カテゴリ:翡翠( 160 )

翡翠の検品

b0202356_22300682.jpg
アートラインの翡翠の最後の検品です。

翡翠の鳥はオーナーさんに会うのが待ち遠しいという感じ。 どなたのもとに旅立ってゆくのかまだわかりませんが、この鳥が沢山の幸福を運んでくれることをお祈りします。


フィレンツェスタイルのリングもやっと完成しました。

b0202356_22331076.jpg
サテンを施してやっと完成。 検品も終わりました。

写真を撮ろうとおもっているうちに大輪の牡丹やドラゴンのカービング、そしてものすごい数のオーダーをいただいた白菫のペンダントも検品が終わって箱詰めされてしまって写真のタイミングを逃してしまいました。

いずれもこれからどんな方がオーナーになるのかと考えるだけでワクワクしますね。 地中に長く眠っていた良質の翡翠が私たちの元にやってきたご縁と、カーバーの魂の籠ったカービングは皆様のお手元で末永く護身の宝石として輝いてくれることと思います。

この氷翡翠も透明で神秘的ななかにほんの少しの緑の輝きが感じられる不思議な石ですが、ゴールドの細工もとても凝っているものでハイジュエリーの香りが感じられるリングです。


b0202356_22413735.jpg


b0202356_22421744.jpg
すべての作品は皆様のお手元に届くべくバンコクを経ちます。


とても忙しい5,6月でしたが今回の作品はどれも秀逸なものが揃っていたので気分が充実していた日々でした。

更に大至急のあの結婚指輪のご注文も、なんとかかんとかオンタイムに完成してすでにお渡しすることができました。


こんなかんじにできました。



b0202356_22465324.jpg
ヨーロッパの方からのご注文でしっかりとした作りのものをご希望でしたのでエレガントさが無くなるのを心配していましたが、ハートの形を優しいラインにして仕上げたのでボリュームもありながらやさしい感じも加わってよかったのではと思います。  ご依頼のお客様も大変に喜んでいただいて、私もとてもハッピーな気分です。

結婚式にもご招待いただいたのですが、とっても残念ながら日本でのショップチャンネル出演とバッテイングしてしまったので断念したというわけです。

出荷も納品も無事に済んで気持ちの良い月曜日です。

それでは!

by sheenbangkok | 2018-06-04 22:53 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

オーダーいただいたアートラインの翡翠コレクションの生産は順調に進んでいます

ショップチャンネルの4月のジュエリーデーでご注文いただいたアートライン翡翠コレクションの生産は順調にすすんでいます。

カービングの追加分は親方がじっくりと制作中でまた最終磨きに至っていませんが、親方にとって無理のないペースでも予定ぎりぎりにできそうな見通しがたってきたのでちょっと安心してきました。

さて、メタル部分の作成の方ですが工房では時間のかかる作業がやっと終わりつつあります。

こんな作業


b0202356_22534724.jpg
手前の黒い影は石のセッテイング用のマイクロスコープです。


実はメタルにエングレービングを施しています。

b0202356_22560977.jpg
キャステイングでおおまかな輪郭はできていますが、細かい彫りは一つ一つ手掘りで入れた方がはっきりときれいに仕上がるのです。


b0202356_22575967.jpg
シルクロードリングの浮かび上がっているフィレンツェ風の模様部分のカービングを彫っているのでした。 

この後、サテンのようなラインリングの腕に1本1本丁寧に入れていきます。

まだまだダイヤの石止めは先の作業です。

翡翠を留めるのはまだその先。

5月に入ってからこつこつと彫ってきたシルクロードリングは、来週からやっと次のステージにすすみます。

出来上がってくるのが本当に楽しみになるりますね。

今週もあと1日で終わりますが、まだあと1日頑張れる!ので引き続き明日も頑張りたいと思います。

それでは、皆様は良い週末を!

では



by sheenbangkok | 2018-05-18 23:08 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

ここまで拘らなくても良かったのですよね

パーツの在庫がこれで最後になりましたのでラスト1のネックレスを繋げました。

b0202356_21434506.jpg
白ヒスイとエメラルドのネックレスです。


着けてみるとこんな感じ。


b0202356_21444605.jpg
爽やかで今からの季節にぴったり。  エメラルドはバロックのタンブリングですが、透明度もあるし大ぶりですので貫禄があります。



これは最後のピースですが、以前にSheenで販売していた時は白ヒスイの細工に気がつくかたはほとんどいらっしゃいませんでした。

購入を決めた後に気がついた方のいらして”ここまでしなくても、、見えないから”といったようなことを言われた欧米系の方もいらっしゃいました。

確かにね、、、

b0202356_21522469.jpg
ビーズ2つで1匹の鯛になります。

ズーーーっと前に親方が彫りました。

あくまで私の自己満足な作品です。

もう作らないと思います。 だって、だれも気がつかないんですもの145.png

魚のモチーフは縁起が良いということで好まれる方が多いです。 とくに中国系の方。

おさかな好きの方にぜひ。

Sheenにてご覧になれます。

それでは!


by sheenbangkok | 2018-04-28 21:56 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

アートライン翡翠コレクションの放送はいよいよ明日です

明日の朝7時よりショップチャンネルのライブ出演します。

朝が早いので東京の実家からでは遠いのでホテルにチェックインしました。 朝にじたばたしないように明日つけるジュエリーも準備しています。


b0202356_21164455.jpg
ネイビーのシンプルなトップスなのでドラゴンにしようかとっても迷いましたが、、、、というかまだ迷っています。。。どうしようかな。。

先日ショップチャンネルのキャストだった川野さんにお会いした時に、”ドクターコバさんがドラゴンは赤い球に向かっていくのだと言われたわ”というようなことをおっしゃっていたのです。 夏の焼け付ける太陽のもとでのぼり竜のブローチを着けたなら、まるで赤い球(太陽)に向かって竜が昇天するようでしょう! なんて縁起のよいこと、それなら明日のライブで着けようかな、、などと思い始めました。 

でも、初志貫徹で明日はボタンを着用します。

明日は早いのでこれからちょっと明日の予習をして寝ます。
b0202356_21294982.jpg
今回の作品は本当にどれもこれも素晴らしいものが揃いました。






明日だけは特別価格になると思いますので朝7時のライブをご覧くださいませ。

それでは!

by sheenbangkok | 2018-04-18 21:38 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

アートライン翡翠コレクション2018は4月19日ショップチャンネルにてライブがございます。

アートライン翡翠コレクション2018は4月19日朝7時よりショップチャンネルにて販売させていただきます。

全品が2018年の新作です。 

お薦めしたいものが沢山揃っていて本物の翡翠がお好きな方にはぜひご覧いただきたいものばかりです。

嘗ては翡翠といえば無処理の本物があたりまえで、それ故にきれいなものは恐ろしく高額だったと思います。 使い物にならない質のものを染色、含侵処理で綺麗にみせた翡翠を本物として売る人たちが現れたのは20-30年前くらいのことです。 それらは当時はニセモノとしてバイヤーを欺くための石であったと記憶しています。  原石やルースの取引ではバイヤーの目と売り手の信用度が大切なのですが、バイヤーでもうっかりとニセモノをつかまされたという話はあちこちで聞きました。  

さて、今はどうかというと含侵、染色したものはB翡翠、C翡翠として居場所をみつけています。 お土産やアクセサリーの翡翠はB翡翠、C翡翠を使っていますので安いのです。 ですが、ジュエリーとしての翡翠を入手するのなら無処理にこだわった方が私は良いかと思います。 ”本物”を持つというのは自己満足にほかならないのですが、ブランドのコピーと本物が違うように本物にはオーラがあり時間がたてばたつほどニセモノとの差が歴然となってきます。 また本物はお嬢さんやお孫さんに自信をもって譲ることができます。

無処理の翡翠をテレビで売るというのは色や質のばらつきが出せないのでハードルがかなり高くて本当に大変な仕事です。 それなのにショップチャンネルさんではもうアートライン翡翠コレクションとして紹介していただいてから18年目?を迎えています。 これまで膨大な数の翡翠原石がカットされ、作品は沢山のお客様のお手元に届いていると思います。 翡翠をカービングする職人の腕はどんどん上がり、ゴールドの職人も技術を向上させてきているので最近はかなりの大作も制作できるようになりましたが、18年前はとってもそんなわけにはいきませんでした。

試行錯誤で来る日も来る日も翡翠のことばかり考えて徹夜もしましたし、体調を壊して長期入院したりとこの18年は苦労の山を数えきれないくらい越えてきたと思います。 流産もしましたしね141.png

これでもう最後だわ!といつも思いながら力を絞ってコレクションを制作するのですが、お客様からご注文をいただりコメントをいただくと嬉しくてうれしくて”ああ、もうあと1回だけ”と思いながら1年1年のばして気が付いたら18年でした。 超未熟な私たちにそっぽを向かずに辛抱強く今まで支えてきてくださったお客様とバイヤーさんには感謝をしてもしきれない思いです。 やっと今は自信をもてるものが制作できるようになってきていますので今こそ見ていただきたいと思っています。

さて

今回の翡翠コレクションの中の一つで”爽やか”という言葉がぴったりの洋服にも和装にもあうリングがございます。

この石の色の表現をどうしようかとても悩みました。 

水槽の中に緑と水色の絵の具を落して混ぜたところに白い絵の具を垂らしたような色です。”ミルキーライトグリーン”と表現しました。 陶器のような詰まった緑ではないライトグリーンの表現は難しいです。

こんな色の翡翠です。

b0202356_22283906.jpg
そして、滑らかに磨かれた翡翠の肌は育ちの良いお嬢さんというかんじです。


b0202356_22311259.jpg
プロングも石座も無いので翡翠全体が見えてしまいます。 裏を貼って色をアップさせることもできず難点を隠しようがなく天然の色と質で勝負!のような、、、こういったデザインは実は最も悩ましいのです。 翡翠ですので繊維などはインクルージョンとして存在しますし、マイナーな斑(クラックのように見える線)も見えますが全体には半透明で美しく、しかもコロンと魅力的な形です。

”佐野さん、今回の一押しはどれ?”といつも聞かれるのですが、今回は”全部!”と答えています。

ですが、敢えて言うならこのリング、、要チェックだと思います。 朝7時のライブをお見逃しにならないようになさってくださいね。

夏の浴衣姿にも似合いそうな涼やかさです。

ではでは!


 



by sheenbangkok | 2018-03-26 23:00 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

幸福の青い鳥の巣?



今朝のNHKニュースを見てびっくり、東京の空には雪が舞っていました。 先週は桜が9日も早く開花したというニュースを聞いて”ああ、帰国時のトレンチコートはもはや必要ないのね。 がさばるものが一つ減ったー110.png ”と喜んでいたのですが、三寒四温のこの時期、、、まだまだわからないですね。

一方、バンコクは今朝から4月のソンクランの時期をおもわせる蒸し暑さでした。

なので思い切って真夏の服装になりました。


b0202356_21342851.jpg
ばばっと全体をお見せしたいところですが、50過ぎのおばさんのアップは我ながらもはや耐え難いので部分ショットで失礼させていただいています。

肌見せの部分が多いのでイヤリングは夏の定番の大きい翡翠のカービングを久しぶりに出しました。

こんなふうに襟元が大きく空く夏の装いの時はネックレスはせずに大きなイヤリングのワンポイントがすっきりとする感じがします。


b0202356_21400631.jpg

リングは新作をしてみました。


ペンダントを制作したのが10年前、、、、

やっとおそろいのリングを作りました。


b0202356_21424660.jpg
眺めているだけで楽しくなる、幸福の青い鳥の巣です。

3つの卵はAKOYAのベビーパールなのですが、この輝きもまばゆいので翡翠同様に人のめをひきます。

きょうはこのリングにお客様の目が釘付け。。。。

しかし、こちらはアートラインの2018年春夏コレクションの新作なのでSheenではまだ販売しておりません。 すみません、、、


b0202356_21471242.jpg
夏の装いのポイントにもなる楽しい鳥のリングは着けているだけで自分も周囲の人も楽しく幸せな気分になりそうです。

そして今日は道行く人がみんな私の手を見ているように思うのは気のせい????

翡翠は人を惹きつける不思議な魔法の力も持っているのかもね。。。


b0202356_21515433.jpg



それでは!




by sheenbangkok | 2018-03-21 21:54 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

Silk Road

私が帰国する4月には東京の桜の花が散った後になりそうなので会社のデスクの上でお花見できるようにしました。

昨年の春に元駐妻さまからお送りいただいた心躍るカードを今年も出しました、


b0202356_22445631.jpg
桜の木の下で瞑想する仏様、、、あれあら気持ちよさそうにお昼寝中の仏の方々も、、152.png 心なごむデスクになりました。

さて、今日はまた新しいコレクションの1つが出来上がってきました。

”シルクロード”と名付けたリングです。

東西が出会うという意味と、シルクの布のような肌触りがしそうなリングの仕上げをかけたものです。

石座には”桑の実と葉”を透かし彫りで入れました。  これは ま  よ  け  の意味です。

センターストーンは東洋の神秘、翡翠、インペリアル翡翠です。

b0202356_22540001.jpg


18Kイエローゴールドで作成してダイヤもポイントに入れました。



b0202356_22551444.jpg
フィレンツェ風の彫りとシルクロードのオアシスで売られていた桑の実、そして翡翠というエキゾチックな組み合わせです。

リング腕は最後に1本1本サテン風の仕上げを入れて滑らかなシルクのような光沢をだしています。


今年に入ってから作ったものの中で一番気に入っているリングがこれかもしれないなあ、、、、、今のところ。

b0202356_23000338.jpg

翡翠はちょっと濃いめのインペリアルを入れています。  このデザインにはアップルグリーンではない気がします。

イエローゴールドベースですが、エングレービングの部分はホワイトです、


アートラインの春夏コレクションは時間をかけてじっくりとデザイン、製作したものばかりなので出来上がりが楽しみです、

それでは!


by sheenbangkok | 2018-03-16 23:06 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

アートラインの春夏コレクション2018

昨日さんざん自慢した親方のカービング作品にベイルを着けました。



b0202356_22530729.jpg

夏に着る黒、紺、ベージュなどシンプルなデザインの服ほど映えそうな白ヒスイの牡丹です。

白ヒスイは全体の印象は白ですが細かくみてゆくとグリーンが入ったりほのかにラベンダーだったりと天然ならではの自然な色合いですが、いずれも氷のような質感のある原石からの作成ですので、研磨後のつるりとした輝きは”よいものだよ”と石が語っているようです。

こちらはアートライン春夏コレクションとして約1か月後の4月19日朝7時よりショップチャンネルで紹介する予定になっています。 1時間だけなのですが、昨年より時間をかけてこつこつと準備したもので今回はお気に入りのオンパレードです。

昨日、ショップチャンネルのコーデイーネーターの方から連絡をいただき”佐野さん、当日持ち込むジュエリーはありますか?”と聞かれて、このペンダントヘッドを着用して出演します!と答えたところです。  ちょっと太めのチェーンで着けたらそれだけで相当に華やかなので服はシンプルがいいなあ、、と思っています。 白ヒスイのバングルも販売予定なので併せて着けられたら素敵だわ、と思っています。

4月19日朝7時からの放送です。

110.png ぜひ、ご覧になってください。
b0202356_23104136.jpg
                        (氷質翡翠のパステルグリーンのリングは全体がリボン結びデザインになっています)


7時からのライブ、、、、、ひえっ141.png 朝早くのスタジオ入り、、寝坊したら大変。。。。

それでは!




by sheenbangkok | 2018-03-15 23:18 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

翡翠も親方もすごい

2-3月は仕事に追われる毎日だったのですが、先週末は1泊2日のタイトスケジュールでミャンマーの工房に出張に行きました。

原石を持たなかったので飛行機でひとっとび、、、といってもプロペラ機でした144.png

b0202356_21374800.jpg
以前は1か月に一度は工房の仕事の様子を見に行っていたのですが、2年前くらい前からスタッフが代わりに行くことが多くなったので翡翠のカーバーの親方と会うのは半年ぶりです。

時間が無いのにどうしても!行かなくてはならなかったのには理由がありました。 

昨年からカーバーの親方の調子がとっても良いのです。  もしかしたら弊社の仕事をしている19年の間で最も調子が良いと言っても過言ではないほどフィジカルもメンタルも落ち着いていて仕事が順調です。  そんなわけで昨年には難しい透かし彫りの大作を渡す決心をしました。 

b0202356_21453602.jpg
10年前に同じカービングを少量だけ作ったことがあるデザインですが、あまりにも繊細で手がかかりすぎるのでそれ以降は制作をしていませんでした。 今回はサイズをすこし小さくして同じ柄に挑戦しています。  クオリテイーが落ちないように、またきれいな石厳選で製作しているので数は沢山作れませんが電話では”順調にできている”と言っていたのです。 それでも直接この目で見て確認していかないとやっぱり不安よねー143.png 不具合があったから作り直し、と簡単には言えないくらいの時間のかかる作業ですのでスタッフに任せずに自分で足を運んで確認しないと、というわけで行ってきたのです。

親方の言った通り、透かし彫りはどれも素晴らしくて繊細にできています。 決して急がせられないので数はまだまだ少ないのですができるところまでと思って楽観しています。 急がせても良いものはできませんから!

アートラインの季節ごとの新作には透かし彫りなどの大作を1点入れているのですが、、というより1点しか入れられないくらいの難度が高い仕事なのですが、親方が近年まれにみるやる気をみせているので今季の新作は大作をもう1点並行して制作しています。

2つの難しい仕事を親方が一人で抱えているので、なにかあったらもう大変です。

しかし、親方!!あなたは天才だよ172.png167.png

できた作品はどれもすごい。

もう一つの大作は、実はこちらも10年以上前に数点のみ、しかもパールネックレスの金具として若草色の翡翠で彫ったことのあるモチーフです。 

これは親方の腕に味方したのが翡翠の原石で、氷質の透明感ある石で斑も少ないものでした。 価格はもう付けてしまいましたが、正直な気持ちは倍くらいにしたいくらい、、(しませんけど)

b0202356_22085304.jpg
元のモチーフは紀元前の時代の中国の翡翠の作品です。 ドラゴンの鱗をイメージしたエンボスが特徴的で、このようなスタイルの作品が故宮博物館でも展示されています。 そこからヒントを得てデザインした”のぼり竜”はペンダントブローチにと考えたものです。

シャープで流れるようなラインはきりりとしていて親方の腕の良さが鮮明にでています。  

牡丹の花の透かし彫りも、このドラゴンも芸術品だなと心から思います。 おやかたーーー103.png
b0202356_22271328.jpg
牡丹の花のカービングにはフィレンツェスタイルのベイルがついてペンダントになります。 そしてドラゴンは裏にブローチピンと別途にベイルがつきます。

どちらも本当にすてき。これらの作品はきっと一生の宝物になると思います。

さてさて親方の顔を見て、カービングを確認したらほっとしました。
b0202356_22334008.jpg
国境のカナダ人経営のレストランに久しぶりに言ったらワインをこんなにサービスしてくださって、、、残しては申し訳ないと全部飲み干したのですっかりと酔ってしまいました。

そんなこんなで、プロペラ機で無事にバンコクに戻り今週は翡翠の作業に集中する毎日です。

それでは!



by sheenbangkok | 2018-03-14 22:45 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

昨日アップの2ctx2pcsのイヤリングについて

昨日アップさせていただいたイヤリングにつきまして何人かの方々からお問い合わせをいただきました。


詳細は下記の通りです。

b0202356_20155591.jpg
ペアシェイプで2ctUP x2pcsのインペリアルのイヤリングはそう頻繁には見かけないと思います。

形もちょうどペアシェイプになるような原石を使いたいし、大きさについてもカットをあまりせずに使えるものが良いし、色目を合わせたいし、、、ほどよく条件が整ったときに”これで作りたい!”ということでデザインが進みます。

最初はスタッズタイプにしようかどうしようか迷いましたが雫の形を生かすとやはり雫が落ちるような形に、ということになりました。 そして月と星のモチーフから月の雫が落ちるようなストーリー性のあるデザインを!と張り切っていたのですが、石そのものが既に色と大きさで主張しているのでそんなにひねる必要が無く、年を重ねても十分に着けられるシンプルなハイエンドジュエリーの方がよいのではということでこのように落ち着きました。


ブラウンダイヤは耳に当たる部分に3石が縦一列に並んでいるパーツとブラウンダイヤが1石が菱形の石座に留まっているパーツ、それにペアシェイプの翡翠がぶら下がる構造です。

縦に3石ダイヤが並ぶ部分はこのようにカーブしている立体的なパーツです。

b0202356_20221573.jpg

着けてみました。



b0202356_20244812.jpg
存在感のある翡翠の色ですがブラウンダイヤのシックな輝きと合わさると全体に深みが出るせいか色だけが浮きません。



ペアシェイプは幅広い年齢層の方から好まれる形です。


b0202356_20293810.jpg


キャッチはオリジナルの大きめキャッチ(こちらのみ14Kです)が着いていますので紛失しにくいと思います。


翡翠を着けるとなにかちょっと良いことがありそうなルンルンな気分になるのが良いところです。  やっぱり翡翠はいくつあってもいいなあ、、と思うこの頃です。、

では皆様、良い週末を!



P.S.  Sheenのセールス担当が産休に入っております。 オフィスのスタッフが朝から3時PMまで代わりをしており3時より私が交代するという感じでしばらくはやってみます。  オフィススタッフは日本語が得意でないのでご不便をおけけすると思いますので疑問な点がございましたら私を呼びつけてくださいまし136.png

by sheenbangkok | 2018-02-09 21:37 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)