板翡翠は良質が条件

翡翠原石を板状に薄くスライスしてハイポリッシュに仕上げる”板翡翠”を使ったジュエリーをご覧になったことがありますか?

高価な帯留めなどに使われているのを写真でご覧になった方はいらっしゃるかと思います。

宝石をスライスするって当たり前のようで当たり前にできないことですよね? 

ルビーやサファイアを? アクアマリンやペリドットを? ターコイスやラピスラズリを? 

見たことがありません。

そのままでは割れてしまいます。

翡翠は薄くスライスしただけでジュエリーにすることが可能です。

翡翠は繊維が絡み合っているような分子構造なのでとびぬけた割れにくさを持っています。 ですが、板状にスライスして表面を滑らかに研磨するには原石の”質”が良くなければだめ。

質が悪いと不純物が入り研磨しても研磨しても表面は凸凹で板の滑らかさをだすことができません。

もちろん研磨がわるくて石の表面が凸凹しているというケースもありますが、たいがいは翡翠の質が悪いために研磨しても滑らかにならないか或いは処理していて表面が荒れが残っているかだと思います。

板翡翠は質が良くないとダメ。 無処理でないとダメ。 なのでそんな石を使ったリングをぜひ大人の女性のために作ろうと思いました。

原石が決まったのが3か月前です。

いくつかの質のよさそうな原石を候補に挙げていましたが、この石が最有力でした。
b0202356_22175508.jpg
割ってみるとなかはこんなでした。


b0202356_22183966.jpg
カラス質で色もものすごく魅力的。

ずいぶんと前に仕入れた原石ですが、今購入すると相当な高額になるのではと思ってしまいます。

この石を思い切って使うことにやっと決まりました。

やっとというのはとてもきれいで質の良い石なので1点ものの大作を作成してSheenに並べようという気持ちが強くて、、また、これを小さくスライスしてしまうなんて勿体ないという意見もあって相当に迷いました。

今回時間をかけてデザインしたリングは特別な意味を持たせていますのでぜひこの原石を使いたいという気持ちが強く迷いながらもGOすることにしました。

リングは太古の時代を感じさせるようなものでもありながら新しさも感じていただければと思っています。

”翡翠の板”は特別なものですから多くの経験を積んだ女性の指に勲章のように輝いてほしい!と願って作ります。

デザインは後日アップします。

それでは!




by sheenbangkok | 2017-05-30 22:36 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

レインボーな気分!

マルチカラーのトルマリンとクロームトルマリンを組み合わせてロングネックレスを作りました。

なんだかレインボーな気分の本日なので、、、

b0202356_22383941.jpg

マルチのトルマリンオンリーのネックレスだとかなりエスニック調に傾くのですがクロームカラーのトルマリンを40パーセント入れることで印象が変わります。 なんかクリッツイアのニットみたい。

ロングです。
b0202356_22390967.jpg


秋から冬に着けたくなるネックレス。


いやいやまだ夏だっけ151.png気が早いですよね。ジュエラーはいつもこんなふう、、

来年のことだって考え始めています。


それでは!

P.S. こちらのトルマリンネックレスはあさってからSheenに並びます。 はい、いまからでも素敵に着けられます。 気分が上がるネックレスですです。

by sheenbangkok | 2017-05-29 22:40 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

オーダーメイドいろいろ

5月も終盤になってしまいますが、今月はオーダーメイドのジュエリーに取り組む毎日でした。

”オーダーメイドジュエリー”については以前にも載せたことがありますが、100%オーダーメイドのジュエリー製作はなかなか大変な過程となります。

もともとジュエリーの枠が用意されていてそれに石を選んでセットするようなものであれば簡単なのですが、それはオーダーメイドとは言わないです。 完全にオリジナルのデザインでゼロから製作する!のがオーダーメイド。

なのでデザインを決めて原型というプロトタイプをシルバーなどで作成するという作業をしなければなりません。

考えながら、職人とステップバイステップでバランスを確認しながらの作業になり時間のかかる作業です。



今月は外国からのオーダーがほとんどだったのでどんな風にみなさんがオーダーなさっているかちょっと紹介してみますね。


例1  オパールをセンターに使ったリングが欲しい方がイメージするデザイン画をジュエリーショップより送られてきました。
b0202356_22060350.jpg

これだけきっちりとした絵を送られてくると大変に製作しやすいのですが、こんなふうにスタートすることはめったにありません。  このデザイン画の場合、センターストーンはパヴィリオンのある深い石を使っているので相当に高さのあるアンテイーク風のリングになるかと想像します。 ですが実際には底がフラットのオパールを入れるというご要望なので少々の変更が生じます。

そんなことを確認しながら原型を作成しました。  



例2 センターに大きなペリドットを入れてダイヤを適当に散らしたリングというリクエストのリングが欲しい方のイメージ写真が送られてきました。。

  
b0202356_22142374.jpg

相当に個性的で原型製作が大変そうなリングです。  写真ではダイヤが見当たりませんがお客様のご希望は”適当に小さいダイヤを散らして”ということでした。 さあ、どこにどれくらいの分量で散らすのか念入りに打ち合わせましたが、実際に作成してみてバランスを見ながらこちらで調整させてもらうという了解を取りました。 まずはセンターの石選びから始まっています。

写真があるとイメージがよくわかって作りやすいです。 ただしこのような複雑なリングで且つそのままでなく部分的に変更する場合はやはり変更する部分の打ち合わせを綿密にします。


例3 4種類のチャームを作りたい

b0202356_22195550.jpg
こちらはジュエリーショップのオーナーさん直筆のデザイン画が送られてきましたので非常にわかりやすいものです。 デザイン画は大きく実際作成するパーツは小さいのでそのあたりの打ち合わせをしてから原型を製作しました。


 
例4   写真とまったく同じデザインのリングが欲しい。 ただしセンターのサファイアは大振りにサイドはブラックダイヤにというご依頼でした。

こちらはめずらしくメンズリングでした。
b0202356_22230992.jpg
実際に用意したサファイアは2ct近くの大振りになったのでそのぶん幅広になりバランスは少々変わりましたが、お客様の想像通りのリングがすでに出来上がりました。


b0202356_22274365.jpeg

出来上がりを見て、最後のテキスチャーは入れずに光らせる仕上げにするということになりました。

 
こんな感じでお客様それぞれぞれにご依頼の仕方が違いますが、これらは具体的に作りたいリングのイメージが頭にはっきりとある場合です。

Sheenに直接いらしてオーダーメイドを作られた方のほとんどは具体的な写真やデザインが決まっておらずお店の中からイメージに合ったリングを選び出してそれを参考に作成するというものでした。 そんなふうなオーダーの仕方でも直接お見えになる場合はOKですが遠方でお店に来れない方は雑誌の切り抜きなどのイメージ写真があったほうが誤解がなくてよいかと思います。

ここで紹介したような複雑なデザインであると相当な時間がかかり費用もアップしてしまいますが、こんなオーダーばかりではなくシンプルなもので石を際立たせるようなジュエリーであれば時間もそれほどかからずに作れますのでお気軽ーにお尋ねくださいませ。

さて、

先週末の雨はすごかったですねー。 皆様のお住いのところは大丈夫でしたか? SheenのあるSilom界隈は土地が上がっているところなのかゲリラ雨が降っても冠水とはほとんど無縁なのですが日曜日の新聞をみてびっくり、スクンビット界隈はすごいことになっていたんですね。 これからお出かけの時は携帯でこちらを確認しながら動いたほうが安全ですね!


それでは!






by sheenbangkok | 2017-05-29 22:21 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

マンゴーといったら、、

101.png”ガラシン県などで主に輸出用に作られているのでスーパーやローカルマーケットではあまり見ないんです” BY ナムタン

というマンゴーの”マハチャノ”を昨日はTOPSで見かけたので買ってきました。 今年はマンゴーが豊作なのかどの品種も安い106.pngです。

b0202356_22320911.jpg
日本の方には”ナームドクマイ”が人気のようですが私にはおいしさ90%の感じがしていました。  甘くて甘いナームドクマイと比べてこのマハチャノは+酸味+香りがあって私には100%のおいしさでもうたまらない。。


さて、今日はSheen用にネックレスを組んだりしていました。

私の組んだネックレス、、、ちょっと人気なんですよ(123.pngほんとですよー。お店に出ているネックレスは職人が作っているものがほとんどですが一部私が作っています)。 作って並べるとヨーロッパの方がすぐに選んでくださいます。 Sheenの知られざる人気商品なんですが結構考えて色合わせするので作成に時間がかかって数が多くできないのです。 仕事の合間合間に少しずつ作成といった感じ。

そんななか工房からは翡翠のカービングイヤリングができてきました。 こちらもSheen用の1点のみ。 なかなか作成しないクリップタイプです。  クリップタイプは日本の方以外はなさらないのでSheenでは数点しか置いていませんが、この1点が加わりました。

 
b0202356_22441339.jpg
上のほうが今回入るイヤリングクリップです。

翡翠ですがゴールドの部分のボリュームがあるので他のジュエリーとの組み合わせもわりとうまくいくタイプです。


着けてみると大きさもちょうどよく華やかです。
b0202356_22474073.jpg
クリップをお待ちの方、、、めったに作りませんのでよろしかったらどうぞ!


さて、ネックレスももうすぐ完成。
b0202356_22495723.jpg

こちらは翡翠ではありません。 アベンチュリン、マラカイト、ブルートパーズという組み合わせ。

すごい色鮮やかで人工的な色みたいなんですが、全部天然色です(鑑別にだしましたので)

マッチングのイヤリングも先にできあがったのですが、これはすでにSheenにもっていってしまいましたので写真、、のがしました。


さあ、ネックレスができあがりました。 翡翠のイヤリングと組んでも違和感ありません。

b0202356_22490562.jpg
すごい色鮮やかですが、トパーズとブリオレットのアベンチュリンに透明度があるので涼しい感じです。 今年の夏の装いのポイントカラーにもなります。 黒のカットソーとかに合わせてもかっこよさそうです。

ジュエリーだけでなくあれこれと服との組み合わせをかんがえている時は本当に楽しくてあっという間に時間がたってしまいます。

そんなこんなで1日もうそのように早く終わり、今日すべきことが半分も終わらず明日にずれ込む予感、、、


それでは皆様は楽しい週末を!

P.S. ネックレスは月曜からと翡翠のイヤリングは火曜からSheenに並びます。 ちらとうつっている18Kの翡翠バングルは後日Sheenに入る予定ですがこちらも1点です。








by sheenbangkok | 2017-05-20 23:09 | フード | Trackback | Comments(0)

タイ文字


b0202356_22061048.jpg
ニョロニョロっとしていて文字とは思えないと最初は思いました。

なんだか愛嬌があって可愛いとおもいませんか、、”タイ文字”です。

アルファベットに当てはめてa-zまで作りました。



せっかくジュエリー工房で製作しているのでしっかりめの14Kイエローゴールドで作成、きれいな天然石(ルビー、サファア)も入れて表面はサテン仕上げにしています。 ベイル部分は光らせています。 男性も着けられるように、皮ひもなどにも通るようにとベイルはかなり大きめに作成しました。

どれがAでどれがBか、、、、タイにいらしたことがない方はわかるわけありませんよね。

(はは、、、私もあやしい、、、)

例えば、、、

Tちゃんのはどれかな???

b0202356_22165751.jpg

そうそうこれがT



M ちゃんは、、、、
b0202356_22205588.jpg

これこれ




R子には
b0202356_22215217.jpg

といった感じ。

文字の形の関係でGにあたるタイ文字だけは石が入りません。 他はすべて石が入ります。


タイ文字のチャームはずいぶん前に完成してはいたのですが、現在会社のほうではどうやってデイスプレイするか検討中でSheenに並ぶのは来週の月曜からになってしまうかな?と思います。


実はソンクランのお休み中にタイ文字チャームを探しにSheenに来てくださった方がいらしたのですが、その時はこの文字たちが準備中で残念ながらお見せすることができませんでした。 暑い中いらしてくださったのにお役に立てずで申し訳ない思いでした。  ちょっとタイミングがずれていたらお見せできたのに残念です。、、、、もうご帰国なさってしまったのでしょうね120.png

それでは!




by sheenbangkok | 2017-05-18 22:37 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

繋がる4クローバー

一筆書きみたいに一本の線で繋がる4つ葉のクローバーを翡翠で製作するプロジェクトを初めて数カ月がたって、ほぼ完成形が固まりつつあります。

翡翠をカービングするときに最近特に心掛けていることは幸せな気分になれる意味のあるカービングモチーフにするということです。

珍しい、価値がある、という従来の翡翠ジュエリーとは一線を画してファッションアイテムとしても楽しめるスタイリッシュさも持った翡翠ジュエリーをと始めた”アートライン”の翡翠コレクションも15年がたちました。

その間に翡翠の価格は上がり、綺麗な原石が手に入りにくくなり、翡翠の人気が高まり、というようになり綺麗なA翡翠がとても貴重になりました。

そんな希少な翡翠原石を使って時間をかけて彫るなら翡翠にも願いや思いを込められるような意味のあるモチーフを入れ込みたいと最近は考えています。 ”幸福の青い鳥”もそんな願いを込めて愛らしい“ルリビタキ”をモデルにしました。

そして2017年の新年を迎えて是非にと思ってデザインをすすめたのが4つ葉のクローバーです。

最初はブレスレッドの試作を作成してみたのですが、アジャスターの問題などあり先週から更に改造しました。 早くもお客様の反響もいただいて先週からペンダントの試作にも急ぎました。

今朝完成したので着けてみました。
b0202356_18343210.jpg
                                          手持ちの黒の革コードがとてもよくあいます。

この夏はヨーロッパでチョーカーが流行っていますが、リボンなどで短く着けるのも今年風でおしゃれですね。
b0202356_18363754.jpg
リボンは生憎ありませんでしたが短くするとこんなバランスになります。 あまり長いとバランス悪いですね。 短めがすっきり。ゴールドチェーンでももちろんOKです。

159.png(スタッフ)38-41cmくらいのアジャスタブルの短めのコードがあったらいいですね!

106.png(私)そうだね!!そうしましょう。143.png作るの大変だけど。。。。

ということでコードも短めにして作成中です。


さて、翡翠のクローバーのそれぞれの♡はすべて一本の線で繋がっていると言うデザインです。

カーバーも私達も"Infinity Clovers" と呼んでいます。 永遠の4つ葉という意味です。

なんとなく先の見えない世の中になってきていて眉間にしわがますます増えそうなニュースばかりになってきていますのでそんな中でポジテイブな気分にさせてくれるこんなジュエリーは家族で持っていたいと思っています。

弱気になると”もういいやー”と諦めがちになることもこのクローバーをつけていることでもうひと踏ん張り、ふた踏ん張り、、、と頑張れる気分になりたいものです。 

翡翠はそれを実現してくれそうな不思議感をいつも感じますが、なによりも大人のジュエリーとして輝けるように品質の良い透明度が高い原石(もちろん無処理です)を選びましたので小さいながらしっかりと色がのっています。
b0202356_18595159.jpg
       ブレスレッドはアジャスタブルでM(普通サイズ)とL(大きいサイズ)
       を作成予定です。 エンドのチャームも♡です。 ペンダントのベイル         部分はフィレンツェ彫りを施しました。



現在、カーバーは幸せ気分に浸りながら(芸術家は気難しいのですがこのプロジェクトに入ってから彼は御機嫌が続いています。このまま続いてくれー107.png)ひたすらクローバープロジェクトに没頭中です。

それでは!

P.S.こちらの商品はまだSheenでは扱っておりません。 8月中旬にショップチャンネルで“アートライン翡翠コレクション”中の販売が最初になります。


*5月1日の記事で紹介させていただきましたイヤリングはいずれも5月16日時点で在庫がございません103.png。 新たにSheenに5月18日に入荷の予定でございます。 ゴシュナイトにつきましては♡、オーバルに加えてプリンセス、タイパーバゲッドも新たに入ります。

by sheenbangkok | 2017-05-15 19:26 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

そんなにタイが好き?

Sheenのルームフレグランスを変えました。

ずっと長い間、私の好きなシナモンとアップルをブレンドした香りでヨーロッパのお客様からは”美味しそうないい香り””この良い香りはいったい何?”と何度尋ねられたか、、、そんなこともあってずっと変えられずにいました。

ですが、今日からはこの花の香りに変わりました。
b0202356_20460458.jpg
何とも言えない香り。 フルーツが熟したような甘く自然な香り。 タイに初めて来たときに宿泊したホテルのベッドサイドのテーブルに置かれていた"Leelawadee リラワデイー”の香りをかいだ時の感動は今でも忘れられません。 

リラワデイーはタイのプルメリアだそうです。 南国の花です。 

気分を変えてみようとこの香りにしました。 Sheenのお店の中いっぱりに香るこの花の香りをかいでいるとさまざまなことが思い出されてきます。

お店にいらっしゃるお客様や友人からの質問で最も多いのが”10年以上も住んでいてそんなにタイがいいですか?””なんでこんなところに住んでいるんですか?”です。 ある方は”よほど日本が嫌いなんですね”と。

ジュエリーをやってゆくうえでタイに住むのが最も都合がよくアドバンテージが高いと感じたためにバンコクで会社を構えることに決めたのでこちらに来るにあたっては”タイが大好きだから”という気持ちは全くありませんでした。

住んでいらっしゃるみなさんがタイに来てたぶん感じたのは、仕事ぶりは日本人とは全く違うし、注意をすると反省するどころかちょっとふてくされる人も多くて、デパートの定員はやる気ないし面倒くさがるし、、、とついつい日本での日本人と比較してマイナスポイントばかりつけているのではないかと思います。 日本人はきれい好き、日本人は勤勉、やっぱり日本人、、、、みたいな、、

10年以上タイに住んで(日本と行ったり来たりはしていますが)みてタイ人にはタイ人独特のかわいらしさとやさしさがあり、それはタイ人の心の動きが理解できるなったときにはじめてよくわかりました。  タイ人がよく使う言葉で”ラワンラワン!”というのがあります。 ”ラワン”とは直訳すれば”注意する””気を付ける”ということなんですが日本人が”気を付けろー!”というのとは違ってとっても優しいフレーズです。

怒り出そうとする人にも”ラワンラワン”となだめるし、大声で文句を言おうとすると”ラワンラワン”とたしなめられるといったかんじ。 そういえば日本でよく見かける光景、①空港のカウンターで女の子に怒鳴りつけるおじさん ②満員電車にギューギューと無理やり乗ってくる人 ③人前で大声で子供をしかる親、、、こういった光景はタイではめったに見ません。  なんというかみんなやわらかーく人を傷つけづに生きようとしている感じが伝わってきます。 なのでそのなかで自分もラワンラワンに接するようにしてゆくとなんとなく会社のスタッフにやってほしいこと、してほしくないこと、怒っていることなども無理なく伝わるようになってきました。

これはタイの習慣であり日本と比較できるものではありません。 どうちらが良いかという問題ではないのだと思っています。

タイ人は人を傷つけるのが嫌いなのだと思っています。 意地悪な人、サデイステイックな人は日本人よりもずっと少ないのは間違いないと思います。 このやさしさが理解できるようになってからタイに居ることがいやではないと思えるようになりました。 

まあこのやさしさがいろいろと問題も生むんですが。。。それはおいといて、、

そんなこんなで私はタイでの仕事はしやすいと感じていますし生活も悪くないと思っています。 一方自分の生まれ育った日本はやっぱり心地よく家族や友人はかけがえがなく帰る場所だと思っています。

今日はプルメリアの香りに包まれてSheenで過ごしている間にタイに来た頃のことなどを思い出していろいろと考えたというわけです。

ところで私は日本との行き来にANAかタイ航空を利用しています。 どちらも日本へのフライト数が多く直前でも席がとれるので気に入っているのですがフライトアテンダントの方のきびきびとしたサービスや接客態度について日本人は断トツANAに軍配を上げるのではと思っています。 私はタイ航空にも一票。 さっさとサービスを済ませて引っ込んでしまうフライトアテンダントはわずらわしさがなく気楽でさえあると思う時も多いです。 

あるとき離陸直前に急にトイレに行きたくなってしまった時がありました。こんなとき日系の航空会社はマニュアル通りに絶対にダメ。 アメリカ系だったとしたら下手すると引きずり戻されるはめになると思います。

タイ航空のアテンダントの方は”お客様、、、”と言いかけて私が”すぐですからお願い”と言うと、私の表情から察して(笑)行かせてくれました。  人に苦しみを与えたくないタイ人の優しさがでていて臨機応変でいいなあ、、、と感動したできごとでした(笑)(笑)

そういうわけで、タイはタイでの良さがありそれを楽しみながら明日も仕事に頑張ろうと思う日曜の午後でした。

おしまい。




by sheenbangkok | 2017-05-14 22:40 | タイのこと | Trackback | Comments(0)

夏の翡翠

”Ice"と呼ばれている透明な氷質の翡翠のイヤリングが明日から入ります。

b0202356_17240463.jpg
氷質の翡翠はインペリアルから色を抜いたような透明度を持つ翡翠です。

天然のものですから完全な無色というわけではなくほんとうにほのかに色が入ります。

私が着けている翡翠がブルーがかっているのは服の色が映り込んでいるのだと思いますが地色はほとんど無色です。 
b0202356_17280148.jpg
ベージュのトレイの上にのせるとこんなふうに見えます。 耳に当たる部分は氷翡翠の雰囲気を壊さないように無色のサファイアです。

透明なのに翡翠の持つ神秘性が失われていないのが本物の良いところです。

b0202356_17310730.jpg
翡翠はやはりとっても不思議な石です。  光源によって見え方の印象も異なります。

日本は梅雨入り前でまだ夏本番ではありませんが涼しさプラス重みもある”氷翡翠”ならば今からでもOkですよね。 

詳細はこちらです
b0202356_17343240.jpg
さて、もう1点月曜から入るのは

”Imperial Jadeite”のイヤリングです。

欲しいですよねえ~

装飾的なタイプではなくいつでもどこでもポチッとシンプルにできるインペリアルのイヤリングは1ペアは持っていたいものです。

特に今年は深いグリーンがポイントカラーとして流行しているのでまさに旬の色のジュエリーです。 

インペリアルはなかなかペアの色が会わない+お値段高い+人気があってすぐにでてしまう、、、などの理由でSheenでも常に並べておけずにいます。 ちょうどタイミングよく枠があり枠にあうペアが揃い納得していただける価格という条件があったときに製品化します。

今回はとても色が良いインペリアル。

b0202356_17444901.jpg
ぽちっと小ぶりに見えますが非常に存在感があるのがImperial です。

b0202356_17461182.jpg
ブラウンダイヤがキラリとアクセントになっているので翡翠が雫のようにこぼれ落ちる感じでおつけいただけます。

翡翠ですのでインクルージョンはございます。 ですが、イヤリングの場合はそれほど細かいところまでは他人から見えませんので色と透明度がよければ◎かと思います。
b0202356_17515506.jpg



このタイプのシンプルイヤリングはいままでヨーロッパの方がほとんどお客様でした。 驚きですよね。。。。翡翠は神秘的で欲しいけれど色がビビッドすぎてリングではちょっと、、、、でもイヤリングなら顔色をアップしてくれるのでぜひ、、といって探している方は多いです。

詳細はこちらです。 
b0202356_17533983.jpg
今回はこちら一組のみです。  

141.pngえーー?115.pngなんか、、、もったいぶってなーい?

と思われそうですがこちらのブログで紹介するジュエリーは日本からのお問い合わせも多くご覧にならずにご購入を決めてくださる方も多いので”良いもの”だからといって”あまり高額になるもの”は載せないようにしています。

今回はインペリアルで色が揃っていて1ct近い石で、インクルージョンはあるけれども、その分お買い得にして販売するものなので”これは!!”と私が思ったので各1ペアずつのみ紹介させていただきました。


とってもお値段がきになると思います。 下記のとおり

b0202356_17513841.jpg
                 氷翡翠とサファイアのイヤリング 14K   B16,000-







b0202356_18130461.jpg
                    インペリアル翡翠とブラウンダイヤのイヤリング 14K  B28,000-


上記2点は明日からSheenに並びます。 また、上記2点につきましてはFacebookの”Bangkok Sheen"のページでもスタッフのナムタンが紹介しております。 ご興味のある方はそちらもご覧ください。




さて178.png

夏は本当にイヤリングが欲しくなりますよね。

今年はだらーりと長いものがとても流行。 

ショートヘアのワンポイントにながーーいイヤリングは素敵。 ロングの方もアップにしてすっきりと着けるとかっこいいですね。

実は今日つけてきた最近のお気に入りはこちら。
b0202356_18185455.jpg
これくらいの長さなら背の低い私でもOKです。 こちらは私物ですが同じものがSheenにございます。

ゴールデンベビーアコヤとペリドットの組み合わせです。 これでネックレスも無しでOKです。

先日も

b0202356_18204751.jpg

このほかにもぶら下がりタイプはいろいろ入っております。

夏は服装がカジュアルになるぶんイヤリングで締めたい!ですね。

それでは!

P.S. 今回紹介の3点のうちインペリアル翡翠のイヤリングはスクリューやクリップタイプには加工しなおしができませんのでご了承くださいませ。145.png

by sheenbangkok | 2017-05-14 18:38 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

Infinity 4 Colovers 幸せを運ぶ翡翠の四つ葉クローバー

日本の連休中はタイはもちろん平常通りでしたが、このお休みを利用して日本から友人がきていたのでなんとなく私も休みモードに入ってしまい、したがって今週からは連休明けのような気分になっています。
b0202356_22140612.jpg
                (一応テーブルセッテイングはしたものの料理はJimJewレストランからのテイクアウトの
                 イサーン料理-東北タイ料理をならべただけ、、へへ、、105.png105.png105.png

いつもはあまり食べないタイ料理を頂いたりタイのお土産に触れたりする機会があると改めて”タイに滞在している”ということを実感します。

さて、まだ先ですが8月にはショップチャンネルでは”タイデー”というのが企画されていて”アートラインの翡翠コレクション”もエントリーされる予定になっています。 タイで工房を持ち生産し世界に(ちょい大げさ144.png)翡翠コレクションを発信しているアートラインがタイのジュエリーブランドとして参加できるのはとても光栄なことです。

翡翠は素材を選ぶ難しさがあり、似合うデザインを探すむずかしさ、、、、それらをクリアしてさあ価格が予算オーバーでなければいいけれど、、となかなか購入が難しい素材であると作る側からしてもその気持ちが理解できます。  アートラインの翡翠は原石から加工までに一切のごまかしがない無処理を使ったジュエリーであり、それって実はなかなか無いことですので是非多くの本物志向の日本の方につけていただきたいといつも考えています。

そこで来る”タイデー”ではさまざまな方に翡翠を楽しんでいただけるようなアイテムを準備中です。

”幸せになる””幸せがやってくる”期待感を年齢、性別問わずにいつも胸にいだいていられるようなものを良質の翡翠で作成しようと考えてデザインした”4つ葉のクローバー”は以前のブログでもちらとご覧いただきましたが、毎日着けられるブレスレッドに加工することにしました。

四つ葉のクローバー🍀といっても、、、、

うちの専属の熟練翡翠カーバーが彫るのですから、、、

ただの4つ葉ではありません。

”Infinity Clovers"なのです。

最初にカーバーの見本になるために作成したワックスサンプルはこちらです。 柔らかいワックスですが立体構造なので簡単ではありませんでした。
b0202356_22444367.jpg
一筆書きのようにクローバーの葉を全部つなげて立体的にしようと考えてワックスモデルを作成しました。 これは裏面でした。

カーバーが彫った翡翠はこちら。 こちらは表面。

b0202356_22462951.jpg
良質の翡翠をしっかりと磨き上げると自然にこんなつやが出ます。  低品質の翡翠にワックスをかけて表面だけ光らせて良質に見せるような手法とは異なります。  

b0202356_22484051.jpg
3Dの立体構造ですので普通のカーバーにはできません。 こちらは裏面

これをブレスレッドに加工しました。 

腕は動きがありますのでクローバーのどちらの面がでてもよいようにしなければならなかったので彫刻は頭を使います。

アートラインにはインペリアルの大人気翡翠ブレスレッドをはじめいくつかの人気ブレスレッドがあるのですが、このクローバーのブレスレッドは毎日の通勤に、家事に、お仕事に、、、さりげなく着けられるもので耐久性のあるしっかりとしたゴールドチェーンと金具をつけた日常使いできるものにしたいと考えていました。

そこでチェーンはロロチェーン、金具はアートラインのオリジナルの大きなトックルを作成しました。
b0202356_22550287.jpg
”ひゃー、こんな繊細なカービングをブレスレッドにして大丈夫ーーー?”と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

そこは翡翠!

翡翠は割れにくいのです。 翡翠は繊維が絡み合っているような性質をもっているので粘りがあります。 なので昔から割れない宝石として”護身”の石という言い伝えがあるのです。

(もちろん乱暴に扱ったり、踏みつぶしたら割れます。 宝石ですのでくれぐれも大切に!)

翡翠がぶらぶらとしてあちこちにぶつかるようなゆるいブレスレッドではなく割とぴったり目につけていただきたいので長さをS,M,Lと3種類準備する予定です。  S 15cm,M 16cm、L17cmという感じで今のところ考えています。 ゆるく着けるバングルとちがってこちらは手首ぴったり目が着け心地よいです。

大人の女性にぴったりのゴールドの重厚感も感じていただけるように作成していますが、もちろんお嬢様と共有なさっても違和感がないデザインです。

翡翠の四つ葉のクローバーなんてなかなかありません、、、というよりも見たことがありません。

アートラインのオリジナルです。

1本の線で四つ葉をつなげたのは幸せが一時的なものではなく永遠に繋がる幸せという願いを込めています。

翡翠を製作するときにはジュエリーとしての美しさにスタイリッシュさも加えるようにしていますが、なによりも翡翠の持つ神秘性が発揮されるような意味のある形にしたいと心がけています。  そのほうが着けていて気持ちがよいですものね。

さて、そんなこんなでブレスレッドを試作しているうちにペンダントもお揃いで欲しくなりました。

皆さん、どうでしょうか? ペンダントとブレスレッド、、、お揃いにしたい方もいらっしゃるかと思います。

そんなわけでペンダントも作成しようかな、、、、と考え始めています。

それでは!




by sheenbangkok | 2017-05-10 19:36 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

イヤリングはカジュアルウエアを格上げしてくれますね

本日はLabour Dayでバンコクは祝日となっています。 

今年も雨の少ないバンコクは熱さが半端なくて日中は外を歩くのが大変に困難です。  よって外を歩いている人は少なく、でもなぜかショッピングモールやBTSは満員、、、どうやらモールに涼みに出かけている人が多い模様です。

タイ人の方はほとんど外を歩かないのですが日本からいらっしゃる方は歩くことが多いかと思いますので折り畳みの日傘は必携ですよー。 帽子もよいのですが、暑くて汗で髪がぺしゃーっとなってしまいますよね。(それと犬にすごく吠えられます、、なぜかタイの犬はツバの広い帽子を怪しいと思うみたい:)

さて、

こう熱くなると自然に服装もカジュアルになるのですが、そうなると夏のイヤリングの出番が断然多くなります。

イヤリングはカジュアルな装いの格をあげてくれる大事な小道具です。 夏になると特に大きなもの、長いものが欲しくなります。

ジーンズでもサマードレスでもイヤリングで格上げされますのでとても重要。

特に今年はシャランと長いものがいいかんじです。 

今日からSheenにはきらきらと光る夏にぴったりのイヤリングが多数入ります。
*以下の商品はいずれも5月16日の時点で在庫切れとなっております。 再入荷は5月19日となります。 ゴシュナイトにつきましては♡、ラウンドに加えてスクエア、テイパーバゲッドも新たに入ります。
こちらは夏の定番商品です。
b0202356_20483255.jpg

無色のベリルのゴシュナイトです。 

夏になるクオーツ系のクリスタルが多く出てきますがクオーツは柔らかい石なのでカット面がシャープではありません。 なので小さいピースでは光らないので大きくダイナミックなものが素敵です。

また硬度の高い無色系ではホワイトサファイアがあります。 ですが1ctサイズのホワイトサファイアで完全に無色のものはなかなかみつかりません。 どうしても色がはいりますしインクルージョンがあると白っぽくなります。

その点、ゴシュナイトはかなり優秀で氷のような透明な輝きを1ctサイズで実現でき、さらに価格もリーズナブルです。

今年はラウンドブリリアントとハートが並びました。
b0202356_21052156.jpg


透明な輝きなので年間通して定番のゴシュナイトのネックレスと一緒でも決まりすぎになりません。
b0202356_21031596.jpg
同じタイプでブラックパールも入りました。
b0202356_21091887.jpg

b0202356_21084085.jpg
こんなふうにパールを短めにしてチェーンの垂れ下がり部分を多くするのが私は好きです。


ですが、今年はこのタイプの少々長めのイヤリングをワンポイントで着けるのがいい感じでヘビロテになりそうな予感です。
b0202356_21123060.jpg
b0202356_21134512.jpg
こちらはゴールデンベビーアコヤとシトリンです。

これくらいの長さが無難だと思われているのか最も人気があるのですが、今年はもっとずずっと長いインパクトの強いイヤリングも来週あたりから入ってまいります。 うんと長くても素敵ですよ。

フェイスブックのほうでもナムタンが紹介していきますのでそちらもチェックくださいませ。

日本の皆様は引き続き連休を楽しめるんですね、、、うらやましいです。

タイは明日からまた仕事が始まります。

それでは!



by sheenbangkok | 2017-05-01 21:30 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)