ここまで拘らなくても良かったのですよね

パーツの在庫がこれで最後になりましたのでラスト1のネックレスを繋げました。

b0202356_21434506.jpg
白ヒスイとエメラルドのネックレスです。


着けてみるとこんな感じ。


b0202356_21444605.jpg
爽やかで今からの季節にぴったり。  エメラルドはバロックのタンブリングですが、透明度もあるし大ぶりですので貫禄があります。



これは最後のピースですが、以前にSheenで販売していた時は白ヒスイの細工に気がつくかたはほとんどいらっしゃいませんでした。

購入を決めた後に気がついた方のいらして”ここまでしなくても、、見えないから”といったようなことを言われた欧米系の方もいらっしゃいました。

確かにね、、、

b0202356_21522469.jpg
ビーズ2つで1匹の鯛になります。

ズーーーっと前に親方が彫りました。

あくまで私の自己満足な作品です。

もう作らないと思います。 だって、だれも気がつかないんですもの145.png

魚のモチーフは縁起が良いということで好まれる方が多いです。 とくに中国系の方。

おさかな好きの方にぜひ。

Sheenにてご覧になれます。

それでは!


by sheenbangkok | 2018-04-28 21:56 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

日本でおでかけ

スワナプン空港のターミナルから外に出たとたんに呼吸困難になりそうなほどもわーんと暑い空気にお出迎えされました。  

とうとう猛暑のバンコクに戻ってまいりました。 そして、しばしの休息も終わり仕事再開です......136.png

b0202356_19350764.jpg


きょうはお客様からオーダーをいただいているタイ文字ペンダントの仕上げがあるので、私も自分のタイ文字ペンダントを着けてきました。

178.png

さて、日本滞在中、東京 → 沼津 → バンコク の移動中にはパワーの源にもちょこっと行ってまいりました。


その1  富士山が美しく見える場所

b0202356_22201649.jpg
b0202356_22210675.jpg

箱根の駒ケ岳の山頂にはぽつんと小さな神社があるのみ。  ロープウエーを降りると何にもない空間に頭をひねるヨーロッパからの観光客の方たち。 ほとんどの方がその上の神社まで行かずに下山してしまいます。 そもそもこのロープウエーの終点には大きなスケートリンクが2006年までオープンしていたのだとか。 シェフTは子供の頃に何度も通った場所なので懐かしい気持ちながら跡形もなく何もなくなってしまった姿に淋しさを感じたようでした。 

初めて訪れた私には富士山がおそろしく美しく見えて不思議なパワースポットのように感じたのでした。


その2  クレマチスの丘

いつ訪れてもゆっくりと時間が流れていて、センス良く手入れされた木々と花々が迎えてくれます。 こんな場所は他にはないのでは?と思うくらいに静かで居心地の良いところなのです


b0202356_18265146.jpg
今回はラベンダーピンクの藤の花が鮮やかに、そして良い香りを放っていました。 藤の花がこんなに薫り高いなんて知りませんでした。 

あたりは藤の香りに包まれていて、そこに居る人たちはみんな幸せそうです。

そして、アジサイがあちこちに咲いています。

b0202356_18301846.jpg


プリマベーラの入り口はトスカーナにある邸宅の入り口のような感じで、ついつい入りたくなります。
b0202356_22332571.jpg


バッフェ美術館に移動していつものTree Houseでお茶をしました。

b0202356_22350735.jpg
                      (バッフェ美術館前の大きな木)

b0202356_22365650.jpg
                        (Tree Houseで休憩)

b0202356_19005020.jpg


さて、順番が前後しますが箱根の駒ケ岳山頂に行った日は気持ちよく晴れた日で芦ノ湖のほとりのプリンスでお茶をしたり強羅のHyattまで行ったりしていたらあっという間に夕方になってしまって肝心な場所にいかれないまま帰宅しました。
b0202356_18393113.jpg
翌日はあいにく雨。 

ですが、美術館に行くには最適なお天気あったかもしれません。 

向かったのは仙石原の箱根ルネ・ラリック美術館で、そこでしっかりと1日を過ごしました。  ラリック美術館は4月28日から特別展示があるのに、そこまで滞在できないので仕方なく常設のものを楽しみました。

b0202356_18423592.jpg
ここから先は撮影禁止なので玄関だけでもと写真を撮りました。

ルネ・ラリックのジュエリーデザイナー時代の作品、ガラス作家としての作品、そして押しも押されぬガラス膝内装飾のデザイナーになるまでの作品が展示されていて、その芸術とビジネスのセンスの両方が大きく花開いてゆく過程がよくわかりました。

アールヌーボーのジュエリーは舞台に映えるような斬新なデザインばかりですが、ルーペが必要なくらい繊細に作られていて、作った職人のレベルの高さがうかがえました。

こんな作品がありました。 こちらは本から撮ったものです。

b0202356_18502772.jpg
エナメルワークとガラスで冬景色を表現しています。 トパーズと淡水真珠をあしらっています。 ぶつけたら割れる取り扱い要注意ブローチですよね149.png


b0202356_18531102.jpg

こちらは菊のモチーフのチョーカーのヘッドのです。 ルネ・ラリックの動物モチーフの写実的なジュエリーはかなり個性的ですが植物のものはどれも優しいデザインで今でも着けられそうなものばかりです。 翡翠でも真似できそうですが、ガラスで作るよりも翡翠で彫る方が遥かに難しいのはまちがいありません。

ガラスの花瓶のコーナーではそれぞれ趣の異なる芸術的な花瓶に何の花や木をどのように活けるかを想像しながら見ていったのが楽しくてそこだけで1時間以上を費やしてしまったくらいです。 でも、ルナラリックの花瓶は花をけるための花瓶ではないそうで、花瓶そのものが芸術なんだとか、、、

狭い美術館ですが、時間を忘れて楽しめる場所でした。


そんなこんなですごした仕事後のつかの間の休みでした。

今回はショップチャンネルのジュエリーデーで翡翠コレクションのライブ出演のための帰国でしたが、なぜか翡翠が絡むと良いことがいろいろと起こるきがします。

今回は、

10枚買った宝くじの1枚が1万円の当たりでした169.png 宝くじはほとんど買ったことが無く、吉祥寺のみずほ銀行前の宝くじ売り場前を歩いているときにボックスの女性に呼び止められて買ったものなんです。 なので、これは“本当にラッキー”でした。

また、ライブの前日はロイヤルパークホテルに宿泊しました。 スタンダードなお部屋を予約したはずでしたが、、、、

b0202356_19212091.jpg
リビングだけでもこんなに広くて画面に全部収まりません。 クローゼットコーナー、ベッドルームも広くてバスルームが独立していてトイレがどこなのかと探してしまったくらい。

b0202356_19254641.jpg
150.png150.png150.png タワースイートに泊めていただいて、これまたラッキーでした。


もちろん肝心なライブでも皆様の応援のおかげで沢山のご注文をいただいてラッキーというよりも、これは感謝の気持ちで胸がいっぱい。

最後になりましたが、応援してくださった皆様、いつも本当にありがとうございます。

それでは!









 





by sheenbangkok | 2018-04-28 19:56 | ショートトリップ | Trackback | Comments(0)

東京でおでかけ

b0202356_09092564.jpg
一昨日のライブは沢山の方に見ていただいたようで本当にありがとうございました。

実は前日は、寝過ごしが怖くてほとんど眠れずで赤い目をしてスタジオ入りしたのですがライブ前のミーテイングでキャストの島田さんのテンションの高さに引っ張られてすっかり目が覚めてすきっとした気持ちでライブに望むことができました。 プロの方のテンションの上げ方は素晴らしいな、頭が下がるなと心から思いました。

ライブ後にはお客様からメイルなどもいただいて気持ちがホットにホットになりました。  頑張って作ってよかったな!と思う瞬間です。 これがなかったら続けられない辛抱のいる地味な翡翠製作のしごとです。

さて177.png

短い東京滞在でしたがちょこっと外出もしました(それ以外は日ごろの疲れなのか、、家に引きこもっていたんです)

パリから偶然に帰国していた彫刻家の友人と、わざわざ休みをとってくれた宝ジェンヌのような華やかな親友と3人でランチをしました。

ホテルだったのでちょっとオシャレしてドラゴンのブローチをつけていきました。

b0202356_09104842.jpg
ホテルの雰囲気に翡翠はぴったりで派手過ぎずに華やかなワンポイントになってくれるので服がカジュアルでも引き締めてくれます。

更に、実はライブ前のことだったので縁起担ぎの意味も込めて”登り龍”のブローチ以外は考えられないわ!という勢いで着けました(笑)

そうだ、イヤリグが赤いルビーとかルベライトだったら龍が赤い球に向かってゆくようなストーリーができて素敵だったなあ、、、、と思ったのですが、ルビーのイヤリングを持ってきていなかったので普通のゴールドのイヤリングを着けました。

東京の桜の開花には間に合いませんでしたが、レストランのロビーに飾られた桜が嬉しいサプライズでした。

3人集まると、一人の友人は以前に販売した透かし彫りのペンダントとジャケットにはこれまた10年以上前に販売した翡翠のリーフモチーフのピンブローチを着けてきてくれました。 客観的に見ても翡翠っていいなあ、と感じます。  年月を経て古さを感じるどころか一段と素敵に見えるのはまるで優れた絵画のようです。
b0202356_09165463.jpg
ダイヤモンド数カラットというきらびやかなジュエリーよりもずっとお洒落で格の高さを感じるのはなぜなんでしょうね。  香港をはじめとするアジアの富裕層が成功の証として本物の翡翠を着けるというのも翡翠の持つ魔力に惹きつけられているからなのでしょう。  この流行はここ数年ではじまったことではなく何百年も前から続いているのですからこれからも廃れることはないものだと思っています。

さて、こちらのホテルは大手町のアマン東京です。

アマンは1FにあるカフェレストランがちょっとセントラルパークのTavern on the Greenを思い出させる解放感があって都会のオアシスのようで好きなのですが、今回はちょっとふんぱつして33Fにあるアルヴァにお邪魔しました。

いつものことながら食事中は話に夢中で料理の写真はほとんどありませんが、こんなメニューでした。

b0202356_09382756.jpg
食事も良かったですが、それよりも高い天井の解放感、素晴らしい眺めと、一流レストランらしいちょっと洒落たサービスが非日常を感じられて3人とも最高の気分にさせられました。



デザートのティラミスのボリュームが凄くてかなりおなか一杯になったところにこんなプレートが


b0202356_10173305.jpg
下に敷かれているのはカカオだそうです。

一粒だけ食べてみましたがカカオ100%のビターチョコの味がしました。


そして最後には目の前でこんなものを作って出してくださいました。
b0202356_10193877.jpg
翡翠色のシャーベット、、、、バジルのソルベです。

写真を撮ってからちょっと後悔。 仕事中もずっと着けているヒイラギリングをそのまま着けてきましたが、春らしい新作のデイマントイドガーネットの入るデイジーリングをしてくるべきだったなあ、、、そうしたら色がマッチして綺麗だったのに、、、、

相変わらずヒイラギリングとハニーカムは日常的に変わりばんこに着けていますが、こんな時はちょっと指もお洒落にカラーストーンを着けたら食卓が華やいで素敵ですね。

b0202356_10255810.jpg
そんなこんなでライブも終わり、それから沼津に移動しました。

お天気が良くて富士山がとてもきれいに見えます。

こちらで少し休んでからバンコクに戻り生産に集中したいと思います。

それでは!

by sheenbangkok | 2018-04-21 10:34 | ビジネストリップ | Trackback | Comments(0)

アートライン翡翠コレクションの放送はいよいよ明日です

明日の朝7時よりショップチャンネルのライブ出演します。

朝が早いので東京の実家からでは遠いのでホテルにチェックインしました。 朝にじたばたしないように明日つけるジュエリーも準備しています。


b0202356_21164455.jpg
ネイビーのシンプルなトップスなのでドラゴンにしようかとっても迷いましたが、、、、というかまだ迷っています。。。どうしようかな。。

先日ショップチャンネルのキャストだった川野さんにお会いした時に、”ドクターコバさんがドラゴンは赤い球に向かっていくのだと言われたわ”というようなことをおっしゃっていたのです。 夏の焼け付ける太陽のもとでのぼり竜のブローチを着けたなら、まるで赤い球(太陽)に向かって竜が昇天するようでしょう! なんて縁起のよいこと、それなら明日のライブで着けようかな、、などと思い始めました。 

でも、初志貫徹で明日はボタンを着用します。

明日は早いのでこれからちょっと明日の予習をして寝ます。
b0202356_21294982.jpg
今回の作品は本当にどれもこれも素晴らしいものが揃いました。






明日だけは特別価格になると思いますので朝7時のライブをご覧くださいませ。

それでは!

by sheenbangkok | 2018-04-18 21:38 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

アートライン翡翠コレクション - ショップチャンネルライブ出演のお知らせ

4月19日の朝7時より1時間ショップチャンネルに出演の予定です。

アートライン翡翠コレクションの新作ばかりが特別価格での紹介になります。

割引価格は期間限定のようですので要チェックなさってください。

こちらからご覧になれます。


https://www.shopch.jp/NoKeywdPrdPgmSearch.do?&keyWord=%83%41%81%5B%83%67%83%89%83%43%83%93&searchType=7&latestPgmPage=1&latestPgmStartDaytime=20180419070000&il=Search_HeaderLink&ic=prgnews#noscroll



今回はいずれのアイテムも非常に満足できる仕上がりとなっており136.png翡翠がお好きな方、ジュエリー上級者、本物の良いものがお好きな方などに特にご満足いただけるのではと思っております。

朝のお忙しい時間帯かもしれませんね。。。120.png

会社に行くお仕度中かもしれませんね。。。。105.png

141.png

でも、なにがなんでもお見逃しなく158.png

それでは!!

by sheenbangkok | 2018-04-12 23:11 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

告知  ソンクラン休暇中とその後の営業日

========告知========

ソンクラン期間中およびその後の営業について

4月13日金曜日より24日までバンコクSheenはクローズさせていただきます。 25日より平常通りに営業させていただきます。 

大変にご不便をおかけいたします。

なお、メイルでのお問い合わせやご相談は引き続き承りますのでお急ぎの方は下記までご連絡ください。

sheenatsilom@gmail.com

どうぞよろしくお願い申し上げます。

==============================

by sheenbangkok | 2018-04-12 22:52 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

パワースポットとパワージュエリー

私は今までいったい何年バンコクに滞在しているのでしょう、、、

何度も近くを通っているのにどこを見ていたんでしょう。。。

タイ人の間で超有名なこのスポットを知りませんでした。


b0202356_15512416.jpg
ラジャダムリの交差点といえば、あの有名な”エラワンブーム”があり一獲千金幸せを願う観光客でいっぱいなのはもちろん存じていましたがセントラルワールドの伊勢丹前のガネーシャは昨日まで全く知りませんでした。 ちょうど伊勢丹の1F入口あたりにあったんですね。 

さっそくお祈りをしてきました。

昨日は台風が去った後の涼やかな北風が吹く日でしたので気持ちが良く、なんだか本当にパワーもいただいた気がしました。

ちなみに、このガネーシャの隣にもう1体の仏像が建っています。 実はタイの若い方々にはこちらの方が人気となっているんです。 恋愛成就の神様だそうですので”お金やビジネスには興味ないよ!愛が大切だよ!”という方はそちらをお参りするとご利益があるかもしれません。

166.png


さて、そんなことでパワーをいただいた(?) 翌日、今日はパワージュエリー(笑)で出勤してきました。

久しぶりに朝から真夏のような日差しのバンコクでとても暑くなりそうでしたので夏の色のパンツを出しました。

会社なので一応トップはコンサバに、、、

余談ですがタイの人はとても服装を気にします。 

デパートやホテルに行くときちっと着飾ったタイ人が多いのに驚きませんか? 日本人はタイに来るととてもリラックス気分で服装も非常にカジュアルになりますが、バンコクのタイ人は屋台の物売りの方は別としておもったよりもカジュアルな服装はしていません。  私もタイに来たばかりの頃はショールームもまだ開いていませんでしたので工房で作業をするという感覚で非常にカジュアルな格好をしていました。  ショールームがオープンすると宝石を勧めるものがあまりカジュアルだとお客様に失礼かな?と思い服を気にするようになりました。  更に最近は他社に伺うこともあり、他社さんのスタッフのお洒落さに仰天し、自分の服装がいまいちだな!と思った経験もしています。  

そんなこともあり最近は出かける前にセクレタリーにちょっと聞いてみるんです。  コンサバなヒール靴とストラップつきのヒールサンダルを見せて”どっちがいいかしら?”と。  すると必ずと言っていいほどセクレタリーはコンサバでちょっとこれじゃあ日本だったらお出かけだよ!って感じの方を指さして”こちらの方がリヤップロイです”。。。つまり”こちらの方が適しています”と言います。

話を元に戻しますが、そんなこともあり、今日は真夏のような日差しでカジュアルなパンツをはいたのですが上はカジュアルになりすぎないように気を付けて服を着ました。

ジュエリーは2018年のアートラインの新作を既に使い始めています。


夏の腕にはバングルが欠かせなくなりました。 

秋冬は手首からちらっとのぞく繊細なブレスレッドでも素敵ですが、夏は、特に大人の女性は大ぶりのバングルでしっかりと腕に貫禄を着けたいです。 


b0202356_21554995.jpg
すでにヘビロテになっているカメリアのバングルです。


b0202356_21565892.jpg
フィレンツェ彫りの得意な職人が透かし彫りでカメリアの花を形どりました。 もちろん白ヒスイはカメリアです。



b0202356_21595545.jpg
胸元にドラゴンのブローチを着けました。 ナイロンの服ですがブローチがぴたっと止まって布を引っ張りません。

このドラゴンブローチはまだ販売前なのでどなたも持っていません。 完全オリジナルです。 職人の技術と本物の翡翠の良さが合わさった傑作だと思っているのでどこに出ても自慢できる逸品になると確信しています。  

真夏のバンコクでも暑苦しくなく着けられるのは石が詰まった感じのタイプではなく透明感のあるものなので涼やかなのです。

一つ、自分でキープしましたが、2つも3つもコレクションしたくなるような作品です。。。。いやいや欲張るのはやめよう144.png 1個だけ1個だけ、、、、

年々、コレクションしたくなるバングルとブローチ、、年を重ねるにしたがって良いものが欲しくなる、おもちゃは着けられなくなる、特にバングルとブローチは目立つので良いものを集めたいですね。


b0202356_22111036.jpg

それでは!

by sheenbangkok | 2018-04-09 22:18 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

Bangkok Sheenの和装ブランド ”Fu"

今朝は新プロジェクトのミーテイングに行ってまいりました。

b0202356_22222048.jpg
タイのショップチャンネルのオフィスです。

オフィスはタイでも有数の財閥であるサハグループのヘッドオフィスのあるBRTのWat Dokmai駅近くのICCの中にあります。

きょうは6月の”Discovery Japan"(仮称)というイベントで販売するジュエリーの打ち合わせに加えて、新しいプロジェクトの話をしました。  大きな議題が2つもあったのですが早口でどんどん進む私とぴったりなスピードで話をあわせてくださる優秀なバイヤーさんとのミーテイングは、いつも1時間以内に終わるのですが、今日はなんと30分で終わってしまった158.png

BRTの駅からすぐの場所に住んでいる私は、朝の渋滞時の車移動が嫌いなのでBRTと徒歩でICCまで行ったのですが、さすがにこの暑さではむりと思い帰りはメッセンジャーに車で迎えに来てもらいました。 ああ、車はやっぱりらくちんらくちん、、




さて、今日は和装小物の”Fu”の帯留めがさらにできてきましたのでちょこっと紹介させていただきます。

裏から見るとこんな感じ

b0202356_22354079.jpg
裏からでも想像できますね。。



b0202356_22364646.jpg
ジュエリーでも人気を頂いているシーホース。 帯留めなので”たつのおとしご”と言おう144.png   シックな色です。






こちらはインパクト大で個性的です。
b0202356_22390826.jpg
花菖蒲です。






そしてこれはちょっとユニーク。 歌舞伎でエビ様をご覧になるときに着けていきたい? あるいはおめでたいお席にぴったりですね。


b0202356_22413203.jpg


オーバルの形からエビをはみ出させているのはエビが飛び跳ねている躍動感を出したかったからです。 帯留めには横オーバルで使います。


翡翠に限定しているわけではないのですが、面白いカービングを引き出しからつぎつぎに見つけると、どれもこれもが帯留めにぴったりな縁起の良いモチーフばかりでついつい作りたくなってしまいます。

基本的に、金具はシルバーにロジウムメッキを使用させていただいています。

また新しいものができましたら紹介させていただきます。

さて177.png 

今週、来週はSheenはオープンしておりますがソンクラン中からしばらくクローズさせていただきますので気になるものがある方は13日までにいらしてくださいませ。

それでは!

by sheenbangkok | 2018-04-04 22:55 | その他 | Trackback | Comments(0)

Sheen バンコクの新ブランド

小さい一瞬の幸せ感なのですが、こんななんでもないことが一番幸せなのかも、、、と感じることの多いこの頃です。

どんなことかというと、

時は週末の夜、明日はなにも予定のない日曜日、家でのんびり、おいしいパンを買って、家でチビっとワインを飲んでくつろぐ、、、ああ、幸せ178.png

ただこれだけのこと。

先週はPAULで一番気に入っているオリーブがごろごと入っているけれどちょっと硬いパンを買ってきました。 Paulの紙袋が可愛くなったのもちょっと嬉しかったし。。
b0202356_22291344.jpg

















b0202356_22271581.jpg

ワインを飲むとリラックスして平和な時間が流れてくるのでぐちゃぐちゃしている頭の中が空っぽになり一時的にいろいろと忘れるから幸せ気分になるのかな?

178.png

さて、幸せな土曜の夜もあっという間にすぎて日曜日は家の雑用に追われて過ぎてはや月曜になってしまいました。

きょうもいつも同様に忙しい月曜日でしたが、今年に入ってから隙間を見つけては私が一人で進めてきた小さなプロジェクトが形になってきました。

まだまだ準備万端ではありませんが、新しいブランドを立ち上げます。

ブランド名は Fu  です。 フー と発音します。

まるで中国語みたいですが、実は日本語の”風”です。 風通しの良い場所=居心地が良くて長いしたくなる場所という意味もありますが、いつも新しい風を運んでくる場所でありたいという意味もあります。

第一弾はこんなものを作っています。


b0202356_22572757.jpg
これ裏なんですが、なんだかわかりますか? 






b0202356_22585714.jpg
獅子を翡翠で3Dでカービングしたものですが、それを帯留めに加工しました。

獅子が毬で遊んでいるような傾きになるように帯留めを通す部分はつくりました。 ひっかかりのないように職人には注意して仕上げてもらいました。


アートラインの翡翠のジュエリーとマッチする帯留めも制作します。

リングはすでに完成して来週からSheenに並びます。

b0202356_23023205.jpg
エンドレスノットをカービングしたリングです。





帯留めとお揃いで着けたら素敵。 お祝いの席や節目の行事にぴったりです。

b0202356_23044196.jpg

翡翠だけでも10種類以上の帯留めが完成間近になっています。


あ、こんなのもあります。


これは翡翠ではなく単なる岩石ですが、、

b0202356_23082430.jpg


ワンちゃんか??




表を上げーー!


b0202356_23092085.jpg
黒猫でした。


帯留めはどれも色や形が異なり追加生産はしない1点ものに限っています。 中には同じモチーフで数があるものもありますが色や柄が違っています。


まだ準備中ですので価格は未定、個々のスペックはお知らせできないのでお問い合わせ、ご予約などは承れる状況ではないのですが、ちょっと嬉しくてついついしゃべっちゃったよーという状況をお許しください。


いろいろと準備ができたら再度お知らせいたします。

皆様にいろいろと教えていただくことの多い和装小物というジャンルですが、ちょっとずつやっていきますのでよろしくお願いいたします。

それでは!



by sheenbangkok | 2018-04-02 23:21 | その他 | Trackback | Comments(0)