スネークシリーズ完成

日本のお客様にお待たせしているスネークシリーズが出来てきました。

今週は来週日本に出荷予定の“アントレゾ”ジュエリーの最終仕上げの作業で工房も私もちょっと忙しくしております。

スネークシリーズは目にキャッツアイクリソベリルを使用しますが、全てのピースを弊社の工房でリカット、ポリッシュしましたので魅力的な〝アイ”が確認できておりますので検品しながらも心がわくわくとしています。

良い石にかかわると不思議と気持ちが高揚してくるものです。
b0202356_20500946.jpg
どのスネークも可愛くて魅力的なクリソベリルキャッツがセットされていて神秘的でさえあります。

昨日はリングを着けて出社したのですが、、、
b0202356_20533203.jpg
私はこのようにピンキーで着用しており、なんとなくこの位置が収まりがよさそうなのでずっとピンキー使用で既に愛用しております。

スネークリングは金運がアップすると言われていて商売をなさっている方は縁起担ぎに購入されることが多いと聞きました。 

私にとっては初のスネークリングなのですが、、、、

それが、本当に偶然なのですけれど前回このスネークリングをつけて出社したときにサウジアラビアからのお客様が来店して驚くほど沢山のジュエリーをご購入下さるという実に地味に営業している(笑)Sheenにとっては仰天イベントがあったのです。 その時は、”まあ、このスネークの御利益だわ103.png”と都合良く思ってしまいました。

更に、昨日なんですがやはりスネークリングを着けて出社してオフィスで仕事をしているとSheenに大勢のお客様が来ているようだからヘルプに行った方がいいですよ!とセクレタリーのラさんから言われてお店に大急ぎでかけつけました。

昨日はシンガポールからの御姉妹のグループがいらしてアートラインの翡翠製品をとても気に入ってくださって大量に購入下さるという出来事がありました。 

これはやっぱりスネークリングの御利益だわ103.pngとたいそう調子に乗っている今日の私です。

ところで今週早々にプロ顔負けの設備を携えて友人のJariさんがSheenのジュエリーの数点を撮影していくというイベントがありました。

その時撮影されたスネークリングがこちら。
 
b0202356_21105606.png
さすがにきっちりとキャッツアイクリソベリルの魅力を捉えていますね。

本物はやはり迫力がある、と確信できるショットです。

さて、こちらのリングは日本での販売はすでに終了しております。  今後はバンコクのショールームのSheenでのみの販売となりますので5月から並ぶ予定です。

それでは!


by sheenbangkok | 2017-04-21 21:21 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

ソンクラン明けに大きな桜の木が届きました

ゆっくりと休んだソンクラン明けの月曜日はちょっと重たい気分をひきずりながらオフィスに出勤しました。

すると、、

b0202356_21490895.jpg
満開の桜の花をつけた大木が届いていました。 

日本の桜の時期を待てずにバンコクに戻ってきてしまった私に思いがけない素敵なプレゼントが日本から届いていました。 桜の香りがぷーんとするような錯覚におちいるほど暖かい空気につつまれたカードです。 見ているだけで自分が桜の木の下の芝生に座っているような錯覚に陥るような、、そんな素敵な作品です。

どこに飾ろうかと迷いましたが、、、最も目立つ場所のここにしました。 宝石秤の上。

b0202356_21540536.jpg
翡翠の涅槃像も桜の木の下に置いてみました。(注:これは商品ではありません) オフィスに春がきたようです。

朝から気分よく仕事を始めることができてあと1週間後の納品まで頑張れそうな気になりました。  本当にありがとうございました!

さて、今年のソンクランは仕事半分、そしてリラックス半分でわりとのんびりとすごさせていただきました。

そして、まる1日だけは”セレブのような日を送ろう”とへんてこな提案を自分にしました。 朝からジムで汗を流し、レストランにランチにでかけ、その後ショッピング、そして閉めにはスパでマッサージ、、、、、といつもは絶対にできない日にしようと決心しました。 そして確かに実行しましたよ。

朝はCascade Clubで1時間汗を流し、それからレストランに向かいました。

行ったのはこちら、、、、ちょっとセレブの方が行くような洒落た高級レストランではありませんが私らしいところに行きました。
b0202356_22034132.jpg
こちらは中華系の大家族で昼夜とはずにぎわうタイ風中華レストランです。
b0202356_22063300.jpg
”珍平酒楼”と漢字で書いてありますので、私たちはずっと”チンペイレストラン”と呼んでいますが実は”チャンペン”と発音するそうです。  ”Chandraphen Restaurant"とありますが、タイ語の英語表記はどうもわかりずらいです。 タイのスワナプン空港も”Suvarnabhumi"と書いていますけど読めますか????  

読みづらいのはさておき、この珍平さんはランチタイムにのみ飲茶を出しています。 それが普通の中華の飲茶とは一味違う味でちょっと辛かったりパクチーが乗っていたりとユニークでもあります。

種類も最近オープンの話題店とは違って少なめなので飲茶と普通のメニューを混ぜて注文している人がほとんどです。

私たちは今回は2人でサクッとランチだったので大皿を何品も頼めませんでしたので飲茶中心でした。
b0202356_22222518.jpg
b0202356_22231992.jpg

b0202356_22241187.jpg
以前よりも若干種類がすくなくなってしまった飲茶メニューはちょっと寂しかったですが上記3点は私のお気に入りです。

飲茶はランチのみですが夜の私個人の偏見で選んだ飲茶以外のおすすめは①ナマコのスープ(フカヒレよりも美味です)②プーパットボンカリー(小泉首相のいかれたあちらよりもこちらがずっと美味しいような、、、、)③珍平八珍 ④ガイヤーン(この店のルーツとなる屋台のシグネイチャデイッシュのタイ風焼き鳥)です。

珍平八珍とはナマコ、シーフード、内臓系など8種類の珍味(?)が入った炒め物と解釈していますが小さいサイズがこちらです

b0202356_22333531.jpg
加えてもう一つ、かならずどこのテーブルにも乗っているのが”スキヘーン”です。 これはタイ風のスキヤキの乾いたものという日本の方にはちょっと理解不能なもので、中華料理ではありませんが何故かどこのテーブルでもオーダーしているので私たちもオーダーするのが定番になっています。

なんだか食ブログになってしまいましたが、私がこちらを気に入っているのは料理が格別においしいからというわけではなく昔から変わらないレトロな雰囲気とメニューです。

今度は大人数で来たい!と思いました。 

さて今回は久しぶりの訪問を前にして一つとても気になっていることがありました。

それは、

いつもホールできびきびと若い従業員に指示をだしているおじいちゃまがいらして、その方の白シャツ、白パンツの日本オリンピック委員会みたいな制服姿がとても印象的で行くたびにほのぼのした気持ちにさせられていました。  こんなお年で働いているなんてこちらのご家族の方かしら、、と最初は思っていましたがどうやら違うようでした。

今回もその方はいらっしゃいました105.pngホッ! お年で膝が悪くなられたのか若干歩きにくそうでしたが、依然と変わらずにてきぱきと働いていらっしゃいましたよ。 御年80+++歳くらいかしら????不明です。 

久しぶりの飲茶ランチも楽しんでその後はショッピング、そしてGreen Leaf Spaでリラックスさせていただきました。 こんなことはバンコクでは1年に1回くらいしかしないなあ、、、とふと思いました。 私ってなんで時間がないんでしょうね、、、、

そんなこんなで、楽しかった休みもあけてさっそく仕事が始まりました。

しばらくは桜の木を眺めてほのぼのさせていただいて頑張ろうと思います。
b0202356_22552400.jpg
それでは!


*珍平酒楼は地下鉄BRTのルンピ二駅から直ぐです。 サトーン通りからラマ4通りに入って50mほどのルンピニ公園の向かいです。
 お値段もリーズナブルゆえにいつも中華系の大家族で混んでいます。





by sheenbangkok | 2017-04-17 23:07 | タイのこと | Trackback | Comments(0)

ソンクラン初日やる気満々の観光客でSilomはいっぱい

SheenのあるSilom VillageはSilom通りの水かけ合戦指定エリアからははずれているSilom
Soi26界隈ですが、戦闘開始時刻の午後3時を前に準備万端の観光客が大勢歩いています。

びっくりするほど”水かけ合戦”は国際化したんですね。 首からマシンガンの形の大型水鉄砲を下げているのはほとんどが中国人、日本人などのアジア系の観光客です。 白人もちらほら見えます。 

ちょっと前まではタイ人の子供たちがピックアップトラックの荷台に乗って子供同士が水をかけあうのがこの辺りの雰囲気のようにおもうのですが、、、Silom界隈もずいぶんと変わってきました。 もちろんバックパッカーの聖地のカオサンではずっとすごいことになっているんですけどね。。

今年はタイ人はほとんどが帰省していてゴーストタウン化しているせいもあって街の雰囲気がいつもと全く違います。

Sheenに入ってこようとショーウインドーを眺めている東洋人カップルもすでに水浸しになっていて、、、、149.pngひえー、はいってくるのおー?! という私の心の叫びが顔全体からオーラを放っていたのかそのまま行ってしまいました。 120.pngごめんなさい、でも141.pngさすがにねえ、水浸しのままでは、、、

明日もこんなんだろうか、、と周辺のお店の方に聞いてみるも

”明日はもっとにぎやかになるよ”

とのこと、、昨年も一昨年もソンクランの時期はお店を閉めていましたので最近の様子を全く知りませんでした。 

ですので、

急きょ

SHEENは明日14日から16日までの3日間はクローズさせていただくことに決定しました。


と書いているところにお客様がいらっしゃいました。

Sheenには多いお客様でエアラインの方でフライトでバンコクにいらした方でした。 明日もこういった方たちがいらしゃるかもしれないのに閉めてもよいのか122.png

とちょっと考えてしまったのもつかの間、いやいややはり明日からはクローズいたします。 17日月曜からは平常通り、ナムタンも居りますのでよろしくお願いいたします。


そんなことを書きながらなのですが、本日入れようとした新作を1点だけご紹介します。 SheenではカラーストーンではたぶんNO2(翡翠がNO1です)の売れ行きのタンザナイトのイヤリングです。

色の良いもの、輝きの強いもの、で掘り出し物が見つかったときのみ製作しますので石はいずれもきれいなものだけを使います。

珍しいトライアングルにカットしました。
b0202356_20260570.jpg
タンザニアで採れるのでタンザナイトという名前はかつてあのテイファニーが世に送り出してブレイクしました。

青ならブルーサファイアがありますが、タンザナイトはパープルが入りブルーサファイアよりも華やかさがあります。 パープルならアメジストとにているのでは?とおもわれるかもしれませんが、その輝きが全然違います。 パープルにブルーが混ざる色は誰にでも似合う色で魅了されます。
b0202356_20302138.jpg
ライトの関係でパープルが強く出て見えますがブルーも入ります。

着けてみます。
b0202356_20311684.jpg
夏の太陽にも負けない輝きです。

b0202356_20324241.jpg
大きすぎず、小さすぎず、これからおでかけシーズンに間違いなく注目される光を放つと思います。

1ペアのみですので気になる方はお早めに。

17日月曜の朝からSheenに並べることにいたします。

それでは

Happy Songkrang174.png169.png167.png

4月14日から16日までSHEENはクローズいたします。

by sheenbangkok | 2017-04-13 20:51 | タイのこと | Trackback | Comments(0)

秋までにお届けする予定の新作のサンプルがやっとできてきました

私が下絵を描いてワックスカーバーに渡したのは2月のことでしたが、ワックスカーバーの仕事が難航して1枚のワックスから彫ることができなくて2枚を重ねて仕上げました。

b0202356_19140765.jpg
3Dに浮き出るデザインなので製作中にあちこち割れて大変だったのがうかがえます。

この時点で”無理かなあ、、図柄変更にしようか?”と何度も考えたのです。 なぜかというとこれを翡翠で彫ろうということだからです。 

うちのカーバーは私の知っている限りではタイではNO1よ136.pngと思っている腕を持っていますが、翡翠は柔らかい象牙や琥珀とは違って非常に硬く、繊維が絡まったような構造になっているので細かな彫は難易度がとても高いのです。

処理していない翡翠を使用するので作ってからダメだと、、石が勿体ないですしね。。

ですが、このウサギのモチーフは秋にぴったり。 丸い月の中に波を表現して”さあ、これから波をピョンピョンと超えて行きましょう。用意はいいかしら?と顔を見合わせている2羽のウサギ。。。。。とてもおめでたくて前向きのモチーフなのでこの秋冬には様々なことを乗り越える158.pngためのジュエリーとしても春まで着けたいと思っています!!

あれからまるまる1か月かかってやっと2pcのサンプルを仕上げるに至りました。
b0202356_19304491.jpg
まだまだ修正の余地はあるものの感じはでています。 

いったい秋までの何個できるのか考えると怖くなりますが、おそらくこれはお好きな方だけのごくごく限定数になること間違いないと思います。 カーバーの力がつきたところでおしまい、、かな?

それとこの秋冬の新作には1年を通して着用できるヒスイのブレスレッドを予定しています。 モチーフはこれが今の気分!

b0202356_19402555.jpg
4つ葉のクローバーですが、”Infinity Clover"なのです。 この4つ葉のラインはつながった1本の線になっていますので両面彫りになっています。 

ご覧のように良質のヒスイをポイントに利用しますのでぜひ18Kで作成したいと思っています。

アートラインの男性からも”いいね!”の声が上がっています。 幸せが集まってきそうな四つ葉のクローバーはいつも腕にしていたいと思っています。

翡翠は古くから護身の石としてその不思議な力に魅せられた中国の清朝の権力者たちが競って集めたと言い伝えられています。 そんな翡翠ははやり本物のAでないとね!とこだわって作ります。

それでは!








by sheenbangkok | 2017-04-12 19:50 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

もうすぐソンクラン

日本語ではタイ正月と訳されている”ソンクラン”がもうすぐ始まります。

といってもバンコクでは決められた場所、時間で水かけのイベントが行われていてSheenのあるSilom通りのチョンノンシーから南側は毎年まったく静かなもので交通量もすくなくて1年で最も歩きやすくて静かな日々となります。

そんな時期のバンコクは長期休暇をとるタイ人が多くて会社やお店もソンクランの13-16日プラスプラスでクローズするところが多いです。  タイ人は田舎に帰省し、外国人は旅行に出る人がほとんどです。  観光客もこの時期はとても少ない印象です。

例年、Sheenは数日の休みをいただいて私も小旅行するのですが、、、、今年はというとバンコクにとどまり私はスタッフの居ないSheenのお店番をすることになりました。  今年はソンクラン明けにすぐに出荷があり、そのことが気になってバケーション気分どころではないので今年は急きょ旅行を中止にしました。

仕事があるのは有り難いことと考えて今週1週間はSheenで接客を楽しむことにいたします。  まあ、この時期にバンコクで暇しているかたもほとんどいらっしゃらないと思いますが、お暇な方はどうぞSheenに涼みにきてくださいませ。 ゆっくりと相談できるかと思います。

さて、そんなわけで夏近し!夏物入荷!174.png

続々と入りますのは天然石を使ったネックレス、イヤリング、ブレスレッドなどです。

本日はSheenで特にヨーロピアンにとても好評をいただいてすぐに売れてしまうマルチジェムを使ったロングネックレスです。

まずはこちら
b0202356_21414983.jpg
(バルテイック)アンバー(琥珀)と(エチオピア)オパールの組み合わせです。 


ロングではこうなります。
b0202356_21431060.jpg
黄色は今年のポイントカラー。 服で黄色を着るよりもこのほうがさりげなくて取り入れやすいです。 オパールは優しい表情ですが、秋冬に色の濃い色を着た上に乗せると色ががらりと変わります。 このオパールはブルー系になりますよー。


こちらは冬の素材と思われがちなラピスラズリです。
b0202356_21460735.jpg
アイオライトと組ませていますので夏でも暑苦しくありません。
b0202356_21470934.jpg
アイオライトは見る角度でサファイアのようなブルーになったりグレーになったりしますので魅力的な石です。



b0202356_21491162.jpg


さて、こちらはホワイト系の組み合わせです。


b0202356_21484774.jpg
クオーツクリスタル、ホワイトジェイド(白ヒスイ)、淡水パールをシルバーで繋いでいます。


天然石はガラスやプラステイック素材とは違って色に味がありますので着ている服がグレードアップしますね。


ぜひ、いろいろとご試着してバランスをみてください。

それでは!


(おまけ)
b0202356_21543236.jpg
葡萄の枝がこんなになりました。 水だけでどこまで生きてくれるのでしょう、、、、


by sheenbangkok | 2017-04-09 21:57 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

こんなタイ文字ペンダント欲しかった! その2

完成前に早くも着用してしまったタイ文字のペンダントですが、、、

b0202356_22185322.jpg
その2を書く前にタイムリーにお問い合わせがありその答えになるべく今日のUPとなりました。

というのはこのペンダントの上部にスペースがあり、これは単に空いているだけなのか?ということでした。

b0202356_17054290.jpg
ちょっとバランスが悪く空いてしまったように見えますが、実はここには誕生石などのカラーストーンやダイヤなどのメレーサイズをプチっと入れようと思っていました。

わたしの誕生石はオパールなどなのですが、このペンダントはいつもどんなジュエリーともマッチしやすいように、お守り的に着けていられるようにと思ったのでゴールドになじむ色の宝石を入れよう101.png、、、、と考えていたのです。

で、イエローサファイアにしようかと思っていたのですが、、、、

   
b0202356_17104819.jpg
   
結局はゴールドだけにすることにしました。

このようにカラーストーンをアクセントに入れたり、入れなかったりは本当に皆様のお好みで変えることができます。 また、石ではなく小さなハートを入れたり、チームのマークを入れたり等々できる限りのご要望に応えていきたいと思っています。

ご家族皆さん共通なマークを入れたり、同級生で卒業年度を入れたて作ったり等々、小さなスペースになりますのであまり複雑なものは向きませんが考えるのが楽しいです。
b0202356_17240161.jpg
直接バンコクのSheenにお見えになれない方にはメイルにてご相談も承りますので、ご遠慮なくご連絡ください。

それでは!


by sheenbangkok | 2017-04-09 17:24 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

こんなタイ文字ペンダントが欲しかった! その1

来タイ記念に、お土産に、、タイ文字で作ったネームタグやタイ文字のイニシャルのペンダントなどをバンコクではよく見かけます。 タイ語のにょろにょろっとした文字はアルファベッドの小文字に共通する文字の流れがあって美しい部類の文字だなあと思っています。

なのでペンダントを持っていてもいいなあ、、と思っていましたが名前をずばり横並びに並べて首に下げるのではあまりにもダイレクトに自分の名前を知らせているようでちょっとねえ121.pngと、、、

実はSheenでもタイ文字のペンダントを求めて入ってきてくださった観光客の方や在タイの日本人の方がいらしたこともあるのですが、残念ながらこれといったものがお見せできなかったのです。 その理由にはSheenにしかないタイ文字ペンダントを作成したいと思っていたから。

以前にはCADでタイ文字のリングを作成したこともありますが、最終的には手彫りの味を出したものをデザインしました。
b0202356_22035821.jpg
こちらはCADのイメージです。 たて約2.5cm、よこ約1.5cmの楕円形の枠の中にタイ文字で”あつこ”と入れました。

枠はきっちりと描いた楕円ではなく木の枝が一周しているようなイメージでベイルにとつながってゆくInfinityの形です。 ”永遠”の意味が込められた”Infinity"の木の枝が永遠に伸び続けるといった前向きな気持ちを込めたお守り的なペンダントにしたかったからです。

文字はにょろにょろのタイ文字ですが遠くから見ると象形文字のようでもあり着けたときに何が書いてあるのかとお友達に注目されそうですね。

そんなこんなでベースのデザインは皆様のお名前をこの木の枠の中に入れることを基本とすることに決定しました。

そしてワックスに手彫りで名前を彫るという原型製作に着手しました。



そして

105.pngやっとできました!


オーダーの流れはざっとこんなふうです。


Sheenにご来店いただくか、或いはメイルでオーダーのご意向をお伺いします


お名前の確認などお客様のご希望をお伺いします


実際に文字を描いて配置したスケッチをお見せして最終の確認をします


さあこれでGO!

製作に入ります。 製作時間は2週間ですが、工房の仕事の込み具合ですぐに着手できない場合やソンクランなどの長い休みが入るときはプラスアルファに時間がかかりますのでお時間に余裕をもってのオーダーをおすすめします。



まあ、ざっとこんなふうですが私の名前で製作した第1号のキャステイングができてきて軽くファイリングが終わった状態がこんなふうです。 こちらはCADイメージではなく実際にワックスカーバーが彫ったものを18Kイエローゴールドにキャストしたものです。
b0202356_22030122.jpg
手彫りの味がでていて希望通りの形になりました。

チェーンにぶら下げてさっそく試着しましたが、、、、、
b0202356_22185322.jpg
気取った顔をして試着していますが、実はまだ製作途中です。

最終磨きもまだ終わっていないので最初の写真の木の枝のところが全く光っていないでしょう。 バランスを早く見たくて仕方なかったのでした。。  首をすっきりと見せるバランスになったと思います。 大きさもしっかりとしていますが大きすぎず、ダイヤのプチとの重ね付けもOKの感じです。  これならほかのジュエリーとあわせて毎日つけられそう。。。

等々、、、確認した次第です。

ここからもうちょっと手を加えて完成に至ります。

では続きはまた明日!

それでは!





by sheenbangkok | 2017-04-06 22:24 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

我が家にも春が来ました

葉のない葡萄の木々に迎えられたのは3月の上旬のことでした。

b0202356_22261118.jpg
寒々しくて悲しげな風景の甲府ではありましたがそれはそれで味があってよい感じでではありました。
b0202356_22445830.jpg

ワイナリーを数件尋ねた中で、あるワイナリーの売店にブドウの枝を短く切ったものが置かれていました。 それをなんということなしに見ているとオーナーさんらしき男性がにこやかに近づいていらしてその枝をもってお帰りください、とおっしゃってくださいました。 
”水につけておくと芽が出ますよ”

さて、その枝をバンコクまで持って帰ってコップに水を入れてリビングのはしっこに置いておきました。 2週間前のことです。
b0202356_22362608.jpg
先週まではこの状態でまったく芽の出る気配はありませんでした。

だめかなーー。。。と思っていたのですが



今朝見ると
b0202356_22403670.jpg
冷たい土からひょっこりと顔を出したフキノトウのようにさわやかな新芽がでていました103.png

我が家にも春がきたーという感じでとてもうれしい気分になりました。

そんなわけで今朝は緑色を意識したコーデイネートで出勤してきました。
b0202356_21442129.jpg
使い込むほど良さがわかって使用頻度が高くなるハニーカムのエメレルドペンダントを今シーズンはロングのネックレスで長めに着用しています。 大好きなダークブルーやベージュ、今春夏用にまっさきに購入したスモーキーブルーの服にもとてもよくあいます。 

このバランスで着けるとイヤリングに大振りがきても大げさにならずにすっきりとした印象になります。
b0202356_21515007.jpg
                                 
蜂の巣の6角形は一角ずつ職人の手作業で磨かれます。  

ちょうど工房では日本からのオーダー分のハニーカムペンダントの製作中で今日はこの6角形の磨きに集中して職人が仕事をしておりました。 とても手のかかる細かな仕事ですので年数を積んだからといって誰もができるものではありません。  週末は肩ががちがちに凝るだろうなー。。と思うのですが”全然こらない”のだそうでこれは天職なんでしょうね。

さて明日は紹介したいとずっと思いながら仕上げが後回しになっていたためにアップできなかったオリジナルのペンダントを載せたいと思います。 家族や友達にもぜひ作ってあげたいSheenオリジナルのタイ文字ペンダントです。  いろいろと考えた末にあえて手作りの味を出したタイ文字にしました。 また名前を首にぶら下げるのはちょっと抵抗があったので名前をデザイン化しておしゃれにつけられるような形にしました。

UPできたら明日に紹介させていただきます。

136.pngこうご期待

それでは!



by sheenbangkok | 2017-04-04 22:08 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)