人気ブログランキング |

アントレゾ冬のコレクション 2019 放送のお知らせ

アントレゾの冬のコレクションがショップチャンネルで放送になります。 下記の通りです。

9月24日2時AM-

23日の深夜から日付が変わった24日の午前2時から1時間の放送です。

限定品も多く、23日のジュエリーデー24hrsだけは特別価格で販売いたしますのでこの機会を是非お澪逃しなく!

b0202356_20071225.jpg
b0202356_20062916.jpg
b0202356_20042775.jpg
b0202356_20055066.jpg
b0202356_20083995.jpg
他にも大人気のモルガナイトや、キャツアイのピンキーリングも数限定で登場します。


非加熱スターサファイアヤ1ctやナワラトナのオリジナルはかなり頑張った価格で準備したものなので相当にお得な価格になっていると思います。 日付が25日になると元の価格に戻りますのでご注意くださいませ。


それでは!

# by sheenbangkok | 2019-09-20 00:00 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

久しぶりのペニンシュラホテル 

日曜日の夕方、自宅のベランダに顔を向けるとすぐそばに見えながら随分とご無沙汰している
The Penninsula Bangkok、ペニンシュラホテルに行こうということになりました。

チャオプラヤ川のシャングリラホテルの脇にあるペニンシュラホテルの船の乗船者専用のラウンジまで車で行って、そこから船で川を渡ってホテルに向かうのが最も気分が盛り上がる行き方だと私はおもっているのですが、ペニンシュラのラウンジのあるビルが全面改装中なのです。

そこで仕方なく車でタクシン橋を渡りアイコンサイアムのパーキング渋滞に巻き込まれながらペニンシュラホテルにたどり着きました。

b0202356_22102782.jpg
香港の100万ドルの夜景には派手さにおいては足元にも及びませんが、新しい高層ビルのバンコクの光と、古い建物とのコントラストがアジアっぽくて日が落ちると川沿いはなかなか良い雰囲気になります。

特にペニンシュラはホテルの雰囲気、設計、調度品、スタッフ、、どれをとってもやっぱりハナマル💮でした。  久々に来て再確認。

b0202356_22163695.jpg
細く長く川に向かって伸びているプールのサイドチェアに座っているだけでも良い気分です。 川からの風が心地よくて涼しいので良い気分。

b0202356_22193420.jpg

b0202356_22204878.jpg
b0202356_22212351.jpg
さて、

なにしに行ったかというと。。


これを買いに行きました。
b0202356_22232916.jpg
これはXO醤です。

有名なペニンシュラホテルのXO醤ですが、パラゴンなどのホテル直営カフェやショップでは売っていません。 というのはこのXO醤はホテル内のカントニーズレストランである有名な(美味しーーーいです)Mei Jiangで瓶詰めされて販売しているのです。

ショップでお願いすると20分ほど待ちますが、フレッシュなXO醤をMei Jiangで瓶詰めしてくれて封印したものを準備してくれます。 賞味期限は買った日から1か月半。

お料理に使う、、、というよりはアツアツご飯にのせたり、かに玉の餡に混ぜたり、麺に混ぜたり、、とシンプルに頂いた方が美味しいように思います。 ホタテやエビの入る高級ラー油というかんじでしょうか?

b0202356_22371642.jpg
結構なお値段がするので自宅用には勿体なくてなかなか買えなくて久々の購入です。 要冷蔵なのと賞味期限が気になるところですが、他では買えないスペシャル感があるのでお土産にしたら喜ばれるかも、、、と思います。

178.png
ペニンシュラホテルはやはりいつ行っても素敵な空間でした。

ちょっとオシャレして出かけたい雰囲気のホテルです。 ジュエリーは夜だったのでこれを着けて行きました。

b0202356_22455979.jpg
アクアマリンの大きさに目を奪われますが、フローレンススタイルの2カラーの繊細な細工が重厚なので落ち着いたホテルの雰囲気にはぴったりです。  こんな時にこそ着けたいハイエンドなペンダントです。

着用写真、、、ありません、、すみません、撮り忘れ。

b0202356_22482967.jpg
ショップチャンネルの番組ガイド9月号にも掲載されております。


ホテルにはおしゃれをして出かけて正解、とつくづく思った日でした。

それでは!


 

# by sheenbangkok | 2019-09-16 22:51 | タイのこと | Trackback | Comments(0)

タイでもアントレゾ

Sheen by Artlineの翡翠の3日間のライブもなんとかかんとか終わりました。

b0202356_22145446.jpg
ライブ2日目は美人のキャストさんになりました。 この方は風邪で咳と鼻水がひどくてとても辛そうな様子だったのですがプロ根性たくましく最後まで大きな声で立派にやり遂げました。

ずっとそばにいたナムタンに風邪がうつらないか心配していましたが、彼女はなんともなく、なんと私がいただいてしまいました。 数日は絶不調でしたがやっとだるさが無くなったかと思ったら今は咳に悩まされています。

帰国までに絶対に治さないといけませんね。 なんとかしなければ。。。。

さて、帰国を前に日本に持って帰るジュエリーなどを選びはじめていますが、やはり今回はアントレゾの新作だなあ、と思います。

実は私はさっそくお気に入りを着用しています。

b0202356_22233147.jpg
秋冬向けのコレクションですが、アクアマリンが入っているのでこうしてペンダントにすると常夏のバンコクでもOKな感じです。 ボリューム感があるので装いが引き締まります。
b0202356_22344814.jpg
日本に帰るときはこんなふうにブローチとして着用の予定です。

b0202356_22264755.jpg
昨年のコレクションのヘソナイトガーネットのブローチもあるのですが、今回は初秋で残暑もあるでしょうから薄い紺ブレをもっていきますのでオリーブモチーフのこのブローチがぴったりです。  今年流行りのベージュ系の装いにも素敵な差し色になるとおもいます。

b0202356_22293218.jpg
それと、カジュアルシーンにはもう欠かせなくなっているSARAシリーズのあれとこれも必ず持ってゆきます。 今シーズンはいよいよリングが加わりました。

b0202356_22323824.jpg
b0202356_22333443.jpg
b0202356_22365939.jpg
この3つはバンコクでの週末に毎週のように着けています。  特に、旅行には最適な形だと思っています。

ほどよいボリューム感があるのでしわしわで手入れが行き届いていない指にもマッチしてくれるリングは特に最近のお気に入り。 出っ張り感が無く、ものにぶつけても割れる心配がなく、存在感があるので紛失することも無く旅の三種の神器のようなものがこのSaraのバングル、イヤリング、リングになっているこの頃です。 仕事で飛行機に乗るとき、友人たちと海でバーベキューの時、日帰り旅行の時などなど、昼の装いには高価な石やぴかぴかと光る石が入ったリングよりも気兼ねなく着けられて、場違いな浮いた印象になることが決してないのでいつでもどこでも安心して着けて出かけられます。また、シャンパンカラーのダイヤの控えめな輝きが高級感をも添えてくれています。

日本の方には大変に評判がよく、今回のアントレゾのコレクションでも再販予定となっています。

最近私がバンコクのショールームでいつも着けているのを見て、タイのジュエリーバイヤーさんも気に入ってくださって11月にはタイのショップチャンネルでもアントレゾから販売することになりました。 こちらはまた後日告知させていただきますが、タイでのアントレゾのデビューとなるわけですが、ジュエリーのラインアップは日本とはかなり異なりながらSARAの3点だけはこちらでも販売することになっています。


そんなこんなでもちろん今回の帰国もこの3点は着けて帰ります。(イヤリングだけは落とすので機内では絶対に着けませんが。。)

ちなみに、リングは太さとボリューム感があり着脱時に指にくっつくような感じになりますのでサイズを選ばれるときは必ず大きめをお選びください。

それでは!


# by sheenbangkok | 2019-09-12 23:04 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

非加熱ブルーサファイアのジュエリー

あさっては9月13日で中秋の名月?ですよね。

この時期になるとなんとなくジュエリーも秋冬向けを着けたくなるのは、バンコクの太陽の光の色が秋色にかわってくるせいなのかなあと思います。

今年は非加熱のサファイアをジュエリーに使いました。

非加熱でも1ct以上あります。

更に、スターも出ます。

色はごく薄いブルーですが、GITの鑑別では ”ナチュラルブルースターサファイア”と出たのでブルースターと呼びたいと思います。

形はオーバルなのですが、どうしても大きさを生かしたくてリカットしてラウンドにせずに原石からあまり手を加えずにジュエリーにしました。
b0202356_21433456.jpg
秋の月は色濃く輝かせたいのでボリュームのある濃い黄色の月を18Kで作成しました。 そこに寄り添うように輝いているのが非加熱のブルースターファイアです。

非加熱の1ctUPのスターサファイアは希少な宝石なので相当な金額になるのが普通ですが、いつものシェフTの魔法のポケットからでてきたものなので好きなようにさせていただきました129.png

纏まった数がありましたが、スターがでるものだけを選んでいます。 スターは絵にかいたようなくっきりとした形の星でなくスターサファイアの性質上石の奥からふわっと現れる白い星でよく見ると6本の筋が見えます。 ペンライトなどのピンポイントの光を当てるとより分かりやすいのですが、そうでなくてもふとした時に石に光があたってキラリと星が見えたりするのが魅力的だなと思います。

b0202356_22094553.jpg
携帯のカメラで上手く撮ろうと試みましたがなかなか難しく、雰囲気だけをご覧ください。

月や星をモチーフに使った甘口のジュエリーはヨーロッパの名だたるジュエラーでも定番的に作っていますが、それは歳を重ねてちょっと怖いお顔になってる白人のマダムには可愛らしさが加わってとてもお似合いなのです。 ところが40を過ぎた大人の日本人にはラブリーすぎる印象になってしまうのはなぜなのでしょうね?  ”アントレゾ”のジュエリーは大人の女性が”若作りのかわいらしさ”ではない”大人だからこそ着けこなせる可愛らしさ”が感じられるジュエリーになるように目指しています。

この月とスターサファイアのペンダントはまさにそんなジュエリーかなと思います。

通常、1ctUPのスターサファイアは1点1点販売するようなものなのですが、数限定でアントレゾの秋冬のコレクションの中に入れましたので9月24日ショップチャンネルのジュエリーデー午前2時からの放送でのみ販売いたします。。

ジュエリーショップでもなかなか目にすることのない石かと思いますので、宝石がお好きな方にはお薦めできるものです。

夜中の放送なのでご覧になる方は少ないと思いますが、もしこのサファイアにご興味がありましたら24日に日にちが変わった午前0時からスペシャルプライㇲになるようなのでそのタイミングをお見逃しなく。

バンコクのSheenでは販売の予定は今のところございませんのでお店には並んでおりません。

それでは!

# by sheenbangkok | 2019-09-11 22:35 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

ライブの帰り

昨日は弊社のナムタンがライブ出演しました。


b0202356_22200286.jpg
ライブ前のスタジオ内ですが、中央のターブルはまだライブ中、向かって左はモデルがポーズをとる場所、向かって右手には次のライブのキャストのホワイトさんとナムタンがスタンバイしています。

ナムタンはもう何度もライブに出演してSheen by Artlineブランドの翡翠を売っていますが、私が念入りに準備した商品説明の原稿をほとんど読んでくれていないのが悩みの種。  なので説明が重要な高額品などは詳細な説明がもうちょっと欲しいところですが、お店のセールススタッフですのでそこまで要求するのは無理ですよね。 でも爽やかな笑顔でいつも頑張ってくれていますのでとても感謝しています。

b0202356_22265291.jpg
ライブ前の二人。 シックな衣装と背景や小道具の白がやけに地味色マッチな印象を与えるテーブルになっていると思いませんか? ここに差し色の緑の翡翠が入れば華やかになるのかな?と小さな期待をしていましたが、やっぱり御地味なままでした。 男性キャストの時の相手の衣装は要注意ですね。 明日土曜日も夜の9時からのライブがまたありますので衣装は2種類持って行こうかと思います。

明日土曜日は21時より1時間ライブがございます。 タイに在住の方はTrue Vision チャンネル52でご覧になれますのでお時間ある方は是非ご覧ください。  タイ語の放送で、商品もタイ向けになっていますが、数が少ないゆえに日本では販売できない逸品などもあり、かなりお買い得なラインアップになっています。 お電話で注文できるようですのでご興味のある方は是非ご覧になってください。 出演は弊社のナムタンです。

ところで、

昨日はタクシーでスタジオに行ったため帰りはまたタクシーを拾わなければなりませんでした。

ライブが終わってスタジオを出るとなんと外は大雨、時刻は午後の4時30分、、そろそろ渋滞も始まる時間帯でした。  

そうだ! 最近ダウンロードしたアプリを使ってみよう!! ということでGrabで車を呼んでみました。

ショップチェンネルタイはサハグループの広大な敷地の中にあり、倉庫や工事中の場所などがごちゃっとしている迷路のようなところにあるため流しのタクシーなどは入って来ないところです。 なのでGrabのようなシステムがとても助かります。

私の呼んだ車は11分で来るとのメッセージが提示されましたが、地図上に現れた車のマークが上に行ったり、戻ったりあちこち迷っている様子が見て取れました。 相当迷って20分ほどでなんとか来てくれましたが、日本のハイヤーと違って迎車料金が発生しないのは素晴らしいですよね。

大雨、渋滞の中、30分もかけてSilom Villageの前まで送ってくれましたが、料金はたったの124バーツ。 タクシーを拾うよりもずっと良いですね。 

それから数時間後にはE-mailにGrabから領収書が送られてきました。
 
b0202356_22584491.png
車移動が多いので滅多にタクシーには乗らないし、車が無いときはBTSで移動するようにしていたのですが、このシステムなら安心なのでこれからもどんどんと利用できそうです。 

バンコク滞在はさまざまに急速に便利になるのをまたまた実感しました。

それでは!


(おまけ) ショップチャンネルタイの玄関で新社長の写真の前でポーズをとるナムタン。やっぱり衣装はちょっと地味だったわね。。
b0202356_23105469.jpg







# by sheenbangkok | 2019-09-06 23:12 | タイのこと | Trackback | Comments(0)