カラーストーンの時代がやってくる!

b0202356_2054227.jpg

様々な色の石の組み合わせのしかた、置く方向などが微妙に自然にマッチするようにすればマルチカラーの石も違和感無くつけられます。

この写真はヨーロッパの方からのオーダーでブルガリ風のイヤリングを作成したいとのこと。 石の数が多いのと、各色を接近させてその色あわせを楽しみたいという御希望から、石と石の間はジャンプリングで繋がずに、テニスブレスレッドのようにワイヤーを中に通して繋げます。  石の色あわせがとても大切なので、お客様との打ち合わせはかなり濃厚039.gifに行われました。

さて、こちらはやっと原形が終わったところですのでまだ完成はちょっと先です。

先日も紹介したように最近はこんなカラーストーンの御注文が多くなっています。  Sheenは翡翠が主流ですが、そもそもカラーストーン、それも本物の照りの良いものを好んで集めて作品にしていますので、皆様がカラーストーンに再注目し始めたのはちょっと嬉しいです。

このところ、特に日本はダイヤモンドとパールといった色の無いものに人気が集まっていた時代が長く続いていると思います。  どちらも魅力的ですが、特徴があまりなくて個性の出しずらいものではあります。

日本もヨーロッパも春が近くまできているせいもありますが、宝石好きの人たちはとうとう色を楽しむことをはじめたような感じがします。

Sheenで売れ筋は今年に入ってからピンクスピネル、タンザナイト、アクアマリン、といった優しい色のカラーストンジュエリーばかりです。

私もお客様のオーダーにつられて、今年は大振りのアメジストにブラウンダイヤの組み合わさったイヤリングや大振りのゴシュナイト(あ、これは無色でしたが氷のような透明度を持つ唯一のカラーストーンです)を早速作りました。

流行の色を服で取り入れるのも楽しいですが、服は極シンプルに抑えてジュエリーの色でポイントをつける029.gifというのは小柄な日本人にはぴったりなカラーの取り入れ方のように思います。

で、

Sheenに入った新作です
b0202356_21154865.jpg

長いですか? いえ、これくらいないとかえって中途半端になります。 スピネルを中心に、アクセントにトパーズが入っています。


b0202356_21164063.jpg

同時期に入ったちょっと違った組み合わせですが、こちらもスピネルが中心でぺリドットも入ります。


b0202356_211820100.jpg

清涼感のあるグリーンアメジストです。 原石からカッテイングしたので大振りが実現しています。


b0202356_2119853.jpg

こちらは定番商品ですが、今回は初めて14Kで入りました。 素材はエメラルドとダイヤです。
なんで以前は18Kだったのに、14Kに変えたのか???

。。。。。。。。

へへ006.gif、、間違って14Kでキャストしてしまったの、、、、でもお客様、以前よりも少々お値段が下がっております。


さて、翡翠ももちろんカラーストーンですのでお忘れなく! こちらも定番商品です。 春にぴったり!!!
b0202356_21233762.jpg



そしてそして、もちろんカラーストーンの王道といえば
b0202356_21255844.jpg

ルビーです。

ルビーといっても様々な赤、様々な処理、様々な産地、、、、と一般の方には本当に理解しにくいものが多く出回ってしまって本物の綺麗な輝きを探すのが難しい時代になりました。

大人の宝石としては天然のルビーの輝きをお楽しみいただきたいと思っています。  鉛ガラスがん新処理のものを間違って購入なさらないように御注意です!

さてさて、

宝石の美しさは照りとその色にありますね。

今年は是非、似合う色を選ばれて取って置きのジュエリーになさってくださいませ。

それでは!

by sheenbangkok | 2015-03-15 21:13 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://sheenjewel.exblog.jp/tb/24246836
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。