Neroliの香り

日本に出張中の仕事の合間に行った神楽坂!

地下鉄東西線は頻繁に使うのですが、神楽坂はながらく素通りしていました。

なぜかしら、この坂の街はヨーロッパ人がオーナーのお店が多いんですね? スパニッシュバルやワインバー、有名なガレットのお店など人気店はいずれも覗くとオーナーらしき貫禄のファランがでてきます。

私達が行ったのは最近オープンしたワインバー
b0202356_22544321.jpg


1Fがカウンター、2Fには4人がけのテーブルが7-8セット、落ち着ける雰囲気の中に配置されています。

休日の軽いランチにと伺ったのですが、お店に入ってびっくり005.gif、、、

どちらのテーブルにもワインのボトルが2-3本置かれています。 

驚いてお店の方に伺って納得、こちらのお店はワインを卸す会社の経営であり、そのプロモーションのためにランチを販売してワインを試飲してもらい販売に繋げる!というような試みをしている最中でした。

そんなわけで私達もワインの好みなどを聞かれてしばし待つと料理よりも先に赤と白のボトルが運ばれてきました。  丁寧に御説明いただいていただいたワインは格別!

こんなにいいの?!と思ってしまうほどいろいろと出してくださって恐縮しつつもイイ気分になってしまいました。

なかでも、私のような安ワイン専門の人間でさえも”感動するほど美味しかった白ワイン”がこちらです。

b0202356_1434771.jpg


美味しい!というよりも香りと口の中に残る味がまるで野の花の花びらみたい!ってあまりにも頭の悪そうな説明で本当にすみません。  なんと形容したらよいかわかりませんが、とにかく口の中がいつまでも花畑のような幸せをはこんでくれる白ワインでした。

あの有名なロスチャイルド家の畑でつくられたワインだそうですが、これほどの美味しさにも係わらず超有名にはなっていないのだそうです。

こちらのお店でオーダーすると市販価格の3分の1というスーパーびっくり価格で購入できますという027.gif甘いお言葉に誘われて購入しそうになったのですが、一箱12本セットの特別価格だそうで1本あたりの価格は6,000-なり。

057.gif

バンコクに持ってゆくことは出来ず断念しました。

こんなのがぽーん!と買える人が羨ましいですわー。。。。

え?送ればよいですって??とんでもない!タイは酒税がとっても高いのでそんなことはできないのです。

さて、あまりにもそのワインの香りが感動的で忘れることができなかったのですが、偶然にも新宿伊勢丹にお邪魔したときに試した香水が、な、な、なんと

あのワインの香りに似ている!

偶然ですが、

b0202356_1416326.jpg

Neroli という香水です。

ネロリとはビターオレンジの花から取ったオイルを指すそうですが、その香りはまさに野の花が咲く花畑に居るような優しい気分になるものです。 

これから湿気がますます多くなるバンコク用にと爽やかなシトラス系の香りを探していたのですが、結局はあのワインの香りにひっぱられてNeroliが我が家にやってくることになりました。

時間が経っても香りが変わらなくて気に入っています。

これでゲリラ雨がつづくバンコクの雨季も花畑気分で過ごせそうです。

因みに、こちらの香水のブランドはアニックゴタールというもので、創業者のアニックゴタールさんのお名前がそのままブランド名になっているのだそうです。
b0202356_14293792.jpg


それでは!

by sheenbangkok | 2015-04-28 22:56 | ビジネストリップ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://sheenjewel.exblog.jp/tb/24416373
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。