猫に金の鈴をつけたかったわけ

この春夏用に猫のジュエリーも作りました。

猫を飼っていない私ですが猫がとっても愛おしくなっています。

そもそも猫は物語の中では悪者になることが多いですよね。 人間から見たら可愛い気まぐれなニャンコでも小動物から見ると猫はいたずら好きで怖い存在です。

イソップ物語に猫とネズミの話がありました。

猫が突然に表れていつも怖い思いをしているネズミたちが、なんとか猫が来るのをわかるようにする方法はないかと相談します。 そこであるネズミが”猫の首に鈴をつければいいじゃないか!”と提案するわけですが、結局は怖くて誰も猫の首に鈴をつけられるものは居なかったというお話。

イソップ物語よりもより身近な悪猫に”トムとジェリー”がいます。 猫のトムはいつもジェリーを追いかけまわしてはしてやられる意地悪なくせに間抜けな猫の印象です。

ところがこの”トムとジェリー”の最終回をご存知ですか?

最終回ではジェリーが大人に成長したときの話です。 

老いたトムは猫のごたぶんに漏れずに死期がちかづいているとわかって誰もみえないところに姿を消してしまいます。  ジェリーの前から姿を消してしまったわけです。

さて、意地悪トムがいなくなってジェリーは大喜び、、、、ところが最終回はとっても切ないんですよね。 続きを知りたい方はこちらをちょっとうるうるになってしまいますね。


さて、

そんないじらしい猫の首に私が鈴をつけてあげようじゃありませんか!

つけるなら金の鈴をつけてだれからも欲しがられる”福猫”にしようではありませんか。

ということでペンダントをデザインしました。

ですが、あくまでも大人のジュエリーにしたかったので可愛さ満載の猫ではなくてクールな猫を目指しました。

なるべく少ないラインですっきりと。
b0202356_18182896.jpg

首をひょっとひねって後ろを向こうとしている姿です。
これはあくまでも絵なのですが、実際にはもうすこし強度を持たせるためにラインをくっつけたり首輪を改良して完成させました。


首の鈴はゴールデンアコヤパールを使用しています。 いま、南洋のゴールデンよりも人気でなかなか手に入らない無調色のゴールデンアコヤです。
b0202356_18095309.jpg
表面はテキスチャーを付けたところ地味になりすぎたので光らせることにしました。

厚みもありボリューム感あるペンダントです。 メガネが必要なくらいプチだとせっかくの表情も他人から見えないのでそこそこの大きさにしています。
b0202356_18312189.jpg
大きな金の鈴をつけた”福猫”はアントレゾの春夏のコレクションの仲間入りをしました。

それでは!











by sheenbangkok | 2017-02-22 18:40 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

Milk & Honey キャッツアイスネーク

正面から見たキャッツアイの目です。
b0202356_21584836.jpg
拡大しましたので太く見えますが実際には3mmのカボションですのでもっとシャープに見えます。

石はクリソベリル、、高度が8.5という硬い宝石です。

キャッツアイ効果は石の中の針状のインクルージョンによってもたらされる光の効果で専門用語では”Chatoyancy"というものです。

この石をスネークリングとペンダントの目に使用することに決定したのは実はとても難しい決断でした。

キャッツアイ効果がピシッとでるのは厳選しなければなりませんし、テレビで紹介するとなると面傷も×となります。  こういったナチュラルストーン(もちろん無処理)で面傷のないものを数多くそろえるのは不可能に近い!と私は今でも思っています。

もちろん石の裏はキャッツアイ効果を消さないために原石のままでセットしていますので石の裏の凸凹が表から見えてもそれは天然の目を残すためであるとご理解いただかないとまったく先に進めないのですが、果たしてそれでも揃うのだろうか、、、、と、、数日決定を延ばしていました。

それでもどうしてもキャッツアイをスネークの目に使用したかったのには理由があります。


それは、




056.gifなんともいえず、愛らしいスネークになるとわかったからです056.gif


キャッツアイには光の当たる角度で目が動く”ミルクアンドハニー”という現象が見えます。

無理やり和訳すると023.gif”牛乳とハチミツ”、、、日本人でもわざわざ和訳する人は居らず”ミルクアンドハニー”で知られています。

どんなものかと言うと、

リングの向かって右から光をあててみます。
b0202356_22160081.jpg
そうすると光の当たった部分は透明はハニーのようになってミルクが左側にきます。


コンドは向かって左から光をあてます。
b0202356_22173314.jpg
ハニーとミルクが逆の位置に動きました。

この表情が本当に可愛くて、可愛くて

なんとか難関はありながらも、そんなわけでキャッツアイスネークが誕生したのでした。

ペンダントもホント、、、可愛いのです。
b0202356_22201718.jpg
ミルクアンド
b0202356_22213600.jpg
ハニー!


もうこれですから既に自分の胸にぶら下げたくなる愛らしさです。

b0202356_22261304.jpg
私のもとに金運を運んできてね!


最後に勢ぞろいで

b0202356_22274925.jpg
皆様のところにも金運をはこんでまいりまする、、にょろにょろにょろ。。。

それでは!




by sheenbangkok | 2017-02-20 22:30 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

賑やかな日々

b0202356_21385092.jpg
あっという間に1週間が過ぎてゆきますが、この間にいろいろなことがありました。

先週は日本からショップチャンネルのキャストの川野さん、モデルの新倉さんさん、そして元スタイリストのゆきこさんがお店に来てくださいました。

プライベートでいらしてすっぴんでしたので写真は撮りませんでしたが束の間、Sheenは華やかになりました。 すっぴんでもキャストさんはとても透明な美しさを持っていて、さわやかさを崩さない淡い色のジュエリーをお勧めしました。 モデルさんはさすがにナイスバデイーなんですね。。。足が細くて長いのにホント005.gifびっくりー!でした。

さて、それから”アントレゾ”のサンプル出荷も済ませました。 現地の検品員の男女スタッフちゃんが会社に来てくださってあれやこれやとチェックが細かいのでとても大変なのですが、なんとかかんとか済んで無事に日本に発送しました。  今回はいろいろと皆様におすすめしたいものがありますが、それについては後日ゆっくりと紹介させていただきます。

そして今日はマルセイユのGemologyの学校の生徒さんの第一陣が到着して会社の方に勉強にいらっしゃいました。  一昨年はどどーっと大人数がいっぺんに会社に押し寄せましたのでワヤになってしまいましたが今年は分けてきてくださって”ホッ!”です。
b0202356_21412229.jpg
シェフTがしばし翡翠についてのレクチャーをしました。 明日から翡翠の買い付けにでかけるとのことで処理翡翠の見分け方など熱心に勉強して帰られました。 さてさて、難しいですけれども生徒さんたちは無事に買い付けができるでしょうか??楽しみです。

そして明日からはコタキナバルの宝石屋さんが一族でどーっとSheenに買い付けにやってきます。

本当に”どー!”という感じで中華系の家族、兄弟と子供たちでSheenはもうワヤどころではなく、ナムタンは子供(男の子2人です)がジュエリーキャビネットを倒さないようにと子供を抑え込んだりするのに手一杯、私はあっちからもこっちからも”あれ見せて””これ見せて”とおっしゃるので体がいくつあっても足りない状態になります。

そんなわけですのでゆっくりとジュエリーをご覧になりたい方は今週は後半のほうがよろしいかと思います。 前半はこんな感じでちょっとSheenは賑やかすぎる感じになる予想です。

というわけで今日は早く帰宅して明日からのワヤに備えたいと思います。

それでは!



by sheenbangkok | 2017-02-20 21:55 | タイのこと | Trackback | Comments(0)

Honeycomb マイブーム

昨年からのマイブームは”Honeycomb"ハニーカム、、、ハチの巣です。


フィレンツェの巨匠に敬意を表してリングとペンダントまで作り昨年デビューしました。
b0202356_20591696.jpg
熟練工の手作りのリングはそのボリューム感と手作業の味において機械彫りとは一目瞭然の高級感の違いを感じることができます。

ペンダントはエメラルドも入ります。 エメラルドはインクルージョンの多い難しい石ですが敢えて自然なインクルージョンをのこしつつ耐久性のあるものを選んでいます。
b0202356_21040525.jpg
ハチの巣はヨーロッパのみならず日本でも特別な存在です。

それについては
をご覧ください。

リングとペンダントについては昨年の秋にショップチャンネルで放送後にも日本のお客様からお問い合わせなどもいただいておりましたが、このたび3月12,13日のアントレゾコレクションにて再販することが決まりました。

12日の午前1時という深夜時間ですが土曜深夜ですので翌日はお寝坊できますのでお待ちいただいていた皆様には是非ご覧いただきたいと思います。 この両日のみは割引価格になる予定です。

さて、

実は私は本物のハニーカムもずっと愛用しております。 

自然豊かなタイ北部ではあちこちの農家でハチミツもが作られています。 主なものは龍の眼と書く竜眼〝ロンガン”と”ライチ”のハチミツです。

個人的に好きなのは〝ロンガン”で香りもこくも素晴らしいです。 更にロンガンには滋養強壮、アンチエイジングでさまざまなことに効果があると言われているスーパーフルーツなので友人、知人、家族へのお土産は最近はロンガンのハチミツ、、(ちょっと重いんですけどね、、008.gif)にしています。  もちろんハニーカム入りです。

ハニーカムってハチミツのみならずプロポリスや多くの栄養が詰まった宝の6角形ですもの、友人家族にはずっと健康で美しくいてほしいので絶好のお土産だと思っています。

タイでは気軽に手に入りますのでこれを逃す手はないでしょう!

今日のタイトル、、、タイで買えるすぐれもの!としようか迷いましたが一応ジュエラーですので、リングとペンダントを優先して紹介させていただきました。

でもタイのハチミツとハニーカム、、、おすすめよ!

アントレゾのリング、ペンダント同様に006.gif

それでは!

by sheenbangkok | 2017-02-13 21:38 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

アレキサンドライトとアレキキャッツ

スネークリングとペンダントのサンプルがもう少しで仕上がります。

スネークリングが欲しいと思ったのは商売をなさっている方の指にスネークリングが収まっているのをよく見たのがきっかけですが、、、、

スネークラブではない私はちょっとひいてしまったのですが、実はスネークモチーフジュエリーは商売繁盛、金運上昇の開運モチーフなんですってね。。

そうと知ったら是非一つは作りたいものだわと思っていましたが”アントレゾ”ブランドらしい、大人のための、、、リッチでありながら可愛いさもある”たった一つの宝物になるジュエリー”にふさわしいスネークを!と素材選びに慎重になりました。

サファイアで決定していたのを覆して”キャッツアイクリソベリル”でスペシャルなリングとペンダントにするという方向に変えたのは先週のことですので3月のショップチャンネルのライブに間に合わせるようにと大忙しの日々を送っています。

前のブログで、サファイアでなくてXXXXXXXと書きましたのでXXXXXXXXってなんだろう?と皆様いろいろと考えてくださりましたが正解の方はいらっしゃらず、アレキとアレキキャッツが惜しいところでした。

確かにどちらもスネークの目に入れたらそれはそれは魅力的になると思いますが、、、実はアレキキャッツも手元にはあるのですが、、いかんせん数が、、、というのと色の変化をなかなか統一できないという理由で断念しました。

小さいとはいえ高級石のキャッツだけでもそろえるのは大変ですが、

試作段階ですでに

016.gif大人のリングに仕上がってきています。

しかも

012.gif気持ち悪くありません(これポイント)

目がとってもチャーミングになっています!

時間がありましたら後日ちらと紹介させていただきます。

それでは良い週末を!




by sheenbangkok | 2017-02-11 18:15 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

本物と偽物

カニかまぼこが本物の蟹でないことは誰でも知っていて本物よりもうんと安くて美味しいからアメリカでもヒットしているんですよね。  これははっきりとしていて”偽物だったの?!”と怒る人はいないでしょう。

カスピ海のキャビアは小さい瓶にはいっていても凄い値段ですけれど、ランプフィッシュの卵のキャビアもどきは見た目もお味もキャビアそっくりさん、、でもお値段がうーんと安いのでこれでいいかな?と私などは満足してしまいます。  これを買ってから”偽物だった。騙された”とは誰も思わないでしょう。


では宝石はどうでしょう?

宝石の集積地であるバンコクは石が溢れていますけれど、その価格はあたりまえですが本物は高く、偽物はけた違いに安いです。

例えばルビーなら通常は原石を焼いてからカットするのは普通のことで焼くことは処理ではありません。 なぜならほとんどのルビーはただ焼いたからって綺麗になるものではないからです。  焼いたルビーも焼かなかったルビーもナチュラルルビーです。 その価値は大きさだけでなくインクルージョンの有無、色、カットなどの綺麗さで買う側が評価します。 プラス大きさが1ct、2ct単位となると価格もバンバンと上がっていきます。 綺麗で大きいナチュラルルビーは価値のある宝石です。

では処理ルビーはどうでしょうか? 処理ルビーとは普通に焼いても使えないクラックがいっぱいに入って白っぽく見えるルビーの原石を鉛ガラスと一緒に焼きます。 高温で鉛ガラスが溶けてルビーのクラックの中に入ってゆきます。 ガラスがクラックに入り込むことで見違えるように透明なガラスルビーが出来上がります。  これによっていくらでも綺麗なルビーが作れてしまうわけですから値段は1ctいくらとかという問題ではありません。なぜならこれは宝石ではありません。(綺麗というのは一見で、実は石の表面をルーペで見ると無数の蜘蛛の巣状のクラックが見えます)

バンコクでははっきりと区別されていているのでゴールドジュエリーに含侵処理されたルビーがセットされていることはめったにありません。

さて、日本はどうなんでしょうか? 18Kにセットされた10ctの一見綺麗なルビーが20万円で売られていたら”安い!”と感じるでしょうが、常識のある人ならへんだとすぐにわかるでしょう。。。。079.gifありえない

でも、これが有名デパートなどで売られていたらどうでしょう?  それがどんな処理をされているかという説明を受けてもピンとこず本物のルビーであるという言葉に気を取られてすっかりとお買い得感に浸ってしまうことだと思います。

宝石の表示はとてもトリッキーでわかりずらい、、、宝石の専門家ならともかく一般の方には表示がどんな意味をあらわしているのか知る由もありません。

ルビーについてはお客様からの質問で最も多いものです。  高い買い物をするときはセールストークだけに頼らずご自分の本物を見極める目を開いておく必要があります。

翡翠もしかり、、、いつも”A翡翠です””本物です”と言い続けなければならないこの頃ですが、以前は翡翠は本物の硬玉か、偽物と言われる軟玉かの2つでした。 ところが染色、含侵というトリッキーな処理翡翠が中国でつくられるようになりました。

処理翡翠は翡翠には違いありません。

しかし、処理した翡翠はもはや宝石ではなく材料だということを知らない日本人は多いです。

ジュエリー上級者の方からでさえもルビーと処理翡翠についてのご質問は本当に多いので、以前にもブログで書きましたが再度きょう書かせていただきました。


さて056.gif

話は変わりますが、

私は昨年から買おうか買うまいか迷っているバッグがありました。

それは本物のステイングレーとクロコが使われていて大きさがちょうどパスポートやお財布などなどが入るもので、ずっと探していたサイズです。

何か月も迷っていたのはお値段が(私の予算では023.gif)ちょっと高かったからです。

ステイングレーはバンコクでも扱っている業者は多く、みなさんご存知のクロコダイルもバンコクの近くで養殖製造しています。 

そういったわけで価格をいろいろ比較したのですが、いかんせん、、他社に比べてちょっと高いと感じていました。

ですがデザインのオシャレさと発色の良さは断トツでした。、、、迷う迷う、、3か月考えました。

で、昨日やっと購入しました。

なぜ決断したかというと今は”安い”と感じているからです。

革の質や作りが断然違うとわかったからです。 

みなさん高級バッグの内側ってどんなになっていますか?  あのルイヴィトンだって外側は特殊なビニールのような(ごめんなさい、、素材名知らないんです)ものでも内側はちゃんと牛側になっていますよね。

外側が100年使えるとうたっていたら内側がナイロンやビニールでは10年持ちませんものね。

購入決定したAknasさんのバッグの内側はこうなっていました。
b0202356_22572328.jpg
内側は全面牛革でポケット部分にクロコがあしらわれていました。しかもとても軽い。 

これならずっと使えます。 これぞ本物024.gif

そう納得したらとても安いものに思えました。

しかし、この素敵なバッグを扱っているAknasさん、、Silom Villageに入っているのですが最近お店を半分に縮小しました。

お店のスタッフに聞いたところ”景気が悪いから”。 向かいにはなんちゃってバッグを売る店がありそちらにお客さんがどんどんと吸い込まれていってしまうのだとか。

本物の良いものを見る目を持っている人は少数派ということなんでしょうか。。

残念ですね。

本物は1年後に飽きても10年後にまた使えてずっと愛用できるという良さがあり宝石も共通しています。 でもポイントは”本物を持っているという自己満足”ではないでしょうか? どこにでも堂々と着けていける持っていけるという満足感こそが本物を手に入れることの意味だと思います。


それでは!






















by sheenbangkok | 2017-02-11 17:51 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

結局、新案でスネークリング、、世界で一つ?

先週末に突然シェフTから提案された、スネークリングの目に使用する石をめぐってこの土日はまったく休めませんでした。

で、

結局、このゲリラ的な提案を採用することにしました。

イエローサファイアもゴールデンなスネークにはぴったりとあっていたのですが、やはりシェフTの提案には敵いませんでした。

さて、、、、といってもこの石はなかなか難しい石で数が揃わないという怖さがあります。 レアストーンというほど超珍しいものではないのですが、持っている方が多いかといえば、、宝石の好きな方だったら持っているかもしれないというかんじで高価なジュエリーの印象が強いです。


その魅力はオパールの遊色効果やスタールビーのシルクに見られるようないわゆる”Phenomena Stone" であることです。 


急に決まったのでまだリカットもしていない状態です。
b0202356_22375717.jpg
色幅もありで悩まされそうですが、天然である石の魅力はそういった不均一性、、私だけのたった一つの宝石というところにあるとも言えます。


ですが、こだわりたいのは”Phenomena"
b0202356_22410595.jpg
キャッツアイです。

キャッツアイの出る石は様々ですが、王道のクリソベリルキャッツアイです。

ペンライトで光をあてると目がくっきりと出ます。 この部分だけは押さえたい所です。

スネークの目にキャッツアイを入れてみると驚くほど可愛くて個性的。

これはもう後には引けなくなりました。

キャッツアイに決定!

これはアントレゾを応援してくださる皆様への贈り物のようなジュエリーになると思います。 サファイア案から一転してキャッツアイに変更になりましたが価格は既にフィックスされておりますのでそのままGOとなりました。

これは強力なパワージュエリーになりそうですよ!

私はパワーを吸い取られそう。。。。。。ひー。。

それでは!





by sheenbangkok | 2017-02-07 22:49 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

なんとスネークリングを製作中

スネークはちょっと、、というかすごく苦手な動物ゆえに、パイソン地のバッグとか靴などは写真を見るだけでもぞっとします081.gif

ところが私の気持ちに反して最近スネークモチーフがあちこちのブランドで使われているんです。    

おまけにスネークモチーフはお金が溜まるシンボルなんですってね???

なんとか作りたいではありませんか、、、。 でも気持ち悪くなくて素敵な大人のスネークリングを!古臭いかんじでないスタイリッシュなスネークリングを!と欲張ったためにデザインがいったんは完成したもののまだ原型に手を加えている最中です。

石も決まっています。

目にはオレンジサファイアを入れましょう....ゴールデンな輝きのこの美しいサファイヤを前から使いたかったのです。
b0202356_21083826.jpg
なんかとてもいい感じ、、、

実はここまでの文章を昨日の土曜日に書いていました。 

ところが、、、

土曜日の夕方にちょっとした異変がありました。

シェフTより
079.gifちょっと待ったー!  いい石があるからXXXXXXXX入れようよ!

というとんでもない提案がありもう私ったら焦りまくりました。

だってこのスネークリングはショップチャンネルのバイヤーさんのお目に叶ってアントレゾのコレクションとして3月に販売予定。 実はすでに石も”サファイア”と決まっていて価格も決定しています。

しかし、、、、、、実現するのならサファイヤに引けを取らない素敵な大人のリングとペンダントになると思います。

皆様はどちらの石が好きでしょうか?  オレンジサファイアとXXXXXXXXX

本当にXXXXXXXXは調達できるんでしょうか?


まったく033.gifもっと早く行ってよね。


ああ、困った困ったどうしよう、、080.gif

悩む日曜日になってしまいました。

月曜日には決着をつけるので決まりましたらお知らせしますね。

それでは!





by sheenbangkok | 2017-02-05 21:23 | Trackback | Comments(0)

オーマイゴールド! 翡翠も。。。

お土産にカステラをいただきました。

夕食の後に甘いものが食べたくなり、、、”あ、そうそういただいたカステラ食べましょう016.gif”ということになりさっそく箱を開けると、、

b0202356_15093194.jpg
いかにも卵がたくさん入っていて濃厚そうなしっとりとした生地が出てきました。


”まあ美味しそう?どこのだったかしら、、、と思いパッケージを改めてみると
b0202356_15121058.jpg
”金箔” 。。。。。。。。え?どこに。。。


カステラをひっくり返すと底がなんとこんなふうになっていました。
b0202356_15153571.jpg
ま、まるで金の延べ棒のような豪華な姿が現れて思わず”わーー!!!!”と声を上げたほどです。

薄く伸ばした金箔が張られている様子は圧巻で迫力があります。 おめでたい感じで贈り物にはぴったりですね。 

昨年からジュエリーも小物もゴールド色の気分が続いている私は大変にありがたい気分になり美味しくいただきました。


さて039.gif


開けてびっくりというのは嬉しい時と悲しい時があるんです。

 
翡翠に関しては嬉しい半分、悲しい半分、、、、とっても難しい石です。

例えば

(すでにカットしたあとですのでこんなになっていますが)
表から見るといかにも良質で鮮やかな色が期待される翡翠原石、、、価格も決して安くありません。
b0202356_15250471.jpg
期待に胸を膨らませて切ってみると、、、056.gif

b0202356_15263106.jpg
                (見やすいように磨いています)

色が鮮やかな部分はほんの一部であとは無色でした025.gif

それでも質が良い氷質な生地なのでその点はOKでした018.gif


期待が大きすぎたり、”これは絶対綺麗”と楽観するとと開けてがっかり!というのが翡翠、、、

初めの1歩!から上がり!までずっと神経を使い続けてくたくたです。


翡翠はほんとに難しいです。

それでは!









by sheenbangkok | 2017-02-02 15:41 | フード | Trackback | Comments(0)