エチオピアオパールを選ぶとき!

Opal,,オパールといえば10月の誕生石です。

御存知かしら?? 私がまだ物心つくか着かないかの頃、洗濯洗剤のコマーシャルでこんなのありました。

”金銀パールプレゼント060.gif!!”というコマーシャルソング。

アタリなら中にパールがはいっていたかどうか?という詳細は記憶にありませんが、その頃から私はなぜかパールという名前はオパールのことかと思い込んでいました。  オパールというのは引き出しの中にごろごろとはいっていた父親の古いタイピンや母の安ぼったいペンダントにセットされていて、子共ながらに”安いもの”という認識がありました。  なので、安い宝石=パール=オパールだと大きな勘違いをしていました。

今わかることですが、当時日本にはいってきていたオパールはオーストラリア産のホワイトオパールでした。

オーストラリアのホワイトオパールは、オパールの特徴であるモザイクのようなPlay Of Colourプレイオブカラが鮮やかに出ているものは少なくて、”ハッ!”と心から感動するような美しいものになかなか出会いませんでした。  あの素晴らしい色合いのブラックオパールの存在を知ったのは随分と大人になってからですので、私の中ではオパールはあまり魅力の無い存在でした。

なので私の誕生石がオパールだと知ったときはがっかり044.gifしたものです。

さて、

そうした気持ちを変えてしまったのが”エチオピアオパール”の出現です。

まあ、なんて綺麗じゃあありませんか。

どれもこれもまるで万華鏡のようなミステリアスで様々な色のモザイクが出ています。

大きな声ではいえませんがオーストラリアオパールよりもずっときれいなものがおおいです

さて、明日から並ぶこちら
b0202356_2133737.jpg

6ctを僅かに下回ってしまった5.9ctですが、見た目はかなりの迫力です。

サイドは繊細な葉のモチーフの中にダイヤがパベセッテイングされています。
b0202356_21351056.jpg


Sheenの照明下での撮影ではプレイオブカラーは十分に表現されておりませんが、それでも様々なモザイクが見て取れます。
b0202356_21355885.jpg
b0202356_2136188.jpg


なかなか迫力の石ですが、リング自体は繊細な作りでエレガントな雰囲気ですので小柄なマダムでもお似合いになるデザインです。

いつものことながら、この石は一つですのでお早めに。  最近、もう売れてしまってからお問い合わせをいただくことが多いので大変に申し訳なく思っています。  でもまあ、こういったものはご縁ですからなくなってしまったからといってがっかりとなさらず、次のものを楽しみにお待ちくださいませ。

さて、Sheenではなくてよそでエチオピアオパールをお選びになる方もいらっしゃると思いますが、そういった方に一つだけ注意点です。

エチオピアオパールはオーストラリア産のようなスモーキーな雰囲気のものは少なくて透明感のあるものが多いです。  透明感があるというのは素的な言葉ですが、プレイオブカラーがみえないような透明なものが多いのです。 そのため、石のデイーラーはエチオピアオパールを黒の布の上に乗せて販売しているような傾向があります。

見栄えが良くブルーがかった魅力的な色が黒背景では出ます006.gif  オパールビーズのネックレスもよくあるのは黒の背景の時には魅力的なレインボーカラーだったのに、黒の背景を外したら色がオレンジになってしまった!!

オレンジのオパールもそれはそれで素的ですが、メキシコオパールと勘違いしそうなタッチになりますので、最初の色に轢かれて購入してさあ、加工という段階で

”あれ?こんな色ではなかったのにどうして?”と首をかしげるお客様が過去にいらっしゃいました。

なので034.gif

オパールを選ばれるときは必ず御自分の肌の上に乗せて色を確認してから選んでくださいね!!!

お肌の上で綺麗に輝けば合格ーー!

それでは!

by sheenbangkok | 2015-03-16 21:28 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://sheenjewel.exblog.jp/tb/24250748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。