カテゴリ:翡翠( 180 )

帰国しています

14日のライブのために日本に帰って参りました。

😱寒いです。。。。

早速新作を付けています。

b0202356_15143755.jpg



着けていると皆さん欲しいと言ってくださるのですが、これは18周年記念でショップチャンネルで販売するもので14日の1日だけは特別価格になるのです。なので14日に買われるのがお得(^-^)
b0202356_15280148.jpg

インペリアルも若干数ですが良いものをもってきておりますので本当に良い翡翠を求めていらっしゃるにオススメです。

また、今回のドラゴンはダイヤモンドが入るホンコンマダム仕様(笑)ですのでオシャレに翡翠を装いたい方にはオススメです。

いずれも14日の13時から1時間のみの紹介です。

是非ご覧下さいませ。

😭さぶーい

それでは(^-^)


by sheenbangkok | 2019-02-12 15:08 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

18周年

アートライン翡翠コレクションの春夏新作販売まであと1週間になりました。

今日はショップチャンネルのバイヤーさんから18周年の記念アイテムとして紹介するのには何がいいですか?と聞かれました。  どのアイテムにも思い入れがあるのでとても悩ましいお尋ねでした。 翡翠のトップクラスのインペリアルはもちろん、今回私物にしたいと思っている輪っかのイヤリングやリングももちろん、ダイヤをあしらったドラゴンのペンダントは一押しだし、、、、、でもやっぱりアートラインといえば親方の彫るカービングでしょう!となりました。

翡翠職人とメタル職人の長い年月をかけての息の合った前進がなければできない作品、、、まさにそれはカービング。 今回のガネーシャと蓮池の風景こそがアートラインにしかできない技だなと思いました。

ところで、今回のアイテムで多くの方のお声と、私自身が欲しいという希望から生まれたのは輪っかのイヤリングとリングです。

オール無処理の原石なので原石を割ってスライスしてカービングしてもまだ色の良さに確信が持てないことが多く、磨きをかけて初めて色と質がクリアになります。

でもこの輪っかは原石の段階で、きっと綺麗なものが出来上がると半ば確信していたものでした。

  
b0202356_23302012.jpg
透明度の高い氷質は質は良いものの薄くカットすると色が薄くなるのでポイントのイヤリングにはちょっと寂くなるかなと思っていましたが、結果的に透明度もあり色もあるものが出来上がったのでイヤリングとしてはパーフェクトに近い。 もちろんインペリアルのような鮮やかなものなら文句なしですが、この大きさ形でそれを望むなら気の遠くなるような高額になるに違いありませんので、今回の輪っかはかなりイイ線いっていると言えます、。

実はこの輪っかはイヤリングから外すことができるので今日はチェーンを通して着用してみました。
b0202356_23372831.jpg
小さい輪なので太いチェーンはジャンプリング部分でひっかかって通らないと思いますが、こんな細いチェーンをお持ちならばペンダントとしても楽しめるので得した気分ですね。

このイヤリングはイヤリング自体の14Kの地金もしっかりとしていて大きさもあるフープタイプですが、更に無処理でこんなに綺麗な翡翠の輪っかがついていますので、というよりも翡翠が主役なんですけどね、、、、、、、翡翠上級者にも初心者にもおすすめのアイテムです。

ああ、これも18周年に相応しいアイテムかしらね、、、悩ましい、

それでは!


by sheenbangkok | 2019-02-07 23:42 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

バンコクで春節

今朝はパンパンパンパン!!という激しい爆竹の音と火薬のにおいで始まりました。

b0202356_21462332.jpg
バンコクの私の住んでいるサービスアパートはシンガポールの会社の経営なので年中行事は旧暦に従って行っています。 よって今日は旧暦のお正月の前日になり、朝から盛大な爆竹の嵐、獅子舞のような寅がアパートの玄関前で踊り、祭壇の前にお供えをしているようなパフォーマンスをしていました。

去年もこんなに賑やかだったっけ???

タイではかつては旧正月といえばヤワラー(チャイナタウン)界隈が中国色でにぎわって歩行者天国になったものでしたが、中国本土からの移住者や旅行者が多くなってきた最近はもう中国の慣習を無視できなくなってきたのでしょう。 なんていっても中国人が春節で訪れる国のNO.1はタイですからね(ちなみに2位は日本)。

昨日はパラゴンに行ってきましたが、派手なデコレーションや売っているものまですべて春節を意識したものでした。 地下のグローセリーでは夕方になるとチャイナドレスを身にまとったタイ人スタッフの男女が突然にあらわれてステップを踏んで踊りだし野菜売り場はジャニーズオンステージみたいに盛り上がっていました。

タイの暦では今日も明日も祝日になっていませんが、なぜか会社の入っているビルはとても静かでまるで休みみたい。。。中国とは縁のない会社も閉めているところが多かったような印象でした。 平常営業しているのはインドの宝石商とうちだけーー??!!

というわけで今日はSheenのナムタンも私もジュエリーは翡翠を着けていました。
b0202356_22043969.jpg
私はアートラインの春の新作を早速つけました。

b0202356_22053313.jpg
イヤリングも翡翠でふふ、、ホンコンマダムになった気分125.png

アートラインの翡翠は存在感が大きく雄弁なかんじがするのでシンプルな洋服に合わせるのが最も映えると思っています。 冬なら流行に関係のない定番のタートルネックのセーターやおとなしめのワンピースでも翡翠のワンポイントが何かを加えてくれるような気がします。


さて、今日のイヤリングはダイヤとインペリアルがはいったものにしました。
b0202356_22074614.jpg
普段は翡翠もイエローゴールド派なのですが、インペリアルなどにダイヤを入れて正統派ジュエリー然と装う時はホワイトゴールドが合うように思います。

なので、このフェニックスのイヤリングもインペリアル、ダイヤモンドでホワイトゴールドです(こちらは新作ではありません)

b0202356_22145080.jpg
この春の新作は翡翠の玉を加えたドラゴンのペンダントを作りましたが、ベイル部分にダイヤを入れてホワイトゴールドベースで作成しました。 イエローゴールドにする場合はダイヤは入れずにオリエンタル感をだしたいと思っていましたが、結局はジュエリーとして華やかな席でも装えるようにと翡翠、ホワイト、ダイヤ、の組み合わせを選びました。

明日はこの玉を加えたドラゴンの新作ペンダントを着けようと思っています。

明日5日はレストランは中国系の家族連れで大賑わいになるでしょう!

それでは!


More

by sheenbangkok | 2019-02-04 22:40 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

アートライン翡翠コレクションの新作

さあ、今日は何がでているのかな?とショップチャンネルのHPを見ていたところ、なんとアートラインの翡翠コレクションの新作が既にアップされていました150.png

ライブは2月14日ジュエリーデイーの13時から1時間だけです。

お問い合わせの多いオープンワークのカービングももちろん出ていました。

今回は“蓮池の風景”をテーマに古いアンテイークのモチーフをアレンジしたとても難しい両面にカービングのあるものです。  カーバーが彫るためのワックスのサンプルを作り始めたのはもう半年以上前だったと思います。

b0202356_22351478.jpg
b0202356_22353130.jpg
ワックスは柔らかいのでこういった曲線を表現するには適していますが、翡翠はとても硬いものなのでどこまで表現できるかが心配でしたが、親方は限りなく近く表現してくれました。
b0202356_22391146.jpg
これはブローチにする予定でしたが、裏が完全に見えないのは、非常にもったいないのでペンダントにもできるように裏にベイルを着けました。  

このカービングは今でも親方が彫り続けています。 見ただけで時間がかかるとわかるカービングですので本当に少しずつしか完成しないのです。

今回はこれに加えて赤ちゃんのガネーシャも彫りました。 これも正確にはまだ彫っています。

これも親方に見せる見本をまず作り、試作して決定するまでに多くの時間がかかりました。ガネーシャは想像上の神様なので描き手によって雰囲気が随分と異なります。 今回は人間の赤ちゃんのようなガネーシャの愛らしい姿を3Dで掘りました。 こちらも数ができません。

アートラインの翡翠コレクションの新作を製作するにはショップチャンネルさんには十分な時間をいただいていたはずですが、やはりこのようなカービングを彫るには想像以上の時間がかかるものだと毎回実感しています。

ショップチャンネルでこの翡翠のコレクションを紹介していただいたのはもう19年も前のことです。 その時のカーバーは今でもアートラインの翡翠カービングの親方としてずっと続けて製作してくれています。

最初のころは親方を中心に多くのカーバーが製作に携わっていましたが、日に日に腕をあげて仕事に対して厳しくなる親方に対して他のカーバーが技術的にも仕事ペースにもついていけなくなり徐々に人数が減っていきました。

今はもう誰も親方に叶うものがおらず、難しいカービングは完全に親方の独り舞台です。

親方がこうして頑張れるのも応援して下さる皆様のおかげだと心から思っています。 長い間多くのお客様にご購入いただいている間に親方もどんどんと腕を磨くことができ、作品も明らかに初期のころとは違って素晴らしいものになっています。

アートラインのお客様は長いおつきあいの方が大変に多いと伺っています。 これには本当に感謝の言葉しかみつかりません。

これからもより良いものができるように職人一同精進してゆくつもりでおりますので、どうぞよろしくお願い致します。

それでは!

アートライン翡翠コレクション  ショップチャンネルライブ  2月14日13時~
14日だけはお買い得価格になりますのでお見逃しなく!




by sheenbangkok | 2019-01-27 23:16 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

輪っかが”つづく”

輪っかのリングとお揃いで着けたいイヤリングができました。

お揃いと言っても翡翠の色がリングとはことなり、こちらは明るい薄緑です。

原石の質が全体的に良かったので色も大きなばらつきが無く、氷質の透明度のあるものが揃ったと思います。

b0202356_22231805.jpg
前から作りたいと思いながらなぜか作らなかったものです。 シンプルなフープに翡翠の輪を通したもの、いわゆる輪っかに輪っかを通すというデザインです。 

Sheenに並べるとするとピアスのみなのですが、日本に輸出するコレクションなのでクリップタイプとピアスタイプの両方を作りました。

b0202356_22283754.jpg
クリップタイプもピアスタイプも着けてしまうと同じように見えるデザインにしています。 

b0202356_22295851.jpg
リングの輪っかは深めの緑色でしたが、こちらは明るい黄緑色です。 髪の毛が耳に被さるような方でもこの色なら埋もれないとうのが利点ですし、顔映りの大変に良い色なのでイヤリングには適していると思います。

メタルのフープをかなりしっかり目に作っていますのでフープイヤリングだけでも使えるようにしました。 シンプルなフープはとても使いやすいジュエリーですが、細すぎるのはちょっと若向きになってしまうのでしっかりとしたボリュームです。輪が大きすぎず、かといって小さすぎないところがマダム向きかなと思います。

翡翠は取り外しができます。

ここがポイント。 輪っかにチェーンを通してプチペンダントにしてもさりげなくて素敵です。

サンプルを既に日本に送ってしまったので写真がこれ以上ありません。 すみません144.png

輪っかはシンプルでいて翡翠ジュエリーの定番デザインでもありますので持っていて損ないと思います。 この端っこのないエンドレスの輪の形は”永遠”とか”無限”をあらわすInfinityと言われ、幸せが永遠につづく、、とかお金が永遠に儲かるとか、、、そんな願い事が込められた形で、翡翠でのこのInfinityスタイルは根強い人気があります。

アートライン翡翠コレクションの2019年春夏向けのジュエリーです。


ところで181.png

永遠につづくの”つづく”という言葉ですが、最近バンコクの街を歩いているとこの文字をよく見かけます。

先日はTシャツのどまんなかにおおきく”つづく”と書いてあるのを着ている人を何人も見ました。 流行っているのかしら??と会社のスタッフに聞いてみましたが、スタッフは知らない模様。

おとといの日曜日にはスパンブリ県に用事があっていきましたが、その時にこんなのまで見ました。
b0202356_22515986.jpg
121.png121.png121.png121.png121.png バンコク以外でも流行っているとは、、、 

もしかして、永遠に幸せがつづく、、、なんていう翡翠の輪っかのような意味が込められているとしたらすごい洒落てますよね!

いや、まさかそんなに深くは考えていないでしょう。。。。。。。。。。???

それでは!


by sheenbangkok | 2019-01-15 23:01 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

輪っかの?

”輪っかのカービング”

これっていつの時代も変わりなくリクエストの多い翡翠のジュエリーです。 

輪っかのリングは随分前に翡翠カービングで製作しましたが、カービングの在庫が無くなってSOLD OUTになったまましばらく制作していませんでした。

久々にアートラインの春のコレクションで作ろうということになりました169.png  しかも、がちっと翡翠もゴールドも大ぶりにしました。

翡翠は大きいですが出っ張りが少ないリングなので日常遣いに問題はありませんが、ちょっとオシャレに装っても着けたい感じです。

試作品は早速私の手元にきております。
b0202356_20022251.jpg
光が当たっているので薄い色に見えますが、デイライトの下ではもうすこし濃い緑色です。

このモチーフはもうずっと古くからアジアでは”Infinity永遠”と言われていて翡翠ジュエリーの定番中の定番となっています。 今回はご覧の通りにおおぶりですが、ドーナツ状になっているので軽やかな印象すらあります。

シンプルなモチーフだからこそ石が良くないと作れないんですね。 なので今回は綺麗な原石がやっと集まったところでエイヤー使いましょう!”と作る決心をしました。

ペンダントも同様。 無処理で綺麗な石はそうそうないのでやはり良いものが集まった時だけ。 ペンダントはSheenにはございますが、今回の新作ではリングだけです。

今回のリングは翡翠も大きい(7ct以上あります)分、ゴールドの部分もしっかりとしたデザインにしました。 そうすることでスタイリッシュなお洋服にも似合うようになりましたし、大きな翡翠も安定して動きにくいという利点があります。

b0202356_20104025.jpg
シャンクの片側はこんなに太いのですが、これが徐々に細くなっていくので反対側は細くなっているというアシンメトリーなデザインです。

和装で歌舞伎の観劇という時にも決まるし、カジュアルな普段着でもさりげなくて素敵ですし、手元の目立つお食事会などには気張りすぎない感じでいいかも146.png

そんなこんなで

b0202356_20215479.jpg
このリング、結構気にいっています。

アートライン春のコレクションに入ります。

それでは!


by sheenbangkok | 2019-01-09 20:22 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

ギリギリになって頑張る親方

今日から弊社のスタッフはお正月休みに入っています。

私はその分Sheenで店番144.png とう役目をしているのですが、お客様がいらっしゃらない時間はデザインを考えたり、メイルを見たり、雑誌に目を通したりといった普段は駆け足ですませてしまうことをのんびりとやっている楽しい時間でもあります。

そうそう、昨晩はセントラルワールドにクリスマスデコレーション(クリスマスは終わってしまいましたがね、、)を見に行きました。 今年はまだ見ていませんでしたし、ニューイヤーイブになると渋滞と人の数に圧倒されるので今のうちに見ておこうというとう感じでした。

b0202356_21400179.jpg
まだ28日なのにすごい人でしたが、巨大ツリーで有名なセントラルワールドなのにツリーがちっちゃくて拍子抜け。

向かいのゲイソンのデコレーションの方がずっとお洒落で輝いているように見えました。
b0202356_21420384.jpg
もはやクリスマスイルミネーションはバンコクのどこそこで見られるので、パラゴンやアイコンサイアムのあか抜けたイルミネーションに比べるとセントラルワールドがとてもオールドファッションに見えてしまいました。

さて、

年明け早々に2019年春のアートライン翡翠コレクションのサンプルの検品が予定されているので気持ちはそれほどリラックスしていというのが正直なところですが、私と同じくらいに気持ちが落ち着かないのが難しいカービングを一人で背負っている親方だと思います。

彼のエンジンはなかなかかからないのでいつも私たちはヒヤヒヤなのですが、今年は年末になってフル回転し始めました。
b0202356_21504711.jpg
機械のようにきっちりと同じものをカービングできる天才はいまだかつて2人しか出会っていません。 その一人が親方。
b0202356_21531818.jpg
カービングのみならず石がどう出るかが本当に心配ですが、今回も綺麗な色が出てくれました。 ラッキーです。

来年の春を前に皆様のお手元に届く予定のコレクションは春を意識した明るい色の石と華やかさを持たせたものです。

アートラインのお客様はカービングの良さを分かってくださっているので、それに応えようと思うと年々カービングの難度が高くなってしまって親方も大変で、数も多くは出せなくなってしまっています。 ですが、親方の目の黒いうちは更にハードルを上げて頑張ってもらおうとおもっています。

そんな親方も今日からお休みでやっとリラックスしていることでしょう。

年始もちゃんとエンジンかかってくれるかとちと心配ですが、とりあえず数日は皆でゆっくりと休もうと思います。

それでは!



by sheenbangkok | 2018-12-29 22:04 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

翡翠は暑いときも寒いときもどちらにも使えますね

日本から帰ってきて2日目になり、寒さですっかりと硬くなった肩や首をジムでほぐしたりしてすっかりと夏向きの体に戻りました。

東京も沼津も本当に寒かった143.png143.png  

東京に着いて友人と食事をした表参道では帰り道の木枯らしが冷たくて顔が硬直してしまいました。 綺麗なクリスマスデコレーションもゆっくりと楽しむ余裕がなかったです。

b0202356_22121784.jpg
寒かったけれど冬の空気はクリスピーで澄んでいるいるように感じました。 また、御殿場に行ったときの空気の冷たさと夕方見た富士山の姿は忘れられないものとなりました。
b0202356_22181033.jpg
バンコクに戻ってきて暖かさに(暑さに!!)ほっとはしましたが、ああ!あの澄んだ空気が懐かしいと感じるほどバンコクの空は大気汚染でかすんでいて遠くの景色が見えないほどでした。

さて、今日の仕事のスタートはSheenでした。 珍しく寒色系で服をまとめました。

 
b0202356_22253038.jpg
先日ブログで紹介させていただいた長----い翡翠のネックレスなどへの反響がとても多きくて同じようなものが欲しいとおっしゃる方がいらっしゃるのですが、いずれも1点ものであるので追加制作の予定は近日中にはありません。 

翡翠が入るロングは2点だけ制作中のものがございますが、完成品はいまのところSheenにはありません。 短いものですが紹介できるものがいくつかあったので私が試着してみました。

ご覧の通り、今日はホワイトベースのジュエリーですが、、、、


b0202356_22440543.jpg
胸が開いたこんな服でもポイントジュエリーになりますね。 もちろんセーターの上でも素敵でしょうね。 こちらはパールとカービングの翡翠のボールの組み合わせです。


こちらも同じくパールですが翡翠の形がちょっとユニークです。
b0202356_22475660.jpg
今日の服には長さが中途半端になってしまっていますがこの長さはどなたでも似合うバランスです。

そして最後にちょっと個性的ですがこちらも。
b0202356_22584776.jpg
これはずっと前のコレクションで作成したものと同じ透かし彫りのカービングですが、今回は縦に使いました。

翡翠の緑は目に見えないほどのブルーが入るのでこんな真夏の格好でも涼しく装えますが、冬の日本に行ってもそのまま冬の装いにマッチするので活躍の場が多いですね。

これらのネックレスは2019年の新作ではなくバンコクSheenでのみの取り扱いです。 

ロングではありませんが、どれも素敵だと思います。

それでは良い週末を!

by sheenbangkok | 2018-12-22 23:06 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

翡翠のながーーーーーーーーーいネックレス

ベージュやグレージュのような色は色合わせ次第でとても上品で素敵な装いになるから大好きな色だけど、現実は私のような中途半端に日焼けしてくすんだ肌に合わせるとどうしてもボヤんとした印象になってしまうのが悲しいところです。

今日は会社に来てからなんとなくぼやけた装いだなあと感じたのですがSheenでお客様とアポがあったのでなにかちょっときりっとさせたいと思っていました。 そこで Sheenで目についた翡翠のローーーーングネックレスを大急ぎで合わせてみました。

b0202356_21231329.jpg
ファセットしたブラックスピネルのビーズの間に丸玉の小さなオニキスが入り、アクセントに翡翠の丸玉が入るデザインです。

このネックレスの全長はとっても長くて140cmあります。 長身の方は1連でも着けこなせると思いますが、基本は2連、そして3連まで可能にしたためにこの長さになりました。

b0202356_21261745.jpg
この長さなのでワイヤーを纏めて通しただけでは形が崩れてしまったり、金属疲労でワイヤーが切れたりする恐れがありますので、各パーツにシルバーワイヤーを通してエンドをねじり、ねじったところを別のパーツとつなぐという気の多くなるような作業をしてこのながーーーいネックレスを完成させました。

なのでかなりしっかりとした出来上がりです。

翡翠はベージュなどのあいまいな色に合わせるととても映えますね。  黒のブラックスピネルのきらきらも翡翠とあわさるとシックで大人の輝きにとなる感じがします。


3連にするとこんなかんじです。
b0202356_21345437.jpg

タートルネックの服の上からでもうまく収まりそうです。

ワンピースなどを着たときもバランスいいかな?などなど思いめぐらせます。


このネックレスはそんなこんななのでSheenではもう177.png残り僅か177.png (追加のない商品です)です。

今年の日本の冬の装いにはかなり重宝しそうな気がしますので是非お早めにチェックしてみてください。

ネックレスを着けてさあ準備万端だったのですが、お客様に急用ができてアポが延期になってしまったのでちょっとガクッとなりました。 結婚指輪の相談にいらっしゃるはずでしたので幸せなお二人のオーラに包まれるのがとても楽しみでした。 昨日は1歳6か月の天使のようなベビ君がSheenにいらしたのでもう可愛いオーラ全開でナムタンも私もほのぼのほのぼのな気分になったところだったので2日連続の幸せオーラかな?と思っていましたがちょっと今日は残念でした。

さ、
b0202356_21540522.jpg
それでは楽しい週末を!

by sheenbangkok | 2018-12-01 21:54 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

今日のライブ

今日はショップチャンネルのタイランドのジュエリーデーでした。
b0202356_21134533.jpg
ナムタン出演のSheen by Artlineのライブが終わりました。

b0202356_21203289.jpg
準備万端で臨んだ今日のライブはナムタンのトークも満点をあげたいくらいの出来で安心してみていられました。

b0202356_21162806.jpg
                      (すっかり貫禄がついたナムタンの本番前)

ナムタンの衣装は私も日本のライブで着用したことのある黒の衣装ですが、あれあれ、、他社さん、、ナムタン以外はどのゲストさんも白、キャストさんも白、、、なぜだか白一色のスタジオでした。

そういえばナムタンも昨日は”明日は白を着ましょうか?”と言ってたっけ。。。121.png  白はハレーションを起こすから!とテレビではNGだと信じ込んでいたので結局は黒に決定してもらったのでしたが、、、、

実はタイでは今日から10日間は菜食習慣でタイ人の間では”キンジェー”と言われているものです。 中国系のタイ人のみならず最近ではかなり広く浸透しているのでレストランやベーカリーでもこの期間だけは特別メニューに代わるところも多いです。 クテイヤオ屋さんもこの期間はジェーのヌードルになるのですが、たいていは甘くてなんともいえない味のものになるので好きな人は少ないかもしれません。 

それで、その期間はなぜか白い服を着るような習慣になっているのだそうです。 

そういうことで今日のテレビに白い衣装で出るのはとてもタイムリーで良かったんですね。。。もっとよく考えてからナムタンに意見すべきだったと反省しました。

さて、キンジェーの期間はお菓子も動物性のバターや卵を使わないので今一つの味だと言われていて客足が遠のくのではとおもいきや、引き続き大人気のお店があるとのことで会社のスタッフが今朝、スタジオに行く前に人気のものを買いに行ってくれました。

サンカヤパンという緑の餡の入ったものはSheenのショールームのすぐそばのAma Bakeryが有名ですが、こちらのサンカヤと人気を二分しているのがこちらのサンカヤぱん。 しかもキンジェーの機関でもファンを離さないそのお味とは。。

b0202356_21561311.jpg
111.png111.png111.pngこれが絶品。

ふわふわもっちりのパンにクリーミーで程よい甘さのサンカヤーがはいっています。 バターと卵を使わなくてもとてもリッチな味わいでした。

こちらのお店はあのSiroccoで有名になったState Towerのすぐ近くに古くからあるらしいのですが、ずっと大人気なのに支店がなく1店舗だけなのだそう。
b0202356_21164955.jpg
b0202356_21170818.jpg
キンジェーの期間でなければ絶対に外せないのがEgg Cake Taiwanのチーズ味(弊社のセクレタリーの意見)だそうで、相当に美味しいらしい。 ちなみにEgg Cake
Taiwanのチーズ味は大きなピースでB120-,サンカヤパンは一つたったのB12です。 お値段もびっくり。

こんなに長くバンコクに住んでいるのに目と鼻の先にある皆が知っている名店を知らなかったなんて自分にびっくり。

ライブが終わってほっとしたナムタンも私もサンカヤパンを3つずつをぺろりと食べてしまいました。

それでは!

by sheenbangkok | 2018-10-11 23:06 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)