パワースポットへ行くの巻き。

032.gif032.gif斎藤茂太さんの著書に「あせらない練習」というのがあります。

どんな内容か解説している文章がありましたので下記貼り付けました。

***休みなしに働いているわりには成果が上がらなかったり、あれもこれもと欲張ってやるわりには何もモノにできなかったり――。周囲に振り回されて自分自身を見失っている人、あなたの周りにもいませんか? そういう人の心の中には、いろいろな情報や思いがグチャグチャとあるだけなのかもしれません。
 ・頭のなかのあせりは、脳を休ませるとだんだん消えていく
 ・「その場しのぎ」をやめれば、あせる気持ちから解放される
不安やイライラは、ちょっとした心の練習でなくなります。あせらないで頭と心さえスッキリさせれば、筋道の通った思考と気持ちの整理もきちんとでき、目的別にゆったりと行動することができるようになります。*****

これを読んで、私は脳が疲れているのかなあ、、、と思いました。

昨年から今年にかけてはすべての面において逆風が吹いていたように感じていました。 頑張って山を登っても上から大きな石が次々に落ちてくるといったような感じで心も体も疲れ果ててしまっていましたのでいつも私の心はすっきりとしていません。

頭と心をすっきりさせるためには脳を休ませてリフレッシュだなあ!!と思い

032.gif”そうだ!パワースポットに行ってみよう!”

ということになり、先週日本に帰国したときに探しました。

場所は静岡県の富士宮市

目指すは富士浅間神社。

お天気の良い日で富士山が綺麗でした。

b0202356_146679.jpg

富士宮市内からみた富士山(電線が邪魔ですけど。。。)


富士山からの湧水でしょうか、綺麗な水の流れる神社の入り口
b0202356_1484339.jpg



神社の前の池はクロードモネが描く絵画のようでした。
b0202356_14121827.jpg


お参りを済ませたのですが、なんとなくパワーもらわなかった感じ。。。。。

調べてみるとこの神社のルーツは実は富士山の麓にあり、そこから移転されたのだとわかりました。

そのルーツを訪ねて富士山の入り口を目指すことにしました。

とてもわかりにくい場所でしたが、なんとかたどり着きました。

072.gif

そこがすごかったのです。 なんとも神秘的で力が溢れているような不思議な場所でした。
b0202356_14214792.jpg

ここが入り口です。

林の中をずずっと中に歩いてゆくとお賽銭箱が置かれていました。 お参りできるところはここだけです。 この神社をくぐって富士山へとつながります。
b0202356_14235742.jpg

b0202356_14243426.jpg

なんとも不思議な感じのする場所です。

富士山に近づくといつも感じる底知れぬパワーがこの場所で感じられ、怖いくらいでした。



そんなこんなで厄払いも済ませ、心と体のリセットをして日曜日にバンコクに戻ってまいりました。

そして月曜の出社日からフル回転で仕事をしています。

なんとなくパワーが戻ってきた感じで元気です。

ご存知の通り、バンコクは喪中ですので年末の楽しい行事も中止になりなく暗く沈んでおりますが、黒い服でもジュエリーは唯一カラフルにできるもので心がほっとします。

Sheenも変わりなく魅力的な石を年末にかけて追加していこうと思っていますのでチェックしてみてくださいませ。

それでは!

PS Sheenは日曜は休みをいただいております。 間違えておいでになる方が最近多いようです。

by sheenbangkok | 2016-10-25 16:57 | ショートトリップ | Trackback | Comments(0)

喪中のバンコクー秋のお出かけ

タイ国王様が崩御されてから親愛なる国父を亡くしたタイの皆様の悲しみを日に日に感じるこの頃です。

政府から公務員への喪中の心得についてはすぐに通達されましたが、一般市民や会社に対しては特にこれをしてはいけない、というような強制はありません。

各自が状況をわきまえた行動と服装をするようにというお達しのみでしたので会社や商店を閉めたり、営業時間を制約するといったこともまったくありません。

いつものバンコク、いつもの屋台、いつもの渋滞がそこにあるわけですが、服装は黒、白、グレーなどを基調とした地味なもので国王様に敬意をはらっています。  日本のお葬式のきまりごとのようなものは一切ないのでジュエリーもカバンも靴もいつものお気に入りのまま、ただ服装が地味であるという違いです。

ですが、このどよーーんとした重たい空気は紛れもなく個々から発せられるデイプレッションです。バンコクで仕事をしてよかった!と私が感じる瞬間はSilom通りを歩いているときに感じる人々の”活気”なのですが、それが今は真逆で人々のガッカリ感、”悲しみと怒り”を感じてすっごく気分が重たくなります。

バンコクが元気になるにはまだ相当の時間がかかるのか?或いはしばらくすると忘れてしまうのか、、どちらなんでしょう?

今年は個人的にも本当にいろいろとあった年でしたので、このまま静かに年末まで何も起こらず無事に年を越せれば、、と願うばかりです。

さて、

そんな中ではありますが、昨日はとうとう大きな納品を一つ済ませました。 こんな時でも出荷業務などには一切影響せず、予定通り通関した荷物は日本に向かいましたので大変にほっとしています。

この納品が終わると次はクリスマス前までにデッドラインのあるジュエリーを大急ぎで製作します。バンコクはこんなでクリスマスもへったくれもない感じではありますが、ヨーロッパのお客様にとっては一大イベントですので遅れないように頑張ります034.gif

さて、私は来週半ばから日本に行きます。

なかなか秋が深まらない日本に行くに当たっては服装に頭を悩ませますが、秋冬のおでかけにはジュエリーがとても活躍するので何をもってゆくか考えるのは悩ましくも楽しいことです。

さて、こちら
b0202356_22143653.jpg

15年前に作ったリングです。

ポメラート風のポッコリしたハイジュエリーが欲しくてデザインしました。 よくみると中心のイエローゴールドのラインが斜めに入っていて原型作成はちょっと大変だったようです。
b0202356_22151463.jpg

作ったものの、、、ダイヤの輝きが眩しすぎて、そしてなんとなく自分には派手すぎるなと思ったのか殆ど着けることもなく箪笥の肥やし化していました。

今回の日本ではフォーマルな場に出席するので華やかなこのリングが良いかな、、と思って着けてみるとなんとなく脇のダイヤが中途半端な感じ。  でダイヤを増量してお化粧しなおしました。

このボリューム感がいまではちょうどよくって素敵に感じます。

最近は服がどんどんシンプルになるのでアクセントのジュエリーがとても大切に思います。

全身真っ黒の装いだってジュエリーでアクセントをつけるだけで見違えます。

これから秋冬にかけてジュエリーを着けるのがとても楽しい季節ですので、大人にふさわしいつけ回しの効くジュエリーを紹介していきたいと思います。

第一弾はこちら、定番商品ですが


b0202356_22204695.jpg
2本1セットの重ね付けリング。


何セットも無造作に重ねたらそれはボリュームがあってすてきなのですが、お手持ちのジュエリーとの重ね付けでオシャレなイタリアマダムみたいな手も実現可能。
b0202356_2255078.jpg

これは秋冬に是非おすすめ。

Sheen Bangkokのフェイスブックでもナムタンが着けていますのでこちらも是非チェックしてくださいませ。


それでは!

by sheenbangkok | 2016-10-13 14:38 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

10月の誕生石オパール

ただいま工房ではショップチャンネルでご注文いただいたオパールのリングとイヤリングの製作がほぼ終わってこれから最終点検作業に入ります。

オパールは10月の誕生石。

私も10月生まれなのでオパールは親しい宝石の筈ですが、オーストラリアオパールが世の中のオパールの主流だったころは正直いって特別に惹かれない石でした。

ですが、数年前に私の中のオパールは大逆転、、エチオピアオパールが発掘されてからはその美しさに完全に引き込まれています。


029.gifエチオピアオパールのどれもこれもが美しいというわけではないのですがコツコツと綺麗なものだけを見つけては集めてきました。 透明度が高いとモザイクのような遊色効果が見られないものが多い中で、弊社のジェモロジストの目は良いものだけをいつも選び抜いてきます。 この目がアートラインやアントレゾを支えているのです。

b0202356_2283989.jpg


もうすぐ皆様のお手元に届くかと思うと気分がわくわくしますが、もうちょっとだけ待ちくださいませ。
b0202356_2285649.jpg



さて、実は9月はブログを飛ばしてしまったので9月の誕生石のサファイアについては話す機会を逃してしまいましたが、アントレゾのブルーサファイアもオパール同様着々と完成に近づいております。
b0202356_22141649.jpg


このブルーサファイアはタイ産ですので、もう原石は殆ど手に入らない状態で採掘もほぼ終わっています。  なので、(無処理なのにー通常加熱はしています)あのような価格でテレビで販売されることは今後ないのでは、、と思います。

ブルーサファイア好きの方のお手元にお届けするのがこれまた待ち遠しいです。

さて、連日の雨がうっとおしくて乾季が待ち望まれるバンコクですが、そんな時はちょっとしたことで気分を盛り上げています。



このちっちゃな缶も
b0202356_1442952.jpg

小物入れとしてデスクに置いています。




これだけで分かった人はすごい



b0202356_14441567.jpg

風月堂のゴーフルがはいっていました。

それでは!

by sheenbangkok | 2016-10-04 22:26 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

アホブランコがGOODでした。

8月末に日本に帰国する前からなんとなく体調を崩していたのですが、バンコクに戻ってからは胃炎→ひどい咳→風邪→湿疹→歯痛、、、となんとも次から次へと悪いものに襲われながら仕事を続けて9月をなんとか乗り切りました056.gif

体調が不十分ながらもスペイン料理の研究家が腕を振るってくださるという集まりに先週末出かけてまいりました。

行く前は大丈夫かなあ???とちょっと心配だったのですが皆様とワイワイとお話したらアレアレ体調もずっと良くなって気分よく10月を迎えることができました。


さあて、こちらがお料理。
b0202356_194396.jpg

ポートベローマッシュルームは久々にいただきました。 カリフォルニアでは日常的に手に入りますけれどバンコクではとっても高級品で手が出ません。 肉厚でやっぱりおいしい。。

b0202356_19443672.jpg

日本米で炊いたパエリア。 私はいつもタイ米で代用していましたがタイ米よりも日本米のほうがパエリアに適しているんですって039.gif勉強になりました。

さて、私が一番気に入ったお料理はこちら
b0202356_194736.jpg

”アホブランコ”というお料理。

ガーリックの効いたアーモンド風味の白いガスパチョって感じでしょうか?  暑いバンコクにはぴったりの感じでした。

これをいただいたらパワーがでたように感じましたよ! 家でも作ってみようかと思いましたが、はてレシピを聞いていませんでした。 料理研究家のお宅に修行に行かなくては駄目かしらね。。

このお料理を作ってくださったのはRokuhara Yukoさん。 初めてお会いしたのですが、お料理教室を主宰、ケータリングもこなす元気で楽しい女性です。  出張教室もなさっているそうなのでご興味ある方は是非是非!!!

さて、そんなこんなで気分がやっと上向きになった矢先に更に気分の盛り上がるものが手元にきました。

2016-2017の秋冬の翡翠のコレクションのオープンワークのカービングのサンプルカービングがやっと出来上がってきました。 原石選びにちょっと時間がかかりまして。。というのは今回は初めて”氷質翡翠”の原石を使ってカービングするというもので透明度が非常に高い翡翠を使います。

グリーン系の氷翡翠にカービングを施して果たしてモチーフがきれいにでるのか心配だったのですが、期待通りに出来上がってくれました。

なぜ?秋冬に氷翡翠か?というと秋冬はオープンワークの大ぶりは服の上から着用しますので、服の色と翡翠の色とのマッチングに悩むわけですが氷質翡翠の透明な輝きはどんな色の上にもはっきり、ぴったりとおさまります。

今回のテーマは”とり”バードです。 

2017年は酉年ですもの、干支のモチーフを着けていると縁起が良いと言われていることを知りましたので是非翡翠で!と思いました。


さて、こちらはワックスで作ったサンプルでカーバーはこれを見てカービングします。
b0202356_2083689.jpg

タイトルは”フクロウの森”

親子のフクロウが夜空を眺めているところです。 ワックスはやわらかいですが、これを固い翡翠で透かし彫りにするのはうちのカーバーの親方しかできない技です。 しかも時間がかかります。

さて、翡翠でどうなったかというと。。。。。

ただいまベイル部分を作成中ですので翡翠の完成品はそれができてからご紹介しますね006.gif

実はリングも作成し始めました。

このペンダントと一緒に着けられるように氷翡翠を使用してフクロウ仕立て(?)にしています。

またまたやってしまったのですが、、、細かな細工が施されている手のかかるものになってしまいそうなので(いつも”次はもっと簡単なものを!”と誓うのですが。。)こちらも準備に時間がかかりそうです。

11月にはお披露目できるようにしたいと思っています。

それでは10月からまたよろしくお願いいたします。

by sheenbangkok | 2016-10-03 19:49 | フード | Trackback | Comments(0)