アートラインの翡翠がまたTVに?

現地でのサンプル検品が昨日終わって本日は日本への出荷のためのパッキング、輸出手続きなどして1日が終わってしまいました。

アートラインの翡翠が11月の連休時にTVライブで2時間登場します。

072.gif

検品は済んだものの、パッキング直前に最終的に点検をします。072.gif
b0202356_2155663.jpg

”希少性が高くなりすぎた感のあるImperial Jadeiteもなんとか頑張って出すことができます。限定数”


どれをサンプルに出そうか迷いました、、どれも可愛いけど可愛すぎる子はやめておこう。。 少々お地味な子を選びます。。。。限定数
b0202356_21591013.jpg



チェックのはずが見とれているスタッフ。  原石がアタリだったようで輝くばかりの美しさになりました。
b0202356_2222625.jpg

これは極限定数

b0202356_224482.jpg

なんと大きなカボションでしょうか? このバングルは年間を通してがんがんつけても安心のしっかりとした作りです。  5ctある翡翠なのに、しかも無処理なのに、、、カジュアルなお値段での特別品のひとつです。 限定数


022.gifちょっとー!!!どれもこれも限定数じゃありませんか!!!!

というお怒りの声が聞こえてきそうですが、いずれも無処理のA翡翠を使用していますのでザクザクとは御用意できないのです。 

また翡翠の職人は巷に多く居ても弊社の仕事ができるのは専属の優秀なカーバーのみなので製作量が限られて居ります。   大変に辛抱が居る仕事ですので普通は大作を1個仕上げたら数日お休み!とうことになるわけですが、弊社の職人はそういっていられずせっせと彫り続けます。  私達も励ましたり、時には叱ったり、そして助けたり(?)と、いつものことながら職人との難しい関係は続きます。

なかなか神経使う関係ですが、もう10年以上ですのでお互いに歳をとりまして体力も前のように徹夜もへっちゃら!というわけにはいきません。  時間に余裕をもっての仕事にしていますが、これがなかなか、、、

本物の翡翠を扱うということは、良い原石の入手が最初のハードルです。  そしてその石が使い物になるかどうか、職人がカービングをやりこなせるか、さらにゴールドで加工したときの難しさ。 翡翠を傷つけないように、翡翠の良さを生かすように、、そうやって完成した作品はどれも私にとっては離し難い逸品となります。

無処理の天然翡翠ゆえに個々のピースには個性があり二つとして同じものが無いのは魅力です。

この美しい翡翠はいったいいつの時代に生成されてどこに眠っていたのだろうか??と考えるだけでも楽しいですね。 本物を持つということは太古の歴史を肌で感じることができることですものね?

さて、また015.gifウンチクですみません。 力はいりました012.gif012.gif012.gif


そんなこんなで無事に出荷を終えました。 

放送は11月22日22:00PM~、23日17;00~の2時間になります。

な、ん、と、

連休のさなかなんですかー?日本は?

皆様、どちらかへ御旅行でしょうか? おうちにいらっしゃる方は是非ごらんくださいね!

今回は特別に特別なコレクションとなるかも?です。

それでは!

by sheenbangkok | 2014-10-17 21:59 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://sheenjewel.exblog.jp/tb/23582740
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。