人気ブログランキング |

カテゴリ:その他( 93 )

バンコクで令和を迎える

令和になって最初にしたことは


会社用に使っている大きくて丈夫なお財布を買い替えるということでした。
b0202356_20532976.jpg
1日に何度も出し入れするので相当にくたびれていた会社用財布を買い替えようと思いながら引き伸ばしにしてきたのですが、年号がかわるという節目の一番最初に新しいものに買い替えました。

今度は茶色。 今までは水色を使っていましたが、どうやら水色って”お金が水に流れていってしまう”と言われているようなんです。 あーららら、どうりで出費が多いわけよね105.png  というわけで今回は茶色を選びました。

そして新年号に相応しい仕事もちょっとしました。

なにか新しい年号に相応しい”幸福感”のあるものを翡翠で彫りたいと思っていて、象はとうかと考えていました。 さすがに万葉集には象は謳われていないようですが、日本に象が生息していなかったにもかかわらず日本書紀には象の記述があるのだとか。 タイでは古くから象は幸せを運んでくる動物として大切にされてきています。 象の鼻が長いので様々なものをつかみ取ることができるという意味もあるようで、タイでは象の置物やぬいぐるみを多く見かけます。 幸せを沢山掴んでくれるという期待感を込めて象をちょっと大ぶりのジュエリーにしてみたいと思いました。

ですが、大きな翡翠の象のカービングが胸元にぶら下がるのって、、、欲しいかと聞かれたら考えてしまう。  そこで象でありながら透かし彫りのデザインでデフォルメして大人の女性がお洒落に着けられる象を目指してワックスサンプルを作ってみました。

b0202356_21061727.jpg
子供の象の形をしながらもアラベスク模様が全体を飾ります。 そして鼻はくるりと何かを掴んでいる感じにしました。

さて、昔からの翡翠カービングには無いこのような透かし彫りのモチーフを彫るのは実はとても難しいのです。 透かした部分の処理や磨きも相当に大変になるであろうと思われたのですがシャープなラインをこのように作るのは翡翠では難問です。 腕の悪い職人が彫るとどろどろと溶けたようなタッチのカービングが出来上がってしまいがちです。  腕の良いうちの親方も最初の1pcには随分と時間を費やして苦労していました。

そして年号が令和に変わる前日にやっとサンプルが彫りあがりました。
b0202356_21112807.jpg
きちんとワックスサンプル通りに仕上げることができました。 さすがです。  

大人の着ける翡翠ペンダントに仕上げて行こうと思っています。

ところでボールのようなものが見えますが、実はこれは試験的に作ってみたイヤリングの珠です。

これは10mmのボール状で、パールのイヤリングのようにシンプルに装うものです。 翡翠でシンプルなボールを作るのって意外とハードル高いのです。 無処理で斑のすくないところを使わなくてはならないし、色が綺麗な原石でも透明度が高いと小さく削ると色が薄くてパンチのないものになってしまう。 かといってインペリアルのような明るい色でボールをつくるなんて気の遠くなるような高額になりますし、3Dにカットできるような大きな原石は滅多にありません。

これが無処理翡翠を扱ううえで大変なところです。  質が良く、小さく切っても色が薄くならない無処理の原石を探さなくてはならないというわけ。

今回、たまたまなのですが、ボールに切ってもよさそうな原石をストックから見つけたので実験的に作ってみました。

まだまだ商品化は決まっていませんが、作っていってみようかと思っています。

シンプルな翡翠のボール状のイヤリングは以前からお問い合わせやご要望を頂いていながら、前述のような理由で一度も作らなかったアイテムです。  大きさも7mmくらいの小さなものにしようかと最初のワックスサンプルを作ってみましたが、翡翠の存在感とバランスの良さをみていったところ結局9-10mmになりました。

まだまだどうなるかわかりません。 上手くいったら日本で販売できるくらい作れるかもしれませんが、多くが無理だったらバンコクで販売できたらと思っています。  これは追ってご報告させていただきます。

令和が幸せいっぱいな時代になるような期待感を初日から親方の翡翠によってもたらされたので、これからずっと前向きに頑張ってゆきたいと気持ちを新たにいたしました。

皆様も、象の鼻のように長ーく手を伸ばして沢山の幸せをキャッチしてくださいませ。

それでは!






 

by sheenbangkok | 2019-05-02 21:55 | その他 | Trackback | Comments(0)

お正月早々



年が明けてすごく嬉しいことはこのカレンダーが使えることです。  すごく嬉しい!って大げさな言い方ですが、本当に待ちに待っていました。


b0202356_22484682.jpg
山本容子さんの銅版画のカレンダーです。 

これは雑誌の付録ですけれど、これが欲しいがために雑誌を購入しました。

山本容子さんがパリ滞在中に訪れたボンマルシェで見た美しいパッケージ達を銅版画にしたものです。1月号はチーズのケース。 
b0202356_22481207.jpg
もともとパッケージそのもののデザインが優れているうえに、山本洋子さんの独特のタッチでが味付けされると本当にお洒落ですてきなものに出来上がります。 2月以降も速攻で見てしまいましたが、どの月も素敵!! カレンダーをめくるのがとても楽しみとなりました。

さて179.png

私の短い今年のお正月の元日の午後はシェフTはパラモーターで飛びにいってしまったので私はSale中の目当ての冬ものを買いにパラゴンに一人ででかけました。 実は服などの買い物は別行動が多いです。 私は買い物がとても速いし、駆け足であちこち回るので本気で買うときは実は一人が都合よいのです。

目を付けていた冬のコートが年末に突然30パーセントオフになって心が躍ったけれど、いや待って!”年明けに40パーセント引きになる”ということを聞いたので、残っていることを願いながら年を越しました。 あれがダメでも、これがあるさという感じで気に入ったものがいくつかあり、サイズも揃っていたのでそれほど心配はしていませんでした。  が、元日はでかけるのが夕方近くになってしまい急ぎ足でお店に行ったのですが、あれもこれも目当てのコートはほとんどみつかりません。

まさかの完売。 あきらめきれずに、セントラルワールド、centralチッドロム、エムクオーテイエにもお店があるので行きましたが、目当てのコートはSOLDOUT。
142.png142.png142.png142.png 30パーセントの時に買っておけばよかった!出遅れた!!と悔しさで新年をスタートしてしまいました。 この常夏のバンコクでも冬物が完売するのには本当にびっくりしました。

翌日の2日は予定を変更してお店を急遽開け、3日はすでに仕事初めになってしまいました。

年始早々に出荷が控えているので、なんだか心が落ち着かない年末年始になってしまいました。

そんな中、3日にはプチ新年会にお誘いいただいて懐かしい方とお会いできたので、楽しい思いもさせていただきました。

b0202356_22130814.jpg
お正月料理を2日つづけていただいて、そろそろこってりが食べたくなっていた時のタイ料理でしたので、とても美味しくいただきました。


そんなこんなでなんとなく過ごした三元日でしたが、さあ仕事が始まって早速そわそわとしだしました。

119.png 年末からミャンマーにお寺参りに行った親方は予定通り帰ってきたかしら?ああ、心配!メッセンジャーが3日も休んでいるけれど大丈夫なのかしら?そんな心配事が頭をぐるぐると回っているのに年明けから難しい仕事のオーダーがいろいろとあって、あれもこれもと手を付けるので頭が分裂気味になってしまってよくないですね。 落ち着いてひとずつ片付けて行かないといけないのですが、あちこち手を付けるのは私の悪い癖です。 2019年はこれを無くそう!目標!

実は、本日は日本への出荷を済ませました。

141.png141.png141.png なんとかOn Timeに送れましたー。ひー。

というわけで、ちょっとほっとしてブログを書いております。

明日から少しずつですが、出荷した”アートライン2019年春のコレクション”について紹介できたらと思っています。

なーんてのんびりともしていられないんですね。 実はテレビ放送は2月14日13時ですのであと約1か月しかないのです。

バレンタイン前に仕上げないと首を絞められそうな仕事を日本行の前に終わらせなければなりません。 でも皆様、ご心配なく!気を抜かずにこれからの1か月を過ごしたいとおもいますので全てはちゃんと完成できる予定ですよん。 ご心配なくお待ちください。

もちろんコレクションの紹介も少しずつさせていただきます。

それでは!!








by sheenbangkok | 2019-01-07 22:03 | その他 | Trackback | Comments(0)

アントレゾ 2018-2019冬のコレクション ショップチャンネル

アントレゾの新作が現在ショップチャンネルのHPで紹介されています。

2月14日のジュエリーデーでは特別価格になるようですので是非番組をご覧くださいませ。

アントレゾは16時(午後4時)からのライブとなります。

177.png

そんなわけで私は今晩の深夜便で帰国します。 今回は旅のお供はどうしようかと迷っていますが、今の気分にぴったりのピンクサファイアのリングを着けていくことにしました。
b0202356_20005993.jpg
硬く割れにくいサファイアですし、出っ張りの少ないリングに仕上げているので荷物を持つ時も気にせずの日常使いできるのは嬉しいです。 ピンクはワンポイントに着けていたいのが今年の気分。 Good Luckです。

こちらのヒイラギイヤリングはすでに買うことに決めているのですが、製作に時間がかかるものなので残念ながらまだ私の分は最後にしてくれと言われているので今回は着けられません、、、。 そのかわりにペンダントはもってゆきます。 大きさが丁度よく重宝しそうです。

b0202356_20064200.jpg
イエローゴールドでもホワイトでも併せられるのでこういったアイテムはとても便利。


更に、今回初めて持って帰るのはこれ。

完全にオーダーメイドの製品なのでテレビでは販売しませんが、お店に見本として置いているので今まで着ける機会があまりありませんでした。 今朝、あわせてみたらこれがなかなか良いので持ってゆくことにしました。
b0202356_20092511.jpg
タイ文字のペンダントです。 これで、”あつこ”と読みます。
バンコクのSheenでのみ取り扱っているものです。 お客様との相談で文字の配列を決めてから製作するものです。 職人が糸のこでオープンワークを施すというものなので1点物で18Kです。  大きさがほどよいとご好評いただいています。

今回はこれももってゆきます。
b0202356_20142985.jpg


土曜の朝から冷え込むんですよね、、、日本は!

人一倍寒がりなので普通に厚いコートと着ると暑くなるくらいのコートと2枚を持ちました。 ショートブーツも持ってバッグもあれこれあれこれ、、、としているうちにすごい荷物になってしまいました。 はあ、大変。

それでは次は日本でアップします。

by sheenbangkok | 2018-12-07 20:21 | その他 | Trackback | Comments(0)

いつもと同じ自宅のクリスマス飾り

お店に後れをとって日曜日にやっとクリスマスのデコレーション一式を出しました。

今年は新たに買い足したものはシルバーのクッションカバーくらいでその他はすべて昨年と同じ、旅行にほとんど行かなかった2018年は思い出の場所で購入した飾りもありません。 ちょっと残念な2018年の思い出ですが、
来年は増やせますように177.png

ツリーの飾りつけをするたびに昔のことを思い出すのですが、それはうちのツリーは装飾の美しさを重視したものではなく長い間に少しずつ溜まったお気に入りをぶら下げたものだからです。

たとえば
b0202356_21574215.jpg
北カリフォルニアのLake Tahoのヘブンリーバレーにスキーに行った時に買ったクリスマスツリー用のかざりもの、、これは1998年くらいに行ったのだと思います。
あの頃は数えきれないくらいMammoth Mountainに行きましたし、週末はBig Bearにも行きました。 Big Bearは冬も温暖なロサンジェルスにありながら中心地から車で1時間30分で雪山にいけてしまうとうびっくりの山です。
b0202356_22053928.jpg
そしてこれはワイオミングのJackson Holeに行った時のもの。 ここのスキー場の上級者コースは自己責任で行かなければならない難所があるのですが、なんとかなると思ってシェフTの後について最初はすいすいと下ったものの、途中で高低差10mくらいの崖ジャンプがあり、飛び降りられなかった私は置いてきぼりになり泣きそうになったこと、下が新雪なので転んでも怪我はしないとわかっていてもスキーが外れて見つからなかったらどうやって帰ろうか、と考えると泣きそうになったことなどが鮮明に蘇ってきます。  トナカイ君の後ろの山はMount Tetonという不思議な形をした山で、私はその形から”魔の山”と呼んでいました。
実は自然が素晴らしいリゾート地で夢のような滞在だったのを思い出します。


それからこれは数年前にいただいたクリスマスカードがあまりにも可愛いのでずっと飾っています

b0202356_22143706.jpg
こんな感じですべてが意味のある思い出の品でいっぱいの我が家のツリーです。


リビングのリースもいつものですが(あ、これは数年前のGift Fairで購入です)、今年はちょっとだけアレンジを加えました。
b0202356_22551099.jpg
b0202356_22555515.jpg



玄関もいつも通りシックに飾りつけ
b0202356_22564405.jpg


b0202356_22202011.jpg
大掃除も早々と済ませてあとはこれから年末までは、、、、働きます144.png

仕事上、いつも年末はとても忙しく、また今年は年始から3月までの予定が詰まっているので旅行もできずで年末年始を静かにバンコクですごします。

それでも家がクリスマスモードになると家に帰った時の気分が楽しくなるので飾りつけはとても重要。

半日かかってなんとかかんとか飾りつけも終了。
b0202356_22485383.jpg


さて、年末年始の営業ですが、30日の日曜日を臨時営業して最終日とさせていただきます。

通常、日曜日はクローズですが30日は営業いたします。 ただ、工房、スタッフは28日が最終日となりますのでサイズ直しなどが発生した場合は年明けのお渡しとなりますのでご了承くださいませ。

年始は3日からオープンいたします。

それでは!



by sheenbangkok | 2018-11-27 22:58 | その他 | Trackback | Comments(0)

マダム貞奴

今朝、オフィスに着くと机の上に大きな封筒が置かれていました。


b0202356_22205597.jpg
101.png101.png101.png きたーー!

待っていたものが日本から届きました。  なんだか催促して送っていただいたみたいで恐縮しているのですが、とても楽しみにしていました。

Aさん、ありがとうございました。

この封筒が届くのが待ち遠しくてたまらなくなってしまったのは理由があります。 それはNHK朝の連ドラを見るたびに思い出してしまうからなのです。

朝の連続ドラマで主人公福子のお母様役の松坂慶子さん。 今から何年前なのか、、、、やはりNHKの大河ドラマで”春の波濤”というのが放送されていて、その主人公を演じていたのが松坂慶子さんでした。 松坂さんが演じていたのは日本の女優第一号と言われヨーロッパ各地でも絶賛されたマダム貞奴という女性。 

この封筒の中身はマダム貞奴が62歳になった時に亡き夫(おっぺけぺの川上音二郎)や縁故者の菩提を弔うために建立した貞照寺と同じ時期に建てられた邸宅の
”萬松園”のカラー写真入りの小雑誌でした。

たまたま近くにお住まいで”萬松園”に何度も足を運ばれてその素晴らしさをじかに感じた方からメイルでいろいろとその素敵さを伺っているうちにマダム貞奴のセンスが詰まったお屋敷にとても興味を持ってちょっとした、”マダム貞奴、マイブーム”がきていました。  ハニカム模様が随所に使われている茅葺のお部屋ってどんなかしら?と小さなワクワクが募っていました。

ネットでググれば今は何でも調べられますので昔のように図書館にわざわざ足を運ばなくてもなんでもすぐに答えが手に入る時代ですけれど、やっぱりこうしてはるばる日本からカラー写真いっぱいの小雑誌が送られてくると、以前に伺った話や調べて分かったことなどがより鮮明に想像できてとても楽しい気分です。

まだちゃんと見ていませんが、明日の車の中でのお楽しみです。






さて、今晩もチャオプラヤ川の向こう側からのイルミネーションが一段と派手になってきました。

b0202356_23021936.jpg
Icon Siamです。

11月11日オープンなんですね?? 

いよいよバンコクに高島屋デパートがオープンするんですねー。

b0202356_23050872.jpg

今週末がとても楽しみ!

そのまえに、送っていただいた冊子を見るのがとても楽しみ!

それでは!

by sheenbangkok | 2018-11-08 23:10 | その他 | Trackback | Comments(0)

きょうはハロウィン

b0202356_15031924.jpg
今朝のSheen




b0202356_14485996.jpg

気分だけでもと、ナムタンがハロウィンの飾りつけをしてくれていました。

ナムタンのこんな姿に周囲のお店のスタッフたちは”いったいなに?”といった感じで不思議そうに見ていました。

タイ人の大人はハロウィンなんて知らない人が多いかと思います。

子供たちはどうかな?

Silom VillageのSheenの周りのお店には子供たちが大勢いるのですが、両親がモスリムだったり仏教徒だったりでそういった方面の幼稚園や小学校に通っているせいか、ハロウィンなどというイベントに興味ないのでしょうねえ、、、、

今日は子供たちがお菓子をもらいに来るかなあ、、、と一応、グミやキャンデイーを増量してお店に置いていますがさあどうでしょう。

日本の皆様は大人も外でフィーバーするんですか??? 渋谷は大変な賑わいなんですよね??

お気を着けてお出かけくださいね!!

Happy Helloween!!!!







by sheenbangkok | 2018-10-31 15:07 | その他 | Trackback | Comments(0)

LINEの乗っ取りにあいました

142.png 昨日は散々な日でした。

ヒンズー寺院のお祭りは予想以上の人出でしたので帰宅時は会社のパーキングからMahesak通りに出るまでに15分、そしてさらに家まで1時間かかりました。

空いていれば車で10分、徒歩だと20分の距離です。 家について外を見るとこんなでした。 BTSの線路を挟んで手前が車の渋滞の列、右側がもうもうと焚かれるお香の中でお祈りしたり踊ったりする人ひとヒトの群れです。 窓を開けるともうもうと立ち上るお香の煙が高層の部屋まで入ってきました。

b0202356_20541287.jpg
これでは歩いて帰ってきたとしても大変だったと思います。 このような人の群れがチョンノンシーの駅、そしてSilomまで続いていました。 帰ってきてぐったり、、、

ぐったりの理由は渋滞だけではりません。

実は昨日の午後、LINEのアカウントが何者かに乗っ取られてしまいました。 

それに気が付いたのはインド人のダイヤモンド商からの電話です。 

”日本語でラインメッセージ来たけれどどうしたんですか?” と言われたので ”メッセージなんて送っていませんよ。なにかの間違いでは?”と、その時は全く嫌な予感もせずに単なる間違いかと思っていました。 それでもダイヤモンド商が”変ですよ。ちょっと確認してみてください”と言うのでLINEにアクセスしようとすると、あれあれもうすでに私のアカウントにはアクセスできなくなっていました。

これはラインの乗っ取りでは?

ほどなくして”佐野さんのライン乗っ取られていますよ”とKさんが画像入りでメッセージを送ってくださいました。 そこではっきりと”やられたー!”と自覚しました。

それからというものグッチーさんや日本の友人等々、次々に電話はかかってくる、お客様からも119.png、スリランカの方からまでお電話いただいて、申し訳ないと思いながらも早く何とかしなくてはという焦りでちょっとしたパニックになりました。 そしてすぐにLINEの管理会社にレポートを送りました。

LINEからはすぐに返答が来て、アカウントが不正に譲渡されたこと、パスワードはサードパーテイー経由で伝わったこと、既にアカウントは使用不能にしたことなどの連絡を受けました。

皆様が素早く連絡をしてくださったお陰で、短時間でアカウントを使用不能にできました。 ご連絡くださった皆様、本当にありがとうございました。

110.png110.png110.png110.png110.png

さあ、それでも変なメッセージを受け取ってびっくりなさっているであろう方々、フェイスブックでもメイルでも繋がっておらずラインのみの方には大急ぎで電話をしたり、ビジネスの連絡でつながっている英語圏の方には事情を説明したり、詐欺とわからず最も信用してしまいそうな親戚、家族に連絡したりと大忙し。

念のためにEメイルなどのアカウントのパスワードもすべて変えました。

今回の事ではたぶん被害にあわれた方はいないと思います。 ですが、お客様相手の仕事をしているとこのような出来事は非常にストレスで気分が重たくなりますね。

タイで暮らしていると貧富もさまざま、モラルも様々で幅広いので、危険な人やいいかげんな人には近寄らない、関わらない、というスタンスで自分の身を守り安全に暮らせるようにと気を着けているのですが、LINEの乗っ取りのように目に見えない人に悪いことをされるということは防ぎようが無く困ったものです。

いや、本当は防げたかもしれないのにちょっと管理が甘かったのかもしれませんね。

モバイルもPCもセキュリテイー管理は十二分にしなければならないと肝に銘じた日でした。

さて、もう週末、気を取り直して楽しく過ごしましょう!

それでは!





by sheenbangkok | 2018-10-20 22:12 | その他 | Trackback | Comments(0)

やっとtheCOMMONSに行けました。

先週末のことになりますが、タイの連休中日の日曜日にはナムタン出演のライブ2時間目がありました。

b0202356_22344470.jpg


もともとナムタンは自前の黒のワンピースで出演すると決めていたのですが、”122.png え?ちょっと待ってー! タイ政府からのお達しによればタイ国王崩御のアニバーサリーを含む3連休中は黄色の服着用が好ましく黒は好ましくない”というような趣旨だったような、、”と当日の朝になって気が付きました。 そこで私の玉虫色のシルクのドレスを持って行って急遽来てもらうことになりましたが、サイズが合ってほっとしました。 とっても小柄なのにナムタン良く似合ってます。

そんなこんなで日曜のライブも無事に終えて、振り替え休日の翌月曜日はショールームSheenを少々模様替えしました。
b0202356_22471062.jpg
模様替えと言っても、貝類の飾りを引っ込めて黄金色の草木をデコレーションしただけですが、秋の空気が流れるようになりました。

10月にはいって工房ではアントレゾの冬のコレクションのサンプルづくりの最終段階を迎えているのですが、まだまだ先だと思っていた納品日がもうそこまで来ているという現実にただただ驚くばかり。 この夏、ヨーロッパに行く! HPで販売できるようにする!のんびりする!などの時間をとっていたはずなのに結局はアントレゾとアートラインの新作製作を中心にほかの小さな納品などなどの仕事をしているうちに秋が来てしまいました。

アントレゾのライブは12月14日です。 ライブが決まった時はまだ7月だったのでもうずっとはるか先の事と思っていましたが、生産の見地から言えば10月はもう秒読み段階にはいっています。  今回、準備に時間をかけているのはイヤリングです。 イヤリングは今回2種類用意していますが、いずれのデザインもクリップタイプとピアスタイプを作成しているので1アイテムでも2倍の時間がかかっています。 しかも、いずれのデザインも仕上げのエングレービングなどにとても時間がかかるのです。日本以外のお客様でクリップタイプを着ける国の方はいらっしゃらないので、ついついピアスタイプを中心に考えてしまいがちなのですが、今回はご要望の多いクリップも加えることにしました。  冬の装いにはイヤリングはポイントになりますし、ヒイラギリングや沙羅のバングルにマッチするイヤリングを作ろうと前々から考えていて原型づくりを繰り返していてやっと形が決まったところなので、この冬はぜひ着けたいと私も思っています。 自分が欲しいものばかりを作りますが、皆様にもきっと気に入っていただけると思っています。

そういうわけで工房は冬の準備に大わらわと言ったところ。

まだ公表できませんが11月に入りましたらUPの予定です。

181.png181.png181.png181.png181.png181.png181.png

ところで、秋といってもバンコクはまだまだ暑いのですが”食欲の秋”はすでに感じていて111.png甘いものが食べたくてたまらないこの頃です。

それで、話は日曜日のライブの後に戻りますが、せっかくのお休みですから”甘いものを食べに足を延ばそう!”ということでスクンビットに最近オープンしたThe Commonsに行ってきました。

最近はトンローやエカマイといった場所が大きく変わってきています。 ここ数年のうちにお洒落な飲食店がいろいろとできましたね。  ショールームも会社もSilomにあるのでスクンビット55なんていうととても遠い感じがしているのですが、逆にそちらにお住まいの方には”Silomは遠いーー”と感じるのでしょうね。 よくわかります。 さて、伺ったのは行こう行こうと思いながらなかなか行かれなかったtheCOMMONSです。


外から見ると小さな建物かな?と思いましたが、中に入るとこんなに開放的。
b0202356_23101161.jpg
大きな階段を取り囲むように飲食店が並んでいます。 階段はフリーエリアで周辺のお店で買ったものをセルフサービスで座って食べたりできる開放的な空間でした。

周囲にはグリルレストランあり、ワインバーあり、ラーメン店などなどでそちらはセルフではなくサービスのあるエリア。

タイの若者でいっぱいでしたが今どきの尖がった雰囲気ではなく大人も静かにリラックスして過ごせる居心地の良い空間です。

美味しそう、魅力的なお店がいっぱいなので入りたいところばかりでしたが、初志貫徹で甘いものに焦点をあわせて、迷った挙句、私はこんな大きなものを買いました。

b0202356_23162839.jpg
バニラベースにキャラメルとナッツが加わったアイスクリームにたっぷりの生クリームがのり、更に揚げたてホカホカのシュロスがドーンと最後に乗っかったもの。。

アツアツのシュロと濃厚なアイスクリームと生クリームのコンビネーションがもうなんともいえず美味で、スーパーハイカロリーな塊をぺろりと食べてしまいました。

b0202356_23233154.jpg

b0202356_14134552.jpg
美味しいものを食べるたあとは脳の中までスーッと風が吹き抜けるようにリラックスできました。 不思議ですね。

近くにあればちょくちょく行きたい場所ではありますが、家からもちょっと遠いのが残念。 この日は車で行きましたがパーキングが狭くてバレーパーキングに並ぶ車で詰まっていたのでやむなく外に路上駐車しました。 BTSのトンロー駅からは歩くのにはちょっと遠いので、ここに行くにはタクシーが最適のようです。

今度日本から友人が来たらまたぜひ行こうかと思いましたが、私はSheenのあるSilom Villageののんびりとした開放的な空間もそんなに洒落てはいないけれどかなり好きだな!と再確認した次第です。

それでは!







by sheenbangkok | 2018-10-18 15:04 | その他 | Trackback | Comments(0)

actinolite in quarts

”アクチノライト イン クオーツ” という石の名前を聞いたことがありますか?

アクチノライト(緑閃石)という鉱物がクオーツの中に入った石です。 実はこの石をシェフTがルーペでチェックしたところルチルでなく別のものが入っていることがわかり”なんだろうこれ不思議なものが入っている”ということになりました。 そこで石を購入して鑑別機関に出したところ”アクチノライト イン クオーツ”という結果が出ました。

アクチノライトは宝石ではほぼ使わない石で、GIAでもスルーした鉱物なのですが、クオーツの中に沢山のアクチノライトがこのように綺麗に入っているのでとても珍しいようです。 

それがこれ

b0202356_22290775.jpg
緑閃石というように緑色の鉱物のアクチノライトなのですが、これは黄色がかっているのもちょっと珍しいですね。

先日の1番の石がこちらということになりますが、、、すみません、難しすぎましたね。 多くの方々の頭を悩まさせてしまったようでメイルなどなどいただきましてすみませんでした。 当然のことながら正解者無しでした。

まだどのように使うかは考えていませんので今年の新作には入る予定はありませんが時間ができたら形にしたいと思っています。

さて、2番の答えはヘソナイトガーネットでした。 当ててくださったのは岐阜にお住いのM.Aさん!ただ一人でした。 ヘソナイトは石の中に糖蜜状組成(トリークル)を内包していることで知られていますが今回ルーペでそのモヤモヤを初めて見ました。 赤茶色のような一見地味な石の中から燃えるようなオレンジのトリークが浮かび上がるように光るのがとても魅力的です。  特別にレアな石というわけではないのですが探そうとしてもきれいなものは滅多に見つからないものなので、今回の偶然の出会いはご縁だなあと思っています。

ヘソナイトはアントレゾの新作でブローチになります。

そして殆どの皆様が正解の3番のバイカラートルマリンでした。 こちらはペンダントに加工中です。 


177.png177.png177.png177.png177.png177.png177.png177.png177.png177.png177.png177.png177.png177.png

今日はSheenではルビーのリングをお買い求めになった方がいらしたと思ったら午後はなんとルビーの入る簪のオーダーのご相談を海外からいただきました。  あらまあ、ルビーがまた人気になってきたのでしょうか? 照りの良い天然のルビーで1ctUpになるとかなり入手困難になりましたので新作製作は難しそうだわ、、と思う午後でした。

それでは!

by sheenbangkok | 2018-09-27 23:03 | その他 | Trackback | Comments(0)

Crasy Rich Asian 観ました。

話題の映画 ”Crasy Rich Asian" をやっと観てきました。 全米、カナダでこの夏NO1の売り上げ、大ヒットの映画だったのですが、このところ見てがっかりがずっと続いている”ハリウッド映画” なので、期待に胸が膨らまなかったのがすぐに観に行かなかった理由です。

さて、感想ですがラブコメデイーということだったのでうんと笑えるかなー?という部分に期待しましたが、期待していたほど”あるある、おかしー”という部分が少なかったような気がします。 リッチエイジアン、、リッチチャイニーズを綺麗に華やかに描いていたという印象の映画でした。 そしてハリウッド映画らしく最後はあっという間にまとまってハッピーエンデイングとなるラブストーリーでした。

スーパーリッチな女性の中でも際立っていたのがエレノア役のミシェル・ヨーと彼女の着けているジュエリーでしたね。 さすがの貫禄、そして美しく強いスーパーリッチマダムにぴったり。 ジュエリーはどれも本物、、、特にドラマの中でのキーとなっている巨大エメラルドとダイヤのリングは彼女の夫から送られた本物のリングだそうで、すごいですね。 翡翠や巨大パールのジュエリーの本物のハイエンドジュエリーがどれも本当によく似合っていてその美しさにため息が何度も出ました。

もう一人ゴージャスな女性といえばニックの従妹でリッチなエレガンスリーダーのアストリッドですよね。 彼女の登場場面で着けていたリングとブレスレッドはブルガリでした。 肩で風を切って超高級な宝石店に入って1.2ミリオンドルの宝石を買う場面はあの高級ジュエラー”MOUAWAD"だったようです。 MOUAWADが超お金持ちのジュエラーだとは知っていましたが、というのは20年くらい前にGIAのキャンパスがサンタモニカからサンデイエゴのカールスバットというところに移転したのですが、新校舎のオープニングセレモニーに出席したことがあり、その時スピーチされた一人が新キャンパスを寄付(すごいよね)したMOUAWADファミリーのどなたかでした。 よってキャンパスにはRobert Mauawad Campasと名付けられています。 その時はなんてお金持ちの方と驚きましたがハリウッド映画にも登場するほど有名なのだと今回で2度驚きました。

この映画では本物のスーパーお高いジュエリーや時計が使われたことでも話題になっていますが、特にこだわったのはアストリッドが夫に時計を贈る場面に使われた時計だそうです。 ”Paul Newman"Rolex Daytonaの本物が使われたそうです。 Crasy Rich Asianの原作者がオークションハウスで有名なChristiesの時計のスペシャリストに連絡をとり”時計コレクターでも衝撃を受けるくらいのレアで高価な時計”を探してほしいとお願いした結果、そんな時計を貸してくれる人を探し当ててくださったそうです。 時計の価格は$700,000-で持ち主はシンガポール人が所有しているものなのだそうです。

そんな感じでストーリーよりも素敵なジュエリーとバカバカしいくらいにお金持ちの生活に目を奪われた娯楽映画でした。 大ヒットしたからといって期待するような内容ではなかったと思いますが、アジア人の人口はいまや世界の60パーセントを占めるそうですので、リッチに憧れる多くのエイジアンが興味を持ったことは間違いないと思います。

さて、スーパーリッチな宝石の話の後にSheenに明日並ぶ新作を載せてよいものか、、とちと迷いましたが、価格こそ数十、数百分の1ですが、リッチでなくてもお洒落なマダムにぴったりな黒蝶のリングのを是非のせたいと思います。

幅広のバンドは敢えてゆがませたような手作り風の形にしています。

b0202356_22532925.jpg

黒蝶の12mmはセンターからずらした位置にセットしています。 ど真ん中にパールが来るよりもパールの姿が素敵に見えます。
b0202356_22562747.jpg
b0202356_22565719.jpg
JPN16号で作成しています。 (サイズ直し可能です。 この型で白蝶も可能です)


どうしてもコンサバな印象になりやすいパールジュエリーですが、このリングはお洒落マダムならスタイリッシュかつ華やかに装えるとおもいます。 私もとても気に入っているリングです。 あさって水曜からSheenに並びます。

ご試着はお気軽に!

それでは!


by sheenbangkok | 2018-09-17 23:05 | その他 | Trackback | Comments(0)