黄金比のイヤリング

ギリシャの時代から最も美しいバランスといわれた比率1: 1.618を黄金比と呼んで様々なデザインに使われているのですが、アートラインのラインで”黄金比のリング”とネーミングしたイヤリングがあります。

バランスが良くてどんな形の顔にもしっくりと収まる形なのでそう名付けました。

アートラインをご愛用くださっている方は持っていらっしゃる方も多いかと思いますが、すでに完売していてSheenでは長らく販売がありませんでした。

どうしても!というリクエストを頂いて原石を(斑のない大きなものから切るので選ぶのが非常に難しいのです)選んで若干数だけ作りました。

今朝からバンコクのお店に並びます。


b0202356_10315849.jpg
これは金具を留める前のイヤリング(ピアスタイプ)を横から見ました。

b0202356_10334857.jpg
正面から見るとコロンとしています。 色が良く乗っている翡翠です。 明るさもあります。

着けてみますとこうなります。 


b0202356_10351045.jpg
外に出ると明るく輝く翡翠です。




日本人のお客様はクリップタイプを好む方が多いので、Sheenには珍しいクリップタイプも1ペアだけ作りました。 日本人以外のかたではクリップは好まれないので1ペアのみですが、透明度の高いきれいなところがとれました。

b0202356_10392996.jpg
吸盤付きのシリコンをつけたので耳に優しいタッチですが、落ちません117.png

光をあてると透明な氷質で石の良さがわかります。

b0202356_10413716.jpg
コロンとして適度な大きさもありますが、”黄金比”と名付けたくらいですのでバランスが良くてつけやすいです。


インペリアルほどの明るさはないのですが、その分を大きさと形でカバーしているので存在感がありヨーロッパの方の大柄な体にも、アジアの華奢な体にも違和感なく収まるのは黄金比のなせる業なのでしょうか、、、 
b0202356_10513584.jpg
翡翠初心者の方にはとくにおすすめなのでぜひ試してみてください。

黄金比のイヤリングは若干数だけ本日から販売します。

それでは!

*こちらで紹介したイヤリングはピアスタイプ、イヤリングタイプともに現在は売り切れとなっております。 ピアスタイプのみ2月上旬に入荷予定ですのでおたずねいただけると幸いです。


by sheenbangkok | 2018-01-19 10:53 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://sheenjewel.exblog.jp/tb/28015815
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。