YGにするかWGにするかの選択

オーダーメイドにいらして、さあ石は決まった、デザインも決まった、、そして最後にとっても迷われるのがYGにするかWGにするか?ということです。

YGとは14Kや18KのイエローゴールドのYGで、WGはホワイトゴールドを指します。

大抵はお好みがあってYGの好きな方はYGばかり、WG派はつねにWGを選ぶというのが普通なのですが、、、

034.gifちょっと待って!


お肌とゴールドカラーとの相性ばかりに気をとられがちですが石の色、カッテイングなどとの相性も考えたほうがよい場合があります。


こちらは本日これからお客様に納品になるリングです。
b0202356_141959.jpg

15ct以上あるアクアマリンの迫力リングです。

YGにセッテイングした後に、メタルのゴールドや石座の形の反射を受けて色が一段と濃くなりルースのときとは全く違うもののようにアップグレードしました。

実はこの石はルースの段階では色が非常に薄く、そのため深くカットされておりリングに加工するのには形を慎重に決めなければ石が輝かない危険がありました。

バレンタイン前にSheenに並んだアクアマリンのリングを真っ先に御試着なさったお客様は数日後に購入の決心をして戻られたときには既に別の方が購入なさってしまっていました。  以前にブログでも紹介しましたこの5ctUPのアクアマリンリングです。
b0202356_1428099.jpg


お客様はカクテルパーテイーに着用の予定があったのでさあもう大変に大慌てなさいまして同じものをオーダーくださったのですが、1点ものでしたのでご用意が出来ませんでした。    5ct台の石はございませんでしたが15ctの同じ形の石がアベイラブルでしたので大至急でその石で同じデザインのリングを作成することに決定しました、。

さあ、その石がこちらの15ctのアクアマリンですが、ルースのときの柔らかなブルーにピリリと光るものが加わってとても美しいものに仕上がりました。

b0202356_143541.jpg


これは原形製作の成功もありますが、メタルをYGにしたことが大きく関係していると思います。

私はアクアマリンとYGの組み合わせが大好きなのですが、アクアにはWGと決めている方も多いですよね。 こちらのお客様も実はWG派なのですが今回はアクアマリンの色を考慮してYGで作ることに決定しました。

YGで作って正解でした。

b0202356_14473780.jpg


この石が明日のパーテイーで長身の北欧のかたの手元で輝くのが待ち遠しいです。

それでは!

by sheenbangkok | 2015-03-12 14:35 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://sheenjewel.exblog.jp/tb/24234449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。