やはり中国系の方はA翡翠だと確認してから購入なさいますね!

今日も計画の半分しか仕事が出来ませんでした。

日本で販売する翡翠の新しいラインアップがすでに出来上がっているのに、プレゼンテーションの書類がなかなか進みません。

画像を一つ貼り付けると、

”キャステイングが上ってきましたー” 001.gifはーい!

セーブしようとすると

”マダム、電話です”  001.gifはいはい!

PCに戻ろうとすると

”マダム、すぐにSheenに来てください。 お客様が、、、、” 001.gifはいはいはい!!

って感じでとにかく細切れに仕事が脇から入ってきます。 こういったことをすいすいとこなせるようにタイムマネージメントの講習を受けたいものです。 かなり真剣!!  プライオリテイーをつけているのですが、私の場合のいけないところは、一つやりながら掛け持ちであと2つくらい進めようとするところ、、どれもこれも中途半端になり整理が余計に難しくなります。  いつも注意されているんですけれど、、、、

さて、そんななかでもお客様との翡翠談義は楽しいひとときでしたのでついつい長くなってしまいました。

本日初めてSheenにいらしてくださった中国系の駐在の奥様は推定年齢は20歳代でとても若々しいのですが翡翠に興味を持たれていて感動しました。 

お若いのですが”A翡翠ですか?”と確認なさったのはさすがに中国系のかただと思いました。 はやりアジアの国々では処理翡翠に対する警戒心が強くて、A翡翠だと確認できないと買わない!とう方が殆どです。

若奥様のお選びになったのはこちらです。
b0202356_22202948.jpg

正面から見ると正統派Imperial Jadeiteの色と透明度が見られます。

こちらのリングは繊細な細工が翡翠に若さを与えています。
b0202356_22224427.jpg

プロングがレースのような王冠のような感じになっています。

シャンクにはダイヤが入っていますが、華奢に作られていますので若奥様に大変にお似合いでした。

こういったデザインでしたら20歳代からずっと先までながーーーくお使いいただけてお得ですね。

翡翠が欲しいけれど落ち着きすぎたデザインはどうも、、、、!と敬遠なさっている方にはこんなデザインはいかがかなあ。。と思いましたので紹介させていただきました。

現在は在庫がございませんが、お作りすることができますので翡翠がお好きな若い方! ちょっとおこずかいを貯めて是非王道のImperial jadeiteに挑戦してみてくださいませ。

ああ、またあんなこんなでブログを書いて終了してしまいました。 明日こそは013.gif仕事をやりとげよう!!!!!

それでは!

by sheenbangkok | 2015-03-16 22:27 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

エチオピアオパールを選ぶとき!

Opal,,オパールといえば10月の誕生石です。

御存知かしら?? 私がまだ物心つくか着かないかの頃、洗濯洗剤のコマーシャルでこんなのありました。

”金銀パールプレゼント060.gif!!”というコマーシャルソング。

アタリなら中にパールがはいっていたかどうか?という詳細は記憶にありませんが、その頃から私はなぜかパールという名前はオパールのことかと思い込んでいました。  オパールというのは引き出しの中にごろごろとはいっていた父親の古いタイピンや母の安ぼったいペンダントにセットされていて、子共ながらに”安いもの”という認識がありました。  なので、安い宝石=パール=オパールだと大きな勘違いをしていました。

今わかることですが、当時日本にはいってきていたオパールはオーストラリア産のホワイトオパールでした。

オーストラリアのホワイトオパールは、オパールの特徴であるモザイクのようなPlay Of Colourプレイオブカラが鮮やかに出ているものは少なくて、”ハッ!”と心から感動するような美しいものになかなか出会いませんでした。  あの素晴らしい色合いのブラックオパールの存在を知ったのは随分と大人になってからですので、私の中ではオパールはあまり魅力の無い存在でした。

なので私の誕生石がオパールだと知ったときはがっかり044.gifしたものです。

さて、

そうした気持ちを変えてしまったのが”エチオピアオパール”の出現です。

まあ、なんて綺麗じゃあありませんか。

どれもこれもまるで万華鏡のようなミステリアスで様々な色のモザイクが出ています。

大きな声ではいえませんがオーストラリアオパールよりもずっときれいなものがおおいです

さて、明日から並ぶこちら
b0202356_2133737.jpg

6ctを僅かに下回ってしまった5.9ctですが、見た目はかなりの迫力です。

サイドは繊細な葉のモチーフの中にダイヤがパベセッテイングされています。
b0202356_21351056.jpg


Sheenの照明下での撮影ではプレイオブカラーは十分に表現されておりませんが、それでも様々なモザイクが見て取れます。
b0202356_21355885.jpg
b0202356_2136188.jpg


なかなか迫力の石ですが、リング自体は繊細な作りでエレガントな雰囲気ですので小柄なマダムでもお似合いになるデザインです。

いつものことながら、この石は一つですのでお早めに。  最近、もう売れてしまってからお問い合わせをいただくことが多いので大変に申し訳なく思っています。  でもまあ、こういったものはご縁ですからなくなってしまったからといってがっかりとなさらず、次のものを楽しみにお待ちくださいませ。

さて、Sheenではなくてよそでエチオピアオパールをお選びになる方もいらっしゃると思いますが、そういった方に一つだけ注意点です。

エチオピアオパールはオーストラリア産のようなスモーキーな雰囲気のものは少なくて透明感のあるものが多いです。  透明感があるというのは素的な言葉ですが、プレイオブカラーがみえないような透明なものが多いのです。 そのため、石のデイーラーはエチオピアオパールを黒の布の上に乗せて販売しているような傾向があります。

見栄えが良くブルーがかった魅力的な色が黒背景では出ます006.gif  オパールビーズのネックレスもよくあるのは黒の背景の時には魅力的なレインボーカラーだったのに、黒の背景を外したら色がオレンジになってしまった!!

オレンジのオパールもそれはそれで素的ですが、メキシコオパールと勘違いしそうなタッチになりますので、最初の色に轢かれて購入してさあ、加工という段階で

”あれ?こんな色ではなかったのにどうして?”と首をかしげるお客様が過去にいらっしゃいました。

なので034.gif

オパールを選ばれるときは必ず御自分の肌の上に乗せて色を確認してから選んでくださいね!!!

お肌の上で綺麗に輝けば合格ーー!

それでは!

by sheenbangkok | 2015-03-16 21:28 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

カラーストーンの時代がやってくる!

b0202356_2054227.jpg

様々な色の石の組み合わせのしかた、置く方向などが微妙に自然にマッチするようにすればマルチカラーの石も違和感無くつけられます。

この写真はヨーロッパの方からのオーダーでブルガリ風のイヤリングを作成したいとのこと。 石の数が多いのと、各色を接近させてその色あわせを楽しみたいという御希望から、石と石の間はジャンプリングで繋がずに、テニスブレスレッドのようにワイヤーを中に通して繋げます。  石の色あわせがとても大切なので、お客様との打ち合わせはかなり濃厚039.gifに行われました。

さて、こちらはやっと原形が終わったところですのでまだ完成はちょっと先です。

先日も紹介したように最近はこんなカラーストーンの御注文が多くなっています。  Sheenは翡翠が主流ですが、そもそもカラーストーン、それも本物の照りの良いものを好んで集めて作品にしていますので、皆様がカラーストーンに再注目し始めたのはちょっと嬉しいです。

このところ、特に日本はダイヤモンドとパールといった色の無いものに人気が集まっていた時代が長く続いていると思います。  どちらも魅力的ですが、特徴があまりなくて個性の出しずらいものではあります。

日本もヨーロッパも春が近くまできているせいもありますが、宝石好きの人たちはとうとう色を楽しむことをはじめたような感じがします。

Sheenで売れ筋は今年に入ってからピンクスピネル、タンザナイト、アクアマリン、といった優しい色のカラーストンジュエリーばかりです。

私もお客様のオーダーにつられて、今年は大振りのアメジストにブラウンダイヤの組み合わさったイヤリングや大振りのゴシュナイト(あ、これは無色でしたが氷のような透明度を持つ唯一のカラーストーンです)を早速作りました。

流行の色を服で取り入れるのも楽しいですが、服は極シンプルに抑えてジュエリーの色でポイントをつける029.gifというのは小柄な日本人にはぴったりなカラーの取り入れ方のように思います。

で、

Sheenに入った新作です
b0202356_21154865.jpg

長いですか? いえ、これくらいないとかえって中途半端になります。 スピネルを中心に、アクセントにトパーズが入っています。


b0202356_21164063.jpg

同時期に入ったちょっと違った組み合わせですが、こちらもスピネルが中心でぺリドットも入ります。


b0202356_211820100.jpg

清涼感のあるグリーンアメジストです。 原石からカッテイングしたので大振りが実現しています。


b0202356_2119853.jpg

こちらは定番商品ですが、今回は初めて14Kで入りました。 素材はエメラルドとダイヤです。
なんで以前は18Kだったのに、14Kに変えたのか???

。。。。。。。。

へへ006.gif、、間違って14Kでキャストしてしまったの、、、、でもお客様、以前よりも少々お値段が下がっております。


さて、翡翠ももちろんカラーストーンですのでお忘れなく! こちらも定番商品です。 春にぴったり!!!
b0202356_21233762.jpg



そしてそして、もちろんカラーストーンの王道といえば
b0202356_21255844.jpg

ルビーです。

ルビーといっても様々な赤、様々な処理、様々な産地、、、、と一般の方には本当に理解しにくいものが多く出回ってしまって本物の綺麗な輝きを探すのが難しい時代になりました。

大人の宝石としては天然のルビーの輝きをお楽しみいただきたいと思っています。  鉛ガラスがん新処理のものを間違って購入なさらないように御注意です!

さてさて、

宝石の美しさは照りとその色にありますね。

今年は是非、似合う色を選ばれて取って置きのジュエリーになさってくださいませ。

それでは!

by sheenbangkok | 2015-03-15 21:13 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

YGにするかWGにするかの選択

オーダーメイドにいらして、さあ石は決まった、デザインも決まった、、そして最後にとっても迷われるのがYGにするかWGにするか?ということです。

YGとは14Kや18KのイエローゴールドのYGで、WGはホワイトゴールドを指します。

大抵はお好みがあってYGの好きな方はYGばかり、WG派はつねにWGを選ぶというのが普通なのですが、、、

034.gifちょっと待って!


お肌とゴールドカラーとの相性ばかりに気をとられがちですが石の色、カッテイングなどとの相性も考えたほうがよい場合があります。


こちらは本日これからお客様に納品になるリングです。
b0202356_141959.jpg

15ct以上あるアクアマリンの迫力リングです。

YGにセッテイングした後に、メタルのゴールドや石座の形の反射を受けて色が一段と濃くなりルースのときとは全く違うもののようにアップグレードしました。

実はこの石はルースの段階では色が非常に薄く、そのため深くカットされておりリングに加工するのには形を慎重に決めなければ石が輝かない危険がありました。

バレンタイン前にSheenに並んだアクアマリンのリングを真っ先に御試着なさったお客様は数日後に購入の決心をして戻られたときには既に別の方が購入なさってしまっていました。  以前にブログでも紹介しましたこの5ctUPのアクアマリンリングです。
b0202356_1428099.jpg


お客様はカクテルパーテイーに着用の予定があったのでさあもう大変に大慌てなさいまして同じものをオーダーくださったのですが、1点ものでしたのでご用意が出来ませんでした。    5ct台の石はございませんでしたが15ctの同じ形の石がアベイラブルでしたので大至急でその石で同じデザインのリングを作成することに決定しました、。

さあ、その石がこちらの15ctのアクアマリンですが、ルースのときの柔らかなブルーにピリリと光るものが加わってとても美しいものに仕上がりました。

b0202356_143541.jpg


これは原形製作の成功もありますが、メタルをYGにしたことが大きく関係していると思います。

私はアクアマリンとYGの組み合わせが大好きなのですが、アクアにはWGと決めている方も多いですよね。 こちらのお客様も実はWG派なのですが今回はアクアマリンの色を考慮してYGで作ることに決定しました。

YGで作って正解でした。

b0202356_14473780.jpg


この石が明日のパーテイーで長身の北欧のかたの手元で輝くのが待ち遠しいです。

それでは!

by sheenbangkok | 2015-03-12 14:35 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

5月のバラ

バラのイメージは華麗でその香りも甘く華やかなものという印象。

バラの花の自然な香りはそれは素的ですけれど、香水となるとなぜだか私は花につんとくるような甘さを感じてしまって好きなブランドにあったったことが無かったので、バラ香水だけはいつも選択肢の中から外れていました。

さて、そんな私がバラの花のフレグランスセットをお土産にいただいてしまったのですが、実はこの香りは今までのバラ香水の女王様の位置に座らせたいくらいの芳醇な甘さの香りのものでした。

シリーズの名前は”5月のバラ”どいう意味の”Rose de Mai"

フランスでも最古の部類に入る香水工場を持つFragonardという会社のものです。
b0202356_23261877.jpg


南フランスのGrasseグラースに5月だけ咲くというバラから取ったという特別な香りはピンクのバラの花びらをイメージさせる柔らかで自然な香りです。 また、時間が経つと香りが爽やかに変化してお花畑にいるような暖かな優しい匂いに変わります。

ボデイークリームにおいてはまるでバラの花びらをムースにしたように柔らかな香りで着けると幸せな気分に浸れます。

とーっても気に入ったこのバラの香りたちはちょくちょくと使いそうですが、無くなってしまったら再購入はバンコクでできるのかしら? パラゴンあたりに入ってそうだなあ、、東京なら伊勢丹かなあ、、と調べてみましたら、、、


044.gifな、ない、、、、057.gif

なんだって手に入らないものはない東京には店舗どころか代理店もなくバンコクにもありません。

こんな名店なのに意外ですよね。

今まではフルーツに少々のスパイスが入ったような爽やか系++の香りのみを好んでつけていたのですが、こんなバラの香りに包まれているのも悪くないものだと感じています。  私のキャラクターは決して優雅で可愛らしくないんですが、この香りに相応しいような優雅な女性になりたいものだとつくづく思うのでした。

明日は祝日ですね。 久しぶりに休めるのかな????

それでは!

by sheenbangkok | 2015-03-02 23:30 | その他 | Trackback | Comments(2)

バンコクショー開催とSheenのこの1週間

先週から今週にかけてバンコクのツーリスト人口はここ数年の中で最も多かったのではないかと思わせる街の賑わいでしたね。

024.gifSheenも相当賑やかでしたよ!

なぜなら、

今週はBangkok Gem &Jewelry Fairが開催されていたので、それに合わせてフランスからGemology Schoolの生徒さんたちが1日だけオフィスの方に勉強会にお見えになる、、という予定は半年前から入っていたのですが、、、、、

旧正月でバンコクに家族旅行にいらしたついでにSheenで仕入れをすることになった中国系のジュエリーショップの方、バケーションでHua Hinに来たついでにオーダーメイドの打ち合わせにいらしたフランスのジュエラーさん、オランダのジュエラーさん、等々なんとすべてがバッテイングしてしまったという大変な日々になりました。

ショールームで商品を選ばれるだけならば簡単なことなのですが、大抵のジュエラーさんは複雑なデザインのオーダーメイドのオーダーを抱えているので打ち合わせにもかなりの時間を要します。  なので朝から晩までかわるがわるに打ち合わせる027.gifという相当ハードな一週間でしたが、やあやあなんとか前半の山は終了。

もちろん既に入っているオーダーで工房はフル回転なので新しいオーダーは時間をいただいて数ヶ月かけてじっくりと作成します。

さて、そんな1週間の最初のイベントはジュエリーフェアが始まる前日に行われたシェフTのレクチャーでした。

今回のレクチャーは皆さんもお誘いしたいくらいに興味深い題材で、”翡翠の色についてと処理翡翠の見分け方”というものでした。

039.gifお誘いしたいなら誘ってくれたらよかったのに、、、、

という声が聞こえてきそうですね。

すみません、それができなかったんです。

なぜか、、、

定員大幅オーバー

弊社Artlineのオフィスは過積載の状態になってしまったのでした。



レクチャーが始まりましたが、、、、
b0202356_21241157.jpg

こちら若いグループは立ち見


つかれやすい方々は着席
b0202356_21254644.jpg



実際に翡翠を見るのも立ちっぱなし。 部屋に入りきれない方も順番に見ます。
b0202356_21302459.jpg


みなさん、とても熱心で質疑応答も活発だった模様(その間私はSheenで打ち合わせをしていましたのでレクチャーには参加できませんでした)
b0202356_21324928.jpg



定員8名の弊社ミーテイングルームに16名がいらしたので入りきらず、もう大変!

その後ワークショップの見学という流れになりましたが、
b0202356_21381567.jpg

b0202356_21373355.jpg

作業スペースは3部屋に分かれているのですが、石留め職人のところは大人気。
手前の個室は原形職人が居ります。

全工程30分の予定が、、、


なんと2時間の長丁場になってしまったのでした。

そしてこの一行はこの後Sheenに全員流れてきましたので、今度はSheenが満員電車のようになってしまいました。


そしてSheenでも皆さんの質問攻めにあいまして楽しくもてんやわんやの1時間あまりをすごしました。

長旅の疲れも全く見せず、フランス人って本当にタフなのだなあと感心します。 体力的にも体格的にも日本人はちょっとたちうちできないなあ、と思いました。 


そんなこんなで長い月曜日は終わったのでした。


b0202356_21563012.jpg

Merci, Shef T!


それでは!

by sheenbangkok | 2015-03-01 21:57 | Trackback | Comments(0)