"アントレゾ”って? パート2

本日も引き続き猛暑のバンコクです。

Silom通りでの計測は44℃だとか、、、まさか?と思いましたが日傘をさしても地面からの照り返しが暑くて移動も結構大変です。

さて、

そんな暑い日にぴったりのひんやりしたジュエリーが新ブランド”アントレゾ”のラインに含まれております。

ひんやりした素材とは?


無色のベリルです。

ベリルグループは緑のエメラルドを筆頭に薄水色のアクアマリンなどは皆さんが御存知のところですが、無色のベリルのGoshniteゴシュナイトというのはあまり知られていません。

昨年のことですが、、、

ある日のこと、私は氷のようなひんやりとした透明度を持った天然石がないものかと探しておりました。 大人のブランド”アントレゾ”のデビューラインにどうしても透明度を強調した大人のネックレスを入れたかったからです。

ネットで検索してみると私が欲しているシンプルで透明なネックレスがでているではありませんか。 

が、

素材はダイヤモンド。


確かに高品質のダイヤの透明感はすばらしいものがあります。  しかし、大人のジュエリーとしてはチョンボリと米粒のようなダイヤを首に下げたところで宝石の美しさが大人の女性を引き立てるところまではいかないのが事実! かといって富豪でもなければ大きなダイヤをボンボンとつけるわけにはいきませんよね。

それで、ダイヤに負けない透明度を持つ天然石に拘って探していたのです。  

”え??あるじゃない!ホワイトトパーズが!ホワイトサファイアが!クオーツが!”という声が聞こえてきそうです。

皆様、これらは全てダメなのです。

クオーツやホワイトトパーズは硬度のせいもあるのですが、どんなにカットを施しても”トロン”とした印象は消すことができませんし、ホワイトサファイアは透明ではなくてホワイトなんです。 

無色の輝きがでる天然石はダイヤモンドとゴシュナイトをおいて他にはない!のですって。。

ある日、バンコクではちょっと有名でブランドの高級石のカッテイングのみを請け負っているレバノン人の熟練ストーンカッターの御意見を伺う機会があり、その彼から教えていただいたのです。

”ゴシュナイトしかないよ!”

”類稀なる透明感、シャープなカット面、ダイヤモンドタッチはゴシュナイトしかないよ!”

さすが、カッテイングの神様!

さあ、それから原石探しが始まりついには高品質で氷のような透明度をもつゴシュナイトの原石を確保するに至りました。  これはバンコクに住んでいるからこそできるメリットです。

そしてもちろん原石をカットするカッテイングもポリッシュが上手な一流どころにお願いいたしました。

カッテイングは透明な石を最も美しく見せてくれるラウンドブリリアント、プリンセス、テイパーバゲット、ハートの4通りを試作してそしてとうとう出来上がりました。

しかし、、、原石からジュエリーを作るのは翡翠だけかと思っていましたが、まったく私達の拘りを通そうとしたため結局”アントレゾ”のラインも原石から手をつけるということになってしまい長い長い道のりでした039.gif

はあ、、、042.gifため息。

さてさて、どんなジュエリーになるのでしょうか?

以前にもブログで紹介したことがあるじつはこの石が試作品なのでした。
b0202356_21314377.jpg

これはプリンセスカット。 1ctサイズの大きさですので迫力あります。
b0202356_21332419.jpg


肌に直接触れるデザインなのでなるべく石を浅くカットしていただきました。

石座をつけると折角の透明感が邪魔されるので石に直接極小のドリルホールを開けるという方法をとりました。

ネックレスに置いてみますとこんな感じ
b0202356_2136829.jpg


合計3ct近くの氷の輝きは貫禄の大人のジュエリーにはパーフェクトな素材ベリルで完成することになりました。

完成品は”アントレゾ”デビューショーで4月17日朝の8時から1時間のみの枠内で特別に販売いたします。詳細はショップチャンネルさんのHPで御確認くださいませ。

”ねえねえ、、、ハートはどうしたの?”というお声が聞こえてきそうでが、ハートはネックレスと是非マッチングでつけていただきたいイヤリングにしました。  大きい輝きはダイヤではなかなか作成できない大人可愛いベリルのハートです。  透明だからこそ大きなハートもそてもシックに輝きます。
b0202356_2152126.jpg


いずれも今回のデビューショーのために特別に用意しましたものですが、すでに私の分は確保しないと!と押さえたほどのお気に入りです。  本物が似合う大人の女性の日常ジュエリーに是非おすすめです。

完全オリジナルですので、よそでは決して探せないものだと思いますので、気になる方はお早めにマークしてくださいませ。

それでは!

by sheenbangkok | 2015-04-07 21:21 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://sheenjewel.exblog.jp/tb/24335224
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。