昨日の青い翡翠について

*お問い合わせいただき有難うございました。 こちらのリングは石を変えて作成は可能となっておりますが写真の青の入る石の在庫が現在ございません。 Sheenでは同じ枠を使った良質な緑の石を1週間後くらいを目処に準備いたしますのでご興味のある方は是非そちらをご覧いただけたらと思います。 ご要望に沿えなかった方には大変申し訳なく思っています。 今後ともよろしくお願い申し上げます*

b0202356_21221027.jpg

昨日アップした青い翡翠です。


こんなに魅力的に映っている大きなA翡翠(無処理)があれば翡翠好きさんは皆さん欲しくなりますよね。 すみません、今週いっぱいは価格を決めて来週早々にSheenに並べよう!と呑気なことを言っていましたので複数のお客様からお問い合わせをいただいてしまいました。

Sheenにお見えになれない方はこれらの写真がすべてになりますので欠点も含めて取り急ぎ詳細をお知らせいたします。

石は13.35ctあります。

石の大きさは縦が16mm、横が14mmです。


横から見たリングです。 窓の近くの自然光の入ったところで撮っています。 石を入れたリングの高さは8mmです。

b0202356_21282080.jpg


14Kイエローゴールドです。 石が大きくインパクトが強いのでやや優しいイエローの14Kを選びました。リング腕の幅は約2.5mm。 フラットではなく若干の傾斜があり、最終仕上げでサテンのテキスチャーを入れています。

リングの重量は6.3g。 リングサイズは現在 JPN15.5ですがJPN18まではサイズ直し可能で料金は発生しません。 サイズを小さくする方はJPN8まで可能です。


この大きさで目立った白斑や石の中のクラックなどが見当たらない透明な石です。
 

ですが、この石には黒斑が1か所ありそれが気になる方には欠点です。


大きく拡大しましたのでご覧ください。
b0202356_21340019.jpg

プロングの脇です。 セッテイングの際に隠れるかと思いましたがダメでした119.png


光を通してみると石の様子がよくわかります。
b0202356_21355857.jpg

拡大したところです。 窓の近くで光を通しています。

いかがでしょうか?

ころんとして惹かれる石ですね。


肝心な価格ですが、Sheenのリテイル価格はB53,000-にいたしました。 

安くないものなのに価格も伝えずに魅力だけ宣伝してしまって”欲しい!”と言わせて。。。本当にすみませんでした。

こちらの石は1点ですので最初にご連絡いただいた方にご意向をお伺いしてから再度連絡させていただきます。

いつもブログをみていてくださって本当にありがとうございます。

こうして早速の反響をいただくと”ああ、いつも見てくださっている方がいるのだな”という励みになりとてもうれしいです。

さて165.png

昨日予告した通り、私は今翡翠のイヤリングの準備をしています。 Sheenでのみ販売するものでそれぞれ点数がありません。 どれもきれいな石でカービングもありますがスタッドタイプのピタリと耳に着くタイプです。  これから冬になってくるとイヤリングがとっても映える、、、それに水曜日には翡翠のイヤリングをしたいし、、、とイヤリングは何個あっても足りないという方が多く、それなのに
Sheenにはスタッドタイプの翡翠イヤリングがごく少ないのでお待ちにくださっている方もいらっしゃると思います。

ただ、悩ましいのは金具です。 Sheenのお客様のほどんどはピアス穴の開いている方々なのですが、日本の方は開いていない方が若い方でも結構多いのです。 そういえば私の友人もあけてない人が結構いますね。。。。クリップ式にしてしまうと外国人のほとんどの方が”NO!"なのでこれが悩むところです。

困った困った、、、

いずれにしても数日中にUPしますね。

それでは!




# by sheenbangkok | 2017-09-05 22:04 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

惹きつけられる青い翡翠

”青い”というとブルーサファイアの青を想像されるでしょうか?


或いはラベンダー翡翠でブルーの強い青紫を思い浮かべますか?


私が惹きつけられるのは緑の翡翠に青が入りしかも透明で良質な翡翠です。


グレー系の原石の中にブルーが入るようなブルーグレーのものではなく透明な緑の中に水色が入るような青緑色です。



さて、リング用のカボションにカットできそうな良質の原石の一部から偶然に透明な青緑の石が取れました。


13ctもの大振りのルースにカットできたのですでにある座の低いシンプルな枠に偶然にもぴったりと入りましたので早速セットしましたらこんな感じになりました。


b0202356_18111654.jpg

爽やかな緑なのは水色が入っているからです。

蓮の葉の上に朝露が揺れているような印象の石です。

目立ったインクルージョンも無くて若干のちいさな黒い点に気が付くくらいの驚きの透明度です。

b0202356_18163324.jpg
素晴らしくて自分のものにしたくなる衝動を抑えてSheenに並べます。


多くの皆様に見てもらいたくて売れる前にとブログにアップしました。


価格は今日のところは未定。 2-3日内に決定して今週末には並べる予定ですが売れてしまうのが淋しいので今週中はそばに置いておこうと思っています。


翡翠の色はいろいろあり最近は濃い色のインペリアルが日本や台湾のお客様に人気となっていて私も濃いめがもともと好きなのですが、こんなブルー系の爽やかな石があったらそれはそれは惹かれます。

b0202356_18210167.jpg
かなりの大振りですがコロンとした形は年齢を選ばないので指なじみの良い低い座にぴったりです。

余分なものは一切なくしっかりとしたシャンクがサテン仕上げになっているくらいが装飾的なところですが、プロングを大きくしてミラーポリッシュを加えてアクセントをつけています。

翡翠好きな方にはぜひご覧いただきたい石です。

来週からSheenにならびますのでご試着なさりたい方はなるべくお早めにお越しくださいませ。

月曜日のぼやっとしている頭がすーーっとなるようなリングができてきてしゃっきりとした今日でした。

今週は皆様おまちかねのシンプルは翡翠のスタッズが数点出来上がってきますのでアップしますね。

それでは今週も気合入れてがんばりましょー。

109.png

# by sheenbangkok | 2017-09-04 18:38 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

そもそも”ろうかん”とはこんな色を言ったのでは?

翡翠を検索するとたびたび

”ロウカン”という文字を目にします。

”ロウカン”は翡翠の色のことです。

かつての中国でロウカンとはこんな色を指したのだと思います。


b0202356_22260005.jpg
蝋燭の光しかなかった時代の中国の暗い家の中でも鮮やかに見えた翡翠の色は蛍光色のグリーンのような色だったのだと思います。

今では色というよりもむしろ色が濃く質の良いいわゆるImperial Jadeite全般を指していることが多いように感じます。

そもそものロウカンは昔の100円ライターの蛍光色のグリーンのような色だなあ、と私は思っていました。 なので結婚した時に送ってもらったリングも一点の曇りもない透明で鮮やかなロウカン色のカボションがセットされていました。

いまではこの色の翡翠はめったに見ることがなくなりました。 

この色がSheenに並びます。

並ぶ前にブログで翡翠好きさんにお知らせしなければと思い慌ててブログを書いています。

これは必ずすぐにどなたの目にも留まる色です。 とても魅力的で4.35ctもの重さがあります。

4ctUPのロウカンといえばすごい価値があるもの、、、、、なのですが。

b0202356_22382269.jpg
カボションにカットするには薄すぎて、リングにするには長細すぎて、、ということで簡単なカービングをつけたペンダントヘッドになりました。

どの照明下でも同様に非常に鮮やかで透明感のあるロウカンです。

理想に近い色なのでここはホワイトにダイヤのアクセントをつけて小さいながらクオリテイーの良さを感じていただけるようなピースに仕上げています。

品質の良い本筋の石がお好きな方にはおすすめの翡翠です。  もちろん1点のみ。

なかなかない掘り出し物かな?と思います。

もちろん無処理のA翡翠です。

1点だけ欠点をあげるとすると裏面に白い部分があります。
b0202356_22474969.jpg
4ctといっても細長いので小さいという印象ですが、これは大きかったらかえって本物に見えないのではと思うほどの品質です。



手に持ってみます。

b0202356_22495284.jpg
どこで見てもはっとするほどの色です。


詳細はこちらです


b0202356_22510700.jpg
                 (ミスタイプ発覚。。Diamondのnが、、、再発行します、、汗)


あさって30日よりSheenにて販売いたします。

お問い合わせが多くなりそうです。

メイルですぐに対応できないので一応価格をお知らせいたします。


B60,000- です。 チェーンを含みません。


かなーりお薦めの本筋の翡翠カービングペンダントです。
 

良い石は本当に目を覚まさせてくれます。

ちょっと興奮の午後でした。

それでは!


# by sheenbangkok | 2017-08-28 22:58 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

週末は四つ葉のクローバー

日本に滞在中はほとんど毎日”幸福の四つ葉のクローバー”の翡翠のペンダントを着用していました。

b0202356_21535757.jpg
四つ葉のクローバーを見つけたら幸運が訪れる、、すなわち”ラッキー!”というわけなのですが、スタンダードな三枚葉のクローバーの中に四つ葉が発生するのは三枚葉が10,000に対して四つ葉が1、、、、だと言われていますので見つけるのはなかなか大変そうですね。

幸運のシンボルといえば馬蹄やマフアンなどいろいろとありますが、四つ葉のクローバーはほぼ世界共通のGood Luckなのだそうです。

翡翠はそもそも護身の石と言われていますので四つ葉モチーフならばこれ以上の幸福はありません(笑)という思い込み(笑)で最近は胸には四つ葉、指にはヒイラギかハニーカムというのが定番になっています。

b0202356_22023952.jpg
翡翠を身に着けているとなにかしら良いことがあるような気がしているのですが、お客様からもそういった声を聴きます。 おそらく翡翠を着けると気分が上がってすべてが良いことのように、すべてが翡翠のおかげのように思えるのだと思います。

ものごとをポジテイブシンキングできるのは良いことですよね!



さて、明日は待望の日曜日。

日曜日の色は赤。

ルビーの赤。

サンゴの赤。

そして

b0202356_22062316.jpg
紅しょうがの赤144.png

実は、日本滞在時に友人がタコ焼き器持参でやってきてくれてデパ地下のお惣菜をつまみながらカジュアルなたこ焼きパーテイーをしました。 しょうがとお刺身用の大きなタコが入ったたこ焼きはふわふわで忘れられない味になりそうです。
b0202356_22161588.jpg
それでは皆様良い週末を!

# by sheenbangkok | 2017-08-26 22:21 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

日タイ修好130年、タイデーとタイ展

昨晩バンコクに戻ってまいりました。
 
東京に比べて湿気がずっと少ないのでしょうか?バンコクに着くと乾いた空気にほっとしました。

さて、18日のショップチャンネルのタイデー企画、アートラインの翡翠コレクションをご覧くださり、またお買い上げくださり大変にありがとうございました。

178.png

ライブが終わって後日友人が予約していてくれた大手町の”アマン東京”にあるイタリアンレストランでランチをしました。 都会のど真ん中とは思えない緑に囲まれた温室のような雰囲気も食事もとてもよかったです。
b0202356_22122664.jpg

b0202356_22130727.jpg


さて、デザートのプレートが運ばれてくるときお店のスタッフがいきなり、、

お店の方 ”ライブ、おめでとうございます!”

私  ”え??”

運ばれてきたデザートのプレートがこれです

b0202356_22154940.jpg

笑っちゃいました。

友人が仕込んだのでした。

お店の方は何のライブと思ったのでしょうねえ???


さて165.png


今年は日タイ修好130年ということでショップチャンネルのみならず上野の博物館でも特別展を開催していました。
b0202356_21542819.jpg

東京は先週はずっと雨の梅雨のような毎日でしたがこのタイ展を見に行ってまいりました。

b0202356_21525922.jpg

雨の中、予想を超える人で館内はにぎわっていて驚きです。

展示物のほとんどが仏像でしたので静かにそしてありがたく見せていただくという感じでしたので館内は静かな時間が流れていました。

夏休みのせいか小さいお子さんの姿も多く見られたのですが仏像を見物して少々退屈の様子、、、ですがそんななかでもひときわ人気を集めていたコーナーがありました。

それはタイの仏教の定める曜日の色を生年月日から割り出す機械の前と各曜日の仏像を展示してあるコーナーです。

タイ人はほとんどの人が自分の生まれた曜日を知っていてその曜日の色をラッキーカラーとして大切にしています。 また各曜日にはそれぞれ仏陀の異なる姿の仏像が決められています。 

調べてみると私は水曜日で翡翠の緑!!!まあまあ!なんだかとてもラッキーな気がしました。 仏像は托鉢のお坊さんの様な姿でした。

シェフTは赤、ルビーの赤です! これもなんだかぴったり。 シェフTは赤いルビーの品質にはずいぶんとこだわってきましたから。 彼の仏陀も直立で菩提樹の下に立っている姿でした。

昨年に崩御なされたフミポン国王は月曜日生まれで黄色でしたので、月曜日にはタイ人はみなさん黄色い服を着ていましたよね。

各曜日と色はこんなふう

日曜  赤
月曜  黄
火曜  ピンク
水曜  緑
木曜  オレンジ
金曜  青
土曜  紫


自分の生まれた曜日の色のものを身に着けるとラッキーだと言われていますので私はこれから水曜日には翡翠をつけようかな?などと思っています。

さて、みなさんは何色でしょうか?

それでは!



# by sheenbangkok | 2017-08-25 22:20 | ビジネストリップ | Trackback | Comments(0)