オーダーメイドはこんなふう!

タイを訪れると欲しくなるのが宝石、、ではタイで宝石が採れるのかというと、嘗てのルビーやサファイアの鉱山も既に採り尽くされており採掘量は殆どありません。

では、なんでタイ??

それはタイに世界中からの宝石が集まるからです。
周辺国はカンボジア、ミャンマー、アフガニスタン、インド、、と様々な宝石の原石が採掘されます。 また、アフリカ諸国からは容易に原石が運び込まれるようになり、更には遠いブラジルやコロンビアからの原石までもが持ち込まれるようになりました。

ご存知のように中国にも現在は多くの原石が持ち込まれて加工されておりますが、アフリカやミャンマーの原石はタイに来てから中国へという流れが主流です。

そういったわけで、バンコクはいまだに宝石原石の集積地としての地位を保っています。

折角バンコクに来たのなら宝石を買いたいと思われる方も多いかと思いますが、バンコクでは本当に多くの石を見て選べる環境にあります。 さて、どうせなら宝石だけでなくオリジナルのジュエリーを作りたい、と思われる方も多いようですが、これだけ沢山の石と工場があるバンコクですから、是非にとお勧めしたいです。

039.gif前置きがながくなりましたが、、

Sheenでもオリジナルのジュエリーをご注文いただくことができます。
基本的にショールームなので完成したジュエリーをサンプル的に展示してありますが、オーダーメイド製品のご注文も一般の皆様からお受けできる体制が整っております。

オーダーメイドとは、デザインを一からおこし、それにしたがってプロトタイプ(型)を作成し、そこからジュエリーを作成するというものです。  ですので、サンプルは存在しません(サンプルがあったらオーダーメイドではないですよね039.gif

今のところ、殆どがヨーロッパ、アジアのジュエラーさんのお客様からの、いわばプロからの注文なのですが個人のお客様からのご注文も大歓迎です。



でも、どうやって?ということを聞かれます。

そこで049.gif

全体の流れを順を追っていくとこんなカンジになります。

最初は石を決めるのが進みやすいかと思います。
ダイヤなどサイズと価格の関係がはっきりとしているものはいきなりデザインということでも大丈夫です。

さて、デザインとご予算は並行して考えていきます。
限られた予算の中でデザインを考えていくのは重要です。
ここまでで、大まかにどれくらいの予算でどんなものが作りたいかがわかってきます。
そして、ご注文いただくと決定した場合は次に進みます。

次とは具体的なデザインの詳細へと移っていきます。

では、実際に頂いたオーダーを例にとってみますね。

このお客様はご自身の所有のペンダントのイメージをリングに反映させたいという具体的な希望をお持ちでした。

ペンダントのお写真をいただきました。
b0202356_15324997.jpg

この時点で材料はダイヤを使用、センターはブラックダイヤを使用と確認します。

更にリングにした場合のご希望の形をお客様がスケッチして下さいました。
b0202356_15341894.jpg

なんとなくカンジはつかめました。

そして非常におおまかな見積もりを出し、お客様の考えるお値段の範囲と確認できたところでデザイン画となります。

CADで纏まったイメージを描きます。
b0202356_15361852.jpg

b0202356_1536463.jpg

石の数、重さがだんだんわかってきます。
この時点でもう少し現実に近い見積もりが出ます。
また、個性的な仕上げのためにブラックロジウムを使用するという提案をしました。
それがどんなものかもCADの色で確認できます。

このお客様の場合、見積もりとボリュームを確認したとろで、もう少し予算を増やして大振りにしたい!というご希望がありました。

そこで、どれくらいの大きさにするかを相談。

相談結果、最終的なIMAGEをCADで作成しました。
b0202356_15382469.jpg

b0202356_1539761.jpg

トップの面積が大きくなったことによってシャンク(腕)が1本ではバランスが悪くなりました。
太くすこともできたのですが、デザイン的な美しさがなくなるので交差させることにしました。

詳細の全てを了解いただく段階です。

これがお客様の最終確認となりました。

そしてこのIMAGEを元に原型の作成です。
この原型の作成が最も時間を要するところです。 職人がただ作るのではなく、私を含めたスタッフがバランスや美しさを確認し、修正しながら進めます。

ここがオーダーメイドと既製品の大きく違うところです。  既製品は、このようにして熟考された型をもとに、オーダー数に応じて何十、何百という数のジュエリーを生み出すことができます。

しかし、オーダーメイドはたった1個のためにこの型を作るという大変に贅沢なものです。

さて、やっと原型が完成。

ここからゴム型を作成。

そしてキャステイング、、やっとゴールドで形をとる段階になります。
長い道のりでしょう?


さてキャステイング終了後のゴールドをファイル職人、石止め職人、磨き職人、プレーテイング職人と経て検品QCに至ります。

そして完成。
b0202356_15401581.jpg

b0202356_15404123.jpg


如何でしょうか?
CADでイメージを確認しましたので、完成品がイメージと違う!という悲しい出来事などは起らずお客様はたいてい大満足です。

本当のオーダーメイドはこんなふうに手間、時間のかかるものです。

なので、折角のオーダーメイドなのですから、皆様の個性が溢れるデザインでたった一つのジュエリーを製作なさるのがよいかと思います。

更に、Sheenの職人達はハイエンドジュエリーを手がける一流の職人ばかりですので、出来上がりはそのへんのブランドジュエリーには負けないと私は思っています(037.gifちょいと自慢しすぎかな?)。

さて、こんなですからお時間がゆっくりととれるときに予め予約をいただいてからの方かよろしいかと思います。 じっくりと考えてよいものを作りましょう。

それでは!

by sheenbangkok | 2012-04-25 14:10 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

さあ日本で何を着けましょう!

日本は春まっさかりなんですねー。

私が1年で最も好きな季節、桜の花が咲いて気持ちがウキウキとしてくる4月は最高です。 でも桜の散った5月はまだまだ春といっても良いのですよね?

このところ、バンコクでは猛暑が続いていますのでポカポカとした日本の春が恋しくなります。 一体全体、この暑さはいつまで続くのでしょうか? 早く雨季に入ってほしいと切望する日々です。

さて、5月になると日本出張があるのですが、これが待ち遠しい! バンコクよりもだいぶ涼しい春を味わいたいという気持ちでいっぱいです。 服は何をもっていこうか、靴はどうしようか、と連日そればっかり考えている私です。

そしてジュエリーもやっぱり春の味付けがちょっとだけ入ったベーシックなものにしたい、と思っています。

そんな気分を代表してくれるのがバロックパールです。 

バロックパールのリング、イヤリングはSheenの定番商品で、主にヨーロッパマダムに人気の高い商品です。 ここで少しだけ新しく入った春の香りのするものを紹介させていただきます。

まずはバロックパールのリング、、
b0202356_15103154.jpg

指が隠れるくらいの大振りです。
b0202356_15112542.jpg

蝶が留まっています060.gif

そしてこちらにはルビーのお花
b0202356_15133110.jpg

カワイイ味付けですがパールがダイナミックな大きさですので全体は大人のリングに仕上がっています。

バロックパールは個々の形が違い、リングに相応しい形の良いもの、面白いものを選んでいますが、これは1点ものといってよいくらいパールの表情が同じものはありませんので、こちらの写真でご紹介したものが店頭に無い可能性もありますので、その点はご了承くださいませ。
b0202356_15173484.jpg



さて、翡翠とバロックパールも春らしい若葉の香りがします。
b0202356_15185813.jpg


カービングは両面に施されており、質の良い逸品
b0202356_1519481.jpg

こんなネックレスも春の香りたっぷりです
b0202356_15482147.jpg

b0202356_15485764.jpg

量産できない手作りの作品には高級品の重みがあり、お友達とはちょっと違ったお洒落ができることかと思います。

さて、私の私物ですがカービングのイヤリングは最近、毎日つけています。
ショップチャンネルさんでもご紹介させていただいたことのあるこのイヤリング、、

b0202356_15473936.jpg

私実はこのところヘビロテでして、これをつけてSheenに居るとお客様が必ずカービングのイヤリングを探されます。 作った当時はたまにしか着けていなかったのですが、これが着け始めると肌に馴染みますので2日に1日はこのイヤリングを選んでしまいます。 黒、ベージュ、ブラウン、白とどんな色の服にも似合うんですよ。

皆様の予想に反して(?)、翡翠は皆様のお顔を明るく、そして全体をお洒落にみせてくれる味付けになることと思います。

さて、もう一つ紹介させていただきたいのがやっぱりパールなんですが、Thahitiのブラックです。
b0202356_15265515.jpg
b0202356_15272459.jpg

























蕾のような形のペンダントとリングです。
こちらはかしこまったパールジュエリーではなく、スタイリッシュに、そしてカジュアルにもつけていただきたいアイテムです。

そこで選んだのがイエローゴールドです。

そしてチェーンではなく異素材との組み合わせです。

例えば、ペンダントはステイングレーなどのハードな素材と合わせると今風です。
b0202356_15321725.jpg

ステイングレーやオメガなどが通るようにベイルをかなり大きくとっているのが特徴です。

さてさて、これらは全てSheenに展示がございます。

パールもこれからは遊び心の入ったものを選びたいと考えていますが、やはり長く使えるように品質のそこそこ良いもの+遊びすぎていないデザイン、で提案させていただきたいと思っています。

是非、お試しになってください。

さてさて、、まだまだ決まらない服、靴、ジュエリー、、、、

それでは!

by sheenbangkok | 2012-04-24 15:53 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

タイで最も有名な場所?

b0202356_21114622.jpg

久しぶりに観光客の気分を味わうべくホテルのDinner Cruiseに参加した時の夕日です。

そしてこの橋にさしかかる時にアナウンスが入り”タイで最も有名な場所”と紹介されました。
b0202356_21145081.jpg

Kwai Riverクワイ川にかかる橋は”戦場にかける橋”で有名になりました。

嘗ての日本軍の指揮の下で作られた橋として、そして建築のために連合軍の捕虜兵士が強制労働させられて多くの犠牲者をだしたことでも有名な橋です。 クルーズのガイドがタイ語と英語ではいりますが、そこは優しいタイの国ですから強い表現は無く、さらっと解説してくださいました。

さて、私達が居るのはKanchanabriカンチャナブリ、、バンコクから西に2時間のドライブで行かれる場所です。 今回はSongkrangの連休を利用してちょっと行ってまいりました。

カンチャナブリ、、といえばクワイ川のほかにも有名なものがあります。 さて、その有名なものが今はどうなっているのかを確かめにカンチャナブリから北に20KmほどのBo Ployという村を尋ねました。

その有名なものとは、

こちらがヒントです。
b0202356_22352352.jpg

こんな空き地に”入るな”といわんばかりのバラセンが張ってあります。

その理由はこちら
b0202356_22364676.jpg

サファイアの採掘場です。

まあ、そんなところなら是非行きたい! と早まらないでくださいね。 

実は、こちらは現在も稼動している数少ない採掘場です。 Bo Ployで見たかぎり、こちら1箇所だけでした。 カンチャナブリのサファイアは、嘗てはあちこちで採掘が行われ、シェフTが尋ねた1980年代には、そこいらじゅう、道端でも掘っている人を見かけたくらいの大ブームだったようです。

その後、徐々に減ってゆき、現在では殆ど取れない状態です。  その証拠に、カンチャナブリの宝石やを尋ねると、並んでいるのはビルマ国境と同じで、アフリカ産でガラス処理したルビー、サファイア、、それにビルマから入った品質の悪い翡翠、それに中国からはいったと思われる含浸処理やニセモノの翡翠、、、とやっぱり現地ものはありませんでした。

さて、嘗てさんざん掘った採掘場は今どうなっているかというと
b0202356_22455255.jpg

山あり、湖ありのゴルフ場を含む総合レジャー施設にと変わっていました。

その名もBlue Sapphire Golf Club,,,

綺麗に整備されている公園のような、なかなか良い場所ではありましたが、あちこちで大きな穴の開いた採掘場の跡地を見たあとでしたので、気分はこんな、、、

”夏草や兵どもが夢のあと”、、、、、そんな句が頭に浮かぶ心境になりました。
アメリカに住んでいたとき、アリゾナのSedonaというリゾート地に宿泊したことがあったのですが、その近くのJeromeという街を訪ねたときもやはり同じような気持ちになりました。 Jeromeは嘗てGoldrushで沸いた鉱山の町ですが、私たちが行ったときは時は廃墟と化した街にヒッピーが住んでいました。 

一攫千金を目指して人人が集まり、鉱山の周辺に街ができて賑わったのがうかがえるようなところでした。  周囲は野原で何も無く、人里離れた場所に突然と現れたゴーストタウンにカフェやお土産やがある姿はなんだか悲しげでもありました。  Bo Ployは、そんなJeromeの風景と重なります。

そんなこんなでBo PloyではOTOPのお店を覗いてみたりするのがせいぜいでお宝を見ることはありませんでした。

さて、Kanchanabriで宿泊したホテルですが、こちらは久しぶりにお勧めできる場所です。

宿泊したのはFelix Kwai River Resort

実は、行く前は期待していなかったのです。 ざっと見たところ、よくあるタイ人の団体向けのホテルのようだからです。 実際に、宿泊客のタイ人率は7割を超えていたと思います。  

ところが、手厚いサービスは無いものの、全く文句のつけどころのないしっかりとオーガナイズされたホテルでした。  一流ホテルにあるような設備はずべて整っている上に、従業員の方がどなたも真面目に(当たり前のようですが、、、)働いていました。

お部屋も古いながらきっちりと整備されていました。 レストランが全て稼動していてメニューの内容もなかなかバラエテイーがあります。 お値段がこれまた良心的で観光客プライスではありません。 テニスコートあり、運動場ありの広い敷地ですので、朝の散歩はとても気持ちよく、木陰で読書をしている方なども見かけました。

因みに、お部屋はRiver Viewをおすすめします。
見えるのは川だけですが、とてものんびりとした気分になれます。
b0202356_231047.jpg
b0202356_2314331.jpg
b0202356_2321674.jpg


如何ですか? ファンシーなお部屋と手厚いサービスがお好きな方にはお勧めできませんが、
気ままに快適に!というのが好きな方にはぴったりです。

今回は短い滞在でしたが、とてもノンビリとした気分になりました。

しかし、、、暑かったですけれどね、、、

それでは!

*SHEENのHomepageはこちら

by sheenbangkok | 2012-04-17 21:25 | ショートトリップ | Trackback | Comments(0)

Songkrang Holiday

いよいよ明日からタイ正月の始まりです。

といっても、商店などは数日前からシャッターを閉めるところも多いので驚きです。

Silom通りもOLさんたちの数はいつもの10パーセントに満たないくらいで、屋台も殆ど開いていません。どちらかというと淋しい感じのする今日の午後でした。

ゆるい空気がますますゆるーーーくなって店員さんたちも全くやる気なさそうな商店街です。

さて、外国人のお客様からよくいただくご質問ですが、”明日からは外を歩くと水浸しになるのか?”ということですが、Silom、Sathorn通りに関して言えば”全くそんなご心配はありません。日中は、、、”と答えています。

少なくとも午前中に水掛をするために外に出ている人を殆ど見ません。 これが午後になるとピックアップトラックにたっぷりと水の入ったタンクを積んで出陣する子供達の姿が見られます。  Silomのところどころにも子供達が水鉄砲を持って待機、ピックアップに乗った水掛け隊がくるとさあ大変、水かけバトルが始まります。

じゃあ水掛け隊ではない普通の通行人に対してはどうかというと、バイクに乗ったタイ人や赤バス(乗り合いバス)には容赦なく水攻撃が浴びせられます。 これはSilomなどの観光地ではあまり見られず、どちらかというと民家の多い地域の方が盛んです。

なので、まあちょっとくらいは水を浴びるかもしれませんが、そんなに心配しなくても大丈夫なんですよ。

でも、それじゃつまらない?と考えている方は是非、水掛が盛んで車の通行もままならない地域に行くことをお勧めします。

バックパッカーのメッカであるカオサン通りは最も有名ですが、Silom界隈の方はBTSのチョンノンシーから始まってSilomからラマ4通までの一帯はかなり凄いかと思います。  こちらは大人が本気で水を掛け合っていますから、全身水浸しどころか顔にいろいろ塗り付けたりとやりたい放題を楽しんでいます。 時間は日が暮れてからですが、大変な騒ぎでワヤ状態です。

そんなこんなですが、Sheenは明日13日はOpenいたします。
14,15日はクローズです。

16日月曜は通常通り。
エムも月曜から帰ってまいります。

それでは皆様

Happy Songkrang!!!

by sheenbangkok | 2012-04-12 21:12 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

酸辣湯(サンラータン)スープ

2、3月が怒涛のように過ぎていきましたので、この調子だと”4月も休みなんて取ってられないわ!”と鼻息を荒くしていたのですが、なぜか039.gifぱったりと静かになったSheenです。

皆様ご存知のタイ正月Songkrangソンクランはカレンダー上は4月13日から16日までなのですが、その1週間前にも連休があり、今年はながーいお休みを取る会社も多いと聞いています。 それとは関係がないとは思いますが、Silom通りは観光客の姿も少なく、今月に入ってから通り全体がなぜかひっそりとしています。

毎年4月はこんなだったのでしょうかね? 

例年、4月は納品に追われていたのでじっくりと街を観察するのは初めてかもしれません。

というわけで、久しぶりにフリーの日曜日にまたWTCに行って参りました。
目的はこちら

鼎泰豊(ディンタイファン)の小龍包

先日はじめて頂いてもちもちの薄皮の大フアンになってしまいました。
早速注文
b0202356_1453319.jpg

何個でもいけそうな感じです。
そして噂の酸辣湯(サンラータン)スープ
b0202356_14564788.jpg

タイ料理の辛さにマヒしている舌には少々マイルドに感じられるも、良いお味。

蝦ワンタン入りヌードルも
b0202356_14581350.jpg

中華系生麺の腰の弱さがちょっと気になるのですが、さっぱり美味しく。

そしてこの日の一等賞はこちら
b0202356_1503859.jpg

名前失念。ピクルスを炒めたものですが、絶品。

泡が欲しくなるメニューですねえ。

しかし、広い店内、どちらを見回してもビール瓶とか紹興酒とかアルコール系がテーブルにのっていません。 ソンクランも近いのに皆さんノーアルコールなのは中華系のお客さんが多いからなのでしょうか?
こんな美味しいメニューに泡があったら最高だとおもいますけどね。

そんなこんなで、やっぱり名店の味はすばらしいと確認しながらお店を後にしました。

その後の眠かったこと、、、

旨み調味料が大量に入っていたのでしょうか?
シェフTも私も足に鉛をぶら下げているようなダルさに襲われて夕方まで抜けませんでした。

皆様、中華系のお食事の後はスパなんかに予約を入れゆっくりとお休みするのが賢いかもしれませんよ。

それでは!

by sheenbangkok | 2012-04-11 14:29 | イートアウト | Trackback | Comments(2)

スタッフのエムが死んで生まれ変わった儀式

先週の土曜日のことですが、Sheenのセールススタッフはお休みをいただきました。

その理由は、お寺に行ったのです。 というのはタイ人では日常のようになされていることなのですが、この日ばかりはちょっと違っていました。

エムが向かったのは、、、、、、、

親戚を通してお寺に連絡を取り、良い日取りを決めたのだそうですが、何を決めたと思いますか?


それは死んで生まれ変わる日072.gif

たいていのタイ人がこんな儀式を行うのは”チョークマイデイーが続くとき”なのだそうですが、タイ人の場合、自分の不手際や不注意でおこった失態も全て”チョークマイデイー”つまり”運が悪い”というふうに考えますので自分が悪いとは決して思わないのです。

で、エムの場合、何がチョークマイデイーかと尋ねると、今年になってからお腹を壊すことが多い、毎日怖い夢を見る、先日は足を捻挫した、そして(これが一番の理由だと思いますが039.gif)宝くじに一度も当たらない、、などなどです。

で、エムが予約をしたお寺はWat PakNamワットパクナム。

行った日は特に縁起の良い日というのではなく、お寺のお坊さんたちの都合の良い日だそう。

儀式はとってもシンプルなもので、私服にジュエリーや時計をしたまま棺おけの中にエムは横たわります。

すると4人の僧侶がお経が読み上げて10分ほどで終了。
これでいったんエムは死んだことになったそうです。

程なくしてもう一度棺おけの中に横たわるように言われますが、その際は着ている服以外は全て外すように言われました。  そして今度は短いお経が読まれ、最後に”おめでとうございます。あなたは生まれました”と言われたそうです。

これで生まれ変わりの儀式は終了。 儀式の写真撮影は禁止なのですが、親族や友人が同席してお祝いするのが普通のようです。

さて、費用ですが、儀式代として請求される金額はありません。
ただ、お坊様の数だけお布施を差し上げるそうです。

お坊様はお金持ちの方は9人にお願いするそうですが、エムの場合は4人でした。
一人当たりのお布施の金額は決まっておらずいくらでも、、、ということらしいのですが、最低B100-ですって。 更にお供えを買って差し上げます。  これも一人当たり一つですからエムの場合は4つかいました。 金額は一つB300-だったそうですが、お金持ち用にB999-なんていうのもあるのですって。

というわけで、普通のOLのエムが支払った総額はB1600-でした。
若い女の子の払う金額としては高額かと思いますが、こういったことにお金を払うことに躊躇しないのはタイ人なのだなあ、と感心しました。

さて、生まれ変わったエムですが、それはそれは嬉しそうです。
この儀式が済むと運が上昇すると考えられているからです。

で!!早速宝くじが当たったそうでHAPPYな彼女です。

こんなにHAPPYになれるのなら、ついてないなあ、、、と思うときはお寺で死なせてもらうのも悪くないかもしれませんね。

皆様、、試しに如何ですか?

因みに、この死んで生まれ変わる儀式の名称は
บังสะกุลเป็น-บังสะกุลตาย Bangsakunpen or Bangsakuntay バンサクンペン または バンサクンタイというそうで、どちらのお寺でも受け付けてもらえるそうです。

それでは!

by sheenbangkok | 2012-04-04 22:23 | タイのこと | Trackback | Comments(2)

緑の水晶

ブラジル産の原石を手に入れて自社でカットしたものです。

b0202356_20452456.jpg


ブラジル産のアメジストに熱を加えるとこんな色になります。
なのでグリーンアメシストまたはPrasioliteプラシオライトと呼ばれます。

熱を加えても色がグリーンになるのはブラジルのある鉱山の石だけなのでレアストーンとされていましたが、
その後、色加工したグリーンのクオーツが登場し、そちらもグリーンアメシストと表記されるようになったために市場も消費者も非常に混乱しました。

そんなこんなで現在はグリーンクオーツと統一されているのでSheenでもグリーンアメシストではなく無難にグリーンクオーツで説明させていただいています。  

薄い自然なグリーンのブラジル産のクオーツ原石は大振りにカットしてペンダントにしました。 ボリュームがあって暑いシーズンにはとっても涼やかで良いのではと思います。

Sheenではこんなふうにぺリドットと組ませてネックレスにしております。

b0202356_20543953.jpg


カッテイングも少々拘りましたので上品に光を返します。

このクオーツという石ですが、今まではSheenにSmoky Quartsのネックレスがあるくらいであまり扱ってはいませんでした。 理由、、、特にないのですが、翡翠やパール、ルビーサファイアの引き合いのほうが断然に多く、クオーツはどちらかというとアクセサリー用かな?と思っていました。

ところが、最近になって特に日本人の方からとてもご要望が多いのですが何故でしょう? 

そんなわけで、急遽大きいルースを多数用意いたしました。 どれも大きくて迫力のピースです。  

で、皆様、この石を使ってオリジナルのジュエリーを作りましょうか?? 
かなり大振りですのでリングにぶら下げるにはちょっと、、、私は思いますが、ペンダントヘッド、ネックレス、或いは豪華なイヤリングなどなどにはとても良いかと思います。

こちらの石は単体でも十分な貫禄ですが、ぺリドット、エメラルどと同系色の使いやすい組み合わせもよし、ルビーやサファイアで可愛く仕上げるのもよし、オリジナルならではのデザインと組み合わせを皆様のセンスで決めていただくのはちょっと楽しいかもしれません。

ご興味のある方はメイルまたはお電話にてご予約を承ります。

そして、こちらは4月のみの企画です。
5月からは承ることができませんのでご了承の程お願い申し上げます。

暑さを吹き飛ばす爽やかな緑の水晶!です。
お試しアレー。

それでは!

by sheenbangkok | 2012-04-03 21:19 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)