カテゴリ:タイのこと( 86 )

清水の舞台より怖いSky Walk at Mahanakorn Cube

今日も晴天のバンコク。

今年の冬は毎日、朝から暑いです。

晴天の空を見上げると目の前にはパズルのようなビル、マハナコンキューブが建っています。 チョンノンシー側がキングスパワーホテルの入口、建物の一部が超高級コンドのリッツカールトンレジデンスになっています。 今のオーナーは Duty Freeで(値段が高くて)有名なKings Powerです。

78F建てのビルは今日現在の竣工したビルのなかではバンコクで一番高い?らしい。。


私はサトーン側の部屋の中からみていますが、、、


びっくり150.png   矢印のところ、、、


b0202356_15370768.jpg
人が、、、

拡大

b0202356_19545867.jpg
浮いているように見えるのは人です。 突き出したガラスの板の上に人がのっているの巻きです。

入場料を払えばどなたでもこのガラスの上に乗るという体験できるらしいので高所がお好きな方はいかがでしょう?  私は人一倍臆病なのと、タイなので万が一、、、119.png ということが頭をよぎるので3000円ほど払ってまでこんな怖い思いをしたくないのですが、1回くらいは最上階まで登ってみたいとは思っています。 

入口はBTSチョンノンシーの駅前でパーキングもある模様。 詳細はこちらご確認ください。





バンコクは高層の建物が次々にできてきて外観を眺めているだけでも楽しいです。

178.png


ところで、

沢山のお問い合わせをいただいていますのがアントレゾの新作のイヤリングの価格です。

が、

119.png すみません、12月13日まで未定です。 ざっくりとお知らせしたいのですが新作ですので最終的な価格が決定していないのでお知らせできないのです。 

ご理解いただけると幸いです。

b0202356_14421084.jpg
そしてフープの輪の大きさですが、ヒイラギリングよりは小さいです。

ですが、幅もありボリューム感もそこそこあります。

こういったものは流行に関係なく装いの〆にこれ一つで高級感が出せるというもので、私は私物としも大切に持っていたいと感じているアイテムの一つです。

“落とすのが心配”という皆さまの声を考慮して、ピアスタイプのキャッチはオリジナルデザインで18Kのかなり大きなものを付けました。 またクリップタイプは吸盤付のシリコンをオメガに付けていますので肌に吸いつくようにご着用になれます。

リングをお持ちの方は是非是非、リングをお持ちでない方もさりげなくワンポイントで素敵になりますので是非、おすすめしたいものです。

それでは!




by sheenbangkok | 2018-11-27 20:23 | タイのこと | Trackback | Comments(0)

きらびやかなICON SIAM

ICON SIAMに行ってきました。



b0202356_22525556.jpg
土曜日にSheenにいらしたお客様のお友達がオープニングセレモニーのオーガナイザーだと聞いて、それでは!というわけではないんですが、"パーキングも完成しているから車で行っても大丈夫よ!”というアドバイスをお友達から受けたので早速行ってみましょうということになりました。

そして日曜日は予定通りに行きましたが、予想通りに大混雑で息切れしそうなほどの賑わいでした。日曜日だったこと、オープンしたてだったこと、観光のハイシーズンで多くの観光客が行ったことなどなどの理由であふれんばかりの人が集まったのだと思います。

渋滞を覚悟で車で出かけたのですが、サトーン橋を渡ってチャルナコン通りに曲がっていくずっと手前のところから渋滞が始まりチャルナコン通りに出るまでに30分かかりました。 ICON SIAMの巨大な建物はすぐそこにあるかのように見えるのですが車の列は一向に進まず建物に全く近づけません。このぶんだとパーキングに入っても留める場所がない事態が目に見えるようでしたので、渋滞の列から外れてUターン、サトーン橋を渡って戻ってきてしまいました。 車を会社のパーキングに停めてオリエンタルホテルの脇にあるオリエンタルピアから船がでていると案内に書いてあったのでてくてくと歩いてピアに向かいました。 ですが、オリエンタルピア、、、おすすめしません。 こちらは定期便に乗るような形になるので、舟は古いは待ち時間は長いわでかなり大変。 サトーン橋のふもとのサトーンピアかなならば10分おきに快適な大型の船が行き来していてフリー料金です。 こちらがおすすめ。

それでも舟に乗ってしまえば目と鼻の先なので3分もかからずに到着。  Icon Siamの桟橋には既に帰りの船を待つ人の長蛇の列ができていましたので、これは帰りも大変そうだわ!とちょっとぞぞっとしましたがそれよりもなんという人の数。 まるでデイズニーランドに行ったかのような混雑。迷子の子供がさぞ多いのではと思いました。 

さて、船着き場の方から入るとエントランス付近はとても豪華でホテルのラウンジのような感じです。
b0202356_23140685.jpg
1Fにはカフェやアイスクリームスタンドがあちこちに点在していて奥はスイーツを売るコーナーになっていました。

b0202356_22484468.jpg

小さいコーナーなのですが、なんと私の大好きなあのオードリーがはいっているではありませんか。 海外進出なんてすごいですね。

b0202356_23184624.jpg
残念ながら看板のグレイシアやイチゴのお菓子は見当たらず、オールカップケーキ119.png でした。

b0202356_23261545.jpg
ICON SIAMの1Fはカフェやレストランなどのお洒落なスペースに加えてタイ全国のOTOPをちょっとオシャレに演出して販売する大きなスペースがあり、そこはもうタイの飲食店に並ぶ人で更に混雑しています。 このエリアの全体図はこんなふう。 観光客がとても楽しめそうです。
b0202356_15472899.jpg
室内ですが、池あり橋ありで古き良きタイを再現、、、というよりも、古いタイを理想化して美しくしたような街並みが並びます。 綺麗で安心して歩けて、清潔なタイフードも買えるというわけです。

わたしの目当てはここではなく、位置的にはヒルトンホテル側にオープンした髙島屋でした。

日本にちょこちょこ帰る私が髙島屋でわざわざ服やバッグを買う予定もなく、目的は”たかマルシェ”というスーパーができると聞いていたので新鮮なお刺身やお寿司が買えるようになれば我が家のあるサトーンからスクンビットのフジスーパーまで行く必要がなくなるのかな?そうだとしたら嬉しいなあー!!!と大きな期待をしています。

あったーーー、、、、、、たかマルシェは思ったよりも狭いスペースでコンビニくらいの規模という印象です。  

人が群がっているところに進んでいくと鮮魚のコーナーで、握りずし、巻きずしなどなどいろいろと販売していたらしいのですが、私が行ったときはこんなでした。

b0202356_22420247.jpg
どの冷蔵ケースもこんなかんじでほとんど残っていませんでした。 すごいほぼ完売???  そんな空っぽのショーケースの前に長蛇の列ができていたのですが、どうやら握りずしのばら売りができてくるのを待っている列だったようでした。 厨房を覗くと7,8人の職人さんが形相を変えてお寿司を握っていました。 握っている方も待っている人も、さぞお疲れになったかと思います。  商売繁盛でよかったですね109.png
b0202356_22540574.jpg
ベーカリーはDonqやYamazakiが入っていてDonqではミニ薔薇クロワッサンを買う人の列ができていました。

どのお店も満員御礼といった感じでしたが、お客さんのほとんどがタイ人でしたのでその購買力のすごさに圧倒されたかんじです。

人も多いうえに広くて自分のいる場所がよくつかめなかったせいか数時間を過ごしたのにも関わらず全部どころか半分も見切れずに日が暮れてしまいました。

b0202356_22565893.jpg
この日はレーザー光線や花火も上がりオープニングにふさわしい華やかさでいっぱいでした。 オープニングセレモニーと同様に1500基のドローンショーもこの日は行われました。

専用船でサトーンピアまで3分くらいで着いてしまいましたが、車を止めてある会社のパーキングまで足を引きずってやっと着いたという次第です。

とても疲れましたが、チャオプラヤ川を振り返るとICON SIAMが煌々と光を放ちまるでバンコクの中心がここにあると言わんばかりの様子で佇んでいました。

これから川を渡ったトンブリ地区も急激に変わってゆきそうですね。

とても楽しみです。

それでは!

(おまけ)
b0202356_23100321.jpg




by sheenbangkok | 2018-11-13 23:12 | タイのこと | Trackback | Comments(0)

バンコクで思い出の靴を修理する


この春に帰国した時に実家の靴箱に私の古ーい靴をいくつかみつけました。

その中にずっと昔にバンコクで買った思い出深い靴がありました。 それは30年前に友人と二人でオリエンタルホテルに泊まろう!などという贅沢のんびり女子旅を計画してバンコクを訪れたときに買ったこれまた贅沢な靴でした。 

その当時、現地を案内してくださったのは友人の紹介のタイ人のお嬢様。 いま思うとお嬢様はいわゆるタイのハイソな方だったのだと思いますが、彼女の専用の運転手付きのベンツで私たちをあちらこちらへと連れて行ってくれました。 その時にお買い物に!と案内されたのがラジャダムリにあるペニンシュラプラザでした。

そのころのペニンシュラプラザといったらまさに白亜の殿堂のように周囲の建物とは一線を引いてきりりと建っていて、中に居るお客様はあきらかに外を歩いているふつうのタイ人とは異なるお金持ち風の方々ばかりで、ごくごく普通の日本人女子の私たちは面を食らったのを今でも鮮明に覚えています。 そこではなぜか私たちは靴屋に行こう!ということになり案内されたのがフランスの靴のブランドの”シャルルジョルダン”でした。

そこで出会って購入してしまったのが、その靴です。 

若い私にとってはとても高価な靴だったのでとっておきの時だけ履いていたのですが、いつの間にか革の靴底が減ってしまい、さらに金具がとれてしまうという悲劇に見舞われ、東京の靴屋にもっていったものの金具が無いという理由で治してもらえなかったあの靴でした。 捨てるに捨てられずに長い間靴箱にしまわれていたのを偶然にみつけたというわけです。 30年前の靴とはおもえないほど変形もしておらず劣化もありませんでした。

とうわけで、先週、バンコクのお気に入りの靴修のおじさんのところにその靴を持って行き修理に出しました。

腕の良い靴職人のおじさんは”同じ金具がないからなあ、、、”と言いながらも、できあがったものはベルベッドでおおわれていないながらも同じ形の楕円のものを着けてくれました。 そして減ってしまった靴底には滑り止めのゴムを張ってくださって、かかともしっかりと直してあります。
b0202356_22313489.jpg
b0202356_22325705.jpg
いつもながらきれいな仕事ぶりで代金はB120-。 日本円で500円でおつりがきます。

ほらね新品みたいになって帰ってきました。
b0202356_22353821.jpg
履き心地も抜群。良いものは何年たっても良いですね。 ジュエリーとおなじだわ。。。110.png

車の移動が多いバンコクではこんな靴でも気軽に出かけられるのがよいところです。 さあ、どこに履いてゆこうかな、、と気分が高まります。

思い出とともによみ返った靴を何度も何度も履いてしまう今日の午後でした。
b0202356_22452607.jpg
それでは!

by sheenbangkok | 2018-10-25 22:55 | タイのこと | Trackback | Comments(0)

Oakwood Sriracha に泊まってみました

先週末にシラチャ(Sriracha)に泊りがけで行きました。

泊ったのは最近オープンした”Oakwood"です。 これが驚きの高層ビルで、シラチャのダウンタウンのど真ん中に位置し、嘗ては屋台街がひしめいていたCape Rachaのすぐ横の大きな敷地に建っています。 

仕事を早じまいしてから行ったので着いたのは日が暮れてからでした。


b0202356_14461863.jpg
よくもこんな街のど真ん中にこれだけのものを建てたなあと驚くほどの高層建築で正面玄関前も広々としていて、見逃すことは絶対にない存在感でした。

サービスアパートメントも兼ねているようなキッチン付きのこんなホテルが最近のシラチャの主流のようですが、部屋で食事ができるのでテイクアウトしたものをゆっくりといただけるのは私たちにぴったり。 

お部屋は1Bedroomでしたが、入り口を入るとキッチンがありシンプルなアパートといった感じ。

b0202356_15065987.jpg
お鍋や食器などはいっさいありませんでした(コップはありました102.png)ので何かを作ることはできませんが電子レンジがあるので温めくらいは可能です。

左奥はクローゼット、バスルーム、そしてベッドルームへと続いていました。 単身者ならここで生活できる感じです。

b0202356_15135541.jpg
ご家族で滞在ならもっと広いお部屋があると思います。

ラグジュアリーというよりもシンプルで無駄のない作りで、シラチャではCape RachaやBalconyのSeaside、Mountainsideやちょっと離れた場所のホテルもいろいろとトライしたことはありますが、こちらのお部屋がコンパクトにうまくまとまっていて最も使いやすかったような気がしました。 そしてベッドも寝心地が良く枕もふかふかで体が吸い込まれるように眠ることができました。

さて、ホテル内を探検してみましたが立派なジム(女性が多かったので写真は控えました)や小型ドライビングレンジ、男女別の(あたりまえですね)温泉、などもあって充実の設備です。

プールに出てみましたが、
b0202356_15252195.jpg
海をと同化していそうに見えるInfinity Poolです。 右手にはKoh Loy Park左手に小さな漁船が並ぶ漁港を臨むというベストロケーションです。 心地よい風が吹いて暑くなく気持ちの良い場所でした。


b0202356_15275391.jpg

日焼け好きの方向けのスペースもありましたが、白人率がとても低いシラチャなのでどなたも寝転んでいませんでしたの巻き。

アウトドアが嫌いな方にはこんなスペースもありました。

ライブラリーです。 
b0202356_21452203.jpg
b0202356_22015366.jpg
これが、興味深い写真集などが並んでいて面白くてついつい長居をしてしまったほどです。


さて、この高層建築の最上階はどうなっているかというと
b0202356_21472069.jpg
”Atara Sky Bar and Bistro"になっています。 この時は昼間でしたのでなんてことない海の風景ですが、夕日から日没までの時間帯は景色が素晴らしいのではと思います。 お食事前にここでのんびりなんてできたら、なんて素敵なんでしょう。

b0202356_22033793.jpg
ホテルの中でだらだらする私のような人にはOakwoodはとても良い場所です。 

バンコクに比べると宿泊費も安くコスパがものすごく高いと思います。

まあ、唯一難点をあげるとすると朝食でしょうか141.png141.png141.png

和食、中華、洋食と目移りするほどの種類があり、”朝食はサラダとフルーツにするわ!!”と決めた心がぼろぼろと崩れてしまってあれやこれやと沢山食べてしまって体重をたっぷりと増やしてしまったのよね。 大反省。 ダイエット中の方は要注意ですぞ158.png
b0202356_22270010.jpg
そんなこんなで週末の滞在はあっという間に終わってしまいましたが、バンコクに戻る帰路の途中のバンセンにはスクンビット通り沿いに有名な市場が立ち並び、あの卵のお菓子(ココナツやビーンの入ったカスタードプリンのようなもの)やもち米のお菓子を買えるのも楽しいです。 とても美味しくてタイ人の間で知らない人はいないくらい有名です。 さらに市場のちょうど真ん中くらいのシーフード店ではシーフードのフライが売られいましたが、沢蟹のフライは絶品!おススメです。

シラチャからもうちょっと足を延ばせばパタヤもすぐそばなのですが、ゴーゴーバーが立ち並ぶ歓楽街の色の濃いパタヤよりもこちらのホテルでのんびりしてシーフードを満喫する方がご家族では楽しめるのではと思います。

ああ、のんびりした、、

来週もまた行こうかな、、、

それでは!




by sheenbangkok | 2018-09-18 22:40 | タイのこと | Trackback | Comments(0)

月曜日の色は黄色のハズなのに。。。

今日は土曜日なので”紫”のジュエリーを着けてみました。

b0202356_21551255.jpg
”葡萄のリング”と呼んでいます。 

大きなカボションカットはアメジストです。 石をぐるりと囲んでいるのは葡萄の実です。 葡萄の房と葉の形のパーツを張り合わせてさらにエングレービングを加えた原型を作り、そこから制作したものです。 

Sheenでは葡萄のカービングのペンダントやイヤリングと共に展示しています。 土曜生まれの方のみならず、土曜日にはラッキーカラーの紫の服を着なくともこんな紫ジュエリーでアクセントが着けられたら気の利いたお洒落ですね。
b0202356_22000467.jpg
ところで、今週の月曜日に私は黒一色の服で出勤しました。

月曜の色は前国王様の色の黄色ですので黒い服が沈まないようにイヤリングもペンダントもリングもイエローゴールドで揃えて黄色をアピールしたつもりでした。  家を出てからふと道行く人を見ると、なんとOLさんたちの多くが黒ずくめの服を着ています。 私の住んでいる地域は外資系のオフィスが多いビジネス街のサトーン通りになるのですが、黒ずくめ率がものすごく高い。

会社に着いてセクレタリーもやっぱり黒ずくめ。  まあ、これは偶然のことなのかとその時は思いました。

月曜は前国王様の誕生曜日で黄色のポロシャツを着用の人が一時は街にあふれていました。 黄色を着用した方がタイに敬意をはらっている気がしたので、そのころは私たちも黄色いシャツを購入して月曜には着用していたくらいです。  ここ数年はあれやこれやでそれほど黄色を着る人も多くなくなってはいましたが、新国王様が即位した後は新国王様のお誕生曜日が月曜ということもあって黄色服着用者がまた増えてきました。

今日はふと今週の月曜日の黒服率が多かったことを思い出したのでセクレタリーのLaに尋ねてみました。

すると、なんとびっくり意図的に月曜日は黄色ではなく黒服を着ているのだそう。 

月曜日には前国王様に敬意を表して喪に服しているのだそうです。 前国王様の人気はいまだ衰えずなのでした。

なるほど、、、、

知ってしまうとさて来週の月曜日は何色の服を着ようかしら、、ととても迷うのでした。

それでは、皆様良い週末を! 




by sheenbangkok | 2018-08-25 22:23 | タイのこと | Trackback | Comments(0)

タイの運転免許証を書き換えてきました


タイの免許証の書き換えに行ってきました。

もう5年が経ってしまったのが嘘のようです。 陸運局に行くのはちょっと面倒ですが日本で国際免許証を毎年発行してもらうよりはずっと楽ですし、費用もかかりません(5年の免許はB555-を支払うのみです。イミグレと違って117.pngすべてが事務的なので余計な心配もいりません)

そして手続きも簡単。  

書類提出(日本大使館発行の在留証明とワークパーミットのコピーもお忘れなく。更新でなく初書き換えの方は健康診断書も必要です) → 適性検査 → レクチャー(運転の心得的な)→ 支払い(B555) → 写真撮影から5分後に免許証がころっと機械から出てきて終了。  そういえば適性検査で答えに困ったのがひとつありました。 目線と同じ高さで顔の真横で点滅する光の色を言い当てるテストの時です。 最初に光ったのが薄い黄緑、、、これって緑?黄色?と迷う時間も無いので”ルアン”(黄)、即座に次の色が赤く出て”デーン”、そして次に濃い緑が来たので“キヤオ”(緑)、、、というわけで最初の色は黄色で正解でしたが、すごい紛らわしい色、、ご注意くださいませ。 といっても誤回答で落とされることがあるのでしょうか?????

そんなこんなで、相当に混んでいたのでまる1日使ってしまいましたが無事に更新できました。

b0202356_22193519.jpg
すぐに確認すればよかったのに、、、帰ってきてから記載ミスが発覚。  MRSなのにMISSになっている、、、、、こんなミスがあるなんてびっくり。 受け取ってからきちんと確認すべきであったと大反省しました。


さて、

日本はまた台風が直撃して関東から東北地方にお住まいの方々は心配な夜をむかえていることと思います。  

台風というと晩夏という感じがしてきて、8月がまだ始まったばかりだというのについ秋を意識し始めてしまいます。 そんなせいか、今日は2018年の秋冬を意識した暖色系のジュエリーを着けてきました。


b0202356_22391330.jpg
相変わらずいつも似たようなブルーの服を着ていますが、コニャック色のラウンドのアンバー(天然琥珀)ネックレスを加えるだけで雰囲気が変わります。

夏の終わりから秋にかけて、半そでを着ながらも秋の気配も感じられる装いになります。

b0202356_22434987.jpg
単体で見るとさりげないアイテムですが、服の色によっては驚くほど素敵に映えるのがアンバーですのでSheenの定番アイテムとして常にお店においております。 一つあると便利なロングです。 色も重要で、ナチュラルで透明感がありお洒落に着こなしていただけるコニャックカラーのものを揃えています、。


それでは!





by sheenbangkok | 2018-08-08 22:56 | タイのこと | Trackback | Comments(0)

Discover Japan

バンコクのショップチャンネルのライブにナムタンが出演しました。

b0202356_19214887.jpg
今日は”Discover Japan"というイベントです。

ご存じの通りタイは空前の日本ブーム。 

日本食はタイ人の日常食の中にも取り入れられるようになったほどポピュラーになりましたし、アニメ、化粧品、日本への旅行、等々、日本のものはなんでも大人気。 日本製に対する信頼も大きいです。

そんな中での”Discover Japan"というイベントの日。 さあ、ジュエリーはというとタイは宝石の集積地であり、ジュエリー工房がひしめいている世界のジュエリーハブ。  日本のジュエリー会社として弊社がライブにエントリーされましたが、、、、さあ、、、どうなるでしょう。

1回目のライブは終わり、前回はとても上手くやってくれたナムタンの出来は今一つでした105.pngが、今晩の2回目のライブに備えてちょっと勉強しておいてくれることを期待していきたいと思います。



さて、今日のスタジオはちょっとだけ日本テイスト。 弊社のライブのキャストさんは男性でしたが、次のショーのためにスタンバイしているキャストのベルちゃんはこんなふうにあでやか。
b0202356_19340079.jpg
モデルさんも華やか

b0202356_19352364.jpg
今晩のライブまでの間、私はオフィスに戻って生産の方をみているところですが、またスタジオに戻ります。

さあ、今度はナムタンが上手くおしゃべりできるでしょうか?
緊張します。
b0202356_19373873.jpg
それでは、行って参ります。



by sheenbangkok | 2018-06-20 19:42 | タイのこと | Trackback | Comments(0)

Sheenに撮影隊がやってきた

今日はお店にカメラが入る日なのでナムタンが念入りにお掃除をしてくれました。

b0202356_22481894.jpg
小さなハンデイーカメラが来るとおもいきや、撮影隊の持ってきたのはスタジオで見るような大きなカメラでした。

Sheenの入り口付近にカメラと録音の機械を設置。 大きなライトも持参でいらしたのでSheenがまるで本格的なスタジオのようになりました。

肝心な写真がないでしょう? 

なぜかというと私はセリフを覚えるのに必死(笑)で写真どころではありませんでした。  6月21日にタイのショップグローバルでは”Discovery Japan"という企画で丸1日がJapanese Dayになるらしいのですが弊社にも声をかけていただいて”SHEEN BY ARTLINE"の翡翠のライブも予定されています。

”SHEEN BY ARTLINE"は弊社のセールスのナムタンが過去に2回ほど出演して好感触だったので今回も産休明け記念に出てちょうだい!とお願いしたわけです。

それならば日本人デザインナーからブランドコンセプトなどを1分くらい語ってもらってライブの時に流そう!ということになったらしく、ショップグローバルの撮影隊が録画撮りにSHEENに出張撮影してくださることになりました。 

1分でブランド紹介などをまとめてカメラの前で話すというのは意外に難しいのです。  1時間のライブでキャストさんと話すのよりもはるかに大変だと思い知りました。  そして最後にはタイ語であいさつをして、というプロヂューサーからの注文が入ったのでそれもプレッシャーになりました。

そんなこんなで結局はほとんど紙を見ずにしゃべりました。 幸いにもライブではないので何度も取り直し。。まるで映画を撮っているみたい。監督からなかなかokがでなくてやり直し!みたいなかんじでした。

撮影隊はお店の様子や詳細まで撮ってくださって、大撮影会になりました。

皆様ほんとうにお疲れさまでした。

b0202356_23075027.jpg
それでは!

b0202356_23082543.jpg

by sheenbangkok | 2018-05-17 23:08 | タイのこと | Trackback | Comments(0)

運が良いのか悪いのか - 朝から心臓止まりそう!の巻き

5時に目覚ましをかけてなんやかやで7時前にはBRTバスの中に居たという今日の私です。 

朝は近くのSathorn通りもNarashiwas通りも大渋滞なので早朝に大切な予定がある今日のような日はBTSかBRTを利用することは私にとって心の平和107.png が保てるので車で行くよりも良いのです。

朝の空気は冷たくて20℃くらいかな? この上なくさわやかな気分でBRTは順調にすすんでもうすぐ下車駅というその時、バッグの中の携帯がなにやらビービーとしつこく鳴っているのに気が付きました。 時計を見るとすでに7時AMです。 

シェフTから。。。。 忘れ物でもしたかしら? と思いながら電話に出たのですが、でてきた言葉に耳を疑いました。

”ナムタンさん、今日来れないんだって!”

え??なに??ライブに来れないなんて105.png 具合が悪いならなんで昨日のうちに、今朝でもいいからなぜ電話くれなかったのよー!!!!!  とう気持ちを抑えてさあどうしようか頭の中がぐるぐる回りました。

とりあえずは私がなんとかしなければ、、、しかし早朝にすべてをオーガナイズしなおせるのだろうか???

実は私は夢の中ではライブに行こうとしても車がストップして行かれなかったり、遅れたりという状況でライブに穴を開けそうになって大焦り、夢の中で心臓が止まりそうになったことが何度もあります。 なので実際のライブの時はそんなことが絶対にないようにとミーテイング時間よりもうーんと早くスタジオ入りしているのです。

その夢が現実になりそうな今朝の状況、とにかく早くいかなければ!

心臓をばくばくと鳴らしながらなんとかスタジオに到着。 担当のアシスタントさんがすでに出社していたので状況を説明してバイヤーさんの判断を仰ぐことに!

ああ、こんなことなら最初から私が出演することにしておいて通訳さんも準備してもらっていたら、、、と後悔の念が沸々、、、まさかドタキャンがあるなんてああ、なんて運の悪い私。 ストレスマックス。

相談の結果、ショーをキャンセルすることになりました。

176.png

それがねー

なんと会社全体が停電してしまったの。

そうです、停電。

8時から始まるライブもできるかどうか復旧の見通しは立っていない状況になったので9時からの予定だった私たちのライブは問題なくキャンセルということになりました。

これを不幸中の幸いというのかしら?

ライブに穴をあけそうになったという事実には変わりありませんが、この停電でかなり心が救われました。

で、

ナムタンですが、今朝突然に赤ちゃんが生まれそうになって病院に行っています。

先週末にみんなに止められながらも長時間にわたり車に揺られて長旅をしたことが原因しているのか予定日よりも1か月以上も早くその日が来てしまったようです。 

こちらも心配ですし、無事に出産後もしばらくは産休ということになります。

ああ、いろいろあって大変な毎日ですがチャイニーズニューイヤーも近くなっていますし、海外からのお客さんの予定もあるのでスタッフを補充しようかどうしようか悩み中です。

チャイニーズニューイヤーは2月15,16日で中国系のお客様が翡翠のジュエリーを手に入れたい時期でもありますのでお問い合わせも多くなっています。

私も2月は毎日翡翠ジュエリーをつけて過ごそうかな?と思っています。

b0202356_14152205.jpg
今日はこのフェニックスのイヤリングを着けています。 翡翠は大昔から身を守るお守りと言われていますけれど、もしかしたら今日はこの翡翠が私を守ってくれたのかも、、なんてね

それでは!






by sheenbangkok | 2018-02-06 14:16 | タイのこと | Trackback | Comments(0)

タイ人の美女力

おとといはショップチャンネルタイランドにて朝から4回の”Sheen by Artline"のライブが放送されました。

前回のライブが好調だったので今回は高額品の品数が多いショーだったのでどうかなあ、、、と心配していて多くの期待はしていませんでしたが、予想以上の出来でよかったと思います。

開局当時の4年前から変わらずに驚くのはショップチャンネルタイランドの制作スタッフは驚くほどの美人ぞろだということです。 ライブの前のミーテイングは控室にキャスト、プロデューサー、バイヤーなどが集まってゲストを含めて打ち合わせるのですが、スタッフが部屋に入ってきた瞬間にどの人がキャストでどの人がプロデューサーなのか一瞬戸惑います。

プロデューサーはたいがいが若い女性でスタイル抜群の美人が多く服装もお化粧もかなりばっちりと決めています110.png 

弊社のゲストがタイ人なのでミーテイングはタイ語で行われるのですが、わからなくなると英語で通訳までしてくれる優秀さです。美人、スタイル抜群、知性ありのタイ人女子たちを見ると若いタイ人のパワーを感じます。

そしてモデルといえばこの世のものとは思えないような容姿とスタイルの持ち主ばかりでふつうのタイ人女子とは明らかに違います。 この人たちってどんなご両親から生まれたのかしら?と素朴な疑問がいつも沸いています。

そんな美女たちに囲まれてごくフツータイ人女子のナムタンは堂々とライブをこなしてくれたのは立派でした。

177.png177.png177.png177.png177.png  星5つあげたいです。


こちらは朝のライブでお世話になったちょっとかわいい系のモデルさんです。 カメラを向けるとすかさず最高のポーズをとるプロフェッショナルです。

b0202356_22510081.jpg
どのジュエリーでもこんなきれいな人が着けると輝きが2倍3倍になって思わず欲しくなるでしょう。


そんな美女軍団のおかげで高額商品がライブの1時間目にSold Outになり気分の良いスタートをきりました。

タイ人の購買力の高さには前回のライブに引き続き今回も驚かされました 今まではジュエリーは輸出が中心でタイのマーケットは限られた富裕層だけがターゲットだと思っていましたが、このところの急激な中産階級の出現でジュエリーもお洒落でこなれた価格のものはタイ人が買うようになってきています。

タイは宝石大国ですのでジュエリーショップもどこそこにありますので他の会社にはない魅力あるものを作っていかれるようにこれからも努力しなければ、と思うこの頃です。

はあー、仕事は努力なしには進めない、、、大変ですが頑張りたいと思います。

それでは良い週末を!









by sheenbangkok | 2018-02-03 22:09 | タイのこと | Trackback | Comments(0)