人気ブログランキング |

帽子とイヤリング



日差しの強いタイでは帽子を被りたいところですが、タイ人女子はなぜか帽子を被らない。

日差しがものすごく強い日にツバの広い帽子を被ってタイの田舎の路地を歩いていると出会う野良犬にことごとく吠えられてから私も帽子を被らなくなりました。

そんなことなどもあり、タイでも日本でも帽子からずっと遠ざかっていました。

それがっ!

先日新宿の伊勢丹に出かけたときの事、母が帽子の試着をしているときにCA4LAのPop-upショップから目に飛び込んできたのがこの帽子です。 

迷うことなく試着もそこそこに1分で決めて買ってしまいました。
b0202356_23062025.jpg
帽子のつばの大きさやリボンの具合が巧妙に計算されていてコンサバすぎず可愛すぎずに上品に纏まっています。

そして帽子を被るとイヤリングがとても映えます。

b0202356_23052323.jpg
やっと自分の分を手に入れたアントレゾの新作のヒイラギイヤリングを着けたところです。




センターにアコヤの入った大ぶりのこんなイヤリングでもとてもいい感じにおさまります。

b0202356_21444750.jpg
夏になったらアントレゾのサラのイヤリングのゴールドとシルバーのミックスで涼やかな印象も作れます。

帽子とイヤリングで雰囲気を変えらるのは楽しいですね!

それでは!




by sheenbangkok | 2019-02-23 22:02 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

Sheenのタイ文字ペンダント

日本から最近いただいたオーダーのペンダントです。


b0202356_22552990.jpg
お名前を伺うと早速ペアシェイプに入るように2-3通りの文字の配置を考えます。 

タイ文字は名前のローマ字をタイ語に置き換えるのではなく読みをタイ文字に置き換えています。

オープンワークは文字の端っこが切れると綺麗にいかないので全体がくっつくように文字を変形させてかつきちんと読めるように配置するのがポイントです。

配置が決まったら職人がシルバーの板から糸鋸で透かし彫りを作り、原型を作成。 それを18Kのゴールドで鋳造します。

CADで作成すると整いすぎていかにも機械で作った感がでてしまいますので手間と職人の技術が必要ではありますが、金属に透かし彫りをするというやり方で作成しています。 これは30年の職人経験を持ちフィレンツェスタイルのハニーカムなどもてがける職人が1点ずつ糸鋸で作りますので同じお名前でもお一人お一人が異なるものになりスペシャル感があります。

私も持っていますが、遠目はフィレンツェスタイルのペンダントをしているように見えるのでお洒落感もあってなかなか気に入っています。

b0202356_22575462.jpg
さて、

バンコクのSheenにはオーダーメイドではなくお時間を頂かなくてもお渡しできるタイ文字のペンダントもございます。
b0202356_22283476.jpg
イニシャルだけですが、宝石入り136.png136.png136.pngです。


b0202356_22244789.jpg
ナチュラルルビーとブルーサファイアがワンポイントで入っています。 綺麗に輝く石がはいっています。

b0202356_22550572.jpg
サテンのような線を入れた仕上がりなので重厚感もちょっとあります。写真ではマットに見えていますが、マット仕上げではありません。 14Kイエローゴールドならばすぐにお持ち帰りいただけます。


そうそう、タイ文字ではありませんが、オーダーベースでこんなペンダントも作っています。 これから暑くなって肌の露出が多いタイ滞在中ではこんなペンダントとダイヤのイヤリングの組み合わせで仕事に出かけることも多いです。 実は今日はこんな感じで出勤してきました。

b0202356_22595794.jpg
私のイニシャルのāですが、小さすぎず大きすぎずの大きさに拘っています。 良質のダイヤをぎっしりと入れるのがポイント。  

ダイヤモンドは価格の高いものからうんと安いものまで幅が広いものですが、色で主張できないので輝きがないものや白っぽいものはただの無色の光らない石になってしまいます。  輝きが強くなければダイヤはだいなしなので、ご予算に合わないときはダイヤは辞めて別の色石を選んだ方が賢明だと思います。

b0202356_23005028.jpg
価格はダイヤの数によるので文字によって変わってきます。

この大きさと輝きはいかなるTPOにも対応できるので旅行の時はたいがい着けています。 翡翠や他のカラーストーンのペンダントやパールのネックレスとの重ねづけをすることもよくあります。 小さいダイヤの一粒プチペンダントよりもこれくらいのボリュームの方が大人向けな感じがしています。

工房の仕事の具合にもよりますが、スペシャルリクエストがないかぎり作り始めてから2週間あれば完成できます。


どれもこれも欲しくて悩ましいところだと思いますが、流行に関係なく通年使えるこれらのワンポイントペンダントヘッドは品質の良いものなら長く使えますので決して高いお買い物にはならないと思っています。

それでは!





by sheenbangkok | 2019-02-22 23:08 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)

寒い日本

今週のバンコクは例年の2月よりも暑いです。

東京滞在中はもう寒くて背中を丸めて過ごした日々でしたが、(103.png皆様の熱いご支援のおかげで)ショップチャンネルのライブも気持ちよく終えることができ、美味しいものを沢山いただき、素敵なものとも出会えたのでホットな気持ちで寒さを乗り切ることができました。

ライブの後に(初めてバスで!)友人と箱根に行きました。

バスが着いた山のホテルのお隣、芦ノ湖畔の箱根神社ではいろいろとお願い事をしてきました。
b0202356_22445217.jpg
神話にでてくる八岐大蛇を思い出しました。

b0202356_22463400.jpg


山のホテルの落ち着いたラウンジでは友人がなにやら打ち合わせ

b0202356_23064583.jpg
その間に私はホテルの庭を散歩しました。 
寒かったけどゆったりのんびりと気持ちの良い時間でした。 散歩中にふと見上げると真正面に富士山が、、、
b0202356_22405106.jpg
ランチはホテルのコーヒーショップで、、、

デザートプレートがきてびっくり!!

b0202356_23013321.jpg
いつもの事ながらとても気が利いている友人に感謝しながらいただきました。


帰路は遊覧船で湖尻から桃源台まで行き、ロープウエイで大涌谷、お決まりの卵を買って早雲山からケーブルカーに乗り、箱根湯本からロマンスカーで新宿に戻ってきました。

ぎゅっと詰まった1日をすごして足が棒になってよろよろと帰宅しました。

家に帰るとダイニングテーブルの上に久々に見た紙袋が、、、

これはっ!!

ひー。

b0202356_23035643.jpg
オーヴォンベータン!

嬉しいサプライズ、、、、ありがたく頂戴しました。 美味しいんですよねー。
b0202356_22543745.jpg
バンコクに持ち帰りさっそくワインのお供にいただいています。

179.png

そんなこんなであっという間の滞在も終わりすでにバンコクで生産スタートしています。

178.png

最後になってしまいましたが、ショップチャンネルに出演するときには皆様から励ましのメイルなどなどいただいて本当に心強く、やる気がでます! 

ジュエリーを通して知り合ったご縁ですがバンコク生活の心の支えでもあります103.png感謝感謝です。

それでは!





by sheenbangkok | 2019-02-21 23:29 | ビジネストリップ | Trackback | Comments(0)

帰国しています

14日のライブのために日本に帰って参りました。

😱寒いです。。。。

早速新作を付けています。

b0202356_15143755.jpg



着けていると皆さん欲しいと言ってくださるのですが、これは18周年記念でショップチャンネルで販売するもので14日の1日だけは特別価格になるのです。なので14日に買われるのがお得(^-^)
b0202356_15280148.jpg

インペリアルも若干数ですが良いものをもってきておりますので本当に良い翡翠を求めていらっしゃるにオススメです。

また、今回のドラゴンはダイヤモンドが入るホンコンマダム仕様(笑)ですのでオシャレに翡翠を装いたい方にはオススメです。

いずれも14日の13時から1時間のみの紹介です。

是非ご覧下さいませ。

😭さぶーい

それでは(^-^)


by sheenbangkok | 2019-02-12 15:08 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

18周年

アートライン翡翠コレクションの春夏新作販売まであと1週間になりました。

今日はショップチャンネルのバイヤーさんから18周年の記念アイテムとして紹介するのには何がいいですか?と聞かれました。  どのアイテムにも思い入れがあるのでとても悩ましいお尋ねでした。 翡翠のトップクラスのインペリアルはもちろん、今回私物にしたいと思っている輪っかのイヤリングやリングももちろん、ダイヤをあしらったドラゴンのペンダントは一押しだし、、、、、でもやっぱりアートラインといえば親方の彫るカービングでしょう!となりました。

翡翠職人とメタル職人の長い年月をかけての息の合った前進がなければできない作品、、、まさにそれはカービング。 今回のガネーシャと蓮池の風景こそがアートラインにしかできない技だなと思いました。

ところで、今回のアイテムで多くの方のお声と、私自身が欲しいという希望から生まれたのは輪っかのイヤリングとリングです。

オール無処理の原石なので原石を割ってスライスしてカービングしてもまだ色の良さに確信が持てないことが多く、磨きをかけて初めて色と質がクリアになります。

でもこの輪っかは原石の段階で、きっと綺麗なものが出来上がると半ば確信していたものでした。

  
b0202356_23302012.jpg
透明度の高い氷質は質は良いものの薄くカットすると色が薄くなるのでポイントのイヤリングにはちょっと寂くなるかなと思っていましたが、結果的に透明度もあり色もあるものが出来上がったのでイヤリングとしてはパーフェクトに近い。 もちろんインペリアルのような鮮やかなものなら文句なしですが、この大きさ形でそれを望むなら気の遠くなるような高額になるに違いありませんので、今回の輪っかはかなりイイ線いっていると言えます、。

実はこの輪っかはイヤリングから外すことができるので今日はチェーンを通して着用してみました。
b0202356_23372831.jpg
小さい輪なので太いチェーンはジャンプリング部分でひっかかって通らないと思いますが、こんな細いチェーンをお持ちならばペンダントとしても楽しめるので得した気分ですね。

このイヤリングはイヤリング自体の14Kの地金もしっかりとしていて大きさもあるフープタイプですが、更に無処理でこんなに綺麗な翡翠の輪っかがついていますので、というよりも翡翠が主役なんですけどね、、、、、、、翡翠上級者にも初心者にもおすすめのアイテムです。

ああ、これも18周年に相応しいアイテムかしらね、、、悩ましい、

それでは!


by sheenbangkok | 2019-02-07 23:42 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

バンコクで春節

今朝はパンパンパンパン!!という激しい爆竹の音と火薬のにおいで始まりました。

b0202356_21462332.jpg
バンコクの私の住んでいるサービスアパートはシンガポールの会社の経営なので年中行事は旧暦に従って行っています。 よって今日は旧暦のお正月の前日になり、朝から盛大な爆竹の嵐、獅子舞のような寅がアパートの玄関前で踊り、祭壇の前にお供えをしているようなパフォーマンスをしていました。

去年もこんなに賑やかだったっけ???

タイではかつては旧正月といえばヤワラー(チャイナタウン)界隈が中国色でにぎわって歩行者天国になったものでしたが、中国本土からの移住者や旅行者が多くなってきた最近はもう中国の慣習を無視できなくなってきたのでしょう。 なんていっても中国人が春節で訪れる国のNO.1はタイですからね(ちなみに2位は日本)。

昨日はパラゴンに行ってきましたが、派手なデコレーションや売っているものまですべて春節を意識したものでした。 地下のグローセリーでは夕方になるとチャイナドレスを身にまとったタイ人スタッフの男女が突然にあらわれてステップを踏んで踊りだし野菜売り場はジャニーズオンステージみたいに盛り上がっていました。

タイの暦では今日も明日も祝日になっていませんが、なぜか会社の入っているビルはとても静かでまるで休みみたい。。。中国とは縁のない会社も閉めているところが多かったような印象でした。 平常営業しているのはインドの宝石商とうちだけーー??!!

というわけで今日はSheenのナムタンも私もジュエリーは翡翠を着けていました。
b0202356_22043969.jpg
私はアートラインの春の新作を早速つけました。

b0202356_22053313.jpg
イヤリングも翡翠でふふ、、ホンコンマダムになった気分125.png

アートラインの翡翠は存在感が大きく雄弁なかんじがするのでシンプルな洋服に合わせるのが最も映えると思っています。 冬なら流行に関係のない定番のタートルネックのセーターやおとなしめのワンピースでも翡翠のワンポイントが何かを加えてくれるような気がします。


さて、今日のイヤリングはダイヤとインペリアルがはいったものにしました。
b0202356_22074614.jpg
普段は翡翠もイエローゴールド派なのですが、インペリアルなどにダイヤを入れて正統派ジュエリー然と装う時はホワイトゴールドが合うように思います。

なので、このフェニックスのイヤリングもインペリアル、ダイヤモンドでホワイトゴールドです(こちらは新作ではありません)

b0202356_22145080.jpg
この春の新作は翡翠の玉を加えたドラゴンのペンダントを作りましたが、ベイル部分にダイヤを入れてホワイトゴールドベースで作成しました。 イエローゴールドにする場合はダイヤは入れずにオリエンタル感をだしたいと思っていましたが、結局はジュエリーとして華やかな席でも装えるようにと翡翠、ホワイト、ダイヤ、の組み合わせを選びました。

明日はこの玉を加えたドラゴンの新作ペンダントを着けようと思っています。

明日5日はレストランは中国系の家族連れで大賑わいになるでしょう!

それでは!


More

by sheenbangkok | 2019-02-04 22:40 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

2月はイベントが多いです

b0202356_22590698.jpg
カレンダーが2月になりました。

チャイニーズニューイヤーホリデー前という指定の仕事がなんとか滑り込みで完了しましたが、今ワークショップではバレンタイン前という期限の仕事の追い込みです。

たとえばこんな
b0202356_23022149.jpg
b0202356_23030282.jpg
これが何かというと

b0202356_23034180.jpg
簪の裏張りの部分のエングレービングでした。 これはなんと18Kゴールドです。 以前にシルバーで納品したものを気に入っていただいて同じものを18Kで作成するというものです。 フロント部分にはこれからルビー、ダイヤ、サファイア、がセットされてエングレービングが施されるのですが、これは時間のかかる仕事です。

バレンタイン前までになんとしても仕上げないければならないのですが、急がずにじっくりと取り組まなければならない大作です。

さてこれが納品できたら私は帰国してショップチェンネルでアートラインの翡翠コレクションのライブがあります。

帰国にもってゆくジュエリーを考えていたのですが、まだ冬なのになんとなくアントレゾのこのラインが今の気分です。 シルバーとゴールドのコンビはベージュやグレージュの服がコンサバにならずにきりっとするような気がしていてこの冬はバンコクでも着けっぱなしです。
b0202356_23125282.jpg
b0202356_23133092.jpg
                      (顔を隠しているのではなく、たまたまこんな写真になってしまいました135.png



でも今月はやはりチャイニースニューイヤーの月なので”翡翠”ですよね。

明日からはずっと翡翠一色になりそうです。

それでは!


by sheenbangkok | 2019-02-01 23:16 | ジュエリー | Trackback | Comments(0)