類稀な透明度

Silom Villageにいらしたことのある方は記憶にあるかもしれませんが、中庭をずずっと入ってゆくと小さな池があります。 

その池には亀の家族(?)が住んでいて時々池から頭をだしている姿が見られます。 

散歩に出かけるときは池を囲っている石垣をよじ登らなくてはならなくて、大きな亀でもかなり苦戦している姿が可愛らしいです。

大雨が降ると石垣を越えて小さな池の水が溢れて池と外の地面との境目がなくなります。

そうすると亀たちは大はしゃぎで池の外に軽々と泳ぎ出てしまいますが、遠征しすぎてあるときはSheenの前の通路にまでよちよちと這ってきたこともあります。  初めて観たときはホントおどろきましたよー。 悠然と歩いていて人を恐れる気配も全くありません。

それでもちゃんと池の場所を覚えていて帰り着くのですからほんとエライよね043.gif

さて、今朝のこと056.gif

Silom Villageの化粧室(トイレですけどね、、)に行こうとしてその脇にある小さな水屋に目をやると、なんとなんとそこにちいさーなベビちゃん亀がぽつんと縁石に立っていました。  

どうやって池からでてきたのでしょうね039.gifと考えているとぬーーーっと水の中から大きな亀が頭をだしてどうやらママ亀のようです。

ママ亀はベビちゃんをしっかりとマークしていていたんですね。

ベビちゃんが安全でいられるように親の目でしっかりと見守っているのだなあ、、、と感心。

その親子(勝手にきめてます)の姿はとっても可愛らしくて心が癒されるひと時でした。

Silom Villageにいらっしゃった際には是非是非、池の亀親子の姿を拝んでいらしてくださいね。 

だって、それからというもの今日の私は良い事だらけ。 もちろんちっちゃなちっちゃな良い事ですが、そういったことの積み重ねが”良い気分!”にさせてくれますものねえ。。。

皆様もよいことがあるかもよ072.gif

さて、

そんな気分のよい日なので、この勢いでとっておきのものをご紹介します。

さてさて皆様、

私の最近のお気に入りにしているペンダントはこちらです。
b0202356_22125691.jpg


イエローゴールドベースにブラウンダイヤがあしらわれているのですが、センターストーンの石留めにミルグレインを施すなどかなり凝った細工で仕上げています。

なのでセンターストーンはそのデザインの邪魔をせずにシンプルで、、、、かといってセンターですので、センターに相応しいキャラクターの持ち主でなくてはならないので拘りの石がセットされております。

b0202356_22181528.jpg


モチーフのイメージは中世の王冠です(なんと、、、)

b0202356_22411718.jpg

石座のあたりにそれを感じていただけると思います。

さて、肝心のセンターストーンですが、、

039.gif


実はこの石は翡翠です。

もちろん無処理のA翡翠です。

翡翠と言えば繊維状のインクルージョンで詰まった印象がありますが、この石はインクルージョンが極めて少なくて透けてみえるような透明度を持っています。

なので、”氷質翡翠”などと呼ばれています。

JellyとかIceとかGlassとかいろいろな呼び方はさまざま、その透明度の程度も様々でなのですが”氷質翡翠”というのはわかり易いような気がします。

基本は無色ですが無処理ゆえにかすかに色がでております。

これが翡翠だなんて少々驚きますよね。

正直言って、10年前までは”氷質翡翠”が特に賞賛されたわけではないのですが、もうこの世界的な翡翠ブームで一気に格上げされてレアーアイテムに押し上げられた感じがします。

実際に、この水を含んだような透明な翡翠はもう中国系の方が大好きなアイテムになり市場から姿を消しました。

それなのに、それなのに

アートラインでは今まで一度もこの”氷質翡翠”を商品化したことはありませんでした。

アートラインの原石倉庫のなかでこの石を見つけたのは最近でして、長い間眠っていたのでした。

ですので、本当に皆様ラッキーなことに時代を超えた価格で(ってどんな価格?、、、)提供させていただくことが可能です。


この透明感は翡翠といわなければ誰もわからないと思いますが、

やっぱり!というか、、、

翡翠独特の”静かな力”を感じることができます。

本物の持つ力ですね。

またイエローゴールドと馴染む色なのでゴールドジュエリーとして重ね付けも素的。

それならばマッチングのリングも作らなきゃ!ということでリングも作成しております。

こちらもとっても気に入って既に着用しています。

b0202356_2258342.jpg

王冠からイメージした様子がご覧いただけると思います。 プロングのミルグレインも石留めをした後に丁寧にほどこしていますので1点仕上げるのにかなりの時間を要します。

まさに熟練工の仕事です。

繊細でいて大人の貫禄も併せ持っている本格的なジュエリーです。

こちらはアートラインの新作です。

数に限りがございまして7月末にの特別な日のみにお買い求めいただけます。

そのために日々少しづつ準備をすすめております。

その情報はまた後日に!

それでは!

by sheenbangkok | 2015-07-01 22:06 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://sheenjewel.exblog.jp/tb/24646430
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。