家族の評判が高くてよく買います。 またOriental Hotelやスコータイホテルのコンフィチュールもかつてはよく買っていました。 中でもパッションフルーツのコンフィチュールはとてもおいしくて大好き、、、ですが棚に並んでいないことが多くてアプリコットなんかを買うこともありました。 が、最近ははちみつのほうが喜ばれるんです。

さて、最近のことですが知人のお嬢さんと息子さんが共同でブテイックとカフェをオープンさせたので冷やかしに行ってきました。

場所はバンコクではなくミャンマーにほど近い街のダウンタウンの中心にありました。

写真を撮り忘れましたが、田舎の街とは思えないおしゃれな内装でコーヒーもとってもおいしい。

10年前まではおいしいコーヒーなんてスタバくらいしか飲めなかったのに、今ではこんな田舎でもイタリア製の大きなエスプレッソマシーンを置いて薫り高いカフェラテを作ってくれます。 この変化にびっくりびっくりです。

さて、ブテイックにデイスプレイされているお洋服はどれもあか抜けていて素敵。 バンコクのデパートのローカルデザイナーの品ぞろえとは全く違って洗練されています。 それに安い!これぞタイよね。。。と思う価格でどれもこれも欲しくなります。

シェフTはTシャツを早速試着。 私はワンピースやらTシャツやらいろいろと試着したかったのですがコーヒーを飲みながらのおしゃべりに夢中になりすっかりと時間がたってしまいました。

そこでなにげなく目をやったデイスプレイにオシャレなサンダル発見。

ビニールではなく牛革で中にはふかふかのラビットファーがついています。 実はSheenに居る時に裏のオフィスで事務仕事をしていると足がとっても冷えるのです。 なので室内用の暖かいサンダルが欲しいなあ、、、と前から思っていました。 これはちょうどよい!

b0202356_18340651.jpg
お土産にも買って帰りたいくらいのびっくりお値段だったのですが、さすがに人気で最後の1足。 (残念、、、家族、友人の分は買えませんでした。。ごめん)

暖かくって適当におしゃれでショールーム履きにはぴったり

b0202356_18363325.jpg
あったかい。

タイにはまだまだ掘り出し物がありますね。



さて、そのお店から5Kmほど国境寄りにあるミャンマーの職人の家に行ったときに驚いたのは子猫が大量に、、二猫家族で子猫が7-8匹ぴょんぴょんと飛び跳ねていました。

子猫ってなんてかわいいのでしょうね。

その中でシャムネコの血を引いていると思われるブルーの目を持った美形の子猫がいたのですが、シェフTがとても気に入って連れて帰る勢いでした。

(その子はカメラから逃げて行ってしまって写真が撮れませんでした。。)

私はひとなつっこいこの子が気になっていました。
b0202356_18443086.jpg
b0202356_18450558.jpg
いずれの子猫もかわいいけれど留守が多い我が家には無理だわ!ということで連れて帰るのは断念しました。

さて、

バンコクに戻ってから数日のこと

シェフTがこんな作品を作っていました。。。びっくり




b0202356_18472989.jpg
これはゴールドに石を置いただけで完成品ではありません。 ここからまた細工が加わります。

キャッツアイの目はとってもシャープに輝いています。

鼻は贅沢にブラックダイヤ。

あのブルーの目の子猫がモデルかなあ、、、?

可愛くできたらアントレゾのシリーズに加えようかなあ、、、と思ってしまいました。


それでは!


by sheenbangkok | 2017-07-28 18:57 | タイのこと | Trackback | Comments(0)

SheenのSalesスタッフ

本日は透明度抜群の”Icy Lavender Jadeite"氷質ラベンダー翡翠のリングがSheenに入りました。

先日はいった大振りよりもピンクが強い藤の花色の石です。

b0202356_21433988.jpg
18Kのシャンクの細工は葡萄の葉が重なったような立体感があり、リング腕はそこから葡萄の木が伸びたような自然をモチーフにしたデザインです。 ぷっくりと大振りの翡翠は3ct以上ありますがICYと表現できる氷質ながら自然の藤色が美しいリングです。


Under40thのナムタンがつけても違和感がなく地味ではありません。
b0202356_21461332.jpg
本日よりSheenに入りました。

さて、おなじみのSheenの販売スタッフのナムタンですが入社して1年半が過ぎたので徐々にタイ国内の卸販売についても取り仕切れるようにと勉強を始めました。

手始めにということでショップチャンネルのタイランドのバイヤーさんとのミーテイングにも本日は同席してもらいメモを取ったり、ジュエリー選びのサポートをしたりをしてもらいました。

いよいよビジネスカードも作りました。
b0202356_21515805.jpg
そしてタイでのショップチャンネルのライブにはゲストとして出演してもらおうかと考えています。

以前は私が出演したのですが、通訳さんを挟んでの説明は伝えたいことの10%も伝わらず通訳さんの説明にすべてがかかってしまいます。 アートラインの翡翠やアントレゾの天然石のようなものではしっかりとした説明が必要なので”だれかー105.png、、、適任なタイ人はいないかしら??”とずっと思っていたのですが灯台下暗しで”そうだ、ナムタンがいるでしょう?”と思ったのでした。

で、本日のミーテイングでバイヤーさんにナムタンが合格かどうか尋ねたところ

”彼女ならできると思うわ!”

といううれしいお墨付きをもらったのでホントにホントに良かったです。

また日本人と違って本人も”えー?!できるかしらー?!”なんてかんじでは一切なく”はい!やらせてください!”というやる気満々なのもうれしかったです。

久しぶりに良い気分の日でした。

そういうわけで次のライブからタイの放送ではナムタンが出演に決定となり、タイのテレビで商品を販売するにあたっての困ったことが解決しました。

もっとも商品はタイのローカル向けのものですので日本のお客様とは嗜好が異なるのでSheenに置いてある商品や日本向けに送っている商品とはかなり異なるものが多くなると思いますが、放送日にはFacebookにて告知させていただきます。

それでは!


by sheenbangkok | 2017-06-27 22:06 | タイのこと | Trackback | Comments(0)

奇跡の生還

大切な人との悲しい別れの気持ちは経験しなくとも想像ができる辛さだと思います。

私だったら、家族や大事な人の死に直面したとしても”奇跡が起きて生き返ってほしい”と最後の最後の瞬間まで願ってしまうと思います。  父が亡くなった時も実家の部屋に置かれた棺の横で”奇跡が起きて突然に目を覚ましてくれるのではないか?” ”誰もいないときに目を覚ましたらせっかく生き返ったのに生還のチャンスを失ってしまうのではないか?”と、、、最後の最後のお別れの時まで海に落とした一粒のダイヤモンドを探すように望みは捨てきれずにいました。

日本の場合、火葬をするのでお葬儀の後で棺が高温の炉の中に吸い込まれていくというショッキングな場面を経なければならないのですが、遺体が焼かれて骨になった時に”もう戻ってこない”という喪失感に強く襲われたのを私は覚えています。 これでもう一縷の望みも無しです。

さて、ここ2,3日はそんなことを考えたりしてしまいました。 そして思い出したのが以前に仕事を頼んだことのある職人のお父様のことです。

彼のお父様は今から20年以上も前に交通事故にあって即死と伝えられ、彼を含めた家族一同は悲しみに暮れていました。ナコンパトムというバンコクからほど近い県の田舎のほうの出来事でした。 そして、遺体は棺に納められてお寺に納められ葬儀を待っている状態でした。 

親族も集まりさて葬儀が始まったその時、棺の中が突然に動いたのだそうです。 親戚一同は本当に”幽霊’だと思ったそうですが、遺体であったはずのお父様がまさに息を吹き返したのでした。 そしてうそのような本当の話ですが、起き上がって”焼かないでくれ!”と言ったそうです。

そしてこのお父様ったら、障害は残ったもののお元気でご存命だそうです。 人の運命は本当にわからないものです。

失意のどん底からの急展開です。

いったい本当なのかと疑ってしまうような事実を聞かせられると”ああ、やっぱり最後の最後まで望みは捨てられない!”と思ってしまいます。 もっともタイの20年前のナコンパトムの田舎のほうで起こったとこなので現代のように遺体が傷まないような処置もしていなかったに違いありません。 それにしてもですが、交通事故も奇跡の生還も突然に起こった運命を変える出来事でした。

ああほんとに、明日の運命だって予測不可能な人生なのだから後悔しないように今思いついたことは今のうちにしておかなければならないのだということはわかっていながらなかなかうまくいかない毎日です。

気に入った天然石はこんな気持ちの時に役立ち、着けているだけで気分がUPして物事が良いほうに向かいそうな気がしてくるので試してみてくださいね!


それでは! 










by sheenbangkok | 2017-06-27 21:37 | タイのこと | Trackback | Comments(2)

パスポートの更新してきました

気が付けばパスポートの有効期限が6か月を切っていました。

もう10年、、、というよりも10年はやはり長かったと思います。 写真が相当に若いですものね、、、

バンコクでのパスポートの更新はサトーン通りの日本大使館領事部でできます。

大使館のHPをググると申請書がダウンロードできる仕組みになっています。 必要事項を打ち込んでプリントするというとても簡単なものです。

プリントアウトした申請用紙と期限が切れる前のパスポートに写真1枚を持参するだけでよいのです。 信じられないくらい簡単にしかも4日で新しいパスポートが出来上がってきました。 出来上がった新しいパスポートを受け取るときにB5,130-(10年パスポート)を支払って終了!

古いパスポートにはビザスタンプが押してあるのでこれを新しいパスポートに移し替えるという作業は明日メッセンジャーがイミグレーションに行ってくれますのでこれにて完了。

10年に一度の大イベントはそっけなく終わりました。

ところで、、

皆様はサトーン通りの日本大使館にいらしたことはありますか? 私はあるのですが、、、あるにも関わらず申請当日にちょっと失敗をしてしまいました。

サトーン通りからヴィタユ通りにつながる大通りには大使館が多いのです。 目当ての日本大使館はルンピニ公園の向かいでルンピニ警察の近くです。 ラマ4通り方面から来れば間違いはなかったのですが、その日はチッドロム方面から車で、、しかもおしゃべりをしながら来て慌てて大使館前でストップしたのですが、、、

そこはアメリカ大使館でした。

思い込みとは恐ろしいもので、私はすっかりと日本大使館と思い込んでいたので”パーキングはないから公園にでも停めてきて!”とセキュリテイーにそっけなく言われた時も不思議に思えませんでした。

入り口には人の群れで少々ごった返していましたが、疑いもなく中に入ろうとするとそこで警官に止められて窓口に行くように言われました。 まだ気が付かない私。 

窓口に行くと厳しい顔をした女性が流ちょうな英語で”なんの用事ですか?”と聞いてきたので”パスポートの更新ですよ”と疑いもなく答えてパスポートを出しました。 すると怖いお顔がさらにしかめ面になって”なにがしたいの?あなたは日本人?”と聞かれてやっと目が覚めた私。

149.pngここはアメリカ大使館ではではではでは?   136.pngそうだす!

今思い出しても自分のドジさが可笑しい、、、思い込みって恐ろしい。

その後、慌ててそこから200mm先の日本大使館に移動。。。大使館の入り口に着くやセキュリテイーがニコニコ顔で”こんにちわー!”ととてもフレンドリー、、、、まぎれもなくここは日本大使館。

静かで優しい日本の空気がそこには流れていました。

間違えた大使館とは全く対照的な雰囲気なのに、、、思い込みとは恐ろしい。

日本大使館にはパーキングがちゃんとありセキュリテイーのジイやさんみたいな方が優しくエスコートしてくれます。

皆様はまさか間違えることはないと思いますが一応、、104.pngご注意くださいませ。

そんなこんなで次は10年先、、、健康で実り多い10年にしたい!と新年のような気持になったのでした。

それでは!


(おまけ)
b0202356_22545791.jpg
本当にこれはいける!久々の大ヒットおせんべい。 人形町に本店のある小藤屋さんで買えるそう。。  先日日本から仕事で来た友人の実家が小藤屋さんでお土産に持ってきていただいたおせんべいの一つがこれ。 ごとやん、ほんとにおいしいよー。







by sheenbangkok | 2017-06-15 23:01 | タイのこと | Trackback | Comments(0)