幸福を呼ぶ青い鳥と幸せを届ける白い鳥のリング

このリングが国籍を問わずに愛されるのは、着けていると幸せ気分になれるからだと思います。

ジュエリーは着飾って綺麗に見せるということよりも、その人がどのような人なのかを表す重要な小道具だと常々思っています。

でもね、

このジュエリーは着けた人が見て楽しむものだと思っています。

b0202356_22403949.jpg
b0202356_22412616.jpg
幸福の青い鳥のリングとペンダントです。

昨年は日本でも販売しましたが、現在はバンコクのSheenに並んでいるのみです。  Sheenでは特にヨーロッパの方に人気のリングです。

ご試着なさったときの幸せそうなお顔を見るといつも嬉しくなります。 愛らしい翡翠の”ルリビタキ”に心を奪われて離したくないという気持ちになるのだと思います。

実は、Sheenには白い鳥も並んでいてこちらは青い鳥のデビューよりもずっと前から世界中の方の指にとまり続けています。


b0202356_22471318.jpg
b0202356_22474427.jpg
リングは2本の木の枝リングがセットになっています。 赤い花はトルマリンです。

ペンダントの花はアクアマリンです。

いずれも無処理で透明な質の高い翡翠を使用しています。

この鳥たちを着けている日は手を見つめては鳥に話しかけてしまう楽しい時間が何度もおとずれます。

b0202356_22534521.jpg
かなり大人の私が着けてもラブリーすぎずに自然に着けられるのは素材が翡翠だからかもしれません。


b0202356_22554197.jpg
こちらで紹介したものはバンコクのSheenでご覧になることができます。  Sheenに置いている翡翠は同じデザインでも石によって価格が異なる場合があるので1点1点で販売します。 リングの場合はサイズがありますので現品をお客様のサイズに直してお渡しします。

日本にもお送りしていますがその場合はこちらで紹介した現品がお手元に届くというわけです。

お問い合わせは sheenatsilom@gmail.com こちらまで。

さて、

先ほどArtlineのフェイスブックにもアップしましたが、工房では素晴らしいリングが仕上がりかけています。

b0202356_23055973.jpg
ラベンダー翡翠のフローレンススタイルリングです。

これぞラベンダー!な華やかで気品のある満点に近い石はなかなかありません。

(*従ってお値段もちょっと高額です)

吸い込まれるような理想的なラベンダーカラーに今日は私の目はくぎ付けになりました。

こちらは(たぶん)来週からSheenに並ぶ予定です。

ちょっと手放したくないような美しさの石ですが、さてどなたのお手元を飾るのでしょうか、、、、、


それでは!






by sheenbangkok | 2018-08-24 23:13 | 翡翠 | Trackback

アートライン翡翠コレクションの放送はいよいよ明日です

明日の朝7時よりショップチャンネルのライブ出演します。

朝が早いので東京の実家からでは遠いのでホテルにチェックインしました。 朝にじたばたしないように明日つけるジュエリーも準備しています。


b0202356_21164455.jpg
ネイビーのシンプルなトップスなのでドラゴンにしようかとっても迷いましたが、、、、というかまだ迷っています。。。どうしようかな。。

先日ショップチャンネルのキャストだった川野さんにお会いした時に、”ドクターコバさんがドラゴンは赤い球に向かっていくのだと言われたわ”というようなことをおっしゃっていたのです。 夏の焼け付ける太陽のもとでのぼり竜のブローチを着けたなら、まるで赤い球(太陽)に向かって竜が昇天するようでしょう! なんて縁起のよいこと、それなら明日のライブで着けようかな、、などと思い始めました。 

でも、初志貫徹で明日はボタンを着用します。

明日は早いのでこれからちょっと明日の予習をして寝ます。
b0202356_21294982.jpg
今回の作品は本当にどれもこれも素晴らしいものが揃いました。






明日だけは特別価格になると思いますので朝7時のライブをご覧くださいませ。

それでは!

by sheenbangkok | 2018-04-18 21:38 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

"Sheen by Artline" ライブは明日です

いよいよ今晩、正確には2月1日の0時より”Sheen by Artline"のSSVが始まります。

本日は深夜分の録画撮りをしてきました。

b0202356_22161852.jpg

キャストはベテランのベルちゃんでした。  

4年前にタイのショップチャンネルが立ち上がったばかりでまだ見ている方もごくわずかの頃、Sheen by Artlineの最初のライブのキャストさんがベルちゃんでした。 その時は私が日本語と英語でしゃべり、通訳が入り、、、、ということで間延びしたなあ、、と自分ながら思ったライブでした。
b0202356_22321353.jpg
ベルちゃんは相変わらず可愛くて変わりません。

4年以上たった今は通訳さんも慣れた方がいらっしゃるし、視聴者の方も多くなりで以前とはずいぶんと様子が違っています。 ですが、キャストさんとの掛け合いはタイ語でないと見ていて心が通じてないようなライブになってしまうとという思いが強くなりましたのでセールスのナムタンに白羽の矢をあてたというわけです。

ナムタン前回よりも慣れましたが、何度も練習した最も肝心なことを全く言えなかったことなど反省点も多く明日のライブで改善してくれたらと期待します。  あれだけたくさんの資料を用意して覚えたのに”きれい”とか”ギフトに良い”とかしか言えなかったのは本当に残念でしたが、しょうがないよね。 ナムタンの笑顔はいつもと変わらずにラブリーでしたのでぎりぎり合格としましょう。

本日の録画分は深夜の0時からスタートする下記チャンネルの番組でご覧になれます。  オールタイ語ですが日本のショップチャンネルとそっくりで言葉だけタイ語なので面白いと思います。 また、モデルがとにかく綺麗なのでジュエリーがとても映えて素敵です(笑)

お時間ある方はぜひご覧になってください。

True Visions    369(HD)  178(SD)

PSI           45,445

ネットで商品をご確認になる方はこちら


よろしく願いいたします。

それでは!

by sheenbangkok | 2018-01-31 22:49 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

なぜかドラゴンの気分

数週間前に怖い夢を見ました。

それは私の苦手な蛇がそこいらじゅうにいて体中に這いあがってきました。  途端に目を覚ましたというわけです。

その数日後、知人が蛇の夢を見た!というのを聞きました。 あーら不思議偶然だわーと思っていました。

そして更に数日後、日本のお客様から”アントレゾのスネークリング”のご注文を頂きました。

偶然には違いありませんが、ほんとーにぐーうぜん!!!

蛇とは関係がありませんが、同時期に翡翠のドラゴンのカービングのお問い合わせをいただき最近は長いものと縁があるようです。

それで思い立って久しぶりにドラゴンモチーフのものを2点Sheenのために作りました。

明日からご覧になれます。

最初のものはこちら

b0202356_22114209.jpg
向かって右手に頭があります。 

横向きになっていますが、実はこれはこのようになります。

b0202356_22130444.jpg
ドラゴンが上を向いているデザインのブローチです。

これから冬に向かって服が厚手になるとこんなドラゴンのワンポイントも素敵です。 ベースは14Kのイエローゴールドの打ち出し模様がついていてしっかりと作っています。

これは新作ではなくずいぶんと前にデザインしたものですが、良い色のカービングが1pcだけ残っていたのでブローチに組み立てました。

無地ワンピースやジャケットの襟、コートの襟などに映えます。


もう一つのドラゴンはペンダントです。

こちらはSheenでも販売したことがありますがやはり色の濃いカービングが残っていたので同じデザインでペンダントに組み立てました。

b0202356_22195411.jpg
同じドラゴンでもこちらは”上り龍”を現代的にまとめたカービングです。

頭にはドラゴンが持っている珠をイメージしたブルーサファイアのラウンドカボションがセットされています。

可愛げがあるのでさらっと着けられると思います。

b0202356_22222043.jpg
来年はYear of Dragonではないのですが、オリエンタルで縁起がよさそうなこんなジュエリーで年末、新年を迎えるというのも素敵です!

なぜだかスネークからドラゴン製作へという流れになったこの1-2週間でした。

明日からSheenでご覧になれます。

それでは!


by sheenbangkok | 2017-10-10 22:25 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

繋がる4クローバー

一筆書きみたいに一本の線で繋がる4つ葉のクローバーを翡翠で製作するプロジェクトを初めて数カ月がたって、ほぼ完成形が固まりつつあります。

翡翠をカービングするときに最近特に心掛けていることは幸せな気分になれる意味のあるカービングモチーフにするということです。

珍しい、価値がある、という従来の翡翠ジュエリーとは一線を画してファッションアイテムとしても楽しめるスタイリッシュさも持った翡翠ジュエリーをと始めた”アートライン”の翡翠コレクションも15年がたちました。

その間に翡翠の価格は上がり、綺麗な原石が手に入りにくくなり、翡翠の人気が高まり、というようになり綺麗なA翡翠がとても貴重になりました。

そんな希少な翡翠原石を使って時間をかけて彫るなら翡翠にも願いや思いを込められるような意味のあるモチーフを入れ込みたいと最近は考えています。 ”幸福の青い鳥”もそんな願いを込めて愛らしい“ルリビタキ”をモデルにしました。

そして2017年の新年を迎えて是非にと思ってデザインをすすめたのが4つ葉のクローバーです。

最初はブレスレッドの試作を作成してみたのですが、アジャスターの問題などあり先週から更に改造しました。 早くもお客様の反響もいただいて先週からペンダントの試作にも急ぎました。

今朝完成したので着けてみました。
b0202356_18343210.jpg
                                          手持ちの黒の革コードがとてもよくあいます。

この夏はヨーロッパでチョーカーが流行っていますが、リボンなどで短く着けるのも今年風でおしゃれですね。
b0202356_18363754.jpg
リボンは生憎ありませんでしたが短くするとこんなバランスになります。 あまり長いとバランス悪いですね。 短めがすっきり。ゴールドチェーンでももちろんOKです。

159.png(スタッフ)38-41cmくらいのアジャスタブルの短めのコードがあったらいいですね!

106.png(私)そうだね!!そうしましょう。143.png作るの大変だけど。。。。

ということでコードも短めにして作成中です。


さて、翡翠のクローバーのそれぞれの♡はすべて一本の線で繋がっていると言うデザインです。

カーバーも私達も"Infinity Clovers" と呼んでいます。 永遠の4つ葉という意味です。

なんとなく先の見えない世の中になってきていて眉間にしわがますます増えそうなニュースばかりになってきていますのでそんな中でポジテイブな気分にさせてくれるこんなジュエリーは家族で持っていたいと思っています。

弱気になると”もういいやー”と諦めがちになることもこのクローバーをつけていることでもうひと踏ん張り、ふた踏ん張り、、、と頑張れる気分になりたいものです。 

翡翠はそれを実現してくれそうな不思議感をいつも感じますが、なによりも大人のジュエリーとして輝けるように品質の良い透明度が高い原石(もちろん無処理です)を選びましたので小さいながらしっかりと色がのっています。
b0202356_18595159.jpg
       ブレスレッドはアジャスタブルでM(普通サイズ)とL(大きいサイズ)
       を作成予定です。 エンドのチャームも♡です。 ペンダントのベイル         部分はフィレンツェ彫りを施しました。



現在、カーバーは幸せ気分に浸りながら(芸術家は気難しいのですがこのプロジェクトに入ってから彼は御機嫌が続いています。このまま続いてくれー107.png)ひたすらクローバープロジェクトに没頭中です。

それでは!

P.S.こちらの商品はまだSheenでは扱っておりません。 8月中旬にショップチャンネルで“アートライン翡翠コレクション”中の販売が最初になります。


*5月1日の記事で紹介させていただきましたイヤリングはいずれも5月16日時点で在庫がございません103.png。 新たにSheenに5月18日に入荷の予定でございます。 ゴシュナイトにつきましては♡、オーバルに加えてプリンセス、タイパーバゲッドも新たに入ります。

by sheenbangkok | 2017-05-15 19:26 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

夏の翡翠

”Ice"と呼ばれている透明な氷質の翡翠のイヤリングが明日から入ります。

b0202356_17240463.jpg
氷質の翡翠はインペリアルから色を抜いたような透明度を持つ翡翠です。

天然のものですから完全な無色というわけではなくほんとうにほのかに色が入ります。

私が着けている翡翠がブルーがかっているのは服の色が映り込んでいるのだと思いますが地色はほとんど無色です。 
b0202356_17280148.jpg
ベージュのトレイの上にのせるとこんなふうに見えます。 耳に当たる部分は氷翡翠の雰囲気を壊さないように無色のサファイアです。

透明なのに翡翠の持つ神秘性が失われていないのが本物の良いところです。

b0202356_17310730.jpg
翡翠はやはりとっても不思議な石です。  光源によって見え方の印象も異なります。

日本は梅雨入り前でまだ夏本番ではありませんが涼しさプラス重みもある”氷翡翠”ならば今からでもOkですよね。 

詳細はこちらです
b0202356_17343240.jpg
さて、もう1点月曜から入るのは

”Imperial Jadeite”のイヤリングです。

欲しいですよねえ~

装飾的なタイプではなくいつでもどこでもポチッとシンプルにできるインペリアルのイヤリングは1ペアは持っていたいものです。

特に今年は深いグリーンがポイントカラーとして流行しているのでまさに旬の色のジュエリーです。 

インペリアルはなかなかペアの色が会わない+お値段高い+人気があってすぐにでてしまう、、、などの理由でSheenでも常に並べておけずにいます。 ちょうどタイミングよく枠があり枠にあうペアが揃い納得していただける価格という条件があったときに製品化します。

今回はとても色が良いインペリアル。

b0202356_17444901.jpg
ぽちっと小ぶりに見えますが非常に存在感があるのがImperial です。

b0202356_17461182.jpg
ブラウンダイヤがキラリとアクセントになっているので翡翠が雫のようにこぼれ落ちる感じでおつけいただけます。

翡翠ですのでインクルージョンはございます。 ですが、イヤリングの場合はそれほど細かいところまでは他人から見えませんので色と透明度がよければ◎かと思います。
b0202356_17515506.jpg



このタイプのシンプルイヤリングはいままでヨーロッパの方がほとんどお客様でした。 驚きですよね。。。。翡翠は神秘的で欲しいけれど色がビビッドすぎてリングではちょっと、、、、でもイヤリングなら顔色をアップしてくれるのでぜひ、、といって探している方は多いです。

詳細はこちらです。 
b0202356_17533983.jpg
今回はこちら一組のみです。  

141.pngえーー?115.pngなんか、、、もったいぶってなーい?

と思われそうですがこちらのブログで紹介するジュエリーは日本からのお問い合わせも多くご覧にならずにご購入を決めてくださる方も多いので”良いもの”だからといって”あまり高額になるもの”は載せないようにしています。

今回はインペリアルで色が揃っていて1ct近い石で、インクルージョンはあるけれども、その分お買い得にして販売するものなので”これは!!”と私が思ったので各1ペアずつのみ紹介させていただきました。


とってもお値段がきになると思います。 下記のとおり

b0202356_17513841.jpg
                 氷翡翠とサファイアのイヤリング 14K   B16,000-







b0202356_18130461.jpg
                    インペリアル翡翠とブラウンダイヤのイヤリング 14K  B28,000-


上記2点は明日からSheenに並びます。 また、上記2点につきましてはFacebookの”Bangkok Sheen"のページでもスタッフのナムタンが紹介しております。 ご興味のある方はそちらもご覧ください。




さて178.png

夏は本当にイヤリングが欲しくなりますよね。

今年はだらーりと長いものがとても流行。 

ショートヘアのワンポイントにながーーいイヤリングは素敵。 ロングの方もアップにしてすっきりと着けるとかっこいいですね。

実は今日つけてきた最近のお気に入りはこちら。
b0202356_18185455.jpg
これくらいの長さなら背の低い私でもOKです。 こちらは私物ですが同じものがSheenにございます。

ゴールデンベビーアコヤとペリドットの組み合わせです。 これでネックレスも無しでOKです。

先日も

b0202356_18204751.jpg

このほかにもぶら下がりタイプはいろいろ入っております。

夏は服装がカジュアルになるぶんイヤリングで締めたい!ですね。

それでは!

P.S. 今回紹介の3点のうちインペリアル翡翠のイヤリングはスクリューやクリップタイプには加工しなおしができませんのでご了承くださいませ。145.png

by sheenbangkok | 2017-05-14 18:38 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

Infinity 4 Colovers 幸せを運ぶ翡翠の四つ葉クローバー

日本の連休中はタイはもちろん平常通りでしたが、このお休みを利用して日本から友人がきていたのでなんとなく私も休みモードに入ってしまい、したがって今週からは連休明けのような気分になっています。
b0202356_22140612.jpg
                (一応テーブルセッテイングはしたものの料理はJimJewレストランからのテイクアウトの
                 イサーン料理-東北タイ料理をならべただけ、、へへ、、105.png105.png105.png

いつもはあまり食べないタイ料理を頂いたりタイのお土産に触れたりする機会があると改めて”タイに滞在している”ということを実感します。

さて、まだ先ですが8月にはショップチャンネルでは”タイデー”というのが企画されていて”アートラインの翡翠コレクション”もエントリーされる予定になっています。 タイで工房を持ち生産し世界に(ちょい大げさ144.png)翡翠コレクションを発信しているアートラインがタイのジュエリーブランドとして参加できるのはとても光栄なことです。

翡翠は素材を選ぶ難しさがあり、似合うデザインを探すむずかしさ、、、、それらをクリアしてさあ価格が予算オーバーでなければいいけれど、、となかなか購入が難しい素材であると作る側からしてもその気持ちが理解できます。  アートラインの翡翠は原石から加工までに一切のごまかしがない無処理を使ったジュエリーであり、それって実はなかなか無いことですので是非多くの本物志向の日本の方につけていただきたいといつも考えています。

そこで来る”タイデー”ではさまざまな方に翡翠を楽しんでいただけるようなアイテムを準備中です。

”幸せになる””幸せがやってくる”期待感を年齢、性別問わずにいつも胸にいだいていられるようなものを良質の翡翠で作成しようと考えてデザインした”4つ葉のクローバー”は以前のブログでもちらとご覧いただきましたが、毎日着けられるブレスレッドに加工することにしました。

四つ葉のクローバー🍀といっても、、、、

うちの専属の熟練翡翠カーバーが彫るのですから、、、

ただの4つ葉ではありません。

”Infinity Clovers"なのです。

最初にカーバーの見本になるために作成したワックスサンプルはこちらです。 柔らかいワックスですが立体構造なので簡単ではありませんでした。
b0202356_22444367.jpg
一筆書きのようにクローバーの葉を全部つなげて立体的にしようと考えてワックスモデルを作成しました。 これは裏面でした。

カーバーが彫った翡翠はこちら。 こちらは表面。

b0202356_22462951.jpg
良質の翡翠をしっかりと磨き上げると自然にこんなつやが出ます。  低品質の翡翠にワックスをかけて表面だけ光らせて良質に見せるような手法とは異なります。  

b0202356_22484051.jpg
3Dの立体構造ですので普通のカーバーにはできません。 こちらは裏面

これをブレスレッドに加工しました。 

腕は動きがありますのでクローバーのどちらの面がでてもよいようにしなければならなかったので彫刻は頭を使います。

アートラインにはインペリアルの大人気翡翠ブレスレッドをはじめいくつかの人気ブレスレッドがあるのですが、このクローバーのブレスレッドは毎日の通勤に、家事に、お仕事に、、、さりげなく着けられるもので耐久性のあるしっかりとしたゴールドチェーンと金具をつけた日常使いできるものにしたいと考えていました。

そこでチェーンはロロチェーン、金具はアートラインのオリジナルの大きなトックルを作成しました。
b0202356_22550287.jpg
”ひゃー、こんな繊細なカービングをブレスレッドにして大丈夫ーーー?”と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

そこは翡翠!

翡翠は割れにくいのです。 翡翠は繊維が絡み合っているような性質をもっているので粘りがあります。 なので昔から割れない宝石として”護身”の石という言い伝えがあるのです。

(もちろん乱暴に扱ったり、踏みつぶしたら割れます。 宝石ですのでくれぐれも大切に!)

翡翠がぶらぶらとしてあちこちにぶつかるようなゆるいブレスレッドではなく割とぴったり目につけていただきたいので長さをS,M,Lと3種類準備する予定です。  S 15cm,M 16cm、L17cmという感じで今のところ考えています。 ゆるく着けるバングルとちがってこちらは手首ぴったり目が着け心地よいです。

大人の女性にぴったりのゴールドの重厚感も感じていただけるように作成していますが、もちろんお嬢様と共有なさっても違和感がないデザインです。

翡翠の四つ葉のクローバーなんてなかなかありません、、、というよりも見たことがありません。

アートラインのオリジナルです。

1本の線で四つ葉をつなげたのは幸せが一時的なものではなく永遠に繋がる幸せという願いを込めています。

翡翠を製作するときにはジュエリーとしての美しさにスタイリッシュさも加えるようにしていますが、なによりも翡翠の持つ神秘性が発揮されるような意味のある形にしたいと心がけています。  そのほうが着けていて気持ちがよいですものね。

さて、そんなこんなでブレスレッドを試作しているうちにペンダントもお揃いで欲しくなりました。

皆さん、どうでしょうか? ペンダントとブレスレッド、、、お揃いにしたい方もいらっしゃるかと思います。

そんなわけでペンダントも作成しようかな、、、、と考え始めています。

それでは!




by sheenbangkok | 2017-05-10 19:36 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

秋までにお届けする予定の新作のサンプルがやっとできてきました

私が下絵を描いてワックスカーバーに渡したのは2月のことでしたが、ワックスカーバーの仕事が難航して1枚のワックスから彫ることができなくて2枚を重ねて仕上げました。

b0202356_19140765.jpg
3Dに浮き出るデザインなので製作中にあちこち割れて大変だったのがうかがえます。

この時点で”無理かなあ、、図柄変更にしようか?”と何度も考えたのです。 なぜかというとこれを翡翠で彫ろうということだからです。 

うちのカーバーは私の知っている限りではタイではNO1よ136.pngと思っている腕を持っていますが、翡翠は柔らかい象牙や琥珀とは違って非常に硬く、繊維が絡まったような構造になっているので細かな彫は難易度がとても高いのです。

処理していない翡翠を使用するので作ってからダメだと、、石が勿体ないですしね。。

ですが、このウサギのモチーフは秋にぴったり。 丸い月の中に波を表現して”さあ、これから波をピョンピョンと超えて行きましょう。用意はいいかしら?と顔を見合わせている2羽のウサギ。。。。。とてもおめでたくて前向きのモチーフなのでこの秋冬には様々なことを乗り越える158.pngためのジュエリーとしても春まで着けたいと思っています!!

あれからまるまる1か月かかってやっと2pcのサンプルを仕上げるに至りました。
b0202356_19304491.jpg
まだまだ修正の余地はあるものの感じはでています。 

いったい秋までの何個できるのか考えると怖くなりますが、おそらくこれはお好きな方だけのごくごく限定数になること間違いないと思います。 カーバーの力がつきたところでおしまい、、かな?

それとこの秋冬の新作には1年を通して着用できるヒスイのブレスレッドを予定しています。 モチーフはこれが今の気分!

b0202356_19402555.jpg
4つ葉のクローバーですが、”Infinity Clover"なのです。 この4つ葉のラインはつながった1本の線になっていますので両面彫りになっています。 

ご覧のように良質のヒスイをポイントに利用しますのでぜひ18Kで作成したいと思っています。

アートラインの男性からも”いいね!”の声が上がっています。 幸せが集まってきそうな四つ葉のクローバーはいつも腕にしていたいと思っています。

翡翠は古くから護身の石としてその不思議な力に魅せられた中国の清朝の権力者たちが競って集めたと言い伝えられています。 そんな翡翠ははやり本物のAでないとね!とこだわって作ります。

それでは!








by sheenbangkok | 2017-04-12 19:50 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)

オーマイゴールド! 翡翠も。。。

お土産にカステラをいただきました。

夕食の後に甘いものが食べたくなり、、、”あ、そうそういただいたカステラ食べましょう016.gif”ということになりさっそく箱を開けると、、

b0202356_15093194.jpg
いかにも卵がたくさん入っていて濃厚そうなしっとりとした生地が出てきました。


”まあ美味しそう?どこのだったかしら、、、と思いパッケージを改めてみると
b0202356_15121058.jpg
”金箔” 。。。。。。。。え?どこに。。。


カステラをひっくり返すと底がなんとこんなふうになっていました。
b0202356_15153571.jpg
ま、まるで金の延べ棒のような豪華な姿が現れて思わず”わーー!!!!”と声を上げたほどです。

薄く伸ばした金箔が張られている様子は圧巻で迫力があります。 おめでたい感じで贈り物にはぴったりですね。 

昨年からジュエリーも小物もゴールド色の気分が続いている私は大変にありがたい気分になり美味しくいただきました。


さて039.gif


開けてびっくりというのは嬉しい時と悲しい時があるんです。

 
翡翠に関しては嬉しい半分、悲しい半分、、、、とっても難しい石です。

例えば

(すでにカットしたあとですのでこんなになっていますが)
表から見るといかにも良質で鮮やかな色が期待される翡翠原石、、、価格も決して安くありません。
b0202356_15250471.jpg
期待に胸を膨らませて切ってみると、、、056.gif

b0202356_15263106.jpg
                (見やすいように磨いています)

色が鮮やかな部分はほんの一部であとは無色でした025.gif

それでも質が良い氷質な生地なのでその点はOKでした018.gif


期待が大きすぎたり、”これは絶対綺麗”と楽観するとと開けてがっかり!というのが翡翠、、、

初めの1歩!から上がり!までずっと神経を使い続けてくたくたです。


翡翠はほんとに難しいです。

それでは!









by sheenbangkok | 2017-02-02 15:41 | フード | Trackback | Comments(0)

幸せの青い鳥、飛び立つ!



昨年から半年プロジェクトで作成してきた翡翠の”幸福の青い鳥”シリーズはやっと完成いたしまして春の訪れを告げに飛び立つためにとうとう本日バンコクから飛び立ちました。 

最初はこんな翡翠原石からはじまっているのです。
b0202356_22100634.jpg
どの原石がふさわしいかを決めるのは私の役目です。 これは作品のデザインがきまってからすることなのですが、幸福の鳥に関しては割ってみた石がとても魅力的な色だったという理由でデザインは後から決めました。

色の良いところだけをカットしてゆくとこんな感じになりました(わかりやすいように磨いてありますが実際には切り口はラフです)
b0202356_22141242.jpg
こんなに綺麗ならカボションにカットしてインペリアルになるのでは?という声も聞こえてきそうですが透明になればなるほど白斑や黒斑や緑の斑が点や線になって入っているのが目立つのでそれを生かしたカービングにするのが最も素敵だという結論になり幸福の青い鳥の誕生に至ります。

不思議なものであの岩石(原石のこと)を割ると中はこんなに綺麗な色だなんて誰も想像できないでしょうし、それがさらに小鳥にカービングされて磨かれてゆくと生きている暖かさを感じてきさえします。  

最終研磨されたときの汚れを落として綺麗にすると、鳥が嬉しそうに微笑んでいるように見えるのでとても愛おしくなります。 翡翠の鳥に魂が宿ったように感じます。

そしてペンダントやリングにセットされると、飛び立つのが待ちきれなくてわくわくしているような気持がこちらに伝わってきます。 この鳥が飛び立って幸せをたくさん運んでくれるといいなあ。。と心から思っています。

b0202356_21555975.jpg

青い鳥はそれぞれに個性があって二つとして同じものがないのが無処理、手彫りの味でなのですが、それぞれどの鳥も可愛くて表情が同じようで違っていて、、私は全部の鳥をじっくりと何度も見ているのでそれぞれの個性が頭に入っていどの子も本当に可愛いです。 手になさった方に幸せと春を運んでくれることと思います。
b0202356_21593625.jpg
さて皆様のお手元にはどの子が行くのかなー?? どの子も是非可愛がってあげてください。


寒い冬真っ只中の2月に春の足音を感じさせてくれる鳥が暖かさをのせて飛んでゆきますのでご注文くださった皆様は心待ちになさってくださいね。

もちろん青い鳥だけでなくアートライン翡翠コレクション2017の翡翠はすべて検品を終えて日本に向かっております。
b0202356_22071006.jpg

フクロウも、インペリアルもそして滅多に製作できない無処理翡翠のネックレスなどなど無事に日本に着くように祈っております。

はーーー

明日はもう2月1日。 1年の12分の1が過ぎたということですね。

この分ですと4月のタイ正月ももうすぐ来て半年があっという間に過ぎるに違いない008.gif

焦る、、、


それでは!




by sheenbangkok | 2017-01-31 22:14 | 翡翠 | Trackback | Comments(0)